blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
その薄汚れた黒いケースの蓋を
男は静かに開いた。

KICX9278.JPG

疑念、困惑、好奇。

そういったどろどろした感情が
ヴィオレッタの頭をぐるぐると
掻き回す。


音もなく静かに開いたそのケースの
中身を見たヴィオレッタは…
唸った。


それは、白いパールの螺鈿細工の施された
見事なアコーディオンだった。

彼女が尋ねる。
「ア、アコーディオン…なの?
 貴方のもの…なの?」

言ってしまって、あまりの馬鹿な言葉に
また『しまった!』とハッとする彼女。

「ああ、あたしは何て馬鹿なことを
 訊いているのかしら。これは貴方の
 ものに決まっているのに。
 ね、そうでしょう。」

「いや」
男は答える。

「これは俺のものではないんだ。」
「どういうこと?じゃ、まさかやっぱり…」

「そう早合点するものじゃない、ヴィオレッタ。
 そうじゃない。盗んだりしていないさ。」
「だって今、俺のじゃないって…」

男が苛ついた様子で言う。
「ああ。むしろ、今は俺が預かっている
 というのがいいのかも知れん。」

「えっ?どういうこと?預かっている?
 誰から、何故?」



男は彼女にぐっと顔を寄せて言う。
「それを知りたいかね、ヴィオレッタ!
 君は何故そんなに俺に関わろうとするんだ?
 このケースに入ったものが一体君に何の
 関わりがあるというのだね?」

KICX9272 henkou.JPG

言われてみれば確かにそうだ。
店の若者達に乗せられて、
男の鞄を勝手に開け、中身を見てしまったり、
自分と同じ名の娘宛の手紙を
盗み読みしたことは、許されざる行為だ。
恥じてもとても恥じきれるものではない。

ヴィオレッタは自分の身の置き所なく
身もだえする。

男が言う。
「まあ、所詮俺も人のことを攻められた
 ものじゃないが…」

ヴィオレッタは動転した頭で自問する。
なぜそこまで他人の秘密に入り込もうとするのか。
なぜこの男の部屋に、今、自分がいるのか。

が、混乱した気持ちが、逆に彼女を大胆にさせる。
ふっと口をついて言葉になる。
「心配なの。
 そう、貴方のことが心配だから…」
「根掘り葉掘り全てを訊こうとするのかね!」
男の鋭い言葉に彼女の声は遮られる。


が、次の瞬間、
彼女の口は運命を決する。

「好きだから!」

KICX9275 henkou.JPG

男は驚いてヴィオレッタの顔をみる。
「何と言った。」
「貴方が好きだから…だから、あの、
 何か私に出来ることがあったらって…」

男が吐いて捨てるように言う。
「馬鹿げたことだ!」


今、自分の言っていることがどういう意味を
持つのか、正直彼女には理解できない。
しかし、言葉にしてみてはっきりしたことがある。

「貴方が家に来てから、
 ずっと貴方のことが気になっていたの。
 でも、話しかけようとしても…
 答えて下さらないような気がして…怖くて、
 私…」

彼女の大きな目から、涙がこぼれた。

「貴方のことをもっと知りたいだけです。
 疑っているからじゃありません。
 馬鹿だと思いますか?」


男は暫く俯いたままでいたが、
やがて彼女に手を伸ばし、
その太い指で彼女の涙を拭ってやる。

その大きな手を両手で握り締めて
そこに頬をすり寄せるヴィオレッタ。
男のざらついた手の感触と
手に染み付いた煙草の匂い…

「ああ。」

ヴィオレッタが溜息を漏らす。
2007-06-26 18:35 この記事だけ表示   |  コメント 14

小さなテーブルとベッドしか置かれていない
その男の部屋で、ただ立ち尽くすヴィオレッタ。

男の肩越しに、
煙草に火をつけるのが見える。
男は大きくそれを吸い込むと、
深い溜息とともにゆっくりフーっと吐き出す。

男もヴィオレッタも何も言わない。

重い沈黙…

 

 


とうとう耐えかねたヴィオレッタが口を開く。

「あの写真の人…奥さんなのでしょう」

「……」

「何故自分の居場所を知らせられないの?
彼女は、今何処にいるの?」

「……」
「どうして何も言って下さらないの?」


男は、テーブル用に置かれた、
部屋にたった一つしかない粗末な椅子を、
ベッドの横までずらして、
そこに座るよう…ヴィオレッタにうながす。


そうされてみて、
ハッと、
まるでバネに弾かれたように
そこにちょこんと浅く腰掛ける彼女。
その十代の少女らしく可愛らしい仕草に、
男の表情が少し和らいだようだった。


男の視線を感じて、
自分がしてしまった、あまりにも大胆な行動に
あらためてドギマギしてしまう彼女。
頬が赤く上気している。

 

男が、初めてその重い口を開く…

「ヴィオレッタ…」

「…え、はい」

「良い名だ。あんたもきっと 
    紫色の服が良く似合う筈だ」

「…お嬢さん、お幾つなんですか?」

「あんたは幾つだね」

「え、……あたしは、十八」

「そうか、随分と大人びて見えるんだな」


その言葉に彼女の頬は、益々上気する。


「私の娘は、もうすぐ九歳になる」

「え?…じゃあ、あの写真は…」

「ああ、あれは、もう八年も前になるかな…
もうあれしか…ない」

「どういうこと?」

 

男はヴィオレッタの質問には答えず、
言った。

 

「あの鞄の中身が見たいんだろ」

突然の質問に不意を突かれて、
咄嗟にどう応えて良いか分からない彼女。


…と、男は部屋の一番奥の、
ベッドの脇に置かれていた
その大きな鞄に近づき、
それを両手でグイっと持ち上げると、
静かにベッドの上に置く。

勿論、彼女が開けることの出来なかった方だ。

ポケットからジャラジャラと鍵の束を取り出す男。

「も、もう別に…あの、疑っているわけじゃないし
…あの、そんな…見せてくれなくたって、
あたし……」

そんな彼女にかまわずに、男は鍵束の中の
小さなひとつの鍵を取り出すと、
それを鞄の鍵穴に差し込む。


その言葉とは裏腹に、
思わずゴクリと唾を飲み込むヴィオレッタ。
その音が相手に聞こえてしまったかも知れないと
ハッとして、また赤面してしまう。


男は、二つあるその鍵穴を同じ鍵で開けると、
留め金を外す…。

パチンという音。

男の指先を凝視する彼女。

その瞬間、男が確かめるように、

ヴィオレッタの顔を見る。
ハッとして、慌てて目を伏せる彼女。

 

   
男はフッと笑ったようだった…。

 

2007-02-12 06:32 この記事だけ表示   |  コメント 10

男に肩を掴まれたヴィオレッタは、
何とかそれを振りほどこうと、もがく。

  

が、意外にも、それは簡単に、はずれた。

     

男をキッと見据えながら、
ハアハアと、肩で息をする彼女。
何かするのなら、自分も容赦しない!
と、身構える。

   

暫くの沈黙。
ただ彼女の激しい息づかいが、食堂に響く。

   

男は一瞬「フッ」と笑ったようだった。

ヴィオレッタが鋭く言う。
「何!?何を笑うの!」

被っていた帽子をゆっくりと取ると、
男は言った。
「お嬢さん、そんなに人が信用できないか。」

「……」

「私があんたにいったい何をした?」

「何を…って」

「ただの噂に踊らされて、
人の部屋の鞄を無断で盗み見る事の方が、
よほど性質が悪いと思うが。」

「それは…」

「ヴィオレッタ、あんたのようにまだ芽吹きの時代を
歩いている人には判らんだろうが…」

男は、続ける。
「鞄の中に、人はその人生を入れて、持ち歩くものだ。」

ハッとする彼女。
男の目は、そんな彼女を通り越して
遥か遠くを見つめているようだ。
男は続ける。

「一個一個の鞄には、それぞれの違った人生が
詰め込まれているんだ。
それを無断で、開けることは…泥棒より性質が悪い。
人の人生に土足で踏み入る権利は、
誰にも…ないはずだ。」

「…ごめんなさ…い…」
俯く彼女。

   

改めて男にそう言われてみて、
彼女には
返す言葉も見つからない。
自分のやってしまったことの
愚かさに、初めて気付く。

   

後悔の念。
そして羞恥。
彼女は赤面する。

体が震えるほど恥ずかしい。

階段を上っていく男の後姿を
見送りながら、
強い自責の念に苛まれる…

     

そのとき!
突然彼女を不意な衝動が襲った。

彼女は男の後姿に向かって
言う。

「貴方の部屋に行きます!」
口をついて出てしまった
あまりの言葉に、自分がうろたえる…


「何を言っている。」

男の声が少々荒立つ。
「…そんなに、もうひとつの中身を知りたいか。」

   

が、彼女は怯まない。
「いいえ。そうじゃない。
貴方と、お話がしたいんです。」

「話など、ない。」

「貴方は、いつも何かとっても悲しそう。
貴方一人で、世界中の苦しみを
全て背負っているみたいに見える。
だって、何かよほどのことがなければ
そんなに無口な人にはならないわ!」

「あんたには関係のないことだ。」

「私でよければ、話して下さいませんか?
それとも、私じゃ子供過ぎて駄目ですか?」

「話などないと言っている。」

男はかまわず階段を上っていく。

   

あまりに大胆になっている自分自身に驚きながらも、
彼女は階段の方へと歩み寄って行く。

音を立てずに階段を上がり、

そして…
鍵を開けようとする男の
脇に…立つ。

男は彼女を見つめた。
ヴィオレッタも負けじと、
男の目を食い入るように見つめる。

男はふっと視線を落とすと、
…漏らすように言う。

「困ったお嬢さんだ。」

 

     

ギィィ。

部屋の扉が開き、男は入っていく。

     

その後を追って、扉をすり抜けるように
男の部屋に入って行く彼女…。

2007-01-12 23:59 この記事だけ表示   |  コメント 8