blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
僕の次回作品「運命のレシピ」は、12月8日に
ようやく最終行程が終了した。
今頃、御殿場にある東芝EMIの工場で
製品になっている最中の筈だ。

今回のアルバムは特別に忘れられないものになった。

もともと12月上旬発売予定だったものを
レコード会社に頼み込んで来年の1月22日に
発売延期して貰った。
ところがその為の納品デッドである
11月22日にも作業は終了せず、
特別に10日後の12月2日に
マスタリング日をのばして貰った。
こうなると、会社的には
緊急行程という裏わざを使う羽目になる。
つまり何かの間違いや事故で、
どうしても納品予定が間に合わない
場合にのみ特別に許される反則わざだ。
(ここだけの話僕はこの緊急行程の常習犯だ。
でも、内緒だよ絶対に!)

マスタリングというのはCDにするための
一本のマスターテープを作る作業だ。
この作業で曲順と曲間が決定する。
が、マスタリング作業をやる最大の目的は、
実は一曲一曲の音質、空気感、音量などを
徹底的に見直し、修正、補正を施すことだ。
マスタリングにより、
時には曲中のバランスなども変えてしまう。

つまり、それまで長い道のりを経て
作り上げてきた曲達が工場に納品される直前の、
魂入れの儀式とも言うべきものだ。
完成寸前の人形に最後に目を入れるのと同じだ。

そんなわけで12月2日マスタリング終了で
翌3日に工場へ納品することになっていたわけだが、
ここで大変なことが起こってしまった。
重大な間違いを発見してしまったのだ。
しかも、これは同じマスタリングスタジオのモニターでは
発見のしようがない類いの間違いだった。

翌日、念には念を入れるため、
都内の別なスタジオで試聴してみて
始めて発覚したのだった。

この間違いの内容を話してしまうと、
恐ろしく大勢の関係者と
そこに関わってきたアーティストの方々の名誉を
傷つけることになるので、絶対にやめておく。
それに仮にその間違いをおかしたままで製品化しても、
恐らく国内でそれに気付くのは
ほんのひとにぎりのトップエンジニア達だけだろう。
しかもその彼らも、ある専門的な装置を使用しなければ、
わかりようが無いだろう。
オリジナルでレコーディングされた状態を知らなければ、
耳だけでそれを判断し、発見するのは神業に近い作業だ。
ましてや一般のオーディオ装置で再生されたものを
聴いてもわかりようが無いのは明らかだ。

それなら良いじゃないのと思うかも知れないけれど…

がしかし、それは僕の作ろうと意図するものとは
明らかに違うものだ。
仮に僕以外の誰にもそれが解らなかったとしてもね。
その 『間違った状態』で製品にすることは、
僕のアーティスト生命を賭けても、絶対にNO!だった。

「御殿場工場行きのマスターテープ輸送車を
 停めてくれる?」
という僕の思い詰めた言葉に、
やっとこれで発売日に間に合ったと
ホッと胸を撫で下ろしていたディレクターの顔が歪んだ。

もう発売期日がどうのこうのいう問題ではなかった。
物作りをする人間としての姿勢を問われることだった。
発売日の為に自分を曲げるなら、僕が物を作る必要はない。
そのへんにころがっている幾らでも妥協を厭わない
ヒットメイカーに頼めばいい。

全てがナンチャッテのハコニワ文化の日本で、
ホンモノであり続けることのなんと難しいことか!

無理矢理12月6日にやり直しの日程を組んで戴き、
再び深夜まで作業を続けたが、
根本的な解決を得ることが出来ない。
問題がかなり根本的なシステム上のことであるだけに、
ただもう一度やり直せばいいというものではないのだ。
そのスタジオ内にいる全員が深刻な運命を実感した。
だが、それは運命が変わる瞬間を待つ、
産みの苦しみでもあった。

次の瞬間、多くのアーティスト達からマスタリングの神様と
崇められているK氏の一言が全てを救った。
「cobaさん、今僕らに出来ることは
 全部やっておきましょうよ。」

K氏は僕が今まで幾度となくマスタリングを
お願いしている凄腕エンジニアで、
ちょっと音にうるさいアーティスト達からは
かなり一目を置かれている。
勿論スケジュールもパンパンで、
一週間に何度もお会いするなど本来あり得ない。

先ほども述べたように、御自身と会社にとって
恐ろしく不名誉な事態になりかねないような事柄である
にも関わらず、彼は事の重大性を充分に理解し、
不実にごまかすことをせず、謙虚に間違いを認め、
自らの職人としての使命を全うすることを選択した。
極めた者のなんと清々しく真摯なことか!!!

この後彼らは、徹夜でシステムの問題の検証と
メンテナンスを徹底的に行い、
翌日の午後一時までかかって
ようやく全ての問題解決をはかってくれた。
改めて僕らは、
音に命を賭けている同志達であることを実感した。

我々はお互いのスケジュールを三たび無理矢理調整して、
翌12月8日に三回目のマスタリングを行うことにした。

因に我がEMIのOディレクターは、
この前例の無い程に遅れている納品を、
なんとか工場側にねじ込んで発売日をずらさない為に、
八方に電話を掛けまくっていた。
全く頼もしい限りだ。
たのむぜ!頑張ってくれ!!

12月8日の朝、
僕は新幹線で地方の仕事場から無理矢理東京へ戻り、
もう見馴れてしまったこのマスタリングルームのドアを
くぐった。
眠い目をこすりながらコーヒーを注いでいる僕に、
マスタリングの神様、K氏が言った。
「cobaさん。今回は本当にありがとうございました。」
「…!」
「こういうことがなかったら、
 恐らくシステムに関して
 ここまで徹底的にやることは
 絶対に無かったでしょう。」
「と、とんでもない!こちらこそです。」
「しかし、cobaさんは
 一本突き通っていらっしゃるねえ。」
「何をおっしゃいますか!それはこちらのセリフです。
 音に対するKさんの情熱に感銘を受けました。」
「ふふふ、今回のことで僕も勉強になりました。
 僕の部屋だけではなく全社のマスタリングルームを
 一斉点検することにしましたよ。
 本当にありがとう。」
「……」
さすがは神様だ。
これでこの会社の全マスタリングルームは、
今までよりも『確実に』好い音になった。

そんなわけで僕の「運命のレシピ」は、
難産に次ぐ難産の末、
ようやくこの日の午後8時、産声を上げた。
それは、僕の期待を遥かに超えた、
なんとも美しい産声(音)だった。

そして、それは僕を中心とした人々の運命が、
グラっと少しだけ動いた瞬間でもあった。

僕は産まれたてホヤホヤの「運命のレシピ」を聴きながら
再び最終の新幹線で、朝来た道を戻った。

夜になって降り出した真っ白な雪が、
僕の新しい運命の誕生を祝福してくれていた…。
2002-12-12 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 6
随分久しぶり。
みんな元気だった?
僕が沈黙している間も
メイルを下さった皆様、本当にありがとう。
いつも嬉しく読ませて頂いてます。

僕はこの3ヶ月間、相変わらず友達を
増やしたり減らしたりして生きてきた。

それにしても死ぬ程忙しく、
また変化に富んだ3ヶ月だったな。
蛇腹楽器誕生180周年企画アルバムをリリースしたり、
CRATTINIというイタリア料理店をオープンしたり、
ニューアルバムのレコーディングや番組のテーマ曲と
CM音楽制作、種々のライブ出演やプロモーション、TV、
ラジオ番組出演、新聞、雑誌の取材、
その上一日必ず3、4回は入るミーティングで
僕の生活はハイウェイを時速200キロでかっ飛ばす
スポーツカーの様だった。
まあこういう生活が今に始まったわけではないけどね…。

そうそう、そんな中をかいくぐって
ヨーロッパにも行ってきたんだ。
アコーディオンのルーツを捜す旅だった。
ドイツとチェコの国境の町クリンゲンタールから
ニュルンベルグ、そしてイタリアのカステルフィダルドへ。
そこで僕はアコーディオンの前身、ブッシュマン氏の作った
ハンドエオリーネの足跡や、
恐らくシリウス・デミアン氏の
手によるであろうアコーディオンに出会うことができた。
多分テレビの恩恵に預からなければ、
絶対に出会うことのできなかった物たちだったろう。

旧東ドイツの人々の温かさにも触れて感激した。
食事も質素だったが、とても美味しくて嬉しかった。
楽しく、思い出深い旅だった。
執念深くアコーディオンの誕生を調べ上げて下さった、
NHKのKディレクターとMプロデューサーに
心から感謝したい。
彼らの業績で日本のアコーディオンの歴史は
また一つ確実に変わった。
まあ12月22日のBSでの放送をお楽しみに。
「スーパーアコーディオンナイト」凄い番組だ。

イタリアでの撮影が思ったよりも
早く終了したのを良いことに
僕は自分の母校、ヴェネツィアのファンチェルリ音楽院に
こっそりと里帰りしたりした。
なんの予告もなしにいきなり母校に現われた僕を
みんなキョトンとした目で眺めたものだ。

実は僕には始めてこの音楽院に日本人の後輩ができた。
九州の実家で僕のテレビ番組を見て
この音楽院のことを知り、勉強してみたくなって
全くアコーディオンのことを知らずに
イタリアに来てしまったという22歳の女の子だ。
ローマで3年間準備をして、今年入学したらしい。

そんな訳で彼女はバリバリのローマ弁で喋るんだ。
ここヴェネツィアで聞くローマ訛りは、
なんともファニーで面白い。
しかも日本語で話すとバリバリの九州弁ときているから
僕はもう大ウケだ!

僕が最初に南の街アンコーナから
ここに始めて着た時に感じた
南と北の人々の温度感の差というか、
ちょっとした疎外感みたいな
ものを多分彼女も感じているに違いないと思う。

南にある、ある意味ヌルッとしたいい加減さが
ここ北イタリアにはちょっと欠けている…。
少なくとも北上してきた瞬間にはそういったニュアンスを
ちょっと感じちゃうんだな。
そのうち誤解だと解るんだけどね。

霧深いこの土地で彼女にも色々な苦労と共に
友達と思い出をいっぱい作ってほしい。
もちろん勉強もね!
でも、まさかテレビを見て僕の後輩になっちゃうとはね…。
がんばれ後輩!

アルバムレコーディングは
デッドラインスレスレで進行中。
なんか今回はやってもやっても
終わらない感じがあるんだな。
何でだろうと考えてみたら、
多分まとめてスケジュールを確保できないこともあって、
恐ろしく飛び飛びでの作業がずーっとダラダラと
続いていることが一番の原因のようだ。

「俺…いったい何時からこのアルバムをやっているんだ?」
そんな自問自答の繰り返しの中で
集中力と想像力を戦わせるのは
ある意味ちょっと自虐的なニュアンスも伴う程だけど、
案外悪くない部分もあるんだと
ちょっと感じてるところも…。
期間を経れば経る程自分が変化していく訳だから
元来飽きっぽい僕としては
その曲に飽きていくという現象が
レコーディング中に起こるわけ。
で、次のレコーディング時にはその曲をぶっ壊そうとする。
一見逆行しているかに見える現象だけれど、
そこで起きる摩擦は曲自体を熟成させて
サウンドクリエイション自体に微妙に影響してくるわけ。
ちょうど白身の魚を
一晩冷蔵庫で寝かせるのと良く似ている。

もともとアコーディオン弾きとして
アルバムを作っているつもりは無いから、
そういう意味で今回の作品もちょっと面白いかもしれない。
つまり世間で僕がどう見えているかはともかく、
自分の意識の中では最初から
『音楽という大海原にたまたまアコーデイオンという船を 
 浮かべてみた』
という意識が最も大きいわけだから。

アコーディオンも弾く音楽クリエイター
なんて言われるのはカッコ悪すぎて絶対にゴメンだけど、
じゃあ何なんだと言われてもちょっと困っちゃう。

ただ、僕のアルバムは一枚目からずっと一貫して
アコーディオンそのものを疑い続ける旅路だからね。

アコーディオン弾きである前に音楽家である自分。
音楽家である前に表現者である自分。
表現者である前に人間である自分がある訳だ。

さて、そんなわけで
僕はそもそもアコーディオンに最も近い者が
アコーディオンの存在概念そのものを疑うことこそが、
この楽器の運命を変える為に一番必要だと思ってきた。

アコーディオンはアコーディオンで良いのか?
人々の既成概念が敷いたレールの上を走らせて
彼は本当に幸せか?
…まあある意味どうでも良いと言えば
どうでも良いんだけど。
まあそこを誰も考えなかったのか、
考えても創り出す想像力と技術を
持たなかったのかは解らないけれど、
確かにそれ以前に
アコーディオンを使用した刺激的なポップミュージックに
出会ったことは皆無だった。
(まあそれ以降もショックを受けたものはないけれど…)
新しくユニークなものを生み出す作業は、
果てしなく続く険しい道だ。

最初にヨーロッパで
アルバムリリースの交渉をした10年前、
現地のレコード会社のディレクター達が
口を揃えて言った言葉は、
「cobaさん、貴方の音楽のジャンルは何ですか?
 ロック?フォルクローレ?それともワールド?
 どれとも違いますね。
 我々には貴方のこの音楽をいったいレコードショップの
 どのコーナーに置いて販売したらいいのか
 全く見えません。
 ジャンル分けができないものは扱えない。」

10人中10人がそう答える中で、
僕は密かに呟いたものだった。

「僕の音楽ジャンルかい?
 僕の音楽ジャンルはね、” coba”っていうのさ…。」

「運命のレシピ」が次のアルバムタイトルだ。
これの意味は、解る人には解る筈…。
どうぞお楽しみに。
2002-12-05 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 2