blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
で、昨日の続きなんだけど、
京都から大阪入りして何本かテレビの収録だった。
関西の気温は関東のそれと全く違うのに
今更ながらびっくりした。
特に今年は、山に住む僕の友人曰く、
秋が来るのがとても早い筈の年だから、
まだまだむうっとしている関西の空気感は意外だったな。
夜は関西のイタリアン屈指の山根さん率いる
MODO DI PONTE VECCHIOへ 。
ワクワク!!!
急に電話を入れたので、山根さん御自身はあいにく
東京への出張で、お顔は見ることが出来なかったけど、
マネージャーの山本君がいつもの笑顔で出迎えてくれた。
現在MODOの厨房を仕切るのは古川シェフ。
この人は素晴らしい感性の持ち主だ。
取り敢えずPiemonte、Cuneo(いやぁ懐かしい!)
近くの名手Aldo Conternoのシャルドネをいただきながら」
前菜に冷たいあわびとラディッシュ、和カブに、
ジェル状になったつくね芋とネギのソースをかけた一皿目。
続いて蒸したオマールといんげん、
ブロッコリーのサラダ仕立て。隠し味で生ハムも入っている。
見事、見事。天晴れ山根さん!天晴れ古川さん!
そして前菜最後に本マグロを上品にスモークして温泉卵、
(これは合うよな!)玉葱、ケッパー、グリーンピース、
胡瓜などにボッタルガ(御存じボラの卵の塩漬け)が
振りかけてある。半熟の卵を使わせたら
山根さんは日本でも5指に入るだろう。
さて、ここでFriuliのこれ又名作り手Jermannの
ピノグリにスイッチ、いよいよパスタの登場。
穴子とトマト、油菜芯による細めのリングイネ。
仕上げにレモンオイルが振ってあり、
全体に爽やかな印象を与えている。
またピノグリージョに良くあうんだこれが。
パスタ2皿目は鳩とポルチーニのタリアテッレで、
鳩には微かにサフランやオレンジの香りがしたので、
多分使っている筈。本当にパスタの切れが素晴らしい。
これだけの物を手打ちで仕上げるには、
綿密なFarina(粉)と卵
(この店では全卵と卵黄のみの混合比を決めている)と
水分の調節に加えてごくごく丁寧な空気抜きを
実践している筈。なんという丁寧な料理なのだろう。
そしてワインも赤にスイッチしていよいよメインだ。
ちなみにMontepluciano(勿論Toscana)にある
名手PolizianoのLe Stanze'98だ。
恥ずかしい話、僕には最初とてもこれが
カベルネソヴィニヨンとカベルネフラン、
メルローによるものとは思えなかった。
(てっきりサンジョヴェーセだと思ってた。ひぇー!!)
まあでも先日名古屋で某凄腕イタリアンシェフ達と
行ったフレンチで出された、
Don camilloのサンジョヴェーゼを、
全員一致でシラーとグルナッシュの混合って決めつけて
「あはは!俺達バカだねぇ」
ってなったこともあったしなあ。
解らないよな、ホント!
同じカベルネソヴィニヨンでもやっぱり
ボルドーで育ったものとトスカーナで育ったもの、
はたまた勝沼で育ったものとでは
全然違ったキャラになっちゃうし、
それをさらに混合していくと
更に更に複雑になっていくんだ。はぁぁ…。
ソムリエの難しさは間違えちゃいけないことかなあ?
勿論それを防止するために死ぬ程テイスティングして
お勉強しちゃうわけだけど、優秀なソムリエは
絶対に間違いを言わないテクニックみたいなものも
持っているわけ。つまり占いと同じで、
絶対的な確信がある場合以外は、
ある意味どうとでも取れる(どれにも当てはまる)表現
でしかそのワインを表さないというやり方。
でもさあ、そうなっちゃうとかなり辛いと思うんだよな。
僕には絶対無理だな、そういう表現の仕方は。
何故って
「サンジョヴェーセだと感じたらそれはあくまで
サンジョヴェーセなわけで、そう言うしかないだろ!」
って思っちゃうんだな。
ワインが好きだから色々知りたいわけで、
それを楽しみたい以上「間違えたらお前クビ!」みたいな
状況になるのはまっぴらごめんなわけ。
それと僕は昔から基本的に「感じたことが真実」っていう
哲学を持っていて、仮に「そうじゃないよ」と言われても、
それがきちんと納得できない限り
「でもそう感じるわけだからそうなんだと思う。
つまり自分が持つ感性がイエスと言う以上、
申し訳ないけどそれはイエスでしかないよ。」
と言わざるを得ないんだな。
勿論!自分の感性の未熟さや、知識の足りなさで
大きな間違いを犯すことは数知れないし、
それが明確になっても尚、過ちを認めないのは
単なる愚か者だよな。
つまり、間違いを認める勇気を持つことの重要性!と
その難しさ!だと思うんだ。
だから、『好きこそ〜』でしかないまだまだ未熟者な
僕なんかワインの銘柄や葡萄を間違えて
「ごめんなさい!!」ってなることは数えきれない。
(ホント、お恥ずかしいかぎりデスガ…。)
ただね、考えてみると信じ込まされていることが
とっても多いんだな、この世の中は。
つまり、既成概念を疑うことが
まるで罪を犯しているがごとくに認識されてしまう。
僕がアコーディオンの既成概念を疑い始めたのが
小学4年生だから、きっとそれにかけては
誰よりも先輩になっちゃうんじゃないかな?
考えてみると僕の創作活動は概念を疑うことの連続なんだ。
つまり、豆腐は白いということや、
醤油を付けて食べること、更には柔らかいということは
定理としてごく自然に一般的な認識作業が終了してしまって
いて、今さらそこに疑いを持つことはある意味時間の無駄、
ナンセンスなことと思われているかもしれないけれど、
そう信じてしまっている人からは
本当の創造は生まれないわけ。
豆腐が黒蜜や、きな粉や、オリーブオイルと
合わない訳がないし、色が真っ黒だったら
もしかしたら倍の値段で売れるかも知れないでしょ。
(センス良い悪いは別として。)
勿論そういった創造作業にはいつもスーパーなセンスと
バランス感性、細心の注意が必要なんだけど…。
(そうじゃないと、単なる奇をてらう作業に過ぎないから、
これこそ時間の無駄だよね。)
今までにないものを生み出す作業において
これはとっても大切なこと。
プロデュース作業の基本理念とも言うべきところかな。

さてさて、メインは
鳩の煮込みにあわび茸、スギ茸などを添えて
夏トリュフがかかっている。
食事の後、古川シェフと山本君とシャンパンで乾杯。
午前2時過ぎまで語り合った。
彼らの料理とサービスに対する情熱に感動した…。
とまあ、随分と長いディナーの報告文になっちゃったけど、
ワインを選んでくれた山本君のセンスの良さと
巨匠山根さんとの微妙なギャップに悩みながらも、
お盆で食材の入荷が限定されている中、
若い才能溢れる料理を提供してくれた古川シェフに
敬意を表し、アップします。
2001-08-16 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 7
昨日は又キャンペーンで京都と大阪。
朝から京都のFM局、αステーションで
番組を2本収録して大阪へ。
京都はもう今年5回目かな?
αステーションは北山にあって、
駅からちょっと遠いんだけどそこがまた良い。
2階のスタジオから大文字山が見えるところもウリ。
明日の生番組だったらちょうど送り火を
見る事ができたのになあ…。

京都といえば今からちょうど20年前の春、
僕がイタリアから帰国したばかりの初仕事のことを
思い出す。公開収録番組で、確か寝屋川市民会館で
大阪フィルハーモニーとの共演だったと思うんだけど、
収録終了後京都まで戻り、
指揮をして下さった山本直純さんと打ち上げへ。
この時彼が連れて行ってくれた鰻屋さんを
僕はその後ずっと探し続けることになるんだ…。
恐らく今思えば先斗町か祇園あたりだと思われるそこは、
小さな川が流れていて、石畳に柳が垂れ下がるまさしく
「京都」な風景だった。
僕らは小さな橋を渡り、
すぐたもとにあるその店の障子戸を開けて中に入った。
直純さんの馴染みのおやじさんとおかみさんが
僕らを暖かく出迎えてくれた。
5、6席のカウンターと4人掛けの机が2、3。
それに4人ちょっきりしか座れない小上がりのたたみ。
外からは川のせせらぎが聞こえる。
ちょっと狭いその小上がりに僕らは体をもぐり込ませた。
今にして思えば、コンチェルトの演奏で全力を使い果たして
いた放心状態のダメな僕だったことが本当に悔やまれる…。
先日はわざわざ何かを送って頂いてありがとう…
というようなニュアンスのことを直純さんが
お2人に言っているのを僕は耳の遠くで聞いていた。
恐らくキリンビールと鰻の骨の空揚げで僕らは乾杯した…。
このおやじさんは、
毎朝琵琶湖まで鰻を釣りに行くのだそうだ。
それが何を意味するのか、
まだその時の僕には解らなかった…。
が、そのあと出てきた肝と白焼きの味は
生涯忘れることができないだろう。
この頃はまだ旨いものがどうして旨いのかが
解っていなかった。
勿論10代の頃から食には人一倍うるさかったし、
随分時間があったこの頃は
イタリアでの僕の料理の師匠でもある
signora Boschello譲りのレシピを元に、
誰よりも旨いパスタを作る自信もあった。
でも食に潜む深く根源的な方程式を悟るのは
もっともっと後になってからだ…。

さて、直純さんに勧められるままに飲んで食べた僕は、
ほろ酔い加減で恐らくその後一生探し続けることになる
その小橋をふたたび渡ってタクシーに乗り込んだ。
柳の葉がやさしく僕の頬をくすぐった…。
 
昔聴いた曲や食べた料理を随分時間が経ってから
探し続けることはビターな楽しみだ。
どうせ探すならもっと本気で探せばいいのに…とも思う。
が、心の何処かに「見つかってほしくない」
というニュアンスがあるのも否めない。
この店にしてもそうだ。
その後キャンペーンで京都を訪れる度に、
例えばαステーションで散々リスナーに
こういう店を知りませんか?などと
問いかけてはいるものの、
別にそんなことをせずに直接山本直純さんか
その事務所の人にでも聞いたらどうなんだということは、
誰に言われなくても勿論解ってはいる。
がしかし、いろいろな事情もあって、
その後直純さんとも御無沙汰してしまっているし、
彼の事務所も今ではもうその頃のスタッフは
恐らく一人も残っていないだろう。
それでもなお調べる手段があるであろうことも当然解る。
では何故そうしないのか?
僕の心の中のあのシーンは
もう夢に昇華しているのだと思う。
『小さな川が流れていて、
石畳に柳が垂れ下がるまさしく「京都」な風景』は、
その後20年に渡る僕と先斗町の長いおつき合いの中で、
僕の心が造り出した幻影なのかも知れない。
あれは石畳ではなくコンクリートだったし、
障子戸ではなくサッシの引き戸だったし、
本当はそこに柳なんかなかったのかも知れない………。

なんて言い訳してみるが………実はそうではないんだ。
多分僕が恐いのは、もうその店がなくなっていることを
知らされることなんだと思う。
その頃20歳そこそこだった僕がもう厄年を迎えている今、
あのおやじさんはもういないかも知れない。
とても頑固そうなおやじさんだったから、
最後まで琵琶湖で朝捕る鰻にこだわり続けていたことだろう。
頑固なおやじさんは恐らくあのおかみさんよりは
先に逝ってしまったに違いない。もしそうだとして、
あの店を彼の息子が継いだとは考えづらいし、
琵琶湖朝捕りの鰻がなくなってもかまわず店を続けて、
おやじさんの意思を汚すようなおかみさんではないはず
だから当然閉めてしまう筈だ…。
勿論単なる想像だけど。しかし、
そうやって愛する店は突然逝ってしまうものだ。
料理は「人」だから、それはとても正しい。
でも、寂しく哀しい…。
先日も目黒で僕が敬愛する偉大な町蕎麦屋だった
「一茶庵」が、そういった理由で長期の休暇に入った。
あああああ、前回車が停められずに行くのを諦め、
前を素通りしたことが悔やまれる。
とっても悲しい。
もう僕には目黒に行く理由がなくなってしまった。
さようなら「一茶庵」よ…。

…と、あの鰻屋のカウンターで、
最近買ったばかりの最新のパソコンを使って
ここまでを一気に読み終えたおやじさんが
「こら、あほ!わしゃまだピンピンしとるわい!」
と呟くのが聴こえた。
おやじさん!次に京都に行く時は、
かならず探し当てて行きますからね!
2001-08-15 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 5
先週から僕が音楽を担当する
舞台「セツアンの善人」の稽古が始まっている。
初日に顔を出した以降まだ一度も行けてない。
新国立劇場で行った去年の初演からのメンバー
串田和美さん、松たか子さん、
それから世界各国からのキャストの皆も元気そうだった。
一日も早く参加したいと願うものの、
自分のスケジュールを見てゾッとしちゃうんだな…。
今週からはもう一本の舞台
「いつかヴァスコ・ダ・ガマのように」
の稽古も始まってしまう。
こちらは沢田研二さん、藤山直美さんを中心とした創作劇。
先日、作演出の久世光彦さんの本が上がってきて、
早速夜中に打ち合わせしたものの、
これを書き始める前にまだまだやらなくてはいけないことが
めじろ押しで、どうも話にも身が入らないんだなこれが。
でも久世さんの詩はリズム感に溢れていて
インスピレーションがどんどん湧いてくる。
ところで、セツアンとヴァスコダガマの稽古場は、
なんと同じビルの階違い!
エレベーターで行ったり来たりかと思うと…トホホ…。
(それぞれのスタッフ、キャストに悪くて…
ああ、ため息が…)

で、今日は9月スタートの時代劇の音楽を作曲中。
約40曲を今日中に上げなくちゃ。
番組のタイトル曲も作るんだけど、
タンゴ歌手の阿保郁夫さんに
歌っていただくことになっていて、つい5分前に
バイク便で譜面とデモテープを出し終えたばかり。
これに大急ぎでスペイン語の歌詞をつけて頂いて、
9日昼間にはビクターでそのオケのレコーディング。
その夕方から本日書いているドラマ本編の
音楽のレコーディング約50〜60曲をNHKにて。
ただひとつでも歯車が狂えば
全てが将棋倒しになってしまう綱渡りな行程。

で、あんた何故そんなバカみたいに忙しい時に
こんな文章書いてンの?という自問を
当然繰り返しているわけ。
でもさ、子供の頃からどうしても翌日までに
何かやらなきゃいけない時に限って、
妙に部屋が散らかっているのが気になって、
普段拭いた事もないような棚の上まで
丁寧に掃除しちゃったりする癖があって…。
結局その直後に味わう苦しみが
どんどん増していくわけだけど…
どうもそういった破滅的な危機を
楽しんじゃってる傾向があるみたいなんだな。

話は変わるけど、人間の中には
ホントにピント外れだなと感じる人達がいます。
同じ作品(あるいは文章)を見たり聴いたり
(あるいは読んだり)して、
どうやったらそのような解釈や
感想を述べる事が可能なのだろうと、ある意味
感心(あるいは感動)してしまうことすらあります。
僕の尊敬する故武満徹さんが、
「本当に魂を揺さぶられるような凄い演奏に
遭遇した時には、その人の哲学や品性、教育など
全てが見えてくるものだ。」
という意味のお言葉を残されています。
ある意味ネットやメールの発達が、
過去の不可能を可能にした利便性の陰で、
文章の持つ尊厳のようなものを
冒しつつある現状を感じます。
語られた言葉は、基本的には消えていきますが、
書かれた言葉は確実に残っていくのです。
そこにはその人のセンス、品格、エドゥケーション、
フィロソフィ、知識、リズム感はたまたIQに至る
数多くの情報が露出し、
その人間のバランス感性として記録されているのです。
(だからむやみにものを書くなということでは
勿論ないけどね。)

前回書いたインタビューの話ではないけれど、
時々とんでもなくピントの外れた人から
取材を受ける事があって、
「ああ、なんて無駄な時を過ごしたもんだぁ」と
うんざりしちゃう。
確か、みうらじゅん氏もこの間対談した時に
似たようなことを仰っていたと思うけど…。
以前、友人の飯野賢治君と話していたら
こんなことを言っていた。
飯野「たとえば地球上にはA星人からD星人までの
4種類ほどの言語も知性も全く異なる生き物が住んでいて、
俺は人に逢った時まずそいつが何星人なのかを
つきとめようとする。
そうじゃないと言葉が通じるかどうかすら解んないもんね。」
coba「フーン。因に君は何星人なの?」
飯野「あ、俺はA星人さ。」
coba「じゃ、仮にそいつがB星人だったらどうするの?」
飯野「伝わるわけないから無視する。」
coba「コミュニケーションカットだな。
でさあ、因に俺は何星人なんだ?」
飯野「cobaさんとは言葉が通じるから
俺と同じA星人だろうな。」
coba「そ、そうかぁぁ」

内心ホッと胸を撫で下ろすボク……。
でも、自分をBやCや、ましてやDではなく,
A星人というところが如何にも彼らしくて好きだ。
やはり、彼の言うように伝わらないやつには
伝わらないのだろうか?
…とにかく今その結論を出している暇はないから、
またいつか書くことに…。
以上、ケツに火のついたmail cobaでした。

ウーッアッチッチッチッチ
2001-08-06 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 5