blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
震災で被害を受けた皆さま
心からお見舞い申し上げます。
僕の心は皆さまと共にあります。

coba






あの日以来
多くの方々から
さまざまなご連絡をいただき、
喜び、また涙した。

災害地区に住む知り合いとも徐々に連絡が取れ、
無事にしていることがわかって喜ぶのも束の間、
その方々の肉親、知り合いなどと
まだ連絡が取れていないという話を聞き、
胸が潰されるような気持ちになる。

海外からも毎日のように数多くの電話、メイルが届く。
アメリカ、ロシア、ドイツ、イタリア、
フランス、デンマーク、アイスランド、イスラエル…
本当に沢山の友人たちからの心配と激励だ。
コンサートやレコーディングで訪れて、
たった一度会っただけの人もいる。
ありがたい。

その中のひとりから
「自分は今回の悲劇的な出来事の報道を通して
日本人の我慢強さに驚嘆した。
自分の国で同じことが起きたら、
遥かに大きな混乱が生じるはずだ」
というメッセージをもらった。



本当にそう思う。

僕らは忍耐の民だ。
それを美徳として困難にも打ち勝ち、
助け合いながら調和を愛し、
柔軟にして、しぶとい精神性を育んできた。

僕の国は美しい。
僕の国の民は、
しなやかに励み、
静かに愛する民だ。


言葉は力と共にある。
力は心と共にある。
灯はやすやすと消えない。

おやすみ
またあした。

2011-03-25 03:50 この記事だけ表示   |  コメント 9
沖縄でシーサーを買う羽目になろうとは
夢にも思わなかった…

KICX0675.JPG

そもそもシーサーのルーツは
遠くエジプトのスフィンクスにあるらしい。
かの王の墓を守る獣は対ではないから、
この守り主も最初はシングルだったそうだ。

ところがそれがシルクロードで運ばれ、
中国を旅するうちにいつの間にか
左右一対になり、
沖縄ではそれを門の両側や屋根の上に
置くようになったらしい。

そんなわけで、この陶芸家のシーサーは
シングルだ。

彼は土を求めて世界を旅して歩く
素敵な男だ。
彼の活動を知り、工房を訪ねる人々の殆どが
「先生はどこの土をお使いになるのですか」
という質問をするのだという。

はたして僕も同じ事を聞いた。
その質問に彼は「うーん」と唸った後
「さまざまな土に出会ってつくづく感じるのは
地球はひとつだということです。」
と優しく答えてくれたものだ。

また沖縄の先生の工房で
ゆっくりと漢方茶を飲みながら
地球の話をしたいな。

今ハ我カンズメノ身ナレド
心ハ野ヲ駆ケ巡ルナリ…




2008-09-14 04:07 この記事だけ表示   |  コメント 8
先日、フォーラムに押尾コータロー君の
ライブを見に行った。
いいライブだった。

ポップであることを楽しむのは素晴らしい。
近年自分の中のアヴァンギャルドな虫が
騒ぎ過ぎて、より複雑なものを奏でる
方向にある自分としては、
押尾君のすがすがしいポップさに
ハッとさせられた。

好い音楽をありがとう。


ポップといえば、エスコルタの
音楽レコーディングも無事に終了して、
あとはヴォーカル入れを待つのみだ。

ネオカンツォーネという
新しい音楽ジャンルの誕生だ!!!
…なんちって。

オケはかなり弾けている。
弾けたヴォーカルを期待している。



そして、現在最も時間を費やしている
舘野泉さんのためのピアノ曲…

書いても書いても終わらない。
約20分間のアンノウンな世界を
出現させるために、作曲家が費やす
エネルギーは膨大なものだ…と我ながら
改めて感ずる。

先だって書き終えた
日本クラリネットコンクール課題曲
のときもそうだったが、
演奏家の目線を痛いほど感じながら
自身の哲学を音にしていく作業は、
大変だけれど、とてもやりがいがある。

書いている最中に…
この曲がもしかしたら数百年後に
バッハやモーツアルトのような
古典楽曲のひとつとして
我々の子孫たちに演奏されるのかも
などと有らぬことを考えて
ちょっとドキドキしたりしながら…。
(我ながら、かなりお馬鹿だと思う)

そうだ、このクラリネットソロの為の楽曲は
このたび全音出版から楽譜として出版された。
「水滴は啓示した」というタイトルだ。
印刷された楽譜を手に取ると…

…ちょっと嬉しい。

子孫たちに演奏してもらう第一歩、完了…
なんちって。

あああ、お馬鹿な。
2008-05-21 11:29 この記事だけ表示   |  コメント 7