blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
先日、草月会館で行われた
作曲家、武満徹先生の7回忌に参加した。
時の過ぎることの何と早いことか…。

先生がプロデュースされていた八ヶ岳高原音楽祭に
演奏家ゲストとして初めてお招きいただいたのが
1993年の秋。
以来お亡くなりになるまで度々交流させて頂いた。

初コンサートの前日、
高原ロッジのロビー脇の売店で、初めて武満先生の
あのマッシュルームをすっぽり被せたような後ろ頭に
出会った時のことを今でも鮮烈に思い出す。
僕は慌てて駆け寄り、
「あ、あの今回お世話になります…
 アコーディオンの小林です。
 初めまして…あの…宜しくお願いします。」
と、いかにもたどたどしく御挨拶をした。
先生は「ああどうも…武満です。宜しくね…。」
と優しく微笑んで下さった。
その後少し会話があったと思うが、
極度の緊張のため記憶していない。

そもそも僕が作曲家、武満徹氏のことを初めて知るのは、
イタリア留学直前に聴いたNHKのFM放送で、
日本の現代音楽を特集した番組を、
たまたま録音しておいたのがきっかけだったと思う。
氏の代表作である「ノベンバーステップス」が演奏され、
ナビゲーターの何とかおっしゃる評論家の先生が、
それまである意味行き詰まっていた日本の現代音楽界に、
新しい方向性を与えた作品である旨の解説をされていた。
そして彼の影響で、その後やたら邦楽器を使用した作品が
流行ってしまって、ともすれば本末転倒気味であるという
ようなお話もされていたと記憶している。
18才の僕は、そのオーケストラ曲に
琵琶や尺八が使われていることや、
その結果それが邦楽と西洋音楽のボーダーを取り去り、
新たなものとしてカテゴライズされて行くというような
事実よりも…

とにかくその曲の美しさに心を奪われたものだ。
それを聴きながら、
とても深くて暗い「森林の映像イメージ」が
心に浮かんでいたのを憶えている。

その後、彼が映画音楽や歌曲も多数作曲していることを
知り、その著書も何冊か拝読した。
後年、また別なラジオ番組で、映画「どですかでん」の
サントラの一部を聴き、スタイルは全く異なるものの、
リコーダー等が使われているその作品に、
最初に「ノベンバーステップス」を聴いた時と同じ匂いを
感じたのを憶えている。

また、氏が2台のバンドネオンと録音テープの為の作品を
書いていることも知り、1978年にイタリアで初めて
ピアソラを知って、その後心の師と仰ぐことになる僕よりも、
遥かに前からピアソラを発見し、敬愛していたことを
知ることにもなる。

八ヶ岳高原音楽祭は何日かに渡って開催され、
世界各地からごく著名な演奏家達を招いて
豪華に執り行なわれた。

95年に再びこの音楽祭に参加したとき、
僕はビョークとのワールドツアー真っ最中だった。
僕はイタリアとドイツ、オーストリアでの彼女との4本の
コンサートを飛ばし、帰国した。
彼女にはとても申し訳なく思ったのは言うまでも無かったし、
最初はどうして僕がその為に日本に戻るのか、
彼女にも理解しづらかったようだったけれど、
何度か話してようやく解ってもらえた。
ある晩、僕は彼女に熱く語ったものだ…。

「僕はね、以前アストルピアソラという
 偉大な心の師匠と出会ったんだ。
 彼と共演するのが僕の夢だったし、
 わざわざ彼の滞在先のホテルの部屋まで
 無理矢理押しかけて、自分のアルバムを渡して、
 僕の為に曲を書いて欲しい
 という依頼をしたこともあった。
 でも運命は皮肉好きだろ…。
 その後ヨーロッパの色々な音楽祭で
 彼とはニアミスを重ねてね…。
 パリの友人宅で、たった一日違いで
 ピアソラ御夫妻が食事に招かれていたことを知った時には
 僕は恥も外聞もなく叫んでいた。
 『お願いだから彼を今ここに呼んでよ!』
 でも、もう彼はブエノスアイレスに
 発ってしまった後だったんだ。
 その後暫くして、その友人からの電話で
 『アストルがパリで倒れた!』
 という衝撃の報告を受けて…
 …とうとう僕の夢は叶うことなく…
 彼は逝っちゃったんだ。
 武満徹さんはね、僕がアストルピアソラと同じくらい 
 尊敬している人なんだ。
 お願いだ…
 解ってほしい。」

僕はそれまで、夢は叶うものだと信じていた。
念じながら強く願い続ければ。
そして、それに向かって努力さえすれば…。
でもそうでは無かった。
アストルの死を通して、僕はそれを学んだ。

ものには「とき」がある。
その「とき」を逃すと、取りかえしのつかないことになる。
一生涯「後悔」を友として生きて行かざるを得なくなる。

僕は同じ間違いを二度と繰り返したくは無かった。

ビョークには本当に、本当に、悪いことをしたが……
アコーディオンを片手に、
僕は成田行きの飛行機に飛び乗った。
複雑な思いが交錯して、僕の気は…重かった。
2002-03-18 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 1