公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
遅ればせながら、ただいま。

ヨーロッパでのツアーから帰ってきました。
今年は僕がとってもお世話になっている
イタリア、マルケ州にある街、
カステルフィダルドのアコーディオンメイカー
ヴィクトリア社の創立85周年を記念して、
世界各国からヴィクトリアのアコーディオンを
愛好しているアーティスト達が集結した。

フランスのリシャール・ガリアノや
ニューヨークのギル・ゴールドスタイン、
ドイツのクアトロヌエヴォ、
フィンランドのミカ・ヴァイリネン、
イタリアのビヨンディーニ…。
いずれも国際的に活躍する名手たちだ。
全員でセッションもやる予定だったけど結局あまりに
時間がなくて流れてしまった。
ちょっと残念。

リシャールはさすがに抜群だった。
今回はガリアノ家の家族全員で来ていて、
お嬢さんのマリヨンとはなんと13年ぶりに再会した。
最後に会ったのは
確かフランスのチュールでのフェスティバルの時で、
彼女はまだまだ人見知りでシャイな小学生だった。
でも今回久しぶりで会った彼女は、
もうそれは立派に成人していて、
なんというか、めちゃくちゃ素敵なレディになっていた。
しかも驚いたことに、
彼女は見事なイタリア語で僕に話しかけてきた。
「チャオ!coba、久しぶり。お元気?」
「え?あぁ…。でも、どうしたの、そのイタリア語。」
「私、イタリアの大学に行ったのよ。
 で、いまもそのままイタリアに
 住んでいて、そこでフランス語を教えているの。」
素敵なブロンドだった髪の毛は、
あの頃よりちょっと黄色がかっていて、
ちょっとシャイな、
はにかんだような笑顔はあの時のままだ。
なんと懐かしい…。

ギル・ゴールドスタイン氏のソロ演奏は、
なんともインテリジェンスに富んでいた。
彼はつい先日
サックスのマイケル・ブレッカー氏と共に来日し、
そのギル・エヴァンス譲りの天才的なアレンジメントと
華麗な、そして円熟したピアノ演奏を聴かせてくれた。
アコーディオンは子供の頃から弾いていたのだそうで、
とっても様になっていて、カッコ良かった。
演奏スタイルは、テーマとアドリブで構成される
いたってフリーな感じで展開されていった。
それぞれの楽曲の構成の仕方や
独特のインプロヴィゼーションのやり方は、
とても勉強になった。

ギルはいつもスイス人の奥様と、
可愛いワンちゃんと一緒だった。
モデルのように綺麗な奥様は、
いつお会いしても素敵なファッションに
身を包んでいらして、本当にゴージャスだった。
(ここだけの話し奥様はギルよりもかなり背が高い。
勿論ワンちゃんよりも…)
ギルもワンちゃんも奥様のことを
とっても自慢げにしていて、
彼女がいない時は、
心なしかちょっとふたりとも不安げだった。
まるで彼女が彼らの飼い主みたいだった。
(絶対言うなよ!)
…つまり、ギルとワンちゃんが
如何に奥様を愛しているかが、
いつもいつも手にとるように伝わってくる家族だった…
ということ。

マルケ地方のパスタやワインは相変わらず抜群で、
このためだけにでもここに住みたい!と
真剣に考えてしまった程だ。
なかでも半年ぶりに対面した
この地方独特のフェットゥチーネは、
相変わらずの卵黄中心の卵麺で…
その魅力的なまっ黄色で僕をそそった。
酸味の効いたトマトソースとよく合うことといったら……。
スカンピを贅沢に使った魚介のソースにからめた
これもまた、抜群に旨い。

僕らは
「食というものが、
 かくも賑やかなエンターテイメントになり得るのか?」
というくらい、うるさくはしゃいで
この大量の恵みをみるみる平らげたものだ。

イタリア料理はこうでなくちゃだめだ。
日本のイタリア料理は
NUOVA CUCINA(フレンチなどに影響を受けた、
新イタリア料理みたいなもの)からの
妙な影響を受けまくっていて、
その本質をともすれば見失ってしまっている。

イタリアは太陽の国だ。
好きを好きと言い、嫌いを嫌いと言える国だ。
美しい女性を見たら、放っておけない国なのだ。
この国における食は、あれこれ素材をいじりまわして
スパイスやソースでの味着けを
必要とするようなものではない。
新鮮な食材を、
良い塩とオリーブオイルでがつんと食わせる、
言わば自然児のようなものなのだ。
これぞイタリア!ああイタリア!ビバイタリア!
だ。

身体に良くて、
しかもめちゃくちゃに美味しい自然の恵みを、
これでもかというくらいほうばって、
僕らは陶酔状態だった。
窓の外には青く広がる甘くノスタルジックなアドリア海…。
やっぱりマルケは良い!!
今回の旅、スペインの魔力も確かに凄かったけど、
やっぱり僕は断然イタリアが好きだ。
2004-12-06 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 4
とてつもなく長い沈黙ごめんね。
また語り始めることにします。

ちょうど先週映画のサントラがひとつ終わり、
ちょっとホッとしている間もなく、毎年お世話になっている
沢田研二さんのお芝居の舞台稽古で、
錦糸町のスタジオに通いつめる毎日だ。
そしてとうとう昨日シアターコクーンでの初日が開いた。
今年の出し物は、昭和の長屋を舞台にした音楽劇。
いわゆる人情もので、人々の描き方の目線が実に優しい。
僕はこの音楽劇の為に、転換時の音楽まで含めると
20曲程を提供している。
僕なりに、ここに登場する愛すべき人々の目線で
曲を供した。

人にはそれぞれの目線というものがある。
ひとつの現象をとらえる時に、
自分以外のもうひとつの目線で
それを検証してみると、感じ方が著しく変わったりする。

そういえば人にはなぜ一つしかない器官と
二つあるものとが混在しているのだろう?
目や耳が二つあるお陰で、
我々は立体感やステレオ感を認識する。
つまりこの機能こそが、
空間で発生していることを我々が平面的ではなく
立体的に感じることができる要因なのだ。

そんな意味でも、
たった一つしかない自分自身の目線というものは、
ときに独断的で
物事の表面しか捕らえられていなかったりするものだ。
しかしそれが時には
ノイズに惑わされない正しい決断を促し、
自身の個性のエッジを確立させる起爆剤ともなりうる。

ただ、目線を変えて物事を観察してみると、
面白いものが見えてくる。

今回の舞台の長屋には、
耳の聞こえない下駄作りの職人が登場する。
彼の目線は独特だ。
彼の感覚を通すと、この長屋は突然色を変えて見えてくる。
あるいは、
今まで浮かび上がって来なかった長屋の人々の人物像が
突然浮き彫りになる。
音を持たない彼は、
人の心の音というような微かな振動をキャッチして、
それを微妙に聴き分ける。
当然、そこに共鳴できる人とできない人とが存在する。

彼には僕の音楽は聴こえないかもしれないが、
僕の心の振動はちゃんと届いているはずだ。
彼の生きざまには、音楽がある。

ものを発信するというのは、
そういうことなのかもしれないな…などと考えていると、
初日のステージはカーテンコールのラストナンバーを
迎えていた。

とっても素敵な初日だった。
2004-07-31 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 1