blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
翌日…大事件が起こった!

朝からテレビの取材でテンテコ舞い。
この日で2次予選が終了。
80組が振り落とされて
12組となる。

そんなわけで
審査員室の様子がゼンゼン違う。

いつもはギオラを中心に
冗談の応酬合戦なのに、
なぜか今日は主催者や、モスクワのプロダクション、
レコード会社、それに何だか今までに
見たこともない人達までもが審査基準を巡って
メチャクチャな言い争いをしている。
しかも、テレビ局のカメラまでもが入り込み
それを撮影している。
カオスだ。

事件はそこで起こった!

「ちょっと待て!!」
ギオラがいきなり叫んだ。

「この中に審査員以外の人間がいるのは何故か?」
皆シーンとなる。

「このコンペティションは利害関係が絡むものなのか?」
更に水を打ったようにシーンとなった。

「審査員以外の者は、今すぐ退室なさい!審査を始められない」

さすが神!
鶴の一声ならぬギオラの一吼えだ。
(ギオラってなんか怪獣みたいだし…ギャオスっていたよな)

皆スゴスゴと出て行った。

あまりの大声に、残った皆がちょっとこわばったので、
マズイなと思い、思わず…

「え?何?審査員以外退出!?す、すみません!」
と席を立つ僕。

皆唖然とする中、
ギオラがさっきと同じくらいの大声で
「コバ!」
「は…はい」
「君は!」
「……」
「審査員だ」
「あ、あ、そう…だっけ」

ドッと盛り上がる室内。
ホッとした。
ギオラはいつもツッコミの…マ…が最高なんだ。

P1000954.JPG

ここで止めておけばいいのに、
いつもの僕の悪いクセが出る。

「それでさ、ギオラ」
「何だ」
「今思ったんだけど…」
「何だよ?」
「ライブでクラリネット吹くよりも
今の叫び声やったほうがウケるんじゃない?
かなり効いたもん、今の」

フランスの作曲家フーゴが「プッ」と吹いた。
ギオラが「ユーバスター!アイキルユー!」(絶対ブッ殺す!)
といって襲いかかってきた。

そして2時間後…

IMG_1346.JPG
2010-04-19 23:46 この記事だけ表示   |  コメント 1
凍りつくような外気の中、
アレキサンダーは白い息を吐きながら
僕に近づいてくると、
「コバ、リトル…ナイトツアー…」と。
「何?」
「リトルナイトツアー…ウィー…ゴー?」
「何だよ、分からないよアレックス」
「…」

バスの中で待っていた審査員の一人で、
ワルシャワ歌劇場のキャスティングディレクターの
ルーカス(彼は7カ国語がペラペラなんだ)に助けを求めると、
流暢なロシア語でアレキサンダーと話し、
「コバ、アレキサンダーが、もし良かったらホテルに戻る前に、
我々をサンクトペテルブルグのナイトツアーに招待したいと
言っているんだけれど、どうする?」

彼は、時間がなくて観光らしい観光もできない
僕らに、夜の街をみせてくれようと、
提案してくれていたんだ。

こういう時、現地の言葉が喋れない
自分にかなりイラつく。
「ごめんアレックス分からなくて。
是非つれていってくれ。
サンクトの夜の美麗な姿を俺に見せてくれ」

僕には彼の気持ちが痛いほど伝わってきた。
仕事を超えて、僕に何かDVDとアルバムのお礼が
したかったんだろう。
何て優しいやつだ、君は!

そのバスには、
ルーカスとスイスからの世界コンペティション委員会
(どうもこういうコンクールの助成作業を行う団体らしい)
のおばちゃま(名前忘れちゃった)と僕の3人のみ。

それから何と深夜1時過ぎまで
アレキサンダーは僕らを街の名所という名所に
案内してくれた。

そして、そこここで
「コバ、テイク…ピクチャー」といって
僕のデジカメを盗り上げては、僕の体を押して
そっちのほうに行って立て、という仕草をした。
正直僕はこういう観光写真みたいなのは
苦手だけど、彼の気持ちが嬉しくて
…撮られるままに。

P1000918.JPG

その間もcobaのライブDVDは流れ続けて、
音楽はサンクトペテルブルグの街並みに
…溶けた。

バスを降りるときにルーカスが
「皆で50ルーブルづつ出し合って彼にやろう」
って言ったことにも抵抗があったし、
「アレキサンダー、ありがとう。少ないけど
取っておいてくれ」といってそれを渡すのを
見ていた時もちょっと悲しかった。

でも実際「いっぱいシャッター押してもらったから
僕は100ルーブル出します」
って言った自分にもちょっと悲しかったりした。

ホテルの前で彼に
「アレックス、本当にありがとう。
今夜のことは忘れないよ」といって、
僕は彼を抱きしめた。

アレキサンダーは
はにかんだ顔でボソッと
「ウェルカム…」と言い、
そしてすぐに寂しそうな顔をした。
その表情がどういう意味なのか、
僕には分からなかった。

「おやすみアレックス。また明日」

P1010020.JPG
2010-04-18 20:00 この記事だけ表示   |  コメント 4
翌朝ロビーに降りていくと、
同じ審査員で、イスラエルから来ている
クラリネットのギオラが、
両腕を広げて僕を抱きしめてくれた。
耳元で「昨夜は大きなギフトを貰ったよ。
最高のライブだった」と。
なんと、あたたかい人だ。

彼と一緒に外に出ると、
バスの前にアレキサンダーがいた。
牛乳瓶の底のようなメガネで僕を見ると、
「モーニング…」と一言。
バスの扉を開けてくれた。

相変わらず無愛想なやつだ。

既にほとんどの先生方が
乗り込んでいる。
ギオラに続いて急いで乗り込んだ。
「おはようございます。遅くなってごめんなさい」
審査員の中では、恐らく僕が一番年下だろう。

ウォーマッドのオーガナイザーで
イギリスからのトーマスが、
「ハイ、コバ。心配するなよ、
君のライブで楽しんでいるから」
と笑っている。

一瞬何のことかわからず
きょとんとしていると、
今度はハーバードの作曲
教授のヴラディミールが、
「昨夜の凄いアンコールに応えて、
今朝はDVD上映だよ!」と
ガハハと笑った。

ハッとして上を見上げると!
テレビ画面に僕のライブDVDが
映っている。
昨日アレキサンダーにプレゼントしたやつだ!

思わず
「アレックス!やめてくれ
みんなずっと音楽を聴き続けて、
耳が疲れているんだよ。
止めてくれ!」
と叫んだ。

ところが当の本人は運転席で
ニコニコご機嫌だ。
そしてバスを出発させると
止めるどころか彼は更にボリュームを
グッとアップさせた。

『泣かないでー』とcobaが熱唱していた。
僕は思わず赤面して、手で顔を覆った。

20分間の移動中、バスの中はずっと
cobaだらけだった…。

P1000844.JPG

そしてまた、長い長い一日が始まった。
コンペの後、今日はギオラのコンサートが
開催された。

長きに渡ってイスラエルフィルハーモニーの
主席を勤め、自ら築き上げた
クレズマーミュージックは、
今や世界中で愛好されている。
日本にもクレズマー系のバンドは
数多く存在する。

生まれながらにして殆ど視力を持たない彼に、
しかし神は音楽という宝物を与えた。
毎年ドイツで開催される
彼のワークショップは、
世界中からの学生やプロのプレイヤー達で
ごった返す。

まさしくクラリネット界の神だ。

P1000882.JPG

会場の最後部からゆっくりと登場し、
ひとりひとりの観客を慈しむような
ピアニッシモでイスラエル民謡を
奏でた。
僕はその音に込められた哀しさで
胸がいっぱいになって涙が止まらなかった。
なんという優しさ。
なんという大きさ。

満員の聴衆は、この夜
愛につつまれた。

P1000888.JPG


コンサート後
外に出ると満点の星。
外気はマイナス6度で川も凍りついている。
素晴らしい音の名残りを味わいながら
氷をパリパリ踏んで
門を出ると…

バスの外でアレキサンダーが待っていた。
そして僕のほうに近づいてくる。
2010-04-16 14:13 この記事だけ表示   |  コメント 3