公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
前回からの続きです。

大家族になった僕らはやたら忙しくなった。
ミーチャ達にやる餌やミルクの消費量も劇的に伸び、
家中がよごれる頻度も増したので、
僕も週に3、4回は掃除をする羽目になった…。
ミーチャとその子供達はそんなことにおかまいなしに
食べては飲み、飲んでは汚した。

そんなこんなで、僕やミーチャが居候を続けていた
3年と数カ月の間、クリスティーナとマウロには
子供ができなかった。
前にも書いたが、僕の部屋と彼らの寝室は
べったりと隣り合わせで、音は筒抜けだった。
子供ができない原因は、彼らの体質もさる事ながら、
きっと僕に気兼ねをして彼らのナイトライフに
かなりの支障をきたしていたであろうことは
勿論明白だった。
時々クリスティーナは、ベトナムの孤児を引き取って
育てるというシステムを推奨しているボランティア団体に、
里親として志願しようかなどと
真剣に話していたものだった。
そんな話になるたび、
僕は所在なくうつむいていたものだが、心の中では
『やはり僕が出て行くべきなんだろうか』
という問いが鳴り響いていた。
でも、もし仮にそんなことを彼らに提案しても、
まともに取り合ってもらえないことは明らかだったし、
だからといって黙って出て行ったりしようものなら、
彼らの事だからあちこち探し回って大騒ぎになるのは
目に見えている。
「彼らは僕の事を本当の家族だと思ってくれているんだ…。」
解っているが故に、僕にはどうすることもできなかった。
結局何も切り出せないまま時は過ぎ、
僕はウィーンでの世界コンクールに優勝し、
それもあって音楽院始まって以来の最高得点で卒業した。
校長はじめ周囲の人々は、
僕に講師として音楽院に残ることを強く勧めたが、
僕にはどうしてもやり遂げなくてはならない
ことがあったので、東京へ帰ることにした。

マウロとクリスティーナ、
それにミーチャ達との別れの時が来た。
クリスティーナは僕が出発する3日程前から
あんまり僕と会話をしなくなった。
僕にはそれが何故か痛いほど良くわかった。
(ちょっとでも何か言おうとすると、
彼女は涙が溢れて止まらなくなっちゃうから…。)
ミーチャと子供達はそんな事を知ってか知らずか、
相変わらず僕のベッドをねぐらにしていた…。
出発の朝、
苦楽を共にした6匹の盟友達全員を抱きしめて、
キスをした。
「お前達のこと…忘れない…。
…なーに、またすぐ帰ってくるさ。」
後ろでクリスティーナがグシュンと鼻をすすった。
彼女はもうずうっと泣きっぱなしだ…。
クリスティーナの涙をそれ以上誘わないように、
僕はミーチャ達にわざと日本語でさよならを言った。
「さよなら…ミーチャ、子供達、…元気で。
又逢おう!」
(これがミーチャとの最後の別れだった…。
彼女はこの2ヶ月程後にふらっと家を出ていったまま、
二度と戻って来なかったらしい。
まさか、僕の後を追って長旅に出た…………
筈もないか………。)

ヴェネツィア空港までの40分間、
僕ら3人は本当に無口だった…。
僕は、長い間彼らに本当に不自由な思いをさせて
すまないと思っていることや、彼らの助けがなかったら
決してこの長い留学生活に最後まで耐えられなかっただろう
ことや、何よりも彼ら夫婦のことが大好きで、
できればここを離れたくないということを伝えようとして、
あれこれと言葉を探した。
…が、それらは全く言葉にならなかった。
まるで、何か一言でも声を発すれば、
全てが壊れてしまうとでもいうように、
見事な沈黙が僕らを包んでいた…。
マウロのシトロエンは滑るようにラグーナ沿いの道を走り、
やがて朝もやのヴェネツィア国際空港に着いた。
「御両親によろしくね。」マウロが言った。
「うん………。あ、あの………」
「なんだ?」
「…いや。いろいろ本当にありがとう…」
「何言ってるんだい、こちらこそさ。」
「それからね、…あの……。」
「ミーチャ達のことなら心配するなよ、
俺達がちゃんと世話するから。」
「あ、ああ………。…ち、違うんだ、…あ、あのね……」
「何だよコバ?」
「あのね…、あの…はやく………
子供ができることを祈ってる…。」
僕は言ってからなんか妙にバツが悪くて、
ちょっと赤面した…。
マウロの後ろでグショグショになったハンカチで
更に鼻をかんでいたクリスティーナが、
いきなり僕をギューッと抱きしめた。

「ああ。わかった…がんばってみるさ。」
マウロはニコッと笑ってウィンクしてみせた。
全てを察してくれているような優しい笑顔だった…。

僕の乗った飛行機は、一路東京へ向かった。
長かったヴェネツィアでの留学生活のことが次から次へと
思い出されて、僕はその機中で一睡もすることはなかった…。

それから1年程して、マウロ&クリスティーナから
一通の手紙が届いた。
僕は、その封筒を見た瞬間に確信した。
「これはおめでたいニュースに違いない!」と。
はたして、クリスティーナのお腹に赤ちゃんが宿り、
あと数カ月でおめでただという手紙の内容に、
僕は飛び上がって喜んだ。
「やったね!よーし、やったやった!!
よーーーし、よしよし!!」

その時僕は決めたんだ。
「この子に曲をプレゼントしよう…。」
そして、暫くしてクリスティーナは元気な女の子を生み、
2人はその子にSARAという名前をつけた。

………そして、僕はまだ見ぬ彼女のために
『SARA』を書いた。
僕の『SARA』は、あまりに真直ぐにポップ過ぎて、
その頃もっと前衛よりの音楽ばかり作り、演奏していた
僕の芸風に合わず、その後何年か演奏されることなく
寝かせられていたけど、それから数年後に二子玉川の
インコントロという店で、僕の新たなポップ路線の
プロジェクトとして立ち上げたレスターテによって
初演され、めでたく僕のメジャー初アルバムである
「シチリアの月の下で」に収録された。
始めてこのアルバムをヴェネツィアのSARA本人に
届けた時、彼女はもう8才になっていた。
ちょっとシャイで、ちょっとオシャマで、
キュートな娘だった。
僕は、彼女が僕の『SARA』を気に入ってくれるかどうか、
ちょっぴり不安だった。
が、彼女はアルバムに収録された僕の『SARA』を聴くと、
ひとこと「好きよ。」って言ってくれた。
僕は、そのちょっと素っ気無いリアクションに
少々不満だったけど、それが彼女独特の照れなんだと
いうことを翌日知ることになる。
翌朝、クリスティーナからの
「cobaに逢いたいというSARAの同級生が
10人程家に来てるのよ!ちょっと早く来て頂戴!!
coba!」
という電話で、ホテルの部屋で曝睡していた僕は
叩き起こされた。
慌ててそのホテルからレンタカーを飛ばして
彼女の家に着くと、ガヤガヤ、キャーキャー、
凄くうるさい。女の子だらけだ!!
「一体どうしたの?クリスティーナ!」と、僕。
「あのね、昨日cobaが帰った後にね、SARAったら
同級生みんなに電話でcobaの曲を聴かせちゃって、
自分の為にcobaが作ってくれた曲だっていって
自慢したのよぉ。そしたら、皆cobaって誰だ?
私達にも書いてくれって…。ごめんねぇcoba…。」
「はぁ………………。」

僕は腹をくくって叫んだ。
「よーし、みんな一列に並べェ!!!
お兄さんが曲を書いてあげるよぉ!!!」
「キャーキャーキャーキャーキャー!!!」

僕はSARAと、彼女を抱っこしているマウロに、
パチッとウィンクをしてみせた…。
2001-10-31 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 2
前回からの続きです。

「何処だぁ、ミーチャ!?」
僕の頬を涙が伝っていった。
目の前のテーブルがその涙でグニャッとゆがんで見えた。
一体全体お産を目前にした猫が突然神隠しにあって
消えちゃうなんてことがあるんだろうか?
でも現にミーチャは何処にもいないのだ。
家の中は、隅から隅まで(ベッドの下からバスタブまで)
全部くまなく探したんだ。
玄関の扉にはちゃんとカギが掛かっているし、
窓も全部閉まってるし…。
僕は途方にくれてキッチンの椅子に腰を降ろした。
外の風雨はますます勢いを増し、
横なぐりの雨が窓を叩いていた。
目の前の2つの鍋はグツグツとむなしく沸騰していた…。
僕の涙のしずくが、一滴、また一滴と足下の床をぬらした。

その時、遠くの方で「ミャー」という微かな声が
聞こえた気がした。
「ミーチャ…。」
窓を叩く雨の音にかき消されてしまって、
おおよそ遠くてかよわい声ではあったけど、
確かに彼女の声だった。
声は僕の部屋の方から聴こえてきた。
あっちもさっき全部探したのに…。
僕は恐る恐る自分の部屋のドアを開けた。
別にさっきと何もかわりはない…。
「ミーチャ…?」
ひっそりとした人気のない僕の部屋からは、
なんの返事も帰って来なかった。
やっぱり気のせいだったのか………
またフワッと涙が溢れてきた。
自分のベッドが涙でグニャッとゆがんで見えた。
心無しか、シワもよっているようだ……。
……え?…シワ?…………!

ま、ま、まさか!!!!!

僕は両手でグイッと涙を拭い、シワのよった僕のベッドを
凝視した。

「!」

綺麗にベッドメイキングされたはずのベッドの上のシーツが
ふくらんで、ベッド全体にシワがよっている。
そのふくらみが何やらもぞもぞ動いている。
「ミーチャ…お前、まさか!?」
僕はまるで祈るような気持ちで、
恐る恐るシーツをはいでみる………!!!!!
白いベッドカバーのまん中に、体中が濡れた4匹の子猫たちと、
親になったミーチャがいた。しかもミーチャは
まだ最後の子を産み落とそうとしている最中だった。
「お、お前…よりによってこんな所で…。」

そういえば、僕のベッドはミーチャの一番のお気に入り
だったんだ。考えてみれば彼女にとって、僕のベッドで
子供を生むのは当然のことだったのかもしれない。
人間だってお産の時、しばらく実家に帰ったりするではないか。
一生を賭けた大仕事を、一番安心できる場所で行いたいのは、
人間の女性もメス猫も同じはずだ。
そう考えると、ミーチャのことが無性にいとおしく思えた。
彼女はその人生(いや、猫生?)で一番安心な場所として
僕のベッドを選んでくれたわけだ。
僕は何とも言い難い感慨を味わいながら叫んだ。
「ミーチャ、頑張れ!もう少しだ…。」
外では相変わらず嵐が吹き荒れていたが、
僕らは平気だった。
なぜって、その夜僕らは、
突然1人と6匹の大家族になったのだから…。

そんな訳で、僕とミーチャはシーツとベッドカバーを
駄目にして、クリスティーナにしこたまお目玉をくらった
けど、その実、なんか授業中に廊下に立たされている
いたずらの共犯者どうしのような、
妙な気持ち良さがあったものだ。
(それにしても、ジェノバから戻って、
ミーチャの新しい家族を見た瞬間の
クリスティーナとマウロの顔といったらもう!!)
その後しばらく、僕らとミーチャのファミリーは、
ワイワイガヤガヤミャーミャーと、
本当に愛しくも滑稽な共同生活を送ったわけだ。

後日に続く。(次回はいよいよSARA誕生秘話か…?)
2001-10-29 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0
前回からの続きです。
ミーチャと僕はその家にたった1匹と1人だった。
外は大荒れで、雨はますます激しくなっていった。
吹き付ける風で窓がガタガタ鳴っていた。
そんな中でお腹をぱんぱんに張らせたミーチャは、
体を小刻みに震わせながら低い声で
「ウッウッウッ」と唸り始め、
いよいよその時が近いことを知らせていた。   
           
僕は始めての経験にかなり動揺していたが、
それでも精一杯の優しさを込めてミーチャの震える体を
ゆっくりと愛撫した。そうしてやると、
ミーチャは普段なら咽をゴロゴロ鳴らして喜ぶところだけど、
今は全くそんなことに反応している余裕がない
とでもいうように、前の一点を睨み付けていた。

大体その時の僕は、お産などというものは、
猫、犬、人などに関わらず見たことがなかった。
(普通見たこと無いよ!)
一体お産に何が必要なのか全く解らない。
その時急に、昔見たテレビのドラマで、
奥さんのお産に産婆さんがお湯を湧かしているのを
見たことがある。
僕は叫んだ!
「そうだ!お湯だ!!お湯を湧かさなきゃ!」
何の為にお湯が必要なのかも全く解らないままに、
僕はいつも使っているパスタ用の深い鍋を2つ出して、
それらに水を一杯に張り、ガスレンジに火をつけた。

それから…そうだ!確か、そのドラマではタオルも大量に
用意していた。
「タオルだ!タオルタオルタオルタオル!!!」
僕はバスルームに走ると、ありったけのタオルを抱えて
キチンに戻った。
水を一杯に入れ過ぎたのか、鍋は一向に反応しない。
ああああああ!!!ぢ、ぢ、ぢれったいぃぃ!
早く湧いてくれなきゃ生まれちゃうよぉぉぉ!!!
(だからお湯を何に使うんだよ!?)
タオルを両脇に抱え、全開になっているガスレンジのツマミを
更に左に廻そうと両手で無駄な努力を試みながら、
僕は思わずまた叫んだ!
「ミーチャ、頑張れ!もう少しだ!心配するな、俺がいる!
俺が一緒だ!お湯もタオルもある!だから安心だ。」
言っていることが支離滅裂だった。
あっそ、そ、そうだ!友人の奥さんが、
ラマーズ法で出産時の痛みを随分軽減したという話を
聞いたことがある。
「そうだ、ラマーズ法!ラマーズ法だ!
ラマーズ法をやろう!ミーチャ!!!……あれっ?
…………………ミーチャ!?」
ミーチャがいない!
つい今まで彼女の指定席で丸まって唸っていたのに、
その椅子の上には陰も形もない!!
僕がお湯やタオルやラマーズ法に気を取られている間に
ミーチャが何処かに行っちゃったよぉ!!!
「ミーチャ!おーいミーチャ!!どこだぁぁぁぁぁ!!?」
僕は半ベソをかきながら家の中を走り回った。
マウロとクリスティーナの寝室、僕の部屋、トイレ、
バスルーム、洋服ダンス、冷蔵庫、ゴミ箱の中…、
全部見た。
やっぱり何処にも居ない…。
「どうしたんだミーチャァァアァァ
アァァァァァァァァァァァアァアアァァァ!!」

後日に続く。
2001-10-26 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0