blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
今日はニューアルバムのプロモーションで福岡に来ました。
意識が遠くなるほど気持ちの良い暑さです。
ただ、博多のタクシーはクーラーで急冷するのが
客への礼儀だと思っているのでしょう。
ちょっと暴力的とすら思える程に
キンキンに冷やしてある車内に
「冷房を少し緩めていただけませんか?」とお願いすると、
必ず「えっ?よろしいんですか?」という
画一的な返事が返ってくるのがちょっと可笑しかったな。
東芝博多ブランチの松本さんと一緒に
FM局などで番組に出演。
福岡は面白い人が多いんだ、これが!
今回の取材で初めて御会いした
西日本新聞の大田さんもそのひとり。

新聞記者の方々は、大抵皆さん回転が早くて
趣味もはっきりしているから、
取材はいつも楽しめちゃうんだ。
皆さん個性ゆたかでメモの取り方ひとつ見ても
およそ千差万別なわけ。
でまたそれを観察すると、その人が見えて結構面白い。
大田さんの場合は、
大学ノートに自分が想定した質問事項の数々を手書きで
丁寧に書いてあるんだけど、
質問と質問の間に答えを書き込む為に
10行ほどのスペースを空けて、
順々に約4〜5ページに渡っているわけ。
「小学校の時よくやったあれだ!」僕は狂喜した!!
解答の量を全く考えずに
こぎれいにレイアウトしてしまって、
後でやたら分量の少ない項目と
到底そこには書ききれないほどボリュームのある項目のギャップに
頭を抱えてしまったあれだ!
しかも質問事項は消えてしまわないように
ボールペンで書いちゃったりするから
もう取りかえしがつかない。
結局そのノートは放棄され、
本棚のオブジェと化してしまうわけ。

誰でも必ず、何故そういう羽目になったかという
理由すら忘れられてしまったこういう類いのノートが、
本棚や引き出しの中に何冊かしまってあったはず。
でも「いつかまた何かで使うんだ。」という心の声に、
どうしても捨てる勇気が持てずに数年が過ぎていく…。
まさに「過ぎ去りし永遠の日々」だ。(なんちゃって…)
新しいノートを母にねだる度に、決まって返ってくる
「使いかけのが何冊かあったでしょ。」という言葉に、
「あれは違うんだよ。」と答えつつも、
いったい何が違うのか自分でも良く解らなかったものだ。
でも、こういう「偉大なる無駄」を知ることは
幼児期の感性を育成するのに大変重要なんだよな。
僕の「過ぎ去りし永遠の日々」は、
あの頃の忘れ去られたノート達が無かったら、
そのタイトルすらきっと永遠に生まれなかっただろう…。
子供時代にこういうものを簡単に
捨ててしまうことの出来たやつは、
絶対に今頃イヤなやつになっている筈だ。

さて、そんなわけでその大学ノートをちらっと見た瞬間に、
僕は大田さんが大好きになった。
彼の無表情さや、
「何故アコーディオンを始められたのですか?」という
ステレオな質問も全く苦にならなかった。
で、そうやって一旦好意を持ってしまうと、
悪戯好きの僕としてはどうしてもちょっと
彼をからかいたくなっちゃうわけ…。
沢山メモッてもう書くスペースが無いような質問には、
更に話を大きく膨らませて、
どうメモるのか見ちゃったりする僕…。
(ごめんね、大田さん。)
でもそんな僕のジャブ攻撃にもめげず、
彼は小さなスペースに小さな字で
僕の解答をつぶさに書き込んでいった。
決して次の質問のスペースにはみだすことなく…
そして僕らが子供の頃よくやったように、
そのノートを永遠に放棄することもなく…。

汗を拭きながらメモる彼の姿には、
文化を伝える九州男児の意地と誇りがあった。
ありがとう大田さん。
貴方はかっこいいジャーナリストです。

夕方6時からの地元LOVE FMの生放送を終えた後、
東京行きの最終便までの少々の時間を利用して、
今回のアルバム「走れパオリーノ」発売の折に
HMV限定用パンフ裏に記載した
「本当にうまい!名イタリアンレストラン139店!」にも
名を列ねている天神のil bocconeにお邪魔しました。
この店でまず気に入ったのは、
こういう店名(大きな口という意味)にも
関わらず全てのロゴが小文字なこと…。

アルファベットの小文字がかっこいいと思い出したのは、
もう6年以上も前のロンドン時代かな…。
その頃いっしょにビョークツアーをやっていた
デザイナーのダニエルと話していて、
ふとそんな話になったわけ。
つまり小文字に潜む神秘性というか…
ともすれば日本古来の精神文化にも合い通ずるような
独自の感覚が小文字にはあるんだってこと…。
ある意味女性的でもあり、
それだからこその永遠性と哀れさ、可憐さ、しなやかさ、
優美さ、美しさなどを感じるってこと。
大変乱暴に言ってのけるならば、
大文字がアメリカで小文字がフランスだ
(これはダニエルが言ったんだ。僕じゃない!)
なぁんてね。
以来よほどの必然性を感じない限り、
小文字以外は使わない。
メールもアルバムタイトルも自分の名前もね。
だからCOBAじゃなくてcobaなんだな。
そのあたりに無神経な連中からCobaやCOBAや、
ましてやコバなんて書かれちゃうと
「ん?その人誰?」って感じ。

過去のアルバムで大文字表記があるけど、
それはその頃の僕にまだそういった美的感性が
養われていなかったということの顕われ…
まあ時代ってことかな。
少なくとも95年以降のcobaがらみの露出物で
自分が校正できているものに関しては
きちんと意識されているわけ。
敢えて大文字が使われているのは
なんらかの意図があることの顕われ…かな。
若しくは印刷ミスか…。(笑)

さてさて、そんな僕の好きな小文字で綴られた
il bocconeは、ひんやりとした空気感に、
感じ良くレイアウトされた暖かみのある家具が並ぶ。
カジュアルさと本物を知る者の思い入れとの狭間を
感じさせる微かな香りに、
福岡で本当に旨いイタリアンを経営することの難しさが
ほんの少し漂っている。
でも、だからこそここの料理は旨い筈だ
という確信を得る僕。
その確信が間違っていないことはすぐに証明された。
Jermannの'99リースリングでガスパチョ風冷製スープ、
茗荷の香りとバジルソースが意外な
かんぱちのカルパッチョ、
リースリングと良く合っていた穴子、里芋、
鶏の白レバーのアンティパストはとても面白かったです。
「ここのシェフは魚の旨い食べさせ方を心得ていますね。」
などと話しながら続いて
イカスミを練り込んだタリオリーニとカボチャのラヴィオリ。
ここでトスカーナの作り手Querciabella の傑作、
サンジョヴェーゼとカベルネソヴィニヨンによる
Camartina'96にスイッチしてメインのほろほろ鶏の煮込み。
サンジョヴェーゼで煮込んであって良く合うこと!
美味しい傑作でした。ズッキーニの付け合わせも、
北イタリアで修行されたシェフの杉江さんならではの
バターの使い方がとても心地良い。
サービスして頂いたアルネイスのグラッパは、僕好み。
Bassano村のグラッパのように素朴で美味しかった。
もっともっとゆっくりして御夫妻と一緒に
飲みたかったところだけど、タイムアップでタクシーへ。
「やっぱり僕のリスト間違ってなかった」と
沸き起こる満足感…。
それにしても、お店はオーナーシェフの生きざまの全てが
見えますね。そこの料理をいただくことは、
彼の人生におつき合いすることですね。
きっと音楽家も全く同じこと。
僕の音楽を聴いてもらうことは
僕の人生に参加して僕自身を味わってもらうこと……。

…とまあ、ほろ酔いの機内で書いている文章はかなりキレが悪く、
後で読むのが恐いけど…
まあいいか…。

それがmail cobaだから…。

それが…cobaだか…ら……………。
2001-08-02 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 2