blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
人生は人の縁だ。

名古屋の太田先生に連れられて、
谷口楽器で出会った金子氏。
そのお声掛けで、忙しいスタジオワークの
合間を縫って、谷口まで駆けつけてくださった
風間先生。
そして…


金子氏のちょっとした一言で、
僕はすぐにイタリアのアコーディオンメイカーへ
留学の問い合わせをすることにした。
谷口社長や輸入業者の方々も
こぞって協力してくださった。


名古屋に戻ると、僕には山ほどやることが待っていた。

担任、進路指導、そして音楽のそれぞれの教諭に
東京での出来事を報告した。

「高校を卒業と同時に、
イタリアへ留学したいと思っています」

まだイタリアから何の返事も来ていないにも関わらず、
僕は彼らに得意げに断言した。

「ご両親の了解は取れているのか」
よくもまあ同じことを言えるなと驚いてしまうほど、
彼らはこぞって一番痛いところを突いてきたものだ。

「まだです。でも近日中に必ず取ります」
僕は目一杯の見栄を張った。

「では、一度ご両親を連れて来なさい」

「わかりました」
意地でも、そう答えた…。



来たる受験のために
小学校以来6年ぶりに
ピアノのレッスンも再開した。

初めてイタリア語も習い始めた。

両親の説得も、少しずつ慎重に進めていった。

札幌の両親にしてみれば
ひとり息子が勝手に東京に行って
関係者と話しを進めてしまったわけだから、
ないがしろにされた感覚と共に、
離ればなれの生活の中で息子が逞しく
自立しようとする姿を感じたのだろうか。

最初に電話で話した時ほどの
激しい頭ごなしの反応はなくなった。
が、依然として断固反対なのは明白だった。


そんなある日…
先日お会いした風間先生から突然
下宿にお電話をいただいた。

8月に東京の日生劇場で「若きハイデルベルヒ」という
ミュージカル公演があり、そこに出演する
アコーディオンを弾ける学生役を探しているので、
夏休みを利用してやってみないか、
というお誘いだった。

原作、脚本が石原慎太郎氏、音楽が山本直純氏、
主演が当時の中村勘九郎氏(現勘三郎氏)と
大竹しのぶさんという、凄い面々だった。

当然飛びついた。
リハーサルから上演期間全てを入れても
夏休みで全てまかなえる。
アコーディオンを弾いて、お金が貰えて、
しかも人脈までいただける。
こんなに有難い話しはなかった。

しかもその間は、国内随一のアコーディオンメイカー
トンボ楽器の真野社長のご好意で、
埼玉県の戸田にあるトンボ楽器の工場の社員寮に
居候させていただけることになった。
ありがたい!

あんなに遠かった東京が、驚くほど近づいてきた…。

しかし、ここで出会ったある人物の一言が、またまた
自分の運命を大きく変えてしまうことになろうとは。

高校休学宣言まで…あとひと月と、ちょっと。
2009-02-01 15:37 この記事だけ表示   |  コメント 9
ほどないある週末…
アコーディオンの最初の師匠である
名古屋の太田先生に連れられて東京を訪れた。

1泊2日の短い滞在ながら、次々と
さまざまなアコーディオン関係の方々に
紹介していただいた。

わずか16歳の少年にとって、
それはあまりに凝縮された2日間だった。
ずっと笑顔で挨拶をしなければいけなかったので、
おしまいの方は笑おうとすると顔がぴくぴく痙攣した。

でも、そんなことよりも、自分の目の前が急速に
開けてゆき、それまで誰でもなかった自分が
どんどんアコーディオンの世界の中心部に向かって
吸い寄せられているような感覚に囚われた。

8ヶ月前にも訪れた
アコーディオンの殿堂、谷口楽器にも挨拶しに行った。
太田先生の威力はそれは絶大で、
谷口社長さんが自ら出迎えてくれた。
前回とはえらい違いだった。

そして、谷口楽器でアコーディオン専門誌を
編集されていた金子氏が、
「ぜひこの人を紹介しておきたいので」と仰って、
その後、並々ならぬお世話をかけることになる、
アコーディオンのトップスタジオミュージシャン、
風間先生に顔つなぎをしてくださった。

この金子氏こそが
「そうだ、イタリアに留学するのはどうでしょう」と
このとき僕に勧めてくださった恩人だ。

この2回目の谷口楽器訪問が、
そしてこの時の金子氏と風間先生との出逢いこそが、
僕の運命を強い力でぐいぐいと変えていく
きっかけだった。

それからちょうど4ヵ月後、
僕は高校を休学する決断をすることになる。
2009-01-30 17:25 この記事だけ表示   |  コメント 5
進路指導の面接は、まったく機械的だった。

担当教諭に呼び出され、理科系と文科系から
自分の適性選択をするように、さとされた。

来たるべき受験に備えてクラスを分け、
より効率よく受験勉強をするため…とのことだった。


実は、
下宿で一人暮らしを始めて以来、
自分と全く違う夢を持った人々と話しながら、
それまで漠然と思い描いてきた将来に
疑問を感じ始めていた。

自分にとって唯一無二の選択とは?

突然クレイジーな考えが頭を過ぎる。
アコーディオンと生きること。

音楽家になることがどういうことなのか、
アコーディオンで生計を立てられるのか…
そんなことは考えてもみなかった。

海外に行ってみたかった。
この楽器が生まれたヨーロッパで勉強してみたかった。


それを告げた日、進路指導の担当教諭は、
初めて書類から顔を上げ、僕の顔を見た。
そして、すぐに興味を失ったようだった。

はたして僕は音楽の教諭の管轄下となり、
楽器の性質をかんがみて、あくまで趣味として
続けるべきである、と懇々とさとされる…。

それまで学校に対し感じていた違和感は、
決定的なものとなった。

親に電話して相談した。
勿論、大反対だった。
電話の向こうで、気でもふれたか、という剣幕で
激怒している父親の様子が手に取るようにわかる。

家庭教師の先生にも相談した。
いずれにしても今やっている勉強は続けるべきだ、
ということだった。

周囲に反対されると、
ますます燃えた。

自分の思いを誰かに伝えたかった。
一人でもいいから、それに賛同して欲しかった。

高校入学当時から所属していた
アマチュアのアコーディオン団体の先生に相談した。

初めて喜んでくれた。

「東京へ行こう」
先生は仰った。
2009-01-26 17:50 この記事だけ表示   |  コメント 18