blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
前から憧れていたダリの家に行った。
色々な事が見えた。
何と言うのだろう…アコースティックな家だった。
全てが作為的なのだが、また全てが自然からの産物だ。

家の中のあちこちに鏡が使用されている。
例えばベッドから日の出の瞬間を眺める為の鏡。

僕はこれを見た瞬間ニヤリとした。
ダリという人は概念を根底から変換してしまう名人だ。
実在するものをそれと認識しないところが彼の霊感の源だ。
この鏡を使って彼は、スペインで最初に生まれる太陽を
切り取り、自らの寝室に取り込んだ。

ダリは、鏡に物を写そうとしていない。
彼にとって鏡とはそれ自体
ある空間に別空間を挿入させる為のツールなのだ。
つまり鏡に映ったものは、既に被写体ではなく、
鏡の中で生まれ、存在する別な世界なのだ。
解るかな?
さすが僕の敬愛するダリ。

例えば彼にとっては窓も同様だ。
カダケスの美しい海岸を臨む窓枠を
白い花でおおって、まるで絵画の額縁のように
仕立てている。
この窓からの景色が、自分の最高傑作品であるとでも
言いたげに…。
…いやいや、正に彼はそう語っているのだ。

窓はそこから外を眺める物ではなく、
彼が選んだカダケスの海岸という、
正に自然の描く芸術作品を切り取り、
自らの住む空間に取り入れる(飾る)為の額縁なのだ。
その額縁から見える風景は、もはや景色ではなく、
彼が作為的に描いた絵画に他ならない。
うーん。さすが僕の敬愛するダリ。

彼はタイヤが大好きだったそうだ。
彼のプールではミシェランのタイヤ人形が手招きし、
実際にタイヤのオブジェが並んでいた。
レンガも良く見ると、タイヤの跡の形に並べてある。

彼がタイヤに見い出した美とは…
コンティニュイティー(継続性)か、
エタニティー(永遠性)か、
或いは繰りかえしある瞬間が訪れる、輪廻転生か?
…さすがダリ。

カサダリは、彼の描く作品と同じように、
実に良く出来ていた。
そして、彼の才能や霊感も、
全てが自然からの抽出物だった。

僕は、この家のことを何故か自分のことのように
ちょっと誇らし気に感じた…。
2002-09-08 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 11
その夜、僕らはエルブジにいた。
何をどうやったらそれが可能になったのか
誰にも解らなかったが…
ともかく僕らはエルブジのあるカダケスの
断崖絶壁に立っていた。
午後11時だった。
僕ら全員の目は、明らかに血走っていた…。

不思議にも、憧れていた店にとうとう来たのだという
感慨は…あまり感じなかった。

門をくぐり抜けてエントランスに向かう我々に
いきなり照明が当てられ、テレビカメラが向けられた。
地元のテレビ局の番組取材のようだ。
ともかくエルブジとフェラン氏は話題の的なのだ。

鉄人とフェラン氏はかなり親しいらしく、
熱い挨拶を交わしている。

客は日本人、アメリカ人、カナダ人など
バラエティに富んでいる。
我々はあらかじめ予約をしておいた
厨房内に用意されたテーブルに案内された。
それにしても我々の一挙手一投足につきまとう
テレビカメラがなんとも邪魔だ。
今年のフェラン氏のメニューは、
現在までに彼が発表してきた数々の傑作を組み合わせて
コースを作っているそうだ。

今夜のコースは全部で25品。
敢えて全てを記すことにする。

スナックとして
パナシェ
ヨーグルトピスタチオ
コーンフライカップ
豚の脂と蜂蜜
黒オリーブのポップコーン
ピザ棒
パルミジァーノのアイス
紅いバラのテンプラ
イクラ飴
コーヒーポテト

タパスとして
アボガドとヒマワリの種薫製オイルのソルベ
トマトバジルゼリー
ベルベデス貝とパッションフルーツ、グリーンピース、
バナナ、バジルのジュレネギ添え
フォアグラパウダーのコンソメスープ掛けタマリンド
カリフラワーのクスクス、クミン、カンパリゼリー、
フェンネルリーフ、洋梨
イベリコハム、そら豆のラビオリ、ミント
イカスミのイカ包み
赤海老、ビーツ、ピスタチオのラヴィオリ

メインとして
ナマコのバターソテービネガージェル
鯖のソテーカタロニアの海老ソースとチーズソースで
ウサギの詰め物リンゴのソース
トウモロコシのソルベ

デザートとして
スパイスのジュレ
サラ

全てを食べ終わった頃にはもう午前2時をまわっていた。

そして翌日もまた我々はエルブジのエントランスをくぐり、
30品近い芸術作品を堪能した。

フェラン氏は色々な意味で天才だ。
料理の味、アイデア、プレゼンテーション…
まるでカラフルなサーカスを見ているような気がした。
或いは、悪戯っ子の悪戯に付き合っている感じ
とでも言うか、
ともかく食材と料理皿の関係の固定概念への裏切り、
若しくは挑戦とでも言おうか…。

調和と不調和、美しさとノイズの饗宴のフル楽章だった。
色々な意味で料理の概念を変革した革命家のポテンシャルを
我々はその2日間を通して存分に味わった。

そして偉大な革命家は
また大いに悩めるアーティストでもあった。
若くして総料理長となり、
ずっとトップを走り続けなければ
ならなかった宿命的な人生の、僅かなひずみに走る痛みに
耐え続けて、それでも走り続ける天才革命家の苦悩が、
その計算と解析が施された緻密な料理の端々から
痛い程に感じられた。

フェラン氏の料理は未来の料理であると同時に、
未来のある料理
だった…。

彼があのままあそこに留まることは、恐らく…無い。

僕は今回のスペインの旅の意味を考える。
文化を追求し、突き詰めて行く過程で
徐々に見えてくるものがある。
それは人間の脆さ(もろさ)に他ならない。

ある人に惹かれることは、即ち
その人の脆さに惹かれることだ。

若しくは、
自分自身の不確定要素に誰かのそれが共鳴し、
人と人は求め合う。

が、しかし往々にして我々はそれを脆さとは
認めたがらない。
だから便宜的に我々はそれを文化…
と呼ぶのではなかろうか。

人間と文化に思いを馳せたこのスペインで、
僕は再びガウディの後ろ姿を、おぼろげながら見た…。
2002-08-26 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 4
花や食べ物に時期があるように、
人にも旬というものがある。

よく芸術家が自らの若い時期の作品を振り返って、
「ああいうものはもう作れない…」
という発言をしたがるが、その気持ち解らないでも無い。

人間誰でも成長するものだ。
その過程に於いてテクニック(技術)に走り、
そしてエフェクト(効果)に走り……。
それらの向こう側にある、本当に尊い存在を知るのには
時間がかかるものだ。
ましてや人間そのものを知るには一生涯を要するだろう。

レストランにも旬が存在することを、僕はこの恐るべき店、
ベラサテギで経験した。
食の街サンセバスチャンから数十キロの所に位置する
この店は、今年のミシェランで見事三つ星に認定された。

三つ星になりたての店の凄さは、
様々な人々から聞いてはいたが、
この店はちょっと群を抜いていた。
本当のことを告白すると、
それまでのレストランでは何かしらの
足り無さや、違和感を伴った感想が必ず発生した。

勿論、今回我々が訪れた店が
(このメイルに書いていない物も含め)
世界的名声を馳せている事もあって、
我々はそれなりの厳しさを持って判断を
下していたのは事実だ。

鉄人、音楽家、そして後から参加したロブションの弟子は、
なぜか妙に料理に厳しかった…。
周囲に日本語を解する者がいないのを好いことに、
散々好き勝手に言いたい放題を言って楽しんでいた。
…が……………

このベラサテギの料理は違った。
アミューズの四点盛り(ガスパチョクリーム、アサリ、
チーズカナッペ、サーディン)を口に入れた瞬間に、
時間が止まり…
我々は沈黙した。

暫くして、誰かが呻いた…。
「うーん…旨い、これ…」

気が付くと、それは自分自身の呻きだった。
その料理は、だたならぬ旨さだった。

最高の素材ひとつひとつに、
きちんと丁寧に味が付いていた。
しかもどれも極上の味だった。
そしてそのひとつひとつが、
ごくハイセンスに組み合わせられて
一皿が出来上がっていた。

三つ星クラスの店になると、
世界中の食材や香辛料を扱うので、
組み合わせの可能性も無限大に広がる。
しかしものを組み合わせる時にこそ、
その人間の全てが露出する。
組み合わせのセンスで、その人の哲学が透けて見えてくる。

これは、音楽に於いても全く同じだ。
自分がその時にハマっている音楽を、ただ安易に取り入れ、
薄っぺらいままで作品化するアーティストの
なんと多いことか…。
彼らは必然性という言葉とは無縁の生き物だ!

それはさておき、ベラサテギ氏の組み合わせセンスには、
どっしりとした必然性と、驚くべき哲学が存在した。

「この男は物凄く繊細で、勉強熱心にして大胆、しかし
 愛情豊かでかつ全てに細かく、
 妥協無く高い理想を掲げる男に違い無い!」
音楽家はそう直感した。
僕はベラサテギ氏に逢いたくてたまらなくなった。

コースは進んで行った。
前菜として
・スモーク鰻、フォアグラのスイートパフパストリーの
 青リンゴとスプリングオニオン添え
・イベリコハム、グリーンピースの芽入り
 緑野菜の生スープ
・野菜の心臓(インゲン、玉葱、マカデミアナッツ、
 トマトの種)のアンチョビとレタスクリーム、ジュレよせ
・イカのスープ、イカのクルトンとイカスミのラヴィオリ
 とともに
・セルベデス貝と雲丹の温かいジェリーの八角スープと 
 フェンネル
メインとして
・鱸のロースト、ピスタチオソースとじゃがいも
 二種のソースで
・フォアグラのローストと野生のチェスナッツシートの
 トリュフオイルとリークソース
・羊のロースト、ドライマンダリンパウダーとルッコラ 
 ジュースで
デザートとして
・冷たいパイナップル飴とココナッツラヴィオリ、
 生姜アイスクリーム
・二つのテクスチャーとしてのカップチーノ、
 マックイートアイスクリームとともに

DSCFMBantipasto.jpg


いやいや、凄かった。
天晴れ天晴れベラサテギ!
何をどう味わっても完璧だった。
いままでどこの店でも、のべつまくなしに喋り続けて来た
鉄人、音楽家、ラーメン王、ロブションの弟子たちは、
ただただ……うっとりと料理の余韻を楽しんでいた。
本当にこの旅でこんなことは初めてだった。

「す、凄かったねえ…」
「あぁ、凄かった…」

「旨かったねえ…」
「あぁ、旨かった…」

「いや…驚いたねえ…」
「いゃ、驚いた…」

まるで子供のような会話が
至福な我々をぼんやりと包んでいた。

するとそこにシェフが厨房から登場した。
マルティンベラサテギ氏だ。

誰からともなく…我々は起立をして、そして…
誰からともなく…拍手が起こった。

とても嬉しそうなシェフ。
考えてみれば6人用のテーブルにデジカメが6つ、
メモ帳が6冊…
そんなにイレ込んで食事をしに来る客は、
同業者かプレス関係の奴らくらいのものだ。
本当に妙な集団な僕ら…。

DSCFbelasategui.jpg


そんな変な僕らなのに、
彼は躊躇することなく我々を厨房へと
案内してくれた…。
見事に磨き上げられた、整然とした厨房だ。
僕はここまで大きなサイズの厨房を見るのは初めてだ。
まるで、小ぶりの体育館だ。

と、突然ロブションの弟子N氏が叫んだ。
「お前!こんな所にいたのかぁ!?」

なんと彼が数年前にクビにした元弟子が、
その厨房で実にハツラツと仕事をしていた。
思わぬ元師弟、感動の再会だった。

「N師匠、御無沙汰です。」
「お、お前、いつの間に…ここまで…」
「………」
「この店はいいよなぁ…俺が来たいくらいだよ…」
「そ、そうです……か…」
「こうと分かってたら……
 お前をクビにするんじゃなかったよ…」
「は、はぁ……」
妙に噛み合わない会話だった。

さて、実は僕がマルティンベラサテギ氏をただ者ではない
と感じた理由は料理だけではなかった。

食事の前に僕はトイレに手を洗いに行くことが多い。
その理由は、衛生上のことの他にもう一つある。
店のトイレから見えてくることは、実にたくさんある。
サービスの質は勿論の事、オーナーシェフの場合、
その人物の哲学が大きく反映されている場合が多い。

このベラサテギが、まさにそうだった。
充分にスペースを取った広い空間に、
綺麗に磨き上げられた洗面台が目に飛び込んでくる。
その洗面台の上に、使い捨ての歯ブラシセットが
多数用意されている。
次回もまた健康な歯のままで御来店下さいという、
気の利いたメッセージを感じる。
小便器は二つ。
ここも素晴らしく清潔だ…。

ふとその足下を見た僕の脳に、強い電流が走った!

二つ並んだ小便器の左の一つの下に、束ねられた麦の穂が
4、5本結んで置いてあった。
単なるオブジェとしては、何故わざわざ便器の真下に置いて
あるのか…少々奇異である。

普通は見逃してしまうかもしれない、
あまりにもさり気ないその演出に、
僕はハッとし、そして狂喜した。
このベラサテギという男、恐るべき哲学者であった。

恐らく男性が最も無防備でルーズになってしまうであろう
その場所に、彼は麦の穂で実にさり気なく、しかし強力に
メッセージを発していた。

束ねられた麦の穂に込められたメッセージとは……

それはこの世の循環のフィロソフィだった。
つまり……

すべての生き物は、食べて排泄する循環機能を持つ。
食して消化され、そして排泄された汚物は、
また大地に帰り、麦を育てる。
そして、人はまたその麦を食する。
これが永遠に繰り返される…。

麦(素材)からパンが作られ、
その恵みでベラサテギはレストランを営む特権に与る。
客はそのお陰で彼の料理を食し、感動することができる。
そして、噂は世界に広がり、極東の日本からも客が来る…。
しかし始まりはこの一本の麦(素材)である……と。

つまり、人が生きる恵みはパンの恵み、
パンの恵みは麦の恵み、
麦の恵みは大地の恵み、大地の恵みは神の恵み。
神であるキリスト自身が「このパンは私の身体です。」
と語ったのであれば、神の身体であるパンを作る
この麦の穂に……想いを馳せてほしい。
この麦の穂(素材)を汚さないでほしい…。

ということはつまり………
このトイレを汚さないでほしい…。

更に彼の気持ちを代弁するならば、
「もし貴方がここを汚したとしても、勿論我々は喜んで
 掃除をしますよ。貴方が汚したこの麦を自分の手で
 どかしてね…。」
という気の利いた皮肉も感じる。

恐るべしマルティンベラサテギ!

「こういう凄い感性を持った男の作る料理が
 旨くない筈が無い!世界にはまだまだ僕の知らない
 凄い奴等がいるものだ…。」
僕は洗面台の上でフーッとため息をついた……。

さて、永遠にこの店に居たい気持ちはやまやまなれど、
もう急いで出発しなくてはいけなかった。
これからが今回の行程中最もハードな部分だ。
なんと、これからまたスペインを大西洋側から
地中海側まで横断して、カダケスのエルブジまで行くのだ。
エルブジまでは再び800キロ以上の道のりだ。
もう時刻は午後三時。
夜十時の予約までに到着する為には……。
うーん、考えたくも無いよ!!!!!

誰かが言った。
「鉄人、ちょっと無理でしょう。」
「うーん、ま、無理かどうかやってみないとなぁ…」
御気楽な鉄人のリアクションに音楽家もすぐ賛同する。
「そうね、やってみましょ!じゃ、みんな、
 今夜十時にエルブジでね…遅れないでね、
 チャオォォォォォ!」
ラーメン王が言う。
「Nさんはここに残るんでしたっけぇ」
音楽家もすかさず、
「そうでしたそうでした、じゃあお元気で。
 また来ますからぁ。」
「お、おい!ばか、ま、ま、待ってくれよ!」
「キャハハ」
「わっはっはっ」
「ギャハハハハ」

御気楽な我々は2台の車に便乗し、
そして………出発した…。
目指すは、あの………エルブジだ! 
2002-07-05 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 10