blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
新年明けました。
2014年
皆さまにとって
良き年となりますように…

great wishes for new year 2014.
here is a poem which is written by me in japanese.
it is about human being.
sorry but to difficult to translate in English…



DSCN9956.JPG

年頭に際し、
昨年したためた文章の中から
ひとつ。



世界は業に満ちている(食の巻)

DSCN9964.JPG

生れ落ち
腹が減り
喉が渇く
暑く、寒い
生命。

狩りに行き
川の水を飲み
獣の毛皮を纏う。
仲間が集い
言葉が生まれ
生活。

家を造り
枯れ草を編んで
服をつくる
網をつくる
罠をつくる。

雨水を貯め
畑を耕し
家畜を飼う。
イトナミ寓話が
はじまる。

恋をする
夢を見る
薬草を知り
唄うことを知る。
イトナンデ
イトナンデ、
イトナミは人生となる。

発酵し
醸造し
濾過し
蒸留する。

塩と出逢って
干して
焼いて
煮て
蒸す。
保(も)たせることは
いつしか
愉しむこととなる。

果実は酒となり
酒は輪を生み
輪は和を成し
歌を生み
喜びを生み
喜びは大自然に溶解する。

言葉は書となり
知の海原を育む。

人の脳内ミクロコスモスは
果てしない欲望を恥かしむことなく
テラのメモリーを欲し
指はナノの宇宙を彷徨う。

IMG_0497.JPG

人生は韻なり。
韻は陰を生み
リズムを生む。
それは人生検証の道標となり
我ら旅人は、心安らぐなり。

coba
2013年6月27日
(東儀、古澤ツアーパンフの為に寄稿)





今年も
感じ、
食べて、
泣き、
笑おう。

DSCN0163.JPG

DSCN0261.JPG

DSCN0116.JPG

DSCN0238.JPG

DSCN0275.JPG


今年も宜しくお願いします



IMG_6038.JPG
2014-01-06 06:52 この記事だけ表示   |  コメント 3
伝えるべきことを言葉にして
書籍として出版します。


アコーディオンという因果な楽器を選んでしまった。

物事全てのスタートは、好む好まざるに関わらず、
ある程度レールが敷かれるもの。
しかしその道がある時フっと途切れてしまう。
僕にはそこで選択の時が訪れた。

道を作るか、作らないかという苦い選択だった。
しかしそのお陰で喜びを学ぶことになった。
誰もやったことがないことに挑むのは楽しいことだ。
自分が作り出すことがスタンダードになる。
それが確固たる個性とクオリティを持っていれば、
時が過ぎても時代の波に飲み込まれ、砂塵と化すことはない。

それは未知の国を旅することに似ている。
その旅の途中で、何度も道を誤り、遠回りし、挫折し、
もうダメかとも思った。
でも何とか立ち上がる度に不思議と道は開け、
思いもよらぬ出逢いが生まれた。
砂漠の真ん中で息も絶え絶えな時、
そんな時こそ真価が問われる。

日本を始め、世界のあちこちで僕の曲を演奏してくれる
人々がいる。
アコーディオンで、ピアノで、電子オルガンで、
クラリネットで、ヴァイオリンで、歌で…
僕がやり続けていること、作り続けているものが
人々の心を打ち、共鳴してもらえることは、
何にも代え難い喜びと感ずる。

自分は子供の頃から何かを信じ続けて来たのだと思う。
そんなことを冷静に振り返り、
言葉にしてみたい。

その言葉達がまた皆さんの力になれば。
喜びに繫がれば…と思う。




カタール、ドーハにて
2013-01-25 06:36 この記事だけ表示   |  コメント 11
ソロアルバムを作り、ツアーをやります。

世の中コラボレーションの時代。
聴く側も、遣る側もコラボばかりだ。

コラボレーションは
素晴らしい現象、行為だ。

それはある必然性から魔法のように生まれる。
ある時、ふとある人のことを思う。
やがて時が満ちて、それを相手に伝えることになる。
伝えられた方は、どんな状態であれ悪い気はしないものだ。
互いがとてもラッキーであれは、
諸々の条件をクリアして何らかの機会が訪れる。
コラボレーションが成功し、互いが互いを
必要なことを実感する。
そして、そのマリアージュは長続きするものだ。
マリアージュを成功させるには、
いわゆる健全な動機と思い入れが必要。
互いを愛し、尊敬する心と態度が必要だ。
コラボとは、まるで恋愛のようなものだから。

しかし昨今のアーティストの
コラボレーション企画はどうだろう。
さまざまな理由からアーティストを
1人では売りづらくなって、グループ売りする
「おトク感」丸出しのえげつない企画を見ると、
嫌悪感を憶える。
お客さまにとって「おトク感」満載に見える
こういうコラボ企画は、しかし同時に音楽業界の
更なる価格崩壊を引き起こし、
アートそのものの質の低下を招きかねないと感ずる。
一過性の企画で必然性を感じないままコラボをし、
もう二度とその人と機会が訪れないのは、悲しい。
「そんな難しいことを言わず、
楽しくコラボすればいいじゃん」
と言われるのはやまやまだけれど、
プロモーター側もアーティスト側も、
コラボレーションという行為について
もうひとつ掘り下げて考えてみることが
必要な時期に来ているのではないか。

僕らは何かを生み出すために
コラボレーションするのだから。
そんなわけで、生み出すコラボは
今まで通り続けて行きたい。

反面、
ここまでコラボが流行っているので、
僕はソロをやります。



カタール、ドーハにて
2013-01-10 13:41 この記事だけ表示   |  コメント 13