blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

明けまして
おめでとう。

成田から飛行機に乗ったような気がした…
フッと目覚めると、ミラノの空港だった。
レンタカーを走らせて2時間。

例の町のレストランに着いた…。

「大晦日なのに働き者だなあ」
というと、奴はちょっと照れて、
「北では皆こうなのさ。沢山働いて、
ほんのちょっとの金を儲けるんだ」
と言いながら、厨房へ入っていく。

ロンバルディア人独特の照れと皮肉が交錯した
素敵な言い方…


いつものテーブルに座る。
と、ふと目に飛び込んでくる
ものがあった。
螺鈿細工の施された、アコーディオンだ。

実は、僕は前からこの店の片隅に
オブジェのように置いてある、
この古いアコーディオンのことが、気になっていた。

以前、初めてここに来たときに
尋ねたことがあったが、
どういう由来のものだったか、
はっきりとは憶えていない。
思い切って聞いてみる。

「そこに置いてある、あの古いアコーディオンは
君のおじいちゃんか誰かが持っていたもの?」
「え…?ああ、あれね…。違うんだ。」

急に奴の顔が曇った気がして、何か悪いことでも
聞いてしまったかな?と、ちょっと心配になる。
暫しの沈黙…

突然彼。

「そうだ。去年作らせたカベルネ飲んでみる?」
何せ、ここはフランチャコルタのど真ん中。
ワインの宝庫だ。
地元でしか出回らない無名の名品が沢山ある。
地元生まれのうぶで若いカベルネで乾杯!
少女のように固く、芳醇だ。(なんという表現だ!!)

奴お得意の、リゾット ディ オルツォ、ポルペッタ
などの洗礼を受ける。

「相変わらず、やるな。」
と、からかってやると、
「これが食いたくて、来たんだろう?」
と、すかさず奴。

晦日だけに、普段てんてこ舞いのこの店も、
今日は結構暇な様子。
イタリアの田舎では、だいたい年越しは
家族で過ごす。

僕がワインのボトルを半分ほど空けた頃、
自分のグラスを持って、辻向かいに
座る奴…。

「やるか?」
「ああ…」
きっと何本も作っていないのであろう、
そのソヴァージュな赤で、
奴のグラスを満たす…。

「お前の人生に…」
互いを祝す男同士の乾杯。

それをグッと喉に流し込むと、
奴はゆっくり始めた。


「うちの母がね…」
「ん…?」
「いや、うちの母がまだ若い頃な。その当時、
この店は2階の部屋を宿屋として使っていたんだ…。」
「へぇ。」
「ある日、ミラノからやってきた男が、暫く部屋を
借りたいと言うんだそうだ。その当時は、
ちょうどそこのレジのあたりが宿屋のフロントも
兼ねていたから、まだ若かった母は、そいつに
空いている部屋の鍵を渡してね…」

静かに話し続ける奴の言葉に、僕の頭の中には当時の
イメージが、みるみる広がっていった…

 


ロンバルディアの片田舎の駅に降り立つ、
煙草臭い、黒い革のコートを着た大柄なひとりの男。
駅から目と鼻の先にあるその宿屋に入ると、
そこの一階は、村の連中でごった返す食堂だ。

そんな雑踏にかまわず、その男はまだ18歳の
少女であった奴の母親に、部屋は空いているかと
尋ねる。
彼女は何の臆面も無く、空き部屋のキーを渡す。
そんな間にも、テーブルのあちこちから彼女に声が掛かる。

「おーい、ヴィオレッタ、ワインのお代わり頼むぜ。」
「肉がまだ来ねぇぞ!早くしろぃ」
「オイ、注文早く取りに来い!」
「ハハハ、おめぇ、いいケツになりやがったなぁ!」
「ガハハハ…」

 

奴は続けた。

「そいつは馬鹿でかいスーツケースを両手に持って、
奥の階段を上っていったんだ。
ゆっくりと、疲れた様子で階段を上るその男の後姿を、
母は暫く眺めていた…らしい。」

 

その頃、奴の母親、ヴィオレッタには、
将来を誓い合った恋人が居たそうだ。
名前はアントニオ。
同じ町で、家具屋を営む家の次男坊で、
ヴィオレッタとは幼ない頃からの顔見知り。
アントニオは、昼時になると家具職人仲間たちと
毎日この店に昼食をとりにやってきた…。

そこまで聞くと、
僕はすかさず、奴に言う。
「ああ、それがお前の親父か。」

「…いや、それが違うんだ…」

奴の顔がまた曇った。

 

2007-01-01 18:21 この記事だけ表示   |  コメント 13