blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

男は静かに深い声で言った。
「お嬢さん、ヴィオレッタという名前なのか…」

「…はい」

そして、続けた。
「他人の…」

「…」

「他人の手紙を盗み見るのは、…良くないことだ」

「ごめんなさい。あの、でも…」

男はじっとヴィオレッタを見つめる…。
意を決して、彼女は一気に吐き出す。

「村のみんなが噂してるんです。
貴方は犯罪者じゃないかって。」

「……」

「鞄の中は、盗んできたもので一杯だろうって。
だから、こっそり開けて見てこいって。」

「それで …見たのか?」

「ごめんなさい。本当に悪気は無かったの。
手紙も、私の名前が書いてあって…それで、
あの…つい…。本当にごめんなさい。
でも、あの、鞄の中には、そんなもの何も無くて、
あの、…………写真が、あって…。
奥さんですか、あの人…それで、彼女が抱いているのが
ヴィオレッタさん?
でも、もうひとつの鞄は…開かなくて、あの、鍵が…
鍵が閉まっていて、あの………」

そこまで、彼と目を合わせるのを避けるように
俯いて喋り続けた彼女は、
ゴクリと唾を飲み込みながら、
意を決したように、初めて彼を見上げて…
続ける。

「あの…あっちの鞄には、何が入っているんですか?」

緊張と興奮に頬を高揚させながら、
彼女は、肩で息をしている。

男は、コートの内ポケットからタバコを取り出すと、
それに火をつけ、すーっと深く吸い込む。


暫しの沈黙…

 

そして、
深い溜息を漏らしながら、
呟いた。

「どうやら…ここにも、長居し過ぎたようだ。」

「どういう意味?やっぱり何か
隠し事をしているんですか!?」

鋭く問い詰める彼女。


が、男は淡々と続ける。
「お譲さ… いや、ヴィオレッタ、
私は明日の朝、まだ夜が明ける前に
この町を出て行くから、
心配はいらない…
迷惑を掛けて……悪かった…」

深い 沈黙 …    
                        
      
     

突然、彼女が立ち上がり、
叫ぶ!

「警察を呼ぶわ!
強盗犯が、うちにいますって!」

出口に向かって走り出そうとする彼女。
すると!

男の強い右腕が彼女の肩を掴む。
そして鋭く言う。
「ヴィオレッタ!警察だってこの時間、皆寝ているさ。」

「痛い!!何をするの!
やっぱりあなたは、新聞に出ていた
貴族殺しの強盗殺人犯なのね!
あの鍵の掛かった大きな鞄の中に、
盗んだものを入れて逃げ回っているんだわ!
だから人に顔を見られたくなくて、
毎日誰もいない時間に出かけて、遅くに戻ってくるんだわ!
そう!ちょうど今のように!!」

     
     
そこまで言い終わって、
ハッと我に返る彼女。
とんでもない事を言ってしまった!
が、彼女はすぐに悟った。
もう取り返しはつかない…



彼女の肩を掴んだまま、
男の目が、ギラっと光る。

2007-01-06 23:55 この記事だけ表示   |  コメント 10

機内アナウンスに、フッと目覚めると、
成田に到着前の食事のサービングタイムだった。
あと数時間で到着。

     

明日は名古屋入り、2時からリハーサルで明後日が本番だ。
いきなり現実に逆戻りするわけだ…。

     

ちっとも美味しくない機内食を食べながら、
僕はフッと溜息を漏らした。
嘘のような現実のような体験だった。
ちょっとした気紛れの旅は、僕を思わぬ迷宮へと
誘った。

奴の話は一体、本当だったのだろうか。
それとも、作り話なのか…
眼下に広がるお正月の日本を眺めながら、僕は…
奴が話したことを…思い出していた。

  

   

    

ヴィオレッタ…

その時、彼女の気持ちはどうだったろう。
男の部屋の奥に置かれた
二つの大きな鞄…

自分を支配してしまった猜疑心に、
彼女はもう逆らうことが出来ない。

村人たちの言うとおり、この男は
何か悪事を働いて、ここに身を潜めて
いるのであろうか。
鞄の中は、盗んだもので一杯なのか…

ひとつ目のケースに手を掛ける。
カチャッという音と共に、
それは以外に…簡単に開いた。

息を呑む一瞬…


が、中には、粗末な衣類と、書類の束…
そして、日常で使用するであろう
諸々の小物が、きちんと整頓されて…ある。

内側のポケットに入った、写真を取り出してみる。

妻と思しき女性と一緒に微笑む、彼の写真。
その女性は幼子を抱いている。
それが、彼が手紙をしたためる
ヴィオレッタなのか…

 

いずれにしても
食堂の常連たちが
疑いを掛ける類の物など、
その中には何もない。

張り詰めていたものが、ふっと弛緩する。
溜息を吐く彼女。
だが、鞄はもうひとつ…。

もう後戻りは出来ない。
意を決して
そちらの鞄に近づいていく。

そのもうひとつの鞄は更に大型で、
鞄と言うよりは何かを入れるケースにも見えた。
こちらの鞄には、鍵穴つきの留め金が
左右に付いている。

留め金に触れ、外そうとする。

が、
開かない。
どうやら、
鍵が掛けられているようだ。
何度か強く引いてみるが、
頑丈な留め金はびくともしない。


少なからぬ失望感と共に、
少々ホッとする。
自分は成すべき努力はしたのだという、
ほんの少しの安堵感に包まれる。

しかし、
だからこそ
彼女を襲っている猜疑心は
ますます膨らんでいく…。

 

 

その日の深夜。
普段であれば、
朝が早い宿の灯りは既に消され、
皆寝静まっている時刻だ。

だが今夜は、
食堂のレジと宿屋のフロントを兼ねた
小さなカウンターの上の明かりが
灯されたままだ。
近くの椅子にヴィオレッタが座っている。

彼女は、一点を凝視したまま
身動きひとつしない。

   

    

    

どのくらいの時が流れたろう…

「カチャッ」

入り口の鍵が開き、ギィッと扉が開く。
男が入ってくる。
ゆっくりと歩いて、
彼女に近づいてくる。

      

「今晩は」
ヴィオレッタがうつむいたまま…声を掛ける。

「今晩は」
男は、彼女に目もくれず、
横を通り過ぎ、階段に向かう…

     

瞬間、ヴィオレッタが言う。

「あの…お嬢さんは!」

男の足が止まる。

「………」

       

「お嬢さんはあたしと同じお名前なんですね。」

男は、静かに振り向いた…

2007-01-03 11:40 この記事だけ表示   |  コメント 9

外に少々霧が出てきた…。
この季節のロンバルディアからヴェネトにかけての
一帯は、霧深いので有名な地域だ。

僕は奴に尋ねる。
「なあマウリ、何故アントニオは
お前の母さんと一緒にならなかったんだ?」

「うん…」
グラスの中の赤い液体を見つめながら、
奴が再び話し出す…

「例のミラノからの客人な…
毎朝、まだ暗いうちに出かけて行っては、
夜遅くなって皆が寝静まった頃に
そっと戻って来るんだそうだ…」

 

最初は別段それを誰も気に留めるわけでもなかったが、
そこは田舎町のこと。
暫くすると、いろいろな噂話が飛び交った。
曰く…

線路沿いにずっと歩いてどこかに向かって行くのを見た…。
とか、町外れの川岸に、ただじっと座って、
何か思いつめている様子だったので、声を掛けたが、
全く聞こえない風だった…とか。
最初は他愛もないものだった。

とにかくこの男、自分のことは一切喋らないし、
通常の泊り客であれば、少なくとも日に一度の食事は
階下の食堂で取るものだが、
それすら全くしない。
ただ、月曜の朝、ヴィオレッタが一階に下りてみると、
前の週の部屋代がきちんと揃えて、
フロントの小さなカウンターの上に乗せられている。


部屋代を滞らせるわけでもなく、
別段何か迷惑が掛かっているわけでもないので、
とりたてて問題はないと言えば無いのだが…

一体、早朝に出かけて深夜に戻るまで、
何処で何をしているのか、職業は何か、
そもそも何のためにこの宿に滞在しているのか、
誰にも見当がつかない…。

 

田舎町の噂とは怖いもので、
ある日、誰かがこんなことを言い出した。

「あの男はミラノで何か大きな悪事を働いたのさ。
それで警察の手を逃れ、姿をくらます為に
この町にやって来たに違いない。」

するとまた別な奴が言う。

「そうだ!そういえばあいつ、
馬鹿でかい鞄を持っているよな。
あの中身は、きっと盗んだ金でぎっしりだ!」
「ハハハ!そんな馬鹿なぁ」
「いや、わかんねぇぜ!最近、世の中物騒だもんなぁ」

昼食時、店に集う村人たちの噂は、
日に日に膨れ上がり、ある日
一人の若者が、とうとう我慢しきれずに
ヴィオレッタに言った。

「なあ、ヴィオレッタ、あいつの部屋の掃除は
お前がしてやっているんだろ、
今度こっそりあの大きな鞄を開けてみろよ。」

すると、一緒にいたもう一人もけしかける。
「そうだよ!なあ、ちょっと覗いて見るくらいなら
分かりゃしねえさ。」

勿論若いヴィオレッタは、かたくなに拒絶する。

「何言ってるの!お客さんの物を勝手に見たら
泥棒するのと同じでしょ。馬鹿ねぇ!」

「いやいや、何か盗ろうってわけじゃねえんだから、
盗人とは違うさぁ!」

「そうだ!それにもしあいつが本当に何か
しでかしていたら一大事だぜ!
かくまっていた、お前さんたち家族も監獄入りだぜ。」

すると、話を聞いていた
また別のテーブルの奴が…言った。

「そういえばちょっと前に、ミラノの大金持ちの貴族が
殺されて、金目のモンがしこたま消えたってぇ話が
新聞に載っかってたよなぁ…
確か、あの犯人はまだ捕まっていねえ筈だぜ!」


一同シーンとなってしまう。
だが、勿論考えていることは皆同じだ。

ヴィオレッタが怒鳴る。
「馬鹿なことばかり言ってるんじゃないわよ!
冗談じゃない、あんた達これ以上言うんだったら
店から出てってもらうよ!!」

 

 


マウリは続ける。
「その頃、泊り客の部屋の掃除は週に2度。うちの母が
一人でやっていたんだそうだ…」

暫く経ったある日の朝のこと、
ヴィオレッタは、いつもの通り
宿泊客の部屋掃除をしていた。

例の男の部屋を、いつも通りの合鍵で開け、
中に入る。
と、小さなデスクの上に、書きかけの
手紙らしきものを発見する。

別に盗み読みするつもりも無かった彼女だったが、
冒頭の”愛するヴィオレッタへ…”という文字が
フッと目に飛び込んでくる!

「!?…」

高鳴る心臓の鼓動を抑え、
静かにその手紙を手に取る彼女…

後ろめたさに震えながらも、
ヴィオレッタという自分の名が書かれた
その手紙を、読んでみたい欲望には…
勝てない。

動揺しながら、文字を追っていく。

読み進むにつれ、どうやらそれは
自分と同名の、彼の娘に宛てられた
手紙らしいということが分かってきた。


事情がわかり、少し安心して
ホッとため息を漏らす…彼女。

だが、文中の
”事情があって、今自分が何処に
いるかを明かすことは出来ない。
こんな自分を許してほしい…”
という一節が、妙に引っかかる。

そして…
先日、客の言っていた言葉が蘇ってくる。
高鳴る鼓動…

手紙を、そっとデスクに戻す彼女…

だがその視線の先は、
部屋の奥に置かれている、
二つの大きな鞄に…釘付けになっている。

ゴクっと生唾を飲み込みながら、
静かにその鞄に近づいて行く…
彼女の心臓は、もう破裂しそうなくらいに
激しく拍を刻む!

「ああ…」

自分のしようとしている事への罪悪感と、
しかし、大きく心を支配している猜疑心との
狭間で、身悶える彼女。

震える指先が、鞄の留め金に触れる…


 

2007-01-02 18:08 この記事だけ表示   |  コメント 12