blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

…が………悲劇はそこで起こった。

[昨日からの続きです]
お馬鹿で愚鈍な若造の僕は色々な寿司に出会えば出会う程
あの時の二貫の凄さが、
偉大さが、
解っていったものだ…。

何を寿司ごときで大袈裟な、と思うかも知れない。

でもね、
人生を変えられた一言や、一曲や、一冊の経験と
同じレベルで、二貫が存在しても良いじゃない?
しかも、それが僕にとって或意味トラウマ化している
としたらどうだろう…

さて、
多分その出来事から10年間程の間、
僕はその寿司屋のことを忘れていた。
と言うよりは、
あれが何だったのかをとりたてて考えてみなかった。

ただ、よく人に
「俺さあ、今まで一番旨いと思った寿司は金沢でさあ…」
などと、漠然と話をしていた程度だった。
(ああ…それにしてもひたすらに厚顔無知でお馬鹿な僕!)
Y御夫妻にもそれ以来お会いしていなかった…。
因に、その10年の人生で、僕は自身の仕事の性質上、
日本の様々な場所を旅して、
各地で海の恵み…宝物達を経験した…。
厚岸の牡蠣、積丹の雲丹、秋田の鰰、盛岡の海鞘、
大洗の鮟鱇…
三崎港の鮪、銚子の蛤、沼津のドロメ、
伊豆下田の鯵、栄螺、トコブシ、伊勢海老…
明石の鯛、瀬戸内の鮹、下関の河豚、鯖、高知の鰹、
福岡のアラ、…
日本海の鮭、ノドグロ、ホタルイカ、松葉、香箱、
甘海老、縞鯵、平政…
北海道の八角、鰊、ホッキ貝、ホタテ、イクラ、
ボタン海老、タチ…
そして、朝までレコーディングした後に、
決まって築地の場内にある定食屋や寿司屋に通ったのも
この時期だった。
勿論この他にもここには到底書ききれる筈もないくらいの
日本中の魚を、或いは寿司を、ぼくは経験した…
筈だった…。

さて、
…はたして、その時の魔法のニ貫は初物の寒鰤であった。
(いや、今となっては『初物の寒鰤であった筈だ』
というのが正解であろう。)
勿論、寒鰤と称するものにはその10年間で幾度となく
お目に掛かってきた。
でも、それらは味といい、色といい、
例のニ貫とは似ても似つかない物たちであった。
大体その時にそれだけの強烈なインパクトを受けながら、
次に僕がたとえ無意識にせよ
寒鰤を食した時にピンと来ない筈がない。
少なくとも同じ魚であることが解らない筈がない。
(たとえ、どれだけお馬鹿で愚鈍な
若造の僕であったとしてもだ。)
…と、かなりムキになってしまっている今の僕…。

寒鰤の場合、養殖物と地物(天然物)の違いは大きい。
味は勿論の事、白身の色が最も違う。
この季節、寒鰤が非常に多く取り引きされる
金沢の近江町市場ですら、へたをすると
店頭に並べられているものの7〜8割が養殖もしくは
半養殖といって、天然のこぞくらの状態で捕獲され、
後に養魚場でふくらぎやがんどの状態まで
育てられたものだったりする。
こうした養殖物は身が白く艶がある。
鰤と言われてあなたがイメージするのは
白い身でないだろうか?
能登で捕れた天然物の寒鰤の身は、美しい紅色だ。
刺身で出されると、そのあまりの身の赤さに、
知らない者は鮮度が悪いのでは?なんて思ってしまう。
でも、一度食すとその味の濃厚さ、濃密さに、
夢中になってしまう。
…ホント、まいっちゃう…。

さて、恐らくあの幻のニ貫の生い立ちはこうだ………
11月としてはかなり寒かったその年、1981年…。
…例年より早く海が荒れ、鰤起こしが荒れ狂い、
一気に南下した奴達、鰤達は、
立山連峰から勢い良く富山湾に流れ込んだ冷たい水で
鍛えられ、いっそう強くなり、
その深い湾独特の、速く複雑な海流で育まれた、
豊富なプランクトンを腹一杯食べて、
いっそう肥って…
いっそうその身に紅味を増し…
そして、凄みを増して、産卵に備えていた…。

そして…11月15日、運命の日!

奴は漁師の網に引っ掛かる…
満身の力で網を破ろうとしても、
何十年も鰤を捕り続けて来た熟練の漁師の網は、
決して破れない!
決して…破れない…

奴はついに観念する…

奴は…
氷見の港に上げられ…
恐らく、街一番のこだわりの仲買人を通して…
その…
野々市の…
寿司屋のまな板の上に、
乗ることとなる…。

奴は、まな板の上でさぞ誇らし気だったことだろう。
見事に鍛えられ、ぱんぱんに張ったその勇姿に、
もう何年も寒鰤をさばいてきた、その店の若主人も、
思わず唸ったに違いない。
「こいつは、上物だ…」

奴の身は出刃で三枚に卸される。
若主人が毎日丹念に研いでいる一級品の出刃は…
実に良く切れる。
腹を裂き、内臓を丁寧にとり出す。
そして…頭をおとす。そうされながらも…
奴の目は…
しっかりと、ある方向を凝視していた。
あるいはそれは子を産み落としに行く筈だった、
北の海だったろうか…。

腕のいい若主人は、流れるように、無駄なく仕事を進めていく。
三枚に卸された奴の半身は、丁寧に皮がはがされて、
更にちあいのある背の側と、
脂の乗った腹の側に切り分けられる。
背の方は濃い紅色。腹の方はそれより少々うすいピンク色だ。
若主人は、切り落とした奴の身の切れ端を頬張ってみる。
…甘くて、とても濃厚だ。
「うん、よし…。」

地物の寒鰤独特の味の濃密さを確かめつつ、
こだわり寿司屋の若主人は思う…。
今年もまたこの季節がやってきた。
初物の寒鰤。いつもの年より少々入荷が早く、
モノを見るまで心配したけれど、
…これなら大丈夫。
オレの信頼する仕入れ業者に間違いはない。
味にうるさい御常連達も、これなら納得するはずだ。
オレの次にこの恵みにあずかるのは、
いったいどの御常連だろう…。

「リーン、」
その時、店の奥の電話が鳴る…
奥で若おかみが電話をとっている声が聞こえる。
親し気なその対応は、常連さんに違いない。
いいタイミングで!!
なんとも鼻の利く御常連だ!いったいどちらさんだ?
そして間もなく、
「あなた、Y先生…。お客さまと三人で、
もう間もなくいらっしゃるそうです。」
「おう。」
よし!今年の初物はY先生御夫妻に召し上がって頂こう!!
若主人の気合いがピーンと店中に満ちた…。

若おかみが、店の名があしらわれた藍染めののれんを手に、
玄関の格子戸をガラガラッと開け、外に出る。
11月半ばにしてはキンと冷えている外の空気が
若おかみの肌を刺す…。
彼女は白い息を吐きながら、御自慢の檜造りの格子戸に、
のれんを掛ける。
続いて、入り口にあしらわれた見事な石に、水を張る…。
飛騨山脈からわざわざ取り寄せた赤石だ。
揺れるのれんのすき間から、カウンターの中でテキパキと
仕事をする亭主が
見え隠れしている…。
結婚してもう15年あまり。
あちこちから借金をして、ここに店を構えて
もう5年にもなる。
最初の1、2年はかなり大変だったが、こだわりのネタと、
若主人のいっさい妥協のない冴えた仕事に加え、
若おかみのきめ細かいサービスが評判を呼び、
最近では金沢市内からもわざわざタクシーを飛ばして
食べに来る常連も増えた。
心に決めた亭主と共に、喜びと苦しみを今日まで分け合って
生きてきたことへの大きな充実感が彼女を包み込む…。
若おかみは大きく息を吸う。
それは、この店を守り、この地で生きる誇りに満ちた
嘆息だった…。
うっすらと闇が迫る東の空に、見事な月が顔を出していた…。

暫くしてY御夫妻が店にやってきた。
「いよう、今晩わぁ!」
「まいどぉ、いらっしゃい!」
「さあさあ小林君、入って入って…。」

若主人は思う…
Y御夫妻の今夜のゲストは、
この小林君と呼ばれる青年らしい。
なんでもイタリアでの留学から帰国したばかりだという。
なんとかいうアコーディオンの難しいコンクールで、
チャンピオンになった人だそうだ。
それにしても、アコーディオンなどという楽器を学ぶ為に、
わざわざ海外に行く人が世の中には居るものなんだな…。

「おかみさん、元気してた?」
「ええ、お陰さまで…。先生お飲物何になさいます?」
「そうねえ、やっぱり能登の魚に合う日本酒かしらね。」
「ああ、いいねえ。この間のやつ貰おうかな、常温でね。
いいかな小林くんは?」
「あ、…はい。お任せします。」

舌の肥えた御夫妻の連れてきた大切なゲストに、
最高のもてなしをすべく、若主人は
木綿の布巾で椹の見事なカウンターを滑るように拭く。

「若旦那、この若き世界チャンピオンに、一番旨いもんから
出してあげてよ。」
「はい、わかりました。にぎってよろしいですね。」
「えっ?あ、…はい。お、お任せします。」

若主人は、先ほど丁寧に下準備した「奴」の身の背と、
腹の、それぞれ一番良いところを切り、
そして…にぎり始めた…。

それは、一対の、紅色をした、
それぞれ少々形の違う二貫であった…。
「まずはこれ、食べてみて下さい。」
若主人の言葉は、確信に満ちていた…。

「奴」を供するやり方として、彼は最も味の濃厚な背の部分と、
最も脂の乗った、俗にブリトロとも呼ばれる腹の部分を吟味し、
一貫づつ握ったのだった。
それは、若主人の「奴」に対する尊敬心と供養の
心の現れでもあった。

小林という、そのイタリア帰りの青年は、

右手で背の方の一貫をつまみ、醤油をつけ、
それを頬張った。

その瞬間、
「奴」の全DNAの記憶が、
そのイタリア帰りの青年の舌に伝えられた。
「奴」の細胞のひとつひとつは、青年の口中で咆哮した。
「奴」は…激しく主張した…。

それは「奴」が生まれた北の海の波の音であり、
優々と回遊した夏の海の香りであり、
そして自分を育み、最後の場所ともなった、
深い湾の水の記憶であった。

そして…その「記憶」や「咆哮」や「主張」は、
ゆっくり青年の鼻から抜けて、
天にある「奴」の魂の元に帰っていった………
だろう…。

マモナク…モクテキチ…シュウヘンデス…
カーナビの機械的な声に、僕はハッと我に帰った。
僕の運転する車は、雪の金沢駅を通過していた。

僕には金沢でどうしてもやらなければならないことが
2つあった…。
2002-01-16 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0
himikou.jpg

年末は、旨い寒鰤(カンブリ)を求めて
冬の北陸の海を彷徨った。
それにしても氷見はずっと吹雪いて、
実にきりっと寒かった…。
何人かの漁師さん達と色々と話をして、
朝に能登沖で捕ったばかりの約8キロの天然の寒鰤を
手に入れ、東京に送る手配をして金沢に向かった。
因に地元では、この位の小振りなものを「がんど」とよぶ。
「がんど」になる前が「ふくらぎ」、
その前が「こぞくら」。
うーん、なんともワクワク楽しくなる話だな…。
「俺の捕った鰤は絶対旨いぞ!」という
漁師さんの気合いがとても素敵だ。
これだから何度来ても漁港は良い!好い!

久々の雪道の運転はかなり危なっかしかったけど、
微に入り細に入りうるさくつきまとうカーナビの
ボイスナビゲーションのお陰で、
なんとか迷わずに金沢市内に到着。
それにしてもカーナビっていうヤツは、
人間の本来持つ能力を著しく低下させるに足る、
物凄く便利な働きをしてくれるよね…。
お前と半年も付き合ったら、僕らは完璧に骨抜きさ…。
全く素敵なヤツだ。

久しぶりに目に飛び込んでくる、
濃紺とも灰色とも言えない、荒く冷たい
冬の日本海の表情に、感じるものは大きかった。
同時に、前方に黒く垂れ込める雪雲に向かって
車を走らせる時の、まるで魔城にさらわれたお姫さまを
取り戻しに行く時のような、
あの何とも形容しがたい不安な気分を、
キャッキャ言いながら僕は存分に楽しんだ。
それから半島に向かって行く時の不安感とは裏腹に、
内陸に向かって戻る時に妙に安心してしまう自分が、
なんとも情けなくて滑稽で…。
「この臆病者がぁ!」と思わず呟いてしまう。
ともかく冬の日本海は良い!好い!

そもそも何故僕がそんなにも寒鰤にこだわるのか。
思い起こせばもう20年も前のこと…。
イタリア留学から帰国して間もなくの1981年、11月…
(この年の11月はかなり寒かった。)
僕は金沢の某大学の学園祭に招かれた。
これを企画して下さったY女史は、
「せっかくアコーディオンの世界チャンピオンを金沢まで
お呼びするのだから!」と仰って、
学園祭以外にもプライベートでサロンコンサート等を
企画して下さった。
僕はそんなふうに22才の若者を執拗に持ち上げる
大学教授女史に、
「先生、そんな世界チャンピオンなどという言い方は
やめて下さい」
と謙虚さを装ったものだが、
その実まんざらでもなかった…。

ところがこの御夫妻が大変な食通であり、
しかも天才的な接待上手だった。
そんな訳で僕は金沢で彼らのごく手厚いもてなしを
受けることとなる。
この音楽好きの素敵な大学教授である奥様と、
地元新聞社の文化センターの支配人であり、
釣りの達人でもある御主人は、
3日3晩、僕をあらゆる店に連れてまわって下さった。
がすえびやまんじゅう貝、
サワガニの食し方を学んだのもこの時だ。

で、とうとうその瞬間は訪れる…。

金沢市近郊の野々市から程近い住宅街の一画に
その寿司屋はあった。
入り口付近には大きな石があしらわれており、
檜造りの格子戸に藍染めののれんが初々しく揺れる、
素敵な店構えだった。
ガラガラッと戸を開けて、
「いよう、今晩わぁ!」とY御夫妻。
「まいどぉ、いらっしゃい!」と店の若主人。
「今日はさぁ、アコーディオンの世界チャンピオンを
連れて来たからさぁ、一番旨いもんから出してあげてよ。」
との御夫妻の言葉に、
「はい、わかりました。」と答えた若主人は、
僕の顔をちらっと横目で見て、
目の前にあった魚の身を切り、にぎり始めた。
間もなく僕の前に、一対の、薄紅色をした、
それぞれ少々形の違うにぎりが二貫、ぽんと置かれた。
僕の方から見て左側の一貫は、より紅色が濃く、
少々不格好だった。
今思えば、恐らく「ちあい」らしき物もついていた。
一方右側の一貫は、もう少しスマートで、色もピンクだった。
「まずはこれ、食べてみて下さい。」と、
若主人の自信に満ちた目線の中、
まだ正式なにぎり寿司の食べ方も定かでなかった僕は、
それでもここはとりあえず箸でなく、
手掴みで食らうのが正しいに違いないとばかり、
右手で左側の不格好な方の一貫をつまんで醤油をつけると、
一口でそれを頬張った。

「!」

甘味と共に、何とも言えない深い味が口に広がった。
旨かった。
それまでにも色々な魚を食してきたが、
決して大袈裟ではなく、
こんなにも旨いものは初めてだった。
本当に凄い旨さだった。

続いてもう一貫を口に入れた。
それは前のよりかなり脂がのっていて、また旨かった。
「凄い…」恐らく僕は唸っていたにちがいない。

僕のリアクションに気づいてか、
「どう?ここの寿司、ちょっと良いでしょう。」
とY御主人。
「さあさあ地元のお酒ですよ、どうぞ召し上がれ。」
とY女史。
現在よりも更にお馬鹿で愚鈍だった若造の僕は、
勧められるままに食べ、そして飲んだ。
そして、ああ!本当にお馬鹿で愚鈍だった若造の僕は、
その後の自分の人生を変えたそのネタの正体を
聞き出すタイミングを逃してしまう…。
その店は、常連の客に対しては若主人が最も良いネタから
勝手ににぎってゆくという決まりになっているらしく、
若造の僕が何を注文するでもなく、
全てがスムーズに流れて行った。
そんなわけで、僕の舌を震撼させたそのネタは
もう二度と登場しないまま、
若主人の寿司ストーリーは完結し…
僕らは酒に酔い…
おまけに自分達もかなり飲んで酔っぱらいながらも、
益々接待の天才であり続けるお二人の
「若旦那、このアコーディオンの先生のサインを
貰っておきなさい。そのうち必ず値打ちが出るからさぁ。」
などという有り難迷惑なお言葉に、
若主人もしょうがなしに奥から色紙などを持って来て、
「じゃあ先生、ここにお願いします。」
とこっちに渡してよこす。
「そうですかぁ」と酔ってふらつく頭で、
慣れないサインなどを書いてしまう、
お馬鹿で愚鈍で世間知らずで間抜けで
厚かましくて最低な若造の僕。
(しかもサインと言っても色紙に
本名を普通に書いただけだったと思う。)

コンサートは無事終了し、僕は東京へ戻った。
その後、お馬鹿で愚鈍な若造の僕は、
それなりに人生を経験し、それに伴い
様々な寿司屋に出会って、舌も育ってゆく…。
…が………悲劇はそこで起こった。
2002-01-15 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0