blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
そう思ったら、
もういても立ってもいられなくなってしまったボク。
時計はもう午後7時過ぎ。
「あ、店閉まっちゃう!」
貯金箱にあった千円札を何枚か掴むと、
自転車にまたがったボク。
「どこ行くの?ご飯よ。」
母の声もゼンゼン耳に入らないボク。

名東本通りから星ヶ丘を通って、
東山動物園を左に見ながら本山へ。
確かこのあたりだったはず…。
通りをはさんでちょっとした商店街になっている
このあたりの、
左側にあの洋服店はあったはず…。
「あっ!」
僕の目に飛び込んできたその洋服店は、
改めて見ると全然どうってことなくて、
良く地方の場末の商店街にありそうな、
ちょっと時代遅れな洋品店という感じのお店でした。

で、その全然どうってことないショーウィンドウには、
例のTシャツがまだ飾ってありました。
まるで自転車に乗った僕が、ハアハア言いながら
発表会の前日に、彼を迎えにくるこの瞬間を
ずっと待っていたかのようにね。

店のおばちゃんが「一応着て見ますか?」って
聞いた気がしたけれど、もうそんな言葉も耳に入らない
ボクでした。

サイズも何もそのTシャツは、その時の僕にとって
世界一カッコイイTシャツだったんだから。


2006-01-29 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0
岐阜市での講演会の足で、僕の出発点ともいえる
名古屋にある中部アコーディオンクラブの新年会に参加。
若者から重鎮の方々まで顔を揃えていて、
名古屋のアマチュアアコーディオン界の
層の厚さを物語っています。
結成38周年だって!凄い。
歴史と伝統の名門クラブです。

あの頃のレッスン日は隔週の日曜日。
その日曜日が楽しみで楽しみで…。
あんなにアコーディオンが好きだった頃。
全てみずみずしくて、小さなことに興奮したあの頃…。

クラブに通い始めた高校一年の春。
重い楽器を背負って自転車で練習所まで通っていました。
僕の家からクラブ練習所の山本楽器さんまでは広小路という
メインストリートを40分間ただひたすら走る。

途中小さな洋服屋のショーウィンドウに
何気なく飾られていた
七分袖のTシャツがちょっと気になって、
いつも見ながら前を通っていました。

夢のように季節は過ぎて、クラブ入部後の僕にとって
初めての発表会が近づいて来ました。
僕はアメリカンアコーディオニストの巨人、
チャールズマニアンテのア・ガイランチェロ
という軽快な曲と、自分でアレンジをした
ミシェル・ポルナレフのシェリーにくちづけを演奏予定。

発表会の前日。
学校から戻った僕は、大変なことに気がつきました。
「そうだ明日何着ようか!」
僕の頭の中は演奏のことばかりで、
衣装のことがすっかり抜けちゃっていたのでした。

そしてその時あのTシャツが、
まるでフラッシュバックのように
僕の頭に浮かびました。
茶色の七分袖のあのTシャツ。

「まだあるんだろうか、あの店に。」
2006-01-27 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0
名古屋の今池からちょっと歩いた所に
たぬきという名前のくし焼き屋がありました。
素晴らしい店でした。
タレは独特で、
如何にもトラディショナル名古屋の極み的な醤油系甘辛で、
コクと深みがぐいっと舌を持っていってしまう。
これが食べたくて、
僕はわざわざ名古屋に通ったほどでした。

冬期のみの湯豆腐は、お椀くらいの大きさの容器に
おぼろ昆布と薄い醤油味のだしに浸って本当に絶品でした。
これが食べたくて食べたくて、
名古屋が冬になるのを心から待ちわびていました。

この店に行くのが楽しみで、名古屋での仕事は
(少々つまらなくても)
進んで受けていたほど…。

寒い夜、久しぶりにいそいそと行ってみました。
シャッターがおりて、
たぬきはひっそりとしていました。
トレードマークの赤い提灯も取り払われて、
愛嬌たっぷりのおばちゃんの、
あの名古屋弁にももう会えないと思うと、
悲しくて悲しくて、
あまりの悲しさに、
曲が出来てしまったほど。
あのタレの味よ、もう一度!
2006-01-23 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 1