公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/1/15(日)
新潟市音楽文化会館 (新潟県)
[一般発売]
2016/11/5(土)10:00〜

2017/1/21(土)
日本橋三井ホール (東京都)
[一般発売]
2016/10/8(土)10:00〜

2017/2/8(水)
BIGCAT (大阪府)
[一般発売]
2016/10/8(土)10:00〜

2017/2/10(金)
広島クラブクアトロ (広島県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/2/17(金)
高知市文化プラザ かるぽーと 小ホール (高知県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/2/18(土)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/2/19(日)
W studio RED (愛媛県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[先着先行]
2016/11/7(月)12:00〜〜
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜
演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
アンコナ駅の待ち合い室に駆け込んできた男女の二人連れの
女性の方が僕に英語で声を掛けてきた。

「コバヤシさん!!コバヤシさんですねっ!?」
「……。」
「エッチェルシオールのエマヌエラです。」
「あっ、エ、エマヌエラさん…。」
「駅に電話したらローマからの列車は遅れて到着すると
 いうことだったけれど、大丈夫でした?」

(大丈夫でした……だとぉ?)
「は、…はい……。」

「道が混んでしまって遅くなりました。
 随分とお待ちになりました?」

(僕がどんな気持ちで待ってたと思うんだよぅ!)
「あ……い、いいえ……。」

「とにかく車の方へどうぞ。
 ちょっと遅くなってしまいましたが
 お食事に行きましょう。」

僕はそれまでに起こった数々の体験を
説明しようかどうしようかとても迷ったけれど、
とにかくそれを遥かに上回る安堵の気持ちで
一杯に満たされた。

さあ、
ここから僕の4年間に渡る大いなる旅が始まるわけだ。
エマヌエラと会えた喜びもつかの間、
実はこの後またまた想像を絶する
ようなことが起こるわけだけれど…
この続きはまた機会をみて書こうと思う。
お楽しみに。
2003-09-17 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 1
『神様助けて!』僕は心の中で叫んだ。

ヒッピー風の汚い2人連れは、僕の前まで来ると
僕のことをまるで値踏みでもするかのような目つきで
なめまわすように見た。

"C'e hai una sigaretta?"
と、多分そいつは僕に言ったんだと思う。
「は?」
「だから、煙草あるかって聞いてんだヨ」
「えっ?あ、ああ、タバコね、
 ああ、あ、あの…ありま…せん。」
「だったらタバコ代500リラ貸してくれや。」
「え?ち、ちょっとイタリア語は良くわからないので 
 ……。」
「500リラだよ、ご、ひゃ、く、リ、ラ、貸せよ!!」
そいつは指を5本突き立てて、僕の目の前に突き出した。
「だ、だって…お金ないし……あ、あの、」
「今度逢ったら返すからよ。ほら、貸せ。財布これか?」

そいつはそう言うなり、
僕のジャケットの懐に手を伸ばして来た。
「な、何するんですか?やめて下さい!」
「金持ってんだろう?良い上着じゃないかよぉ。」
「や、やめて…」
もう一人は横でニヤニヤ笑って見ている。
僕は必死に自分のスーツケースと楽器を抱きしめながら、
イヤイヤをするように抵抗した。
横でさっきまでいびきをかいていたおじいさんは、
いつの間にか何処かへ消えていた。

「いやだぁ。や、やめてぇ!!」
僕が声をあげると、もう一人の方の奴が
隣の席に座るやいなや、すーっと顔を近付けて来て言った。
「しーっ!オイオイ、そんなに叫ぶな。」
そして、ジーパンのポケットから
なにか小さなビニール袋に入った包みを出すと、
「チョコ欲しいか?」と囁いた。
「はっ?」
「チョコだよ、チョコレート。」
見るとそれは銀紙に包まれた
小さなチョコレート風のものだった。
が、如何にも手で包み直したかのような雰囲気で、
そいつの手の中でいびつにゆがんでいた。

まだ麻薬について何の予備知識の無かったその時の僕にも、
これは何かいかがわしい物だと
ピーンとくる感じの物体だった。
なぜ彼らが僕に近づいて来たのかを何となく悟った僕は、
いきなり大きな声を張り上げた。
"No! I don't want a chocolate!!"
(チ、チョコレートなんかいらないよ!!)

僕が声を上げると、2人はちょっと怯んだ様子で、
「ケッ、なんだクソ中国人がぁ!」
と捨てゼリフを吐いて、意外とあっさり行ってしまった。
そいつらは待ち合い室から出て行きしな、
ぺッと床に唾を吐いていった。

僕の体は硬直してしまって、まるでコントロールを
完全に失ってしまったかのようだった。
僕はその体勢から動くことができずに、
荷物を抱きしめたまま、わなわなと震えていた。
物凄く惨めな姿であることは良く分かっていたけれど、
どうにもならなかった。
アコーディオンのケースにポトポトと涙が落ちた。

ななめ後ろの方に座っていたデブなおばちゃんが
僕にやさしく声を掛けた。
”Hai fatto bene e..."
「良くやったわね…。」
僕はそのデブなおばちゃんの放慢な胸に顔を埋めて
泣きじゃくりたい心境だったが、
我慢した…。

と、その時だ!
男女の二人連れが入り口の方から
ドタドタと走り込んで来た。

「コバヤシさん!!コバヤシさんですねっ!?」
2003-07-11 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 4
「エッチェルシオールは本日ストライキで、
 休業ですって。」
彼女の声が無情に響いた。

「えっ?ストライキって……だって……
 迎えに来るって…あ、あの…
 か、書いてあるのに……ね、
 ほら、英語で、アンコナ、ステーション…
 ね、ね、ほら…ここ…。」
僕は半泣きになりながら、彼女に訴えた。
すると、彼女は気の毒そうに言った。
「迎えに来るの忘れちゃったの……かもね…。」
「ふぇぇぇ?」
「あの、ごめんなさい。私、もう行かなくちゃ。」
「あっ……すみません。
 あの…あ、ありがとうございました……。」

「ストライキ中だから出迎えを忘れた……?
 そんなことって……ある…の?」
僕は呆然としながら、近くのベンチに腰掛けた。
失望感と共に体中の力がすーっと抜けていった。
隣に座っているマロン色の帽子をかぶったおじいさんが、
ずーずーと気持ち良さそうに寝息を立てていた。

そのおじいさんの寝息を聞きながら、
大きな荷物と大きな期待感を抱えて
イタリアまでやって来た僕は、
途方に暮れていた。

それにしてもこんな大切な日にストライキだなんて
まったくエキセルシャーは、あっ、いやいや、
エッチェルシオールはどうなっちゃっているんだろう。

僕は例の手紙をもう一度開いてみた。
ワラにもすがる思いだった。
この手紙の中に、
僕が読み落としている何かが書かれているのでは?
いや、どうしても書かれていてほしい!

『親愛なるヤスヒロ コバヤシさま。お元気ですか?
 エッチェルシオールのエクスポートマネージャー、
 エマヌエラでございます。
 貴方のイタリア留学につきまして、
 以下のごとく最終確認をさせていただきます。

 1、アダモ・ヴォルピ先生の個人レッスンは、
 御本人とも確認が取れましていつからでもOKな状態です
 ヴォルピ先生も貴方にお目にかかるのを楽しみにしていま 
 す。
 2、貴方が滞在するホテルも既にリザーブ済みです。
 食事付きの大変安価なホテルですので、もし下宿などを
 お探しになる場合も安心してゆっくりと探していただける   
 と思います。
 3、貴方のフライトスケジュールはいただいていますの 
 で、翌日の朝6時47分ローマ、テルミニ発アンコナ行き 
 の急行に乗って下さい。到着時刻は午後1時頃です。
 我々はその時間にアンコナ駅でお待ちしています。
 
 追伸 
 我がエッチェルシオール社には
 世界中の有名アコーディオン演奏家達が
 絶えず訪れて下さいます。
 彼らと出会うこともまた貴方にとって
 大きな勉強となることでしょう。では良い旅を……。』

僕はエッチェルシオール社とのそれまでのやりとりで、
世界的なアコーディオンの生産地であるカステルフィダルド
(勿論エッチェルシオールもここにある)の隣町、
ロレートに滞在することになっていた。
このロレートには、作曲家にして著名なオルガニストである
アダモ ヴォルピ先生がお住まいで、留学の手始めに、
まずは彼に弟子入りする予定を立てていた。

ヴォルピ先生は南イタリアの街、
バーリにある音楽大学の作曲課教授を勤める傍ら、
プレリューディオ、アレグロ ダ コンチェルト、
フィレウゼ、イ短調の練習曲、
ニ短調のコンチェルトなどなど、
世界中のアコーディオン弾きの大半が
恐らく一度は演奏したことのあるであろう、
数ある楽曲の作曲者として著名な人だった。

レッスン料もそんな有名な先生にしてはあまりに安い、
1レッスン
10000リラ(当時のレートで約3000円)
ということだった。
(まあ当時のイタリアの物価は、
日本の約半分くらいだったけれど…。)

とにかく、それらのオーガナイズを
全てやってくれていたのが、
このエマヌエラ女史だった。
先生のレッスンも、ホテルも、全てがエッチェルシオールの
エマヌエラ女史に会えなければどうにもならないのだ。

手紙のみのやり取りだから、
エマヌエラ女史が何歳くらいの人なのか、
はたまたどんな顔をしているのかも皆目見当がつかない。
隣のおじいさんのズーズーという
呑気ないびきを聞きながら、
僕は不安と悲しさで張り裂けそうな胸を押さえながら、
それでも
エマヌエラ女史がいつ現われてもすぐに分るようにと、
ただひたすらきょろきょろし続けた。
その姿は、まるで渋谷駅で御主人を待ち続ける
忠犬ハチ公さながらだったろう……。

泣きっ面に蜂とは良く言ったもので、そんな時に限って
嫌なことが続いたりするものだ。

ぼろぼろに破れたジーパンを履いたヒッピー風の
汚い男達の2人連れが待ち合い室に入って来た。
ベンチに腰掛けている一人一人に何か聞いてまわっている。
皆嫌な顔をして避けているようだ。
”こっちにくるなー!!!”って心の中で叫んでみたものの
効果もあろうはずがなく、
はたしてそいつらは僕のところまでやってきた。
僕は思わず自分の荷物をぎゅーっと抱きしめた。

タ、タ、タスケテー!!!
2003-05-29 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 1