公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
きゃー!もう2月だよ。
どうしようどうしようどうしよう。

書きまくる筈のメイルもあっという間に1ヶ月の御無沙汰。
ダメじゃん。
信じられない程の時間のスピードアップ。
なんとかしてくれー。

ところで、
先日大分県で筑紫哲也さんとお仕事をさせて頂いた。
とっても楽しい2日間だった。
基本的に九州の人は面白いんだけれど、
筑紫さんはまた特別だ。
そして彼の生まれ故郷、日田市にも面白い人が沢山いた。

筑紫学長主催の「市民大学講座」という名目の
ライブと対談だったんだけど、行きの飛行機の中で
こともあろうか筑紫さんと
骨董の話でとことん盛り上がってしまい、
(彼の骨董コレクションは半端じゃないらしい!)
日田市の会場に着くやいなや、
学長は僕の腕をぐいっと引っ張って、仰った。
「じゃ、宝物を捜しに行ってみるかい?」

このあたりはすぐ近くに有名な小鹿田焼きの窯元もあり、
焼き物にはちょっとうるさいらしくて、
レストランなどで出てくる器も結構気が利いている。
そんなわけで、古美術をあつかう店もけっこうある。

僕が最近「まめ皿」というジャンルにハマっているという
話しをしたら、なんと学長自らお調べ下さり、
まめ皿の品揃えの良さそうな骨董屋を、
何件かはしごして下さった。
とはいえ、蕎麦猪口や茶器に比べて
まめ皿は残っている数も少ない。

一件目の店で僕は、山水柄のいかにも江戸のまめ皿という
カワイイやつを発見して、
学長との思い出の為に購入することにした。
その店の御主人は超キップのイイ人で、
3500円という定価を
「今日は有名人が来てくれたから
 特別におまけしてやるわ。」
と仰って、なんと1000円にまけてくれた。
実は先日、ある場所でそれと良く似た江戸後期のものが、
一枚12000円で売られていたのを憶えていた僕は、
3500円という値札を見て、
心の中で「やったー」と叫んでいたわけで…。
それを1000円というのは、あまりに安すぎる。

「そんなんでよろしいんですか?」
僕がちょっと困っていると、
学長が向こうでぱちっとウインクをした。
筑紫さんは、なんともお茶目でチャーミングなお人柄だ。

次の店はちょっと格式のある感じで、人によっては
とんでもない値段を吹っかけられそうなニュアンスも…
ちょっとあった。
こういうところでは、あまり物欲しそうな顔をせず、
とりあえず主人の話をゆっくり聞いてみるのが、
常套手段だ。
どこかのテレフォンショッピングの社長そっくりの御主人が
無愛想に出てきた。

よーし、じっくり構えよう……と、そんな僕の横で、
学長がいとも簡単にまめ皿5枚セットを御購入された。
江戸後期の伊万里で、
回碧(こういう字で良いのか?)と呼ばれる
濃い碧と朱色の上に、贅沢に金を乗せてある高級品だ。
きちんと完品で、状態も良い。
因に5枚で45000円はいずれにしても安い。
京都や東京で買ったら、下手をすると平気で倍は取られる。
しまったぁ!
そんなに安いのなら僕が買えばよかったよぉ…。
後悔先に立たずだ。

さて、
折しも前日からの大雪で
大分県の交通が麻痺していたこともあり、
その夜のお客様の入りはあまり芳しくなかったけれど、
(何しろ車でないとどうにも身動きのできない場所なんだ。)
学長と僕は無事に講演をやり終え、
その夜は地元のボランティアの方々含め、
皆で大宴会になった。

学長の同級生が、地元の木を使用して作っておられる
様々な生活用具のキュートさにも、やられまくった。
ワンタッチでハンコを取り出すことができる
木製ハンコ入れは
彼の最高傑作で、蓋を閉める時に「コン」という
何とも素敵な音がする。
「cobaさん、これに何か良い名前をつけてよ」
という彼のリクエストで、
僕はこの作品を『はんこ de ぱこん』と
命名させていただいた。
その名前を心からお喜び下さった彼は、
翌日これまたオリジナルの
楊子入れをわざわざ届けて下さった。
中に錘を入れてあって、
蓋をあけると楊子が起き上がる仕組みになっている。
僕はこれに『飛び出す楊子入れ(用事もないのに)』という
名を勝手につけさせていただいた。

翌日も朝から雪だった。
九州でもこんなに雪が降るものなんだなあ。

雪の中を博多空港に向かう車の中でも、学長と僕は
骨董と食べ物の話しで盛り上がった。
学長の名誉の為に付け加えると、
音楽と文学と政治の話も……ちょっとは、した。

そして彼は、おもむろに
昨日買った5枚のまめ皿のうちの
1枚をバッグから出すと…
僕にくれた。

「良かったら、持っててよ。」
「……!」

古美術の世界では、こういうのを養子縁組みと言って、
ただ単に物を貰うのとは違って、
ちょっとした意味を持つらしい。
つまり、お宅の息子さんを確かにお預かりいたしました…と
いうような。
ちょっと責任重大だ…。
学長はきっと最初から僕に宝のおすそ分けを下さるために
自らまめ皿をお求めになったのだと思う。
僕はこの恵みを大切に使わせていただこうと思う。

学長は、
このまめ皿に、
実はそっと、
無限の恵みを
盛って…僕に下さった
のだと思う。
2004-02-09 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 3
きゃー!2004年だ。
そういえば、年を経るごとに知り合いがふえる。
こちらが知っている人がふえると言うことは、
こちらを知っている人もふえるということで、
世界に広げよう友達の輪!って感じだ。

今年また何人のまだ見ぬ友達に出会うのだろう?
ただ、どんなに多くの人と出逢っても、
何故かなかなか自分には出逢えない。

俺は?
何処に行く?

なあ、俺、
今年の俺よ…。

また自分捜しかい。
まあそれも悪くない。
2004-01-05 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0
想像が全てを産む。
想像とは勝手に思い込むことなのだ。
五感を総動員してものを感じようとすると、
あーら不思議!
見えてきてしまう、あんなこと、こんなこと。
感じてしまう、DNAが発する方向性の咆哮。
必然性の導き出すいいわけの数々。
何といっても僕らは力学の虜なのだから、
水は高きより低きへ流れるものなわけ。
天才も鈍才も、発想の原点は真空じゃない。
充分な栄養と適度なミーハーさ加減こそが
なんとも味の濃厚な果実を実らせる苗床となる。

僕らは絶えず空っぽの冷蔵庫でいたいんだ。
感じやすい体質でいたいから。
いざと言う時に一杯の冷蔵庫ほど無力なものはないでしょ。
「奥さーん!フォアグラ腐っちゃいましたよー。」って。
例えば鮮度を要求される甲殻類は、やむなく冷凍
したりするけれど、問題は冷凍する瞬間のその状態と、
冷凍してからの時間なのだ。
つまり、すぐに凍らせて、すぐにお使い下さいねってこと。
これは消費の原則に従っているけれど、
偉大なのは、そのお陰で冷凍庫が空っぽになるところ。
つまり冷蔵庫を保存庫として認識している以上、そこは
過去へのトンネルでしかない。
そんな所、ほじってもあまり楽しくなれないしね。

想像力の原動力は、実は尊敬心なのではないかとも思う。
「人」や「神」や「自然」を尊敬できなくなると、
そこからの恵みである「技」に対する
感謝がなくなってしまう。
そうなると悲劇だ。
持てる技を想像力への触手として用いることが
できなくなってしまう。
「技術」は保持し始めたその瞬間から柔軟さを失い、
枯渇し始めるものだ。
尊敬は愛であり、敬愛はミュータント誕生の息吹となる。
「技」は何かに深く同調することで、
創造の泉への誘水となりうる。

何故に造り続けるのかとも思う。
何故でもいいけれど、一応いいわけをしてみたくもなる。
造り続けることで自分を確かめ続ける自分に出会う。
「いよう、あんたまだ探し続けてんの?」
「いや、別に。」
「見つけられないんだね。」
「だから違うって。」
自分の中のそいつは実に往生際が悪い。
しかも、素直じゃない。
そいつに「おい、実は不安なんだろ。」
などと真実を暴露しようものならとんでもないことになる。
ムキになって駄作をつくりまくってしまう。

満天の星。
今日も方々で風が吹いている。
美しい風だ。
僕の懲りないDNAは、
また風の吹いている方へふらふらと彷徨い向かう。
「敬愛」は実に無防備だ。
まったく、恥も外聞もないんだから。

ところで奥さん、腐ったフォアグラなんですがね…
今朝ゴミ収集に出しときましたよ。
匂ってたからね…。
2003-11-21 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 2