blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
前回からの続きです。
クリスティーナ&マウロ夫婦と僕の愛らしくも滑稽な
共同生活は、暫くして大変キュートなもう一人の同居者を
迎えることになった…。
彼らの家は一戸建ての二世代住宅の2階で、
1階が大家さんの家だった。外からの階段を上がって
小さなガラスの扉を開けると、
そこが彼らのスイートホーム。その階段の小さな踊場に、
そのネコは、突然居た…。
そいつはその階段の踊場を占領し、
我々が階段を上がっていっても、
別に逃げも悪びれもせずにただ「ミャー」と
鳴いた。多分そいつなりの挨拶だったんだろう。
クリスティーナが冷蔵庫にあったサラミを小さなお皿に
乗せて置いてやると、
そいつはガツガツと旨そうに食べた…。
どこから来たのか知らないが、やけに人間慣れした奴だった。

一夜明け、朝7時半にパオリーノに乗って登校すべく
階段をかけ降りた僕を見上げて、
そいつは又「ミャー」と鳴いた…。

クリスティーナは何時の間にかそいつを『ミーチャ』と
呼び出した。ミーチャはイタリアでいわゆるネコ族全般に
愛称として用いられる呼び名で、
日本人が犬のことを『ワンチャン』と呼ぶのに
割と近いニュアンスがある。
ミーチャは何故か何処に行くこともなく、そこに居続けた。
最初クリスティーナは食べ残しのパスタやリゾットを
やっていたが、ある日試しに
スーパーで缶入りのキャットフードを買ってきた。
すると間もなくしてマウロも
また別なメーカーのキャットフードを買って帰ってきた…。
何時のまにか我が家のキッチンには
さまざまな種類のキャットフードが溢れ出した。
しかもその頃には、何故か僕がミーチャに餌をやる係りに
なってしまっていた。毎朝学校へ出かける前に餌をあげて
水を替え、夜帰るとまっ先に同じことを繰り返した。
必然的にミーチャは僕に一番慣れ、
僕が家の何処に行っても後をついてくるようになった。
当然ミーチャの住処は外階段の踊場から
家の中に昇格していた。中でも彼女の一番のお気に入りは
僕のベッドだったようで、よくミーチャと僕はベッドを
奪い合ったものだった。
彼女はもうこの頃にはすっかり家族の一員に
なってしまっていて、
僕らが遅い夕食の食卓を囲む時などは
必ず自分の椅子の上で分け前を待っているのだった。
この時期、彼女の舌は随分と肥えた筈だ。
なんて言ったってマウロとクリスティーナには友達が多く、
毎日誰かしら家に遊びに来ては、
皆それぞれが自家製のサラミだの、
庭で採れたラディッキョだの、
手打ちのパスタ、ポレンタ、イニョッキ、
密造ワイン等などといったなかなか他では得難い物を
持ってきてくれていたので、我が家の冷蔵庫は
いつも素敵な食材でいっぱいだったわけ。
食卓を囲みながら僕らは良く
「ミーチャ、お前人間でもなかなか手に入らないレアもの
ばっかり食べさせて貰ってるんだぞ、わかるか?」]
なんていいながら惜しみもなくそれらの貴重な食材を
彼女と分け合って食べたものだった。

暫くしてミーチャは発情期を迎え、夜な夜などこかへ
消えるようになった。
その結果彼女はめでたく妊娠し、
日に日にお腹が大きくなっていった。
クリスティーナはそんなミーチャに
「貴方は気楽ねぇ、すぐにお腹が大きくなっちゃって…」
なんて良く話しかけていたものだった。
そのちょっと寂しそうな横顔に、僕はドキッとした。
そういえば彼らはまだ結婚2年目で、勿論まだ子供もいない。
それまでの何気ない会話のはしばしに、
早く赤ちゃんが欲しいというクリスティーナの強い思いは
感じていた。しかし小さな家の中で、
彼らは居候である僕に自分達の愛を確かめる時間も
大いに気を使わなくてはならない状況だったし、
僕としてはそれでも精一杯気を使って、土曜の夜などは、
なるべく彼らよりは先に寝てしまうようにしたりは
していたんだけど…。

そんな人間達の気持ちを知ってか知らずか、
だんだんお腹が膨れるにつれてミーチャは、
おっとりとして、もの静かになっていったものだった。
それまで果敢に戯れてあそんでいた毛糸の玉にも、
むしろ優しい大人びた視線を送るようになった。
自分が母親になるのだという自覚が
日増しに強くなってきている様子だった…。

季節は初夏になり、ミーチャのお腹も見事に膨れた。
ぼちぼちおめでたかな!?
そんな時、マウロ達が夫婦揃って
3日間家を空ける日がやってきた。
マウロの空手道場の親善試合で、
ジェノバまで行ってくるらしい。
北イタリアは結構空手が盛んで、
マウロもこの季節になると、やれミラノで大会だの、
ローマでセミナーだのといって、家を空けるケースが
増えるんだ。ただでさえ寂しがり屋のクリスティーナは、
1日マウロと逢わないだけで夜には涙ぐんじゃうくらい
だから、3日間もマウロと離ればなれになることに
耐えられるわけもなく、自分の仕事をちゃっかり休んで
付いていっちゃうことが多かったんだ。
そんなわけでその夜から我家にはミーチャと僕の2人だけ。
…あっ1人と1匹か。
普段はさほどでもないんだけど、いざ1人と1匹だけに
なってみると結構お互いを意識してしまうものだ。
なんか妙に照れたりしちゃうんだな。
で、ミーチャのいつもより少々荒い息使いがちょっと
気になったりしちゃう僕…。
昼間から降り出した雨がかなり激しくなって、
夜になり風もかなり出てきた。
外の木々がざわざわ騒いでいる。
そうやって外が騒がしくなればなるほど家の中の
僕とミーチャは孤独感を感じてしまう…。
ミーチャはいつものキッチンにある椅子にしっかりと
陣取り、丸まっている。息は相変わらず荒めだけど
さっきからずっと目をつむったままで、
何かに耐えるようにジッとしている。
「おい、ミーチャ、大丈夫かい?苦しいのか?」
イタリアの猫に日本語で喋っても通じるとは思えなかった
けど、何か会話をしないと耐えられない雰囲気だったんだ…。
彼女のお腹は今にも張り裂けんばかりにぱんぱんに
張っていた。
と、ミーチャが低い声で
「ウッウッウッ」と唸り始めた。
見事な茶とねずみ色のシマシマの毛が小刻みに震えている。
「いよいよかな!」
僕はかなり緊張した…。

後日につづく。乞う御期待!!!
2001-10-17 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0