blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
2日ほど前からちょっと風邪気味。
うーん。

ドラマ音楽のレコーディングが押してしまって
間に合わない!
そんなわけで昨日、今日はスタジオにカンヅメで、
沢田さんの稽古場にも顔を出せず。
明日は行かなければ。

しかも今日はレコーディング終了後に別スタで
ガッツリとリハ。
今月後半にロシアでコンサートの予定なのです。
なにもこんなめちゃくちゃな時に行かなくても…
とはいうものの、そんなときに限って
こういうことが起こるのが常…か。
出国までに終わらせなくてはならないことが
あああ、ありすぎて…考えたくない。

でも、12年前に生まれて初めてブルガリアで
レコーディングした時もこんな感じだったな。
時間に追いまくられて…。
フルオーケストラを録りに行くのに
肝心の曲が書けなくて…というか、
モチーフはそれこそ死ぬほど浮かんでは消えるものの、
コレという決定打が降りてこずに、
出国前の成田のカフェでふと浮かんだメロディに
取り憑かれて、パリ経由でソフィアに到着するまで
スコアを書きまくって…。
ソフィアに着陸したショックで鉛筆が折れたもんな。
今でこそ笑い話だけれど、
その時は必死!
その夜もソフィアのホテルで徹夜して
ようやくスタジオ開始時間直前に完成。
オーケストラの皆さんにその場で
手分けして写譜してもらって、
ギリギリセーフでレコーディング。
当然100人近いオーケストラメンバー全員に
ぶーぶー文句を言われて、平謝り。

でも、苦労したその一曲、
eyeが高橋選手の耳にも届いてくれて、
レコーディングしてから12年の時を隔てて
バンクーバーでの晴れ舞台。
ありがたいのと同時に
なんとも不思議な気持ち。

やはり、ぎりぎりまで諦めずに頑張らないとな。
でも、頑張ってやれば
必ず聴いていてくれる人がいる。
大ちゃんもそうだし、今回のロシアライブだって。

そんなわけで、今回も諦めずに
やるぞ!
2010-03-09 04:14 この記事だけ表示   |  コメント 11
日生劇場の音楽劇「若きハイデルベルヒ」の打ち上げは、
銀座の泰明小学校脇にある、
老舗のビアレストランで行われた。

それは、
実は僕の運命を決定づけた場所だった。


メインのキャストは一番上座のテーブルで、
そこからだんだん下っ端の席になっていく。

僕はもちろん、一番末席。
学生役の二期会合唱団や芸大生たちに囲まれて、
目立たないように地味に座っていた。

スタッフも続々と到着し、いよいよ会が始まった。
プロデューサーが挨拶し、ビールで乾杯。
ひと通り食べ物も出終わった頃、
音楽監督の山本直純さんが到着された。

本来なら一番上座にお座りいただくところが、
「俺はそういうの苦手だから」と仰って、
あろうことか一番末席の、
僕の正面に陣取った。

周りは皆若者ばかりで、この大物の突然の来襲に、
完全にカタマってしまっていた。

当然、高校生の無粋な僕に、彼の気に入るような
気の利いた話題を提供できよう筈もなく…

さっきまで盛り上がっていたその一帯は、
ちょっとした台風の目に入ったように、
シンとした。

しばらく
美味そうにビールを飲んでいた直純さんは、
僕にこう話しかけてきた。

「それで、君はどうしたいの?」
「は?」
「いや、アコさ。やりたいんじゃないの?」

驚いたが、
もしかしたら、風間先生があらかじめ直純さんに
何か吹き込んでおいてくれたのかも知れないし、
こんなチャンスを逃す手はない。

ビールの酔いも手伝って、僕は大胆になっていた。
「オーケストラがやってきた」や
「大きいことはイイことだ」で一斉を風靡していた
この大作曲家に、食らいついた。
こんな会話だったと…思う。

「直純先生、ボク…実はアコーディオンをちゃんと
 勉強したいんです」
「ああ、だけど学校ないだろ」
「国内には、ないです。でもヨーロッパの音大には
 アコーディオン課があって、そこではフリーベース
 という新しいシステムを学べます」
「フリーベースか…いいねえ」
「はい。このシステムは、左手のベースが全部
 単音になって、演奏の可能性が物凄く広がります」

僕は随分と饒舌になっていた。

「ですが、僕は作曲の勉強もしたいので、
 まずは日本の音大を受験して、それから
 大学を休学するなりして、留学したいと思っています」
 

勢い込んで話す僕に、
直純さんは、ビールを飲みながらこう仰った。

「何がやりたいの、君。
 作曲、それともアコ?」


僕は思わぬ不意打ちにちょっと絶句したが、

「ア…アコです。」と、辛うじて答えた。


「それなら、
 すぐに行かなきゃ」

「へっ?」

「楽器やりたいならね、一日でも早い方がいいんだよ」

「す、すぐ…って」」

「それからな、日本の音大で勉強しても…
 あんまりいいことないぞ。」


「あの…
 すぐ…ですか」

「ああ。すぐ行きな。
 行くなら、今だ」



頭をカチ割られた気がした。
この人に学歴という言葉は
何の意味も持たないのだ。

高校を卒業し、いい大学に入る…

理系、文系の二者択一を
頑なに拒んでいた筈の僕は、
だがしかし
いつの間にか学歴のエスカレーターに
自らを乗せようとしていた。

アコーディオン課のない日本の音大に
なぜ行くのか?
そう問われてみると、
それまで自分の中にただ漠然とあった、
つぶしが利くように学歴を稼ぐという計画が、
実に陳腐に映った。

アコーディオンを志して、もしそれが
うまくいかなければ、音楽の教師にでもなるのか?
それが、僕の夢か?





打ち上げは、
勘九郎さんや大竹しのぶさんを囲んで、
巨大なジョッキに並々注がれたビールを
出演者全員で回し飲みする儀式で、
クライマックスを迎えていた。

が…
僕にはその喧騒が
遠い出来事に感じられた。



名古屋に戻った僕は、
すぐさま父親に電話し、
自分の決心が変わらない旨を伝えた。
それどころか、高校を3年から休学して、
留学準備を本格的にやりたいと宣言した。

それから数週間後、
父親が札幌から名古屋に来た。

その夜、
太田先生を囲んで
新栄にあるとんかつ屋の2階で話し合いをした。

父親の気持ちは痛いほどわかったが、
僕の決心は固かった。

どんなに辛くとも、絶対に
音を上げないことを父に約束した。

ようやく父も
お前の人生だから…
と許してくれた。

翌日、一緒に高校へ行き、
担任、進路指導の教諭に挨拶した。

同級生も最初は驚いたが、
皆口々に「がんばって来い」と
力づけてくれた。


そして…
僕のイタリア留学が決定する。

あの時、
もし直純さんの言葉がなかったら、
今のcobaはなかったろう。


人生は
人の縁だ。

感謝。
2009-02-09 07:49 この記事だけ表示   |  コメント 21
では、話の続きでも。



東京での始めての仕事は、
それは全てが新鮮で、不安で…
どうしようもなく楽しかった。


稽古に先立ち、劇伴音楽用のレコーディングがあった。
生まれて始めてのレコーディングスタジオで、
風間先生がレコーディングするのを
見学させていただいた。

音楽監督の山本直純先生が指揮台でタクトを振ると、
ベース、ギター、パーカッション、ピアノ、
アコーディオン、マリンバが
素敵に鳴り出し、アンサンブルする。

まるで魔法を見ているようだった。
何ともデリケートな音だった。
こんな仕事、
僕には永遠にできる筈がないように感じられた…。
まだ改装前の、ビクター301スタジオだった。

そういえば、
今でもここのエレベーターに乗ると、必ず思い出す
このときのシーンがある。

たまたまこのセッションの帰り際に、
アコーディオンを背負った故藤山一郎さんと
同じエレベーターに乗り合わせた。

ところが
彼は見ず知らずの高校生の僕にまで
丁寧にお辞儀をされた。
僕はどうしていいのか分からず
ガチガチになり、彼が降りた後も
しばらくエレベーターの中で動けずにいた…。



舞台の稽古は、TBS本社裏の体育館のような
スタジオで、朝から夕方まで続いた。
現在は赤坂サカスの
さくら坂になっているあたりだ。

稽古中、自分が何処にいたらいいのかわからず、
本当に不安だった。
身の置きどころがないというのは
こういうことなのだと知った。

昼休みの休憩時も、どこに何を食べに行ったら
いいのすらわからずに、ただ一ツ木通りあたりを
うろついた。

そんなある日の稽古中、
ちょっとしたハプニングが起こった。

学生たちが集う、ビアホールテーブルのセット上に
うっかり載せておいた僕のアコーディオンと、
誰かの肩が触れたらしく、床に落ちてしまった。

凄い音がした。

今なら絶対にそんなところには置かないけれど、
その頃は自分が体を張って守るべきものすら
きちんと自覚できない、ピンボケな僕だった。

古い稽古場のギイギイいうような床だったので、
幸い楽器は無事だったが、
随分と落ち込んだ。

田中明夫さんという役者さんに呼ばれて、
随分と叱られた。

時代劇の悪代官役として、
よく顔を見る人だった。

なぜ関係のないこの人に
こんなに叱られるのかよくわからなかったが、
迷惑をかけてすみませんと頭を下げ、
わびた。

それを横で見ていた彼の付き人で、
ちょい役でも出演していた
滝上さん(確かそういう名前だった)という役者さんに
「ちょっとちょっと」と
トイレの前に連れて行かれた。

また怒られるのかなとビクついている僕に、

「君の楽器のことを心配しているからこそ、
ちょっとキツイ言い方をしてくれているんだよ」
彼は、かなり強い茨城なまりで、そう言った。
思ったより優しそうな人だった。


そのことがきっかけとなり、その日から僕と滝上さんの
おかしな関係が始まった。
僕は完全に彼の弟分だった。

彼は徹底的に面倒見がいい人で、
舞台や芸能界のあらゆる常識を教えてくれた。

彼のおかげで、僕は稽古中の身の置き場所を知り、
昼休みにTBS職員のフリをして、社員食堂で
240円のカレーライスを食べることを学んだ。

守衛さんの前を通る時は、恐々と目を逸らせないで、
「こんにちは!」と、フレンドリーに通るのだということも
教えてもらった。

さらに
ホッピーという飲み物があることも彼が教えてくれた。
有楽町には居酒屋が沢山あり、日生の本番が開けると、
僕は滝上さんに連れられて毎晩ガード下の飲み屋で
ホッピーを飲んだ。

ホッピー好きの彼の弟分の僕も、
当然、無類のホッピー好きになった。

田中明夫さんからも
「うちの滝上が、君に随分と世話に
 なっているようだから」とご招待をうけ、
銀座ミュンヘンでご馳走になった。
僕の方が御礼をしなくてはならないのに、
何とも律儀で素敵な人たちだった。

ビールを飲みすぎて、トイレで目が回り、
しゃがみ込んでしまった僕を、
すかさず滝上兄貴が抱えてくれて、
電車に乗せてくれた。

毎日の公演もそれは楽しく、
僕はアコーディオンの練習もそこそこに、
自分に目標があることもちょっと忘れかけていた。

そんな
蜜月の公演は瞬く間に過ぎ、
いよいよ打ち上げの日が来た。
2009-02-07 18:42 この記事だけ表示   |  コメント 7