blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
我々の車は、スペインを東から西へ横断するハイウェイを
瞬く間に走り切り、あっという間にスペインきっての
食のメッカ、サンセバスチャンに到着した。
僕らの食へのこだわりは、既に怨念と化していたようだ。
車を運転する鉄人は、絶えず軽いジョークを飛ばすものの、
ミラーに映る彼の目は血走っていた。

「しかし、俺達って馬鹿だよなぁ…」
夕暮れのハイウェイを運転しながら、鉄人が呟いた。
「だって…普通ここまでやるかぁ?」
「……やんないよ…ねぇ……」
全員が大きく頷いた。

「何でだぁ?」       
「何でだろう…ねぇ……」
「……」

誰も解答など持っていなかった…。

さて、ここサンセバスチャンは、人口比に対して
三つ星レストランの割り合いが、
世界一高い街として有名だそうだ。
次に目指す三つ星、アルザック、ベラサテギを始め、
小さい街のそこここに、
二つ星、一つ星が多数ひしめき合う。

ここから、新メンバーが合流した。
かのロブション氏の下でも働いていたという、
若手シェフのN氏。
彼は今、小田原にある、
こだわりの名店のオーナーシェフだ。
そして、鉄人の店の若手シェフ二人。
それにしても、鉄人のお店はトップシェフの三人が
海外に来てしまっても営業に全く差し支え無いそうだ。
いったいどうなっているのか…
たいしたものだ。

六人になった我々は、更にパワーアップし、
ワイワイガヤガヤと次なる目的店、
サンセバスチャン郊外の名店アルザックへと向かった。

街道沿いにあるこの店のオーナーは美しき女性シェフ。
そもそも、お父様の時代に三つ星を取って、
そのままお嬢様に引き継がれたそうで、
普通は代替わりすると
もう駄目になっちゃう店がほとんどであるにも関わらず、
彼女はお父様が築いた世界観を更に広げて、
昇華させているとのこと。

その彼女の特別の計らいで、
我々は店の裏口から二階に案内され、新しい料理を
試行錯誤する彼女の工房や、スパイスルームと呼ばれる
特別な部屋を見学し、いろいろと話を聞かせて貰った。
このスパイスルームには、
何と世界中から集めた千種類以上のスパイスが
ストックされ、全てコンピューターで
管理されているそうだ。

DSCFarzak.jpg

それにしても、なんとも清楚で愛らしいシェフだ。
遥々日本から自分の料理を食しに来た同業者達を、
最高に心を込めてもてなしたい、という気持ちを感じる。
自分の料理哲学や食材、スパイスに至るまで、
全てを惜し気も無くレクチャーしてくれる彼女に、
そこにいた僕ら全員は、夢中になった。

英語で説明してくれる彼女の言葉を、
音楽家が日本語に訳して皆に伝えた。
音楽家に一生懸命英語で説明する彼女の
キュートな顔を見ながら、
何だかそんな素敵な彼女を一人占めしているようで、
音楽家はちょっと気分が良かった…。

そう言えばここにいる中で、
僕以外は全員食の専門家達なわけで、
その彼らの会話を専門外の僕が訳すのも
何だか奇妙だったが、他に英語の解る奴がいない関係上、
やむを得ない。
僕は役得を利用して、色々と彼女に質問をしたものだ…。

さて、そんな彼女が僕らに用意してくれた昼のメニューは、

チャームとして、
マンゴーと生ハムのクリームパイ風
白身魚とトマトのソルベ風ジェラティーナ
シャンピニオン、アスパラガスのエスプマソース
鰯の天麩羅風

前菜として、
ランゴスティーニ、クリスピーの野菜のサラダ
ポーチドエッグとトリュフ、
アヒルのソーセージとパン粉添え〜
ナツメヤシソース

メインとして、
ぼらの生ハム野菜クレープ添え
鱸のハイビスカスと生ハムパウダーソース
鳩(皮をパリパリに焼いて)

デザートとして、
パンにチョコレートを染ませたものにパッションフルーツと
焼きパイナップルのアイスクリーム
ブランマンジェ

夜のメニューは、
(そう!我々は今話題のこの店の料理を二回食すべく、
予め昼と夜と両方の予約をしておいたのだ!!)

チャームとして、
温赤ピーマンとヨーグルト
鰯、苺、玉葱のジェラティーナ
メロンのラヴィオリ、フォアグラ、フェタチーズ、
カダイフ添え
 
前菜として、
カボチャのムースのイカ包み、イカスミゼリー添え
(ごく薄く切られたイカの身でカボチャのムースを
包んだもの)ロブスター、ポテト、芽ネギのサラダ風
トマトと苺ソース掛け

メインとして、
海老とポテトのアコーディオンイカソース
鮟鱇のポワシシソース
舌平目の寒天ゼリーのせ、オニオンとガーリックソース
羊とセモリナ粉、
西瓜とトマトとルディアザバルチーズソース
フォアグラ、アーモンドと松の実添え、
ミント風味クリームソース

そして、デザートには、
蜂蜜漬けトマトと辛子入りチョコレートムースをはじめ、
彼女の傑作が次々と出て来た…。

しかもこの夕食は、これまた彼女の好意で、
特別に厨房にテーブルを用意してもらい、
20人はゆうに超えるであろう料理人達が
料理を作るのを見学しながら、
食べさせて頂く特権に与った。

昼も夜も、彼女は運ばれてくる料理の一品一品を丁寧に
解説してくれた。英語で、そしてフランス語で…。
彼女の料理は、トップを走る者の自信と優雅さに
満ちていた。
現存する様々な料理を解析し、
新たな発想で斬新に組み立て直す
彼女のやり方は、まさしくアーティストのそれだった。
そして、そこには料理が好きで好きでたまらないという、
彼女自身の性格そのものが色濃く反映されていた。
まさに彼女は『人を喜ばせる冒険者』だ。

「お、お嬢さん…、も、も、もう食えない…
 勘弁して下さいぃぃ。」
デザートの途中で鉄人が突然叫んだ!
それは鉄人独特の料理への賛美だった…。

アルザックでの鮮烈な体験は、
僕ら全員の心に強く刻まれた。
食に於いてこれ以上の経験はめったにできるものではない。

ところが!

翌日我々六人は、更にとんでもない経験をすることになる。
それは下手をすると我々の常識を
根本から覆す経験だった…。
2002-06-13 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 1
カンファベスはサンセローニの街の住宅街の中に
何気なくあった。
店内はシックにまとめられて、独特の気品を漂わせていた。

「いやあぁぁ、流石は三つ星って感じスねぇ」
とラーメン王。
「やっぱり、君はこういう所でも『麺固め、スープ濃い
 め!』なんて頼んじゃうの?キャハハッ」
と、ラーメン王に馬鹿なジョークを飛ばす音楽家。
二人とも大はしゃぎだ。

物珍しそうに、
キャッキャと店内を見回している僕達を見て、
「フッ…お前ら、まだまだ青いな…。」と冷笑する鉄人。
「でも、鉄人…メニューが逆さまですよ。キャハッ」
「あっ、うぅ、ど、ど、道理で読みづらいと…」
鉄人はとても愛らしい。

見た目も芸術的なチャームの後、
前菜はズッキーニのムースに生ハム、松の実、
チョウザメとキャビアソース(「親子丼」という訳だ)
フォアグラのカキソース等。

メインは赤海老で数種類のキノコを包んだラヴィオリ、
イイダコの煮込み、タラの胃袋とブダンのトマト煮、
更に子牛のソテーで終了した。
そして数種類のデザート…。
全部で4000カロリーは摂ったのではないだろうか?

サンタマリアシェフの肥った体とはうらはらに、
細かい細工が施された、丁寧な、
しかし豪快さを合わせ持った、素晴らしい料理だった。
同時に長年三つ星であり続けたことによる弊害とも
言うべき、幾つかの問題点も感じさせられた。
旨いものを最高の状態で喰いたい!という貪欲な三人
だからこそあれこれ見えて来てしまうこともある…。

料理は人だ…。

それにしても、料理一品一品が運ばれる度に、
熱心に質問し、ああだこうだと盛り上がっている様は、
シェフにとってさぞ
ケムタかったことだろう。
ゴメンネ、セニョール サンタマリア。
本当に御馳走様でした。
勉強になりました。
ありがとう。
また、来ます…。

「ふぅぅ、喰った喰ったぁ。」
「じゃ、ぼちぼち次行くぅ?」
「…ん?そう…ね。んじゃあ御勘定ね。」
喰い終わると、なんともお気軽な三人に早変わりだ。

「はい、じゃこれでシル ヴ プレ」
「え?ペル ファヴォーレだろ?」
「いや、スペインはポル ファヴォールでしょう?」

テーブルに三枚のクレジットカードが並んだ。

お気軽に次なんて言ってるけど、
次の目的地サンセバスチャンまでは、
なんと800キロはある。スペインを地中海側から
大西洋側まで完全横断だ。
ホントに着けるのぉ???
2002-05-31 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 1
何だかイタリアから戻って来たという自覚も無いまま
毎日がビュンビュン飛んで行く。
まるでビデオのコマ送りを見ているような気持ちだ。

忙しいとは心が亡ぶと書くけれど、
心の前に体が滅んじゃうよ。
先日NHKのプロデューサーから
「倒れる前に休みを取りなさいよ」
とのメッセージを頂戴して、
ちょっと涙目になった僕だった。

が、一方で「ヘッ、何言ってんだい!」という自分もいる。
この愚かな性格は一生変わらないのか……
全く困ったものだ。

しかし、そんなお勧めもあって、
僕は急遽休みを取ることにした。
というか…休みじゃ無いんだけど…。

ともかく、今日はスペインにいる。
この国は今とても面白い。
少々無理をしてでも来ておく価値がある。

エルブジ(el Bulli)というレストランの名前を
御存じの方もさすがに増えて来たようだ。
今をときめくフェラン・アドリア氏が
グランシェフをつとめるミシェラン三つ星のレストランだ。

まあそんなことよりも、
僕が彼の料理に興味を抱いたのには理由がある。
僕が小学生の頃からあこがれ続けた
サルヴァドール・ダリの愛した街
カダケスから僅か数キロ程の断崖絶壁で、
味覚の既成概念を疑って果敢に挑み続ける
アーティストとしての方向性とでも言うか…。

実はかなり以前からここの料理を試食したい旨を
鉄人シェフのY氏に話していた。
フェラン氏は1年のうちの半分しか
レストランをオープンしないし、
今年分の予約は勿論全て一杯。
後は付近に滞在し、気長に当日キャンセル分を待つか、
強力なコネを持つかしかないわけだ。

そんなわけで、数カ月前からあれこれやり繰りして、
結構無理に日程を空け、Y氏にも随分無理をお願いして
今回の旅となった。
持つべきものは友達とは良く言ったもので、
本当に有り難いことだ。
しかも驚いたことに、僅か数日間しか日程を空けられない
僕の為に、Y氏は奇跡的な行程を組んでくれた。

しかし、それは何とも無謀な行程だった…。

現在スペインには、エルブジを含め、
4軒の三つ星レストランが存在する。
バスク地方はサンセバスチャン近郊のアルザック。
バルセロナから数十キロ離れたカンファベス。
カタロニアのエルブジ。
そして、ごく最近記念すべき4軒目の三つ星の
仲間入りをしたベラサテギだ。

なんとこの鉄人Y氏はこれら4軒全てを
数日間で食べ尽くそうと目論んだわけだ。
なんともクレイジーな、
しかも奇跡的な魅力に満ちた陰謀だった。

しかし、これらの店は全て空港のある都市から遥かに離れた
小さな街の一画にあり、それを全て飛行機とタクシーで
回りきるのは到底無理だ。
僕らは、全ての行程を車で走破することにした。

そんな訳で、僕らの旅は始まった。

この旅の構成メンバーがまた妙だ。
前述の鉄人シェフY氏。
音楽家の僕。
ラーメンのスープの味や、麺の感じで店を当ててしまう
といった類いのテレビ番組で、何回も優勝をしている、
ラーメンジャーナリストのI氏、
通称ラーメン王。
(その番組で彼は、なんと驚いたことに、店主の前掛けの
匂いを嗅いだだけで、店名を当ててしまったらしい。)

こんな妙ちくりんな三人組が、バルセロナに集合した。

目指すは1軒目の三つ星カンファベス!
スペインを代表するシェフ、サンタマリア氏の店だ。
バルセロナから約70〜80キロの街サンセローニで
高速を降りる。
生まれて始めての三つ星レストランに、
心も弾むぜセニョリータ♪

「あのー、やっぱり三つ星だけにネクタイと上着着用ッス
 かぁ?」
ラーメン王が呟く。
「ええ!?僕ネクタイなんて持ってないよぉぉぉ」
と、音楽家。
「おっ!ほら、色っぽいおねぇさん達だことぉ!
 良いねぇぇスペインはぁ」
と鉄人。
各々言っていることが、てんでバラバラだ。 
まあ思えば、なんと必然性の無い三人組だ。 
『旨いものが喰いたい!!!』というたった一つの目的で
一気にスペインまで来て、一台の車に乗り合わせてしまう。
人間とは、なんと奇妙なものだ…。

サンセローニは、
敢えて例えるならば浜松市のような感じかな。
(何でやねん?)
のんびりとして、風光明美なところだ。
こんな所に、世界で僅か数10軒しかない
三つ星レストランの一つが本当に存在するのか?
我々は取り敢えず車を道端に停めて、
着替えをすることにした。

僕は本当にここ10年、背広というものを着たことがない。
それでも、昨年日本アカデミー賞の音楽賞の表彰式の
折には、やっぱり上着くらいは無いとまずいだろう
と思って、あわててヨウジ ヤマモトさんのお店で
黒いスーツを買った。シワ加工がしてあり、
旅に持ち運ぶにもクシャっと丸めてバッグに
押し込めるので、便利。今回もこれを持って来た。
(と言うか、これしかないんだよ!!)

穏やかな土壁の建物の前で、妙な日本人の三人組が
キャッキャ言いながら着替えている姿は、地元の人々には
さぞ奇妙に映ったことだろう。
案の定、近くを歩いていた買い物帰りのおばちゃんが、
僕らに目を奪われて思わずよろめいた。
彼女の買い物籠から青いりんごがこぼれて、
坂を転げ落ちて行った…。

「ゴメンネ! セニョーラ」
僕らはおばちゃんにウィンクした。
2002-05-20 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 3