blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
1月3日。
雪はまだまだ降り止まず、
相変わらず付近に人の気配は…ない。

武満先生のピアノの隣には、
僕が大好きなダリの時計をモチーフにしたような
壁掛けの時計がある。
イタリアの作家によるもので、
クニャっと曲がった時計から羽が生えていて、
まるで「時間」が身をくねらせながら
宙を舞っているかのような作品だ。
さすが、「時間」が
自由に伸び縮みする国のアーティストならではの発想。
表面は金箔で覆われているが、
かなり苦労して張り付けたと見えて、
ところどころにムラがある。
で、それがまた好い。
買った時には随分気を使って梱包されていたにも拘らず、
ここまで運ぶ間に車で揺られ、
角のあたりの金箔は一部剥げてしまった。
パッと見ほとんど解らない程度だが、
作者が知ったらさぞ悲しむだろう。
ごめん…。

デジタル時計の文字盤はなんとも味気ないと思う。
時という概念は有限思想の中から生まれたものだろうが、
本来時計が時を『刻む』必要はない。
『時』という無限の存在を
何とか有限界まで引きずり下ろすために
せっせと切り刻む空しい作業だ。
その愚かな様子を尻目に、
母なる時は『次なる時』を静かに産み続ける。
…そんな幻想をこの羽根つきの時計は抱かせる。

屋根から雪がドサッと滑り落ちる音に驚かされながら、
僕はひたすら『時』の分子に隠れた
『その瞬間』を…待つ…。

暖炉が燃え続けている。
こんな誰もいない山の中で、たったひとつだけの灯火…。

3年前、ここに山荘を立てる為に、
敷地内の赤松や樺を20本程切った。
太いものは直径が恐らく5、60センチはあった。
棟梁が気を利かせてくださり、
それを全て暖炉用の薪にして下さった。
地元でお世話になっている方々に随分差し上げたが、
それでも積み上げると山荘の周囲を優に半周は
取り囲んでしまう程の量になった。
恐らく数年間、僕は薪の心配をせずに済むだろう。

山荘の中に僕の弾くピアノの音が響いている。
音の分子が空気に溶け、
少しづつ木の柱に染み込んでいくようだ。
生まれては消えてゆく旋律の断片を、
僕は注意深く吟味する。
少しでも引っ掛かりがあるものは、すかさずメモる。
昨日のメロメモが書きなぐられた五線紙が
床に散乱している。
今日の分はまだかろうじてピアノの上だが、
これも床にばらまかれるのは
時間の問題だろう…。

僕のアコーディオンをチューニングし続けて下さっていた
大切な方が昨年末に亡くなった。

チューニングはアコーディオンの命だ。
楽器の音色がこれ一発で決まってしまう。
僕の数々のアルバムは、
実は彼との共同作品といっても過言ではない。
彼にチューンアップされた僕のアコーディオン達は、
まるで魔法にでもかかったかのように
華麗に素敵な唄をうたった。
そして、そこから僕自身も
数々のインスピレーションを貰った。
だから当然のごとく、僕は過去の自分の作品に
チューナーである彼の名前をクレジットし続けてきた。
(そういう意識を持ち合わせない世界中の僕の後輩達よ、
『貴方の演奏』は貴方一人だけの力ではないことを
是非知って下さい。)

彼を失ったという事実は、
僕にあまりにも大きくのしかかった。
自分の唄を託す以上、その歌声はあまりにも重要だ。
そして、彼によってチューンされた楽器こそが、
僕の歌声だった。
うた姫は、自身の歌声を守るために
大変な努力をするものらしい。
が、時は淡々と過ぎ、
その男達を魅了してやまなかった歌声も
いつの日か衰えていく…。

僕には彼が最後にチューニングしてくれた
数台の楽器が残された。
これが彼の最後の作品、最後の置き土産だ…。
僕はこれで自分の唄を歌い続ける。
このアルバムは彼の作品をこの世に残す最後のチャンスだ。
最高の16小節で彼の偉業を讃えたい。

そんなわけで、
僕はこのアルバムの為に作曲する最初の曲を、
彼に捧げることに…決めた。

ふっと気がつくと、暖炉の火が消えかかっている。
昨日のうちに部屋の中に運んでおいた薪のストックも、
もうない。
羽ばたいている時計を見ると、もう午前2時だ。
熱中して、夜になったのも知らずにいたようだ…。

上着を着て外に出る。
きーんと冷えている…。
まわりじゅう真っ白だ。
この山荘は山の斜面に建てられているため、
玄関が二階にある。
下のほうにある小さな沼を
見下ろせるような角度にしたくて、
棟梁にちょっと無理を言ってお願いした。

軒下の薪の上につもっている雪を払い、
ゆっくりと新雪を踏みかためながら
一階のバルコニーまでそれを運ぶ。
先程までの雲は晴れ、空には見事な月が輝いている。
ここから見上げる星空は、それは見事だ。
まわりに灯りが全くない場所だから、
東京では見られない星も、くっきりと見える。

僕は、空を見上げながら思う。
「あの星のどこかで
 彼の魂が僕を見守ってくれているのだろうか…」

その時だ!
もの凄い予感とともに、
新しい音の気配がした。
「つかまえろ!
 捕まえろ!!」
2005-04-09 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 1
今年のお正月、
僕は、久々に山の家に居た。
ニューアルバムの曲書きをするためだ。

今年の長野は特に雪が多く、僕の山荘には
4WDの強力なパワーを持った相棒なしでは
とてもたどり着けない。
タイヤの跡の全くついていない、
真新しい雪を確かめるように
ゆっくりと進むと……案の定、
山荘は雪に埋もれていた。

冬の山は意外に賑やかだ。
シンと静まり返っているようで、
意外ににもいろいろな音がする。
風で木々の揺れるおと、
山鳥の泣き声と羽音、
どこかで雪がくずれる音…
時にはカーンという、まるで木ヅチか何かで
物を打ったような鋭い音もする。

うちの周りに一応何軒かの建物はあるものの
この雪深い時期にわざわざ来ようという奇特な人は
皆無なようで、周りに人の気配はない…。

僕がアコーディオンで
初めてアルバム制作をやりだしたとき、
僕の心の中はある思いでいっぱいだった。
『アコーディオンの運命を変えるんだ』
それは即ち、自分自身の運命を変えることでもあったが…

何故そこまでアコーディオンに
固執したのかは解らないけれど、
僕にはその当時
ちょっとした勘みたいなものがつきまとっていた。
『人は濃いものが好きなんだ。
 アコーディオンの、この濃さといったら…』

確かにこの楽器はかなり残酷だ。
ある意味、演奏者の品格みたいなものまで暴露する。
即ち、この楽器で演奏された"音"には
その演者の人生の内容が
克明に刻印されてしまっている。

僕はアコーディオンと
共に人生を送ることを決心した17才の時、
自分の唄を、自分のかわりに
アコーディオンに唄わせることを決めた。

その時から、僕の「まだ見ぬ16小節」探しが始まった。

演奏家は自分の表現を自身の演奏の中に見い出すものだ。
だから時に演奏家馬鹿という現象を起こす。
つまり曲のクオリティにかかわらず、
『何でも』楽しんで演奏してしまうのだ。
この現象は古今東西を、
そして演奏家のクオリティを問わず、
…ままある。

僕がアコーディオンを通して表現していることは
次の通りだ。
この楽器が唄ってこそ生きる曲をまず作曲し、
そしてそれを僕の手で、
魂を込めてアコーディオンに唄わせる。
つまり、曲ありき…なのだ。
だからこそ全身全霊を込めて、
満身創痍で「まだ見ぬ16小節」を
探し続けるんだ…。

雪まみれの車を停め、山荘の扉をあけた。
強い木の香りが僕を歓迎してくれる…
冷えきった室内を暖めるために、
暖炉に薪をくべて…火を着ける。
いつも必ず立ち寄るコーヒー店で
挽いて貰ったコーヒー豆でコーヒーを入れた。
木の香りをコーヒーの香ばしい香りが
みるみる凌駕していく。
素敵な瞬間だ。
ここに電話は置いていない。
勿論、携帯の電波も入らない。
ここで起こることは、僕以外の誰も知ることはない。

「さあ、やるか…」
僕はのろのろピアノに向かった。
圧倒的な静寂が僕に味方する!

このピアノにもちょっと思いがある。
以前にも書いた、僕の尊敬する武満徹先生が
御自宅で使っておられたものだ。
この山荘が完成した折に、ピアノを探していた僕を
見あぐねた奥様が、
「もしこんなものでお役に立つのなら、
 どうぞ貴方の音楽の為にお使いください」と
無期限でお貸し下さった。
(奥様は差し上げますと仰ったが、とんでもない!!
このようなものを頂戴するわけにはいかない。)
そのピアノの上には
先生の語られた多くの名言の中のひとつ、
「音、沈黙と測りあえるほどに」
という言葉が書かれた額が置かれている。
この作品も、
ある著名な書家のちょっとした気紛れによるもので、
何と!青いクレパス文字で書かれていて、
極めた人のみが到達する
何とも気軽で洒落ッ気に溢れた世界観がある。
酒に酔ったこの書家に、
これを書かせてしまう奴にも頭が下がるが…

曲のクオリティは、いつも
「自分をどこまで追い込んだか」で
決まる気がする。

僕は目を瞑り、先生のピアノの鍵盤にそっと指をのせる…
自分の中で何かが囁く。
「音の気配を捕まえろ…」
2005-03-26 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 3