blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
一週間に渡った
テレムクロスオーバーコンペティションも
無事終了し、いよいよ最終日。
ガラコンサートを迎えた。

2000人収容のグランドフィラルモニックホールは
歴史的な偉人たち、
リムスキーコルサコフ、チャイコフスキー、
ストラヴィンスキーなどがこぞってその作品初演を
行った場所だ。

P1010073.JPG

僕とギオラのために用意された
一番奥の楽屋には、立派な天井絵と
豪華な調度品が設置され、グランドピアノも
当たり前のように鎮座していた。

世界の音楽に物凄い影響を与えた大先輩たちが、
この部屋で今の僕らと同じように
胸をときめかせたのだと思うと、
深い感動に捕われた。

P1010071.JPG




広い楽屋ロビーに
アレキサンダーが来た。
奥さんも一緒だ。

今夜は
黒のタキシードとイヴニングドレスで決めて、
見違えるほどにエレガントだ。

「2人とも素敵だね。
とっても似合ってるよ」

かなりシャイな2人は、
ニコっと微笑むと…
2人して赤くなり、俯いた。

表彰式に続いてお祝いコンサートが開かれた。
このイヴェントのホストバンドである
テレムカルテットと、ギオラに続いて僕も
コラボした。

続いて
上位入賞者たちの演奏が続いた。

コンサートのラスト2曲を
全員でコラボすることになっていたが、
出番までまだ時間がありそうだったので、
僕はちょっと外出することにした。

お土産を買う時間すらなかった
この一週間だったから、
チョットだけショッピング。

実はさっきバスの窓から見えた
ショッピングモールを、
チェックしておいたんだ。

そっと楽屋口から出ようとすると
アレキサンダーがついて来た。
こいつ、ココのところ
よく僕の後をついて来るんだよな。

彼にはちょっと悪かったが
「アレックス、ちょっと買い物をしに
行ってくるから、みんなの演奏を
聴いておいてくれ。」

と言って
僕は表通りに出た。

買い物は一人じゃないと…ね。




街は…人で賑わっていた。

歩いて5分ほどの所にある
名店街のようなモールに入り、
ずっと買いたかった
ロモノーソフの器を大急ぎで選んだ。

そして日本への土産を
あれこれ物色し、
最後にこれまたロシアで
絶対に買いたかった
キャビアの専門店に入った。

世界の3大珍味
キャビアはいうまでもなく
チョウザメの卵で、
粒の大きさや品質で値段も大きく違う。
ベリョーガという最高品質のものは
ビックリするほど高価だったけれど、
マネージャーもなしで
一週間頑張った自分へのご褒美に
「エイッ」と…
買った。

この街に
次またいつ来るか分からないし…

両手一杯に
ロシアの恵みをぶら下げて
足早に会場に戻る。
うーん。大漁だ!



ホールが見えてきて…
楽屋口の前でタキシード姿の
アレキサンダーが激しく両手を振っている。

直感的に
ヤバイ!
遅刻したかな?
と、
走り出す僕。

100メートルほど走ったところで
左手に持っていた袋が道路標識の
ポールにちょっとぶつかり、
カン…と鳴ったが、
そんなことを気にしている場合じゃない!

そういえば
アレキサンダーは
今日リハーサルからずっと見ていたから、
段取りをちゃんと把握していて、
僕が遅れそうなので
外に出て待っていてくれたんだ!
さぞヤキモキしていたことだろう。
「ごめん!アレックス」

彼に続いて
グランドフィラルモニックホールの
大理石の階段を2段飛ばしで駆け上がる。

ストラヴィンスキーは
遅刻しそうになって
こんなことしただろうか?
絶対にありえないよな。
当然
優雅に、エレガントに
大理石を踏みしめたに
違いない。

曲のイントロが聴こえてきた。
マジやばい!
僕が乗る曲だ。

楽屋ロビーで
委員長のインガが
「コバー、コバー!!!」
と走り回っていた。

P1010110.JPG
2010-04-26 09:53 この記事だけ表示   |  コメント 4
僕のスピーチが終わって…
会場は重い沈黙に包まれた。

僕の英語のスピーチは、
同時にでロシア語に通訳されていたので、
話の内容はほぼ全員に伝わっている筈だった。

実際、
参加バンドの4分の1くらいが
持ち時間をオーバーしていたし、
また3分の1くらいが譜面を見て演奏していた。

スピーチを終えて
ステージ上から彼らを見渡すと…

だまって俯いている者、
ヒソヒソと仲間同士で話している者
…色々だったが、
皆一様に面白く感じていないのは
明白だった。
手痛い指摘をモロに食らって
いい気持ちのはずがない。

他の審査員たちも、苦虫を噛み潰した
ような顔で俯いていた。

とても
長い時間が経ったように感じた。

IMG_1274.JPG

やはり
こんな出すぎた発言をしなければ
よかったのかも知れない。

このコンペティションのために
長い期間苦労して練習し、
ロシア、スカンジナビアはもとより、
ヨーロッパ、アメリカ、アジアの各地から
重い楽器を担いで何時間も旅してきた挙句に、
見ず知らずの日本人から
やれ制限時間だ、譜面を見るなだ
言われたい筈もないだろうから。

しかもこれを企画するために2年も前から
準備をし、政府を口説き、メディアを仕込み、
かくも多くの出場者を集めた主催者に対しても、
時間管理や出場者へのインフォメが
徹底していないことを、暗に愚痴った
ようにも聞こえたことだろう。

審査員の面々にも、
単に美味しいところ取りの
スタンドプレーに写ったかも知れない。

僕は、何年か前に赤坂ブリッツで開催された
ヤマハのエレクトーン世界大会のことを
思い出した。

この時も審査員の依頼をうけ、
最後の講評のときに
「何でもできるエレクトーンから、
これしかできないエレクトーン、これをやったら
誰にも負けないエレクトーンに脱皮するべきだ」
と述べて、大ヒンシュクを買った。

あの時も
同じ審査員だった故宮川泰先生や、
パーカッションの斉藤ノブさん達から
『ヤマハさんの気持ちも分からずに
ちょっと言いすぎ、この青二才くん!』
という感じの顔をされたものだ。

僕は…
いつもこうだ。
人の心を考えない。
だから一言多い。
それで人を傷つける…



強力な
自己嫌悪が襲ってきた。

IMG_1277.JPG




正にその時、


突然、
拍手が聞こえた!

だれ?

音のする方をフッと見上げた僕は、
自分の目を疑った。

「アレキサンダー…」

誰もいないはずの2階席に
牛乳瓶の底のようなメガネの
アレキサンダーと、その横には恐らく
奥さんだろう。
2人で仁王立ちし、
手を一生懸命に叩いている。

それに釣られるかのように
会場のあちこちからも拍手が起こり、
やがてそれは…

信じられないが。

割れんばかりの大拍手となった。

主催委員長のインガ女史も
思いを一杯に込めた目で
握手を求めに来た。

楽屋に戻った僕の背中を
ギオラがポンと叩いた。
すると他の審査員の面々も
次々に僕の肩を叩いたり、
握手をしに来たりした。

フーゴが「ウェルダン」(よくやった)
と言って抱きしめてくれた。

誰もコメントの内容については
口にしなかったが、
彼らの気持ちは…とても
伝わった。


外に出ると
アレキサンダーと
奥さんがいた。

息が白かった。
2010-04-23 14:00 この記事だけ表示   |  コメント 9
2時間後…
僕らは
さんざん議論して、
12組のファイナリストを決定。

今回の参加者がメインホールに集結し、
発表セレモニーが開催された。

P1010013.JPG

主催者から
「結果発表の前に、ぜひ講評を…」と言われて、
審査員が皆一言づつコメントを述べた。

「コンペティションは
音楽をシェアする場所である」
というギオラの名言に感動した。




ただ、
実は…

初日から審査員室で問題になっていた
2つの事柄があった。
僕はこの機会に正式に
皆にきちんと話すべきだと
強く感じていた。


きっと
誰かが発言してくれるだろうと思っていたが、
どうも誰も言いたがらないようだ。
審査員の間でもあれだけ議論になった問題だけに、
まさか皆忘れているはずはない。

まあ、
それでなくても
僕らが選んだ12組以外からは
恨まれるわけだし、
これ以上この場で
嫌われ者になることもない。

そう感じて
皆避けているのだろうか…。

でも、
僕は思った。
『音楽をシェアする』べき場所で
問題点を指摘しないことは、
審査を任された者として
果たして本当に愛のある行動か?

皆のコメントを聞きながら
さんざん悩んだ末に
…僕がコメントする決心をした。
(何故かこういう役回りが多いんだよな…)

でも、
僕が言わずに誰が言う?
だ。


最初に語られた
ギオラのジョーク交じりのコメントが
かなり面白く、ウケていたので、
ちょっとブラックだけど、
マクラはそこを使わせていただいた。

「出場者のみなさん、
僕はギオラのようにジョークで
コメントを始めることは、絶対にしない。
何故か?
それは僕がユダヤ人でなく、
商売とジョークの下手な日本人だから」

会場がドッと沸く。
(一番ウケたのはギオラだ)

何せユダヤ人は商売上手の
ワールドスタンダードだから。
世界中でジョークのターゲットにされるんだ。
(ユダヤ系ロシア人達はそれが故に散々な
迫害に会った…マルクス資本論執筆のキッカケだ)

僕は続けた。
「テレムクロスオーバーで皆さんの音楽を聴き、
僕は多くを学びました。
ハッとし、ショックを受け、恋に落ちました。
ありがとう。

僕の音楽インスピレーションは、
土や植物から来る。
月や太陽から来る。
そして
酒や料理からも来る。

しかし
僕に最もインスピレーションを与えるのは、
人との出逢いです。

ファイナリストに選ばれなかった人は、
疑問と不満をお持ちかもしれない。
しかし、コンペティションはコンピート(張り合う)
場ではないと思う。
ギオラが言うように、このコンペティションで
僕らは音楽をシェアした。
これが嬉しい。

この場を
謙虚に学びを享受し、
シェアする場と定義づけ出来たら、
最高に素敵だと思います。」

…と、ここまではノープレッシャーで
スムーズに出てきたものの、
ここからは少々…重かった。

「さて、皆さんに2つ提案します。

1つ目。
良い友達を作る秘訣は
相手をリスペクトすることですよね。

今回の規則で、演奏時間は
12分以内とありました。
多くのバンドが残念ながら
大幅に時間オーバーしていました。
我々は毎日6時間以上に渡って
皆さんの演奏を聴き続けました。
正直とても辛かったです。

規則を守らず演奏を続けることは、
我々と、この大会をリスペクトしている
ことになりますか?

確かに規則を守ることから
音楽は生まれない。
しかし尊敬は愛を生み、
愛は偉大な音楽を生むのです。

友人をリスペクトするために
ルールは守りたい」

今まで顔を上げて話しを聞いていた
出場バンドとその指導者、関係者達が、
顔を曇らせ、俯くのが見えた。

僕は続けた。

「2つ目です。
譜面台は、ステージ上での
貴方の演奏を、さほど助けません。

先日のcobaライブでは
確かに僕のバンドのメンバーも
譜面を見ながら演奏していました。
しかしそれには理由があります。
彼らは日本に帰って、またすぐに
違うアーティストのサポートを
しなければならない。
cobaの仕事だけではない。
彼らは今夜もどこかで
全く違うアーティストと音楽しているのです。
cobaに彼らを365日養うだけの
度量があればいいのだけれど…
残念ながら…まだ無理。

でも君達のケースは違う。
テレムクロスオーバーを目指して
ずっと練習を重ねてきた君達が、
暗譜を出来ない筈がない。

本番で譜面を見るのは、
音を忘れることが怖いから
ではないですか?
本番は再現の場ではなく
表現の場、創造の場です。
恐れず、挑む場です。

僕は皆さんの美しい演奏姿を
譜面台越しに見たくないです。

以上です。
ご清聴ありがとう」


会場は
重く沈黙した。

P1000847.JPG
2010-04-20 20:29 この記事だけ表示   |  コメント 12