blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
あれからヴィオレッタは
一度もバールに顔を出さない。

連れのジョヴァンナに訊いても
分からないという。

あの翌日、
いつも通りに彼女の店に
昼食を食べに行った時、
アントニオは前夜の事など
すっかり忘れていた。

いつものように

「やあ」

と挨拶する彼の視線を、
彼女は明らかに避けた。

注文を取りに来る時も
何故か自分の方を見ようとしない。

さすがにいつもと様子が違うことに気づいた
兄のベルナルドがアントニオに、

「おい、お前らどうしたんだ、
 喧嘩でもしたのか?」

と訊くが、答えようがない。

自分には何も彼女の機嫌を
損ねるようなことをした
憶えはないのだから。

ヴィオレッタがバールに姿を見せなくなって
一週間が過ぎ、さすがにアントニオの
周りでもそのことが話題になり始めた。

バールの主人、マリオが訊く。

「おい、アントニオ。
 このところお前のいいなずけの顔を
 見ねえな。何かあったか?」

「いや、マリオ。
 俺にも彼女がどうしちまったのか
 てんで分からないんだ」

「逢ってないのかい」

「いや…彼女の店で顔を合わせても
 素気無いし、どうしたのか訊いても
 答えない…」

「心あたりはないのかい?」

「ないさ。彼女とはこの店でしか
 逢っていないんだぜ。
 喧嘩をしたわけでもないし、
 マリオも知ってるだろ」

「うんまあ、お年頃の乙女は気紛れだから
 そのうちまたひょっこり顔を出すだろ」

「ああ…」

123-2389_IMG he.JPG


また別な奴がアントニオに声を掛ける。


「おいアントニオ、
 最近のヴィオレッタだがな…」

「なんだよ」

「ちょっと変わったと思わねぇか?」

「どういう意味だ?」

「いや、何か落ち着いたって言うか
 店でも今までと違って
 ちょっと大人びたってぇのかなぁ」

「お前、何が言いたいんだよ!」

思わず声が荒くなる。
アントニオのそんな言葉に
少々たじろぎながらも、
そいつは続ける。

「いやいや、ほら、
 お前らいいなずけ同士だからさぁ
 何か良いことがあったのかなぁって
 ハハハ…なぁ、分かるだろう?」

「ゲスな勘ぐりをしやがって!
 お前、ふざけんなよ!!」

123-2386_IMG hen 2.JPG

アントニオの心に得体の知れない
焦燥感が生まれる。

何とかしなければ…

彼はバールの片隅で一人
悶々と物思いに
ふける。





2007-08-17 23:34 この記事だけ表示   |  コメント 17
アントニオは、ここのところ
あまりパッとしない。
どちらかというと
憂鬱な日々が続いている。

原因は、いいなずけのヴィオレッタだ。
どうも自分を避けてるようだ。
昼食の時に目配せをしても、
前のように笑顔でウィンクを
返してくれない。

むしろ自分の視線を逸らそうとでも
するかのように、目を伏せてしまう。

なぜヴィオレッタがそんな風に
自分に冷たくするのか、
アントニオには見当がつかない。

まあ、全く思い当たるふしが
ないと言ったら嘘になるが…



123-2386_IMG hen.JPG

村の広場にあるバールは、
若者から老人まで皆が集う
寄り合い場のようなもので、
朝から夜が更けるまで
いつも人で賑わっている。

アントニオとヴィオレッタが
落ち合う場所でもある。

落ち合うといっても、
特別に約束を交わすまでもなく、
若者達は夕食後このバールに
皆必ず集まってくる。

ここは村に住む若者同士が、
互いの存在を確認しあう場所
と言っても過言ではないかも知れない。

先週のことだ。

いつものようにアントニオが
バールのカウンターで仲間達と
立ち話をしていると、
ヴィオレッタが友人のジョヴァンナと二人で
バールにやってきた。

いつもなら軽く挨拶をして、
どちらからともなく話しかけ、
いつの間にか自然とふたりだけになる。

だが、この日の彼女は
アントニオがいつもどおりに
あれこれ話しかけても、何かぼんやりして
心ここにあらずといった感じだ。

KICX9194 hen.JPG

この村の若者達には大体皆
自分のいいなずけが存在する。

殆んどが親同士の約束によるもので、
まあ家と家との間で交わされる
契約事と言ってもいい。

勿論本人同士への意思の打診が
事前に行われるが、
一度約束が交わされると
よほどのことがない限り
覆すことは出来ない。

それはもうこの村に代々引き継がれてきた
慣習であり、若者たちにとっても
ごく自然なことだ。

稀にそれに背いて自由恋愛を
試みる若者もいるにはいるが、
家族を敵に回して猛反対を受け、
最後は互いの父親同士が話し合い、
取り決めを行って決着をつける…
すなわち、もうそのふたりが自由に
逢えないようにしてしまうのだ。

それを押してどうしても一緒になりたいならば、
ふたりで村を出るか、
あるいは駆け落ちでもしない限り
無理なことだ。


アントニオとヴィオレッタの父親同士は
親交が深く、以前から家族ぐるみでの
付き合いが長く続いてきた。

幼い頃からしっかりものだったヴィオレッタは、
ひとつ年上のアントニオに
何かとおせっかいをやき、
周囲の温かい笑みを買っていた。

この家具職人の次男坊と宿屋の長女の結婚は、
本人達をはじめ、周囲の誰もが
ごく自然の成り行きだと感じた…。


が、
この夜の彼女は
明らかにいつもとちょっと違っていた。

「どうしたんだよ、ヴィオレッタ。
 何か嫌なことでもあったのかい」

「いえ。そうじゃないわ…」

「でも何か変だぜ。いつもと違う」

「いえ…何でもない」

「親父さんに怒られたのか?
 あ、また皿でも割ったか」

「違うって」

「じゃあ注文の取り違えかい?
 それとも洗い物をためすぎたとか…」

彼女を笑わせようと冗談を言うアントニオ
だったが、かえってそれが逆効果になった。

「違うって言ってるでしょ!
 もう、放っていて」

彼女はそう言うといきなり店を
飛び出していってしまった。

まったく悪気のなかった彼は、
その彼女の突然の行動に
驚いたと同時に少し腹も立った。

当然だ。
彼は元気のないヴィオレッタを
ただ元気付けようとして、
他愛もない冗談を言っただけだ。
そんな風に彼女が怒る理由は
どこにもないはずだ。


ところが…
その事があってから、
彼女はバールに来なくなった。
もう5日ほどにもなるだろうか。

2007-08-15 16:29 この記事だけ表示   |  コメント 14
ごつごつとした男の手に
何かの救いを求めるかのように、

ヴィオレッタは頬をすり寄せては
接吻を繰り返す。

その無垢な仕草は、
恐らく何かによほど傷ついているのであろう
男の心の傷跡を、
まるで懸命に愛撫して
癒そうとしているかの
如くにも見えた。

滑らかで初々しい
少女の唇の感触と、
その大胆な仕草に、

男の体内には熱い衝動がほとばしり、
一瞬…
目眩にも似た感覚に襲われる。

KICX9279 henkou.JPG

気がつくと彼は、彼女の体を抱き寄せ、
その花の蕾のように可憐な唇に
自分の唇を重ね合わせていた。

激しく抱擁し合い、互いの唇を求め合う。


そして二人は、そのままベッドに倒れこみ、
更に激しく抱擁を繰り返す。

彼女の若い胸が男の胸にグニャっと
押し付けられる。
18歳とはいえ、体はもう立派な大人だ。

白い首筋から、少しはだけたヴィオレッタの
胸元へと、彼の唇が降りてゆく。

「ああ…」

思わず声を漏らす彼女。

KICX9276 henkou2.JPG

「お願い…」

「何だ」

「あの…明かりを消させて」

そう言うと彼女は入り口のドアの
すぐ脇にあるスイッチを降ろす。

そして暗くなった部屋のベッドの脇で
ブラウスのボタンをはずし、
スーっとそれを脱ぐ。

続いてスカートを降ろす音…。

123-2386_IMG henkou.JPG

窓から薄っすらと差し込む月明かりが、
彼女の白い肌を、より一層白く
艶かしく浮かび上がらせる。

男の太い腕が、彼女を後ろから
抱きしめる…




2007-07-29 18:35 この記事だけ表示   |  コメント 19