blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
明日はフライドプライドの二人と高知へ。
今回のコンサートツアーは、豪華なメンバー。
楽しみだ。

さて、知り合いから「週刊現代見たよ」という
メイルもらいハッとする。
そうだ、先日取材を受けて
もう今週発売になっているらしい。
お店を何軒かご紹介しているので、
慌ててお知らせし、お詫びした。

というのも、
記事の内容は、ここ最近の何日かの
僕の行動と食生活に関するもので、
必然的に実際に伺ったお店の名前が
載ってしまっている。
事前にキチンと
「お名前が記載される可能性があります」の
許可お願いコールをしようと思いつつ、
つい忙しさにかまけてそのままにしていた。
ホントごめんなさい。

ああ、そう考えると、
メイルや電話や、その他諸々のことで
全く失礼してしまっていることばかりだ。

いつも
皆さんから沢山のメッセージやご連絡を戴いていながら、

全然返さず…
本当にごめんなさい。

グっとくる
音楽でお返しするのが
僕の役目なので…

なんちって。
ゴメン。


そうそう、去年のNHKドラマの音楽に関する
ご質問がありました。

あれをレコーディングするために
ブルガリアに行き、ブルガリアンボイスという
約20人編成のコーラスをレコーディングしました。
それ以外に使用した楽器は、あまりに多すぎて…。
僕が自分で演奏しているものだけでも、
アコーディオン、マリンバ、パーカッション、ピアノ、
全てのシンセ類などなど…
全部はとても覚えていないので。

cobaとしてのオリジナルアルバムの中には
入れていませんが、今後もしかすると
作品集みたいなものがリリースされる可能性も。

とにかく明日は高知でリハ。
明後日本番。
お近くの方は是非。




2011-05-31 02:21 この記事だけ表示   |  コメント 3
11月21日に沖縄の南部にある
ガンガラーの谷という場所のケイブで
コンサートを開催します。

僕はこのケイブでのコンサートを
魂の音楽祭「マブイオト」と名付けました。
そして今回をスタートとして、
できれば毎年開催したいという夢を…。


そんな経緯を
この音楽祭のために書いた文章で
皆さまにも知っていただけたらと…



趣意書

ガンガラーの谷を初めて訪れた日の衝撃を、
僕は忘れません…。
ある日僕のホームページに一通のメイルが届きました。
そこには「沖縄で貴方に演奏してほしい場所があります。
一度観においで下さいませんか」と、ありました。
そっけない文章は、なぜか僕の心に引っかかり、
僕はその地を訪れました。
そこは巨大なケイブでした。
そこを抜け、暫らく歩くと、
いよいよ「ガンガラーの谷」が姿を現し始めました。
ガジュマルの巨木に鬱蒼とおおわれた森に、
無数に点在する鍾乳洞たち。
道の脇のあちこちには、まだ考古学者たちが
発掘調査途中のブルーシートが敷かれたまま。
この太古が奇跡的に残された場所を、
安易に観光化しないで保存しようという、
オーナーの強い意思が感じられました。
そして僕が最も感動したのは、小道の脇に
さりげなく点在する古いお墓の数々でした。
数百年を経たいまだに縁者の方々が
年一度どこからともなく集まり、
その墓の周りで宴を設ける、とのことです。
僕は雷に打たれたようなショックを感じました。
この谷は単なる観賞用の自然博物館ではなく、
古代から現在まで、人々と共に生き、
育まれてきた場所…祖先の魂が眠る聖所であり、
今に生きる人々が自分の過去に思いを馳せる
特別な場所なのです。
都会に暮らす僕らが失ってしまった“原点”
のようなものを発見した気がしました。
「生きて死ぬこと」「過去の魂との交わり」
「悠久の時間の流れ」「自然の中で生かされること」…
そんな特別な場所で音を奏でることには、
特別な意味が生まれるように感じられました。
「知る」ということは「責任を受け取る」ことです。
ガンガラーの谷で音楽を奏でることは、
ここに眠る魂を尊び、我々を育む自然を畏怖すること。

それは今に生きる我々が、
共に生を喜び合う宴です。

「ガンガラー魂の音楽祭 マブイオト」に
関わるであろう方々は、出演者もスタッフも観客も、
皆ガンガラーの谷から招かれているのだと感じます。
人生は出会いの魔法の連続です。
超常現象など全く信じない不信仰者の僕が、
こんな感覚を持つなんて…ガンガラーの谷に感謝です。
人と自然と音楽を愛でる宴、
それが「魂の音楽祭 マブイオト」です。

2009年8月 coba 


今年ご無理な方は是非来年にでも。
早期割り引き航空券で…。





2009-11-09 19:55 この記事だけ表示   |  コメント 2
金沢は暖かかった。

ライブで盛り上がった翌日、
朝一で話題の美術館に行った。
もう何度目になるだろう。
月曜は休館日だが、ここはそれでも
中で色々と楽しめる。

休館の建物の内部で
美大の学生たちが、
忙しそうに作業をしているのが
初々しくて、素敵だった。

いつも思うことながら、
丸い建物には根源的な神秘を感じる。
今回もまたこの円に迷った…。

近所で
素晴らしい古美術店を見つけた。
この地方ならではの漆器や久谷焼の
掘り出し物に目が輝いた。

値付けもご主人も、いたって正直で。
結果、良い物もそこそこの物も安い。

戦利品のいくつかを東京に送り、
江戸末、有田のいい感じの染付猪口を
コートの胸ポケットに忍ばせて店を出た。
(なんか、やっていることが枯れすぎてるな)

車で金沢市郊外の寿司屋さんへ。
今は亡き、僕の食の師匠が通った名店だ。
ここで某大学関係の方と会食させていただいた。

相変わらずの凄腕の寿司に感動。
やはり素晴らしい食事にシリアスな話題は
似合わないことを再認識した。

ちょっとご主人に我がままを言い、
持参した有田の猪口で一杯だけ地元の酒をいただく。
200年前の香りがした…。

大変ご親切に、
その方の車で空港までお送りいただいたお陰で、
一本早い便に乗れた。

揺れる飛行機の中で
あっという間だったこの三日間を思い出していた。
仙台、長野、そして金沢…。
あと何回来られるだろう。

DSCN8003.JPG

ガタンと到着した東京では、
相変わらずの
夢と現実が待ち構えていた。
2009-02-26 11:34 この記事だけ表示   |  コメント 6