公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/1/15(日)
新潟市音楽文化会館 (新潟県)
[一般発売]
2016/11/5(土)10:00〜

2017/1/21(土)
日本橋三井ホール (東京都)
[一般発売]
2016/10/8(土)10:00〜

2017/2/8(水)
BIGCAT (大阪府)
[一般発売]
2016/10/8(土)10:00〜

2017/2/10(金)
広島クラブクアトロ (広島県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/2/17(金)
高知市文化プラザ かるぽーと 小ホール (高知県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/2/18(土)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/2/19(日)
W studio RED (愛媛県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[先着先行]
2016/11/7(月)12:00〜〜
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜
演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
2001年がもうすぐ逝く。
2002年は間もなく誕生日を迎えるわけだ。
物事には必ず始まりがあり、そして終わりがある。
人生は永遠に続かないものであるからこそ価値があり、面白い。
二度と戻って来ない瞬間をリアルタイムで選択し続けて、
自らの人生を染めてゆく。

無数のチョイスから気まぐれに生まれる必然性を
想像力と呼ぶ。
しかし、想像力はあくまでポジティブに
有機的な選択からしか生まれ得ない。
その手助けをしてくれるのは、
好き嫌いを判別する自らの趣味を明確に持った意思である。
個人の趣味、趣向は、その人物の匂いとなり、
人生の決断に必然性を与える大いなる手助けとなる。

目的意識のない選択は塩気をなくした塩のようなものだ。
そこから生まれるのは
怠慢と小市民的な日常への埋没に他ならない。
継続は力なりという美名の裏に隠ぺいされた危険性を
いつも意識下に置くことは必要である。
敢えて理想を…と求めるならば、
「継続するイノベーション」という少々青臭い結論に
到達してしまう。しかしながら、これこそが所謂
「ポジティブな選択」の連続から起こってくる、
必然性を持った化学変化に他ならない。

戦う人生と寄り添う人生という選択肢がある。
どちらも好ましく、ポジティブである。
どちらも適度にリスキーで、主張を持っている。

踊る人生と踊らせる人生という選択肢がある。
どちらを選択しても結局踊る羽目になる。
「人生踊ってなんぼ」は、ある意味正しい。

『なぁんちゃって、お前は一体どうなんだ?』
と、僕とは別な人生を選択した、
もう1人の僕がジロっと目を剥く。
『戦う自覚を持たずに戦い続け、
踊る自覚を持たずに踊り続けるのさ…。』
と僕はうそぶいて見せる。

…今日は格別に寒い
2001-12-26 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 2
広島のライブに来て下さった方からの
貴重なメイルにお返事します。

> 名前:
>
> 性別: 男
>
> age: 25
>
> 感想: 最高でした!
> さすが、cobaって感じでした。
> 特に、照明がとってもよかったです。
> 音楽の邪魔もせず、きれいでした。
> こんなこと、言っていいのか考えましたがかきます。
> 立つことで、最後はとっても一体感が出来自分も酔ってました!
> ですが、前の人が立ったら運が悪かった・そんな人生もあると思うことはどうでしょう
> か?
> 一部の後、二部ではたってみようと思った自分の目に障害のある方が目に入りました。
> 足が、不自由な方でした。
> それを見て、最後の最後までたつことを躊躇っていました。
> 後ろのことを気にしないことはどうでしょうか?
> それも、障害のある方にとっては洒落でも笑えなかった事と思いました。
> それだけ、曲が色々な方に愛されている証拠なんでしょけど・・・。
> 自分個人として、胸にもやもやしてしまたんです。
> コンサート後に、こんなメール送ってごめんなさい。
> cobaさんの、考え・思いと違っていたらごめんなさい。

> ------------------------------------------------------------------

メイルありがとう。

人は誰でも(君も僕も)弱い部分を持っているもの…
足が不自由だからといって特別視されるのは
その方だって嫌な筈。
その方はきっと純粋にcobaの音、
世界観を味わいに来てくれた筈。
その方の視線でちょっと考えてみませんか。
その方はもう不自由さを
乗り越えているのではないでしょうか?
そうでなければわざわざリスクを冒して
コンサート会場にはおいでにならないでしょう…。

弱いものに対する極端な優しさは、愛情ではありません。

薄っぺらいヒューマニズムを振りかざす国アメリカが
それを理由に、結果として
今どれだけの人を殺しているか
御存じですよね

盲目のシンガー長谷川きよしさんと僕との、
あるバーでの会話です。

coba「あああ、今日は飲み過ぎっちゃったな、
じゃ僕ぼちぼち帰るね。」
長谷川「coba車だろう。運転だいじょうぶか?
良かったらオレ運転してやろうか?」
coba「!」

僕は感動しました。
苦しみを乗り越えた者のみが言えるジョークです…。
彼につまらないヒューマン精神は全く必要ありませんよね。

日本の差別意識は幼いと思います。
それは弱いものへの愛情ではなく、
弱いものを庇護しなければ
自分がバッシングされることへの恐れです。
放送禁止用語は本来差別をされる側を
守るものである筈なのに、
うっかり口にしてしまった者を徹底的にバッシングする
アイテムに成り下がってしまっているのはなぜでしょうか?
メディアで語る者にとって、今や放送禁止用語は
差別用語を振り回して人々を傷つけることを避けるための
きまりではなく、それを口にした事によって
人々から嫌われない為、
或いはバッシングを受けない為のアイテムです。

心や体に欠陥を持つ人は(自分も含め)
その欠陥の分だけ成熟できるものだと思います。
ある意味コンプレックスが人を育てることに似ています。
その足が御不自由な方は、きっとそれが故に
我々が到達することのできない
高みをもった意識をお持ちの筈です。
我々がその方を優しくおもてなししたい以上に、
その方は我々を優しく見て下さっているような気がします…。

僕は君がメイルに込めてくれた優しさを尊敬します。
君がそういう事に気づいて、
心を砕いてくれる人であることに感謝します。

また逢いましょう…

coba
2001-11-19 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 1
それにしても、僕は何時までものを創り続けるんだろう?

最近良く話すことだけど、僕の音楽の作り方は、
僕の料理の作り方や文章の書き方、人との会話のしかた、
酒の飲み方、人の愛し方等などと全く同じだと思うんだ。
つまり、人間はひとりひとり皆その人なりの匂いを
持っていて、それはその人の体験や教育や才能や資質から
かもし出されるものでしょ。
だから、どんな方法論を持ってそれを表現しても、結局
その表現にはその人独特の個人的な匂いが伴う訳だよね。
勿論、複数の方法を所有することでその表現の可能性は
大きく広がるから、言語体系を学ぶ意味での方法論を
修得していくことは重要なんだな。

ヨーロッパには『クラス』という概念が古くからある
けれど、僕はその考え方が好きだ。
その人の品格や教養に合ったものを着たり、
それに見合った車に乗ったりすることは
大切なことだと思うんだ。
勿論車なんかは個人個人の経済的要因も大きいけれど、
お金を持っているから外国の高級車を乗り回すことが
正しいとは思わない。
むしろそれは醜悪に見えることの方が多いよね。
作り手にもそれを受け取ってほしい人々というのが
当然あって、作品にそのメッセージが込められているわけ。
それを受け取れない人間が、経済力のみを行使して
自分の思いを遂げても、それはとても格好悪いでしょ。
しかも、その作品を半分殺してしまうことにもなるんだな。
つまり「金を払うんだから何を買おうが勝手だろ」
といった未熟な感性は21世紀には
全然ふさわしくないと思うんだ。

クラスとステイタスというのは180度違うんだ。
ステイタスはお金で買えても、
クラスは絶対に買うことは出来ない。
で、クラスを持った人は
他人のクラスも見えるんだと思うんだ。
だからこそ人間は面白いし、楽しい…。

フランスのあるジャーナリストが、
数年前の僕の現地でのライブ評で、
「cobaの音楽はクラスを感じさせる。」
と書いてくれたことが、今でも僕の心をときめかせる。
「クラス」の意味を知ればこその、僕の大きな財産なんだ。

クラスは決してお金では買うことができないけれど、
望めば与えられると思う。
それは目線という概念で説明すると解り易いかもしれない。
つまり物には全て目線があり、その物の目線を感じ、
更にその目線でものを見ることができるかどうかということ。
さっきの例で話すと、
車の目線とはそれに込められた作り手のメッセージであり、
その車そのものが見ている先でもある。
そこを理解して、それをしっかり自分の中に入れた上で
その車を愛する。それは、その車の作られた環境や、
それを作った人々が見えてくることでもある。
そうすることで、車はステイタスを運ぶ箱から、
運命を共有する友人になるんだ。
まあ、とはいえクラスっていうのは
なかなか手強いものではあるんだ。
そう簡単にはいかないよって、
書きながら思っちゃったりして…。

だから僕は酒が好きだ。
酒ほど、作り手が見えてくるものはないでしょ。
酒の目線で人間を見たことある?
酒に言わせると、
人間とは滑稽きわまりないものだろうね…。

ところでこのmail cobaに対する反響を沢山の方々から
頂いて本当に嬉しく思っています。
色々な御質問もありますが、
お答えしないことをお許し下さい。
お返事しないことが殆どですが、皆様からのmailは、
文字化けしているもの以外は(結構あるんだ、これが!)
全て拝見しています。
ありがとう…。

で、頂いた数々の御感想のなかで
少々説明させて頂いた方がいいかなと思える件がありますので、
不本意ながらちょっとだけガイダンスもどきのことを書きます。
さっき目線の話しをしたけど、勿論僕にも僕の目線があり、
そこを共有したいと思って下さる方々のみに
このmail cobaを届けたいと思っています。

例えば、9月11日の『ジョージ』で書いた
チリペッパーライトのことは、
僕が徹底的にものを突き詰めた結果、こんなにも低価格で
出来ちゃいましたということがポイントでは全くなく、
『既成概念を疑わなかったら自分が創りたいものを創れない 
まま終わってしまう』ということがポイントです。
つまり、同じものを如何に低価格で製作するかの講議では
ありません。『ミーチャの大仕事』にしても同じ。
ミーチャが何処にいたか?
なんていうことは全然問題じゃなくて、
彼女と僕が或る瞬間何故か共有してしまった時間と、
心の織りなす人生模様をここにフッと置いてみた…。
ただそんな感じです。

なーんて…書いちゃってる自分が随分滑稽だな…。
まぁそれも良いか…。
青臭い僕の目線も含め…mail cobaだから…。

気にせず、どしどしレスポンス下さいね。
基本的にはどんな御感想でもとっても嬉しく
拝見していますので。(文字化け以外はね♪)

さあ!これから名古屋ライブだよー♪
2001-11-05 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 3