blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
IMG_9758.JPG

大阪サンケイホール無事終了。
たくさんのお客さま
本当にありがとうございました。
押尾君ありがとう。
楽しかった。
またやろう。
2010-12-28 11:26 この記事だけ表示   |  コメント 5
楽屋の中には審査員の面々が押し寄せて、
ギャーギャーと盛り上がっていた。

「みんなどうしたの、何事?」
と僕が入っていくと、
ギオラがキャビアの瓶を
僕にかざしながら

「コバー!今日の釣りは
かなり大漁だったようだなぁ!」
「あっ!それ…」
皆が大笑いする。

テレムカルテットのリーダーが
僕にウィンクした。

もー!
言っちゃったのね。

ロシアのジャズピアニスト、アンドレイが
「コバは本当は皆をハラハラさせるために
自分の出番ギリギリまで
隠れていたんだろー」と。

「違うってば!アンドレイ」

するとギオラが
「私も50年以上音楽家をやっているが、
コンサートの真最中にキャビア釣りに
行ったミュージシャンは、お前が始めてだ!」
またまた皆ドッと沸く。

僕も切り返す。
「いやーそれにしても
バイカルはやっぱり遠かったよ。
途中車も混んだしね」

皆ハラを抱えて笑っている。
(バイカル湖はキャビアのメッカなんだ)

「でも彼が飛ばしてくれて助かったよ。
何とかギリギリ間に合った」


アレキサンダーを指さしながら言うと、
後ろのほうで聞いていた彼は
F1レーサーのようにハンドルを切る
真似をして、皆をさらに沸かせた。

笑い声が歴史を刻むホールに

響いて、

そして

溶けて

いった…


P1000922.JPG





翌朝
出発の日。

ホテル9階のレストランで
最後の朝食をとっていると
ギオラの奥さまとルーカスが来て
僕に言った。

「おはよう、コバ。
ウェブニュースで見たんだけど、
モスクワの地下鉄でテロが起こったらしいの。
40人近くが亡くなったみたい。
いろいろと混乱すると思うので、
今日は皆早めに出発しましょう」

すぐ部屋に戻り
BBCワールドニュースをつけると、
モスクワ地下鉄自爆テロのことを
くり返しやっていた。


ちょっと緊張した面持ちで
僕とギオラ夫妻、ルーカスの4人が
アレキサンダーのバスに乗り込み、
サンクトペテルブルグ空港へと向かう。

彼らはワルシャワ経由なので、
国際線ターミナルでバスを降りた。

ここでお別れだ。

「ギオラ、貴方に出逢えて良かった」
「コバ、君には兄弟の縁を感じる」
「また近々かならず逢いましょう」
「ああ、必ず…」

「コバ!マイボーイ。
ワルシャワで待っているよ」
「ルーカス、また逢おう」

僕らは抱きしめあい、
セーフなフライトを祈願しあった。

彼らが無事国へ帰れますように…
僕らがまたすぐ逢えますように。

P1010054.JPG


アレキサンダーが運転するバスの中には、
彼と奥さん、そして僕の3人だけになった。

僕は国内線でモスクワに飛び、
そこからトランジットで
成田行きに乗らなければならない。
国内線のターミナルまでは
20分ほどの道のりだ。

「アレックス、
いろいろと本当にありがとう」
僕は心からお礼を述べた。

が、彼は返事をせず、
黙って運転を続けている。
何か気に障ったことでも言ったかな。
奥さんは全く英語を話さないし…
ちょっと気まずい空気のまま

景色だけが後ろへ
飛んでいった…


ターミナルに到着し、
2人と別れた。


見えなくなるまで
2人とも
手を振りつづけて
僕を見送ってくれた…

P1010136.JPG





ロビーに入ると
いきなり厳重なセキュリティチェックが
設けられていた。
モスクワテロの影響だろう。

頑固そうな係員が
アコーディオンを指差し、
ロシア語で何かわめき散らしている。

恐らく
「アコーディオンを分解して内部を見せろ」
と言っているのであろう。
今までにも
何度かこういう目に遭ったことがある。

ふー、こりゃ厄介だけれど…
まあ、ゆずるわけにはいかない。

通じないと知りつつも
言ってみる。

「お前は馬鹿か?
これはアコーディオンだ。
ハンドクラフトだ。
恐ろしく高価な芸術品だ。
分解できるわけがないだろ!」


もちろん…
通じていない。

「お前は馬鹿か?」を
「お前はチョー大馬鹿か?」に
しておいたらよかったな…

相手はますますエスカレートしている。
他の係員も集まってきた。
あああ、面倒くさい!



と、
後ろでロシア語が聞こえた。

「あっ、アレキサンダー?」

確かに彼だ。

お前、また…
ついて来たのか!?

牛乳瓶の底のようなメガネで
係員に必死で何か言っている。
しばらく言いあったあげくに、
その係員はちょっとシュンとして、
「行け」と合図した。

訳がわからずきょとんとする僕。
するとアレキサンダーは
僕のスーツケースをグイっと持つと、
僕にも来いという仕草をし、
どんどん先に歩いて行く。

「おい!アレキサンダー大丈夫なのか?」
「OK」
「えっ?」
「OK」
「オーケーって…」

2階のチェックインカウンターに向かって
30キロはある僕のスーツケースを持ち上げ、
階段をどんどん上がる彼。

「おいおい、重いだろ!?」
「OK!アイム、ストロング、マン」
声が擦れている。

その勢いに僕は楽器を背負って
ついて行くのが精一杯だ。
「待ってくれ…アレックス」

そしてそのまま
チェックインカウンターのおばちゃんに
ロシア語で何か盛んに
まくし立てる彼。

どうやら
この人は大切な人だから
絶対に失礼な対応をするな
というようなことを言っているようだ。
おばちゃんも僕の顔をチラチラ見ながら
ホオーって感じで聞いている。

そんなわけで…
アレキサンダーの大活躍で
僕のセキュリティチェックもチェックインも
それはそれはスムーズに運んで。


パスポートコントロールの手前で
本当に別れの時が来た。

「アレックス、お礼の言葉もないよ」
「コバ…
サーシャと…呼んでください」

サーシャはアレキサンダーという名前の愛称で、
ごく親しい家族や友人が使う呼び方だ。

「サーシャ。
友情に感謝する」

分厚いレンズの向こうの彼の目には、
涙が一杯溜まっていた。

「コバ…アナタの
ヒトガラとオンガクは、
ホントに…ホントに…」
と言って
サーシャは涙をグイっと拭いた。

「コバ、
次に、ロシア来たら、
ゼッタイ、電話ほしい」

そして何と
日本語で

「ナカナイデ…」
と言うと、

顔を涙でクシャクシャにしながら
くるっときびすを返し、
大股で去っていった。


先日のライブの時に、
『泣カナイデ』を演奏したとき、
「ナ・カ・ナ・イ・デは、
泣かないでという意味で、
この曲は貴方が悲しい時の応援歌です」
と解説したのを思い出した。



なんてやつだ…
ちゃんと覚えていてくれたんだ。
ありがとうサーシャ。


君のことは忘れない
またすぐに逢おうね
サーシャ

P1000906.JPG





今、自宅の書斎で
スーツケースの中から
タオルや衣類でグルグル巻にされた
キャビアやロモノーソフの磁器を
取り出しながら…


僕はサーシャやギオラのことを思う。

出逢いは、本当に不思議だ。

突然訪れて…いきなり人を虜にする。

僕はこの出逢いを

生涯忘れない。







ロモノーソフのティーポットの包みを開けると…

注ぎ口が

ぽろっと取れて
落ちた。




そんなわけで
僕はまた近々サンクトに
ロモノーソフのティーポットを
買いに行くことに決めた。


今度は絶対に走らないし…


道路標識のポールには
死ぬほど注意する。








2010-05-01 03:30 この記事だけ表示   |  コメント 9
僕はゼーゼーいいながら楽屋に駆け込むと、
買い物袋をドサッとソファに置き!
コートを脱ぎ捨て!
楽器を抱えた!

キャビアのビンが袋から床に落ちて
コロンと転がったが
かまっていられない!

広い楽屋ロビーを全力で走り抜けて…

ステージにゆっくりと登場…するつもりだった。



ステージ上には
テレムカルテットを中心として
優勝した日本のHIDEHIDEや
ラトビアのチェロトリオ、ヤクーツクの
ヴァイオリンアンサンブル、ドイツのピアノトリオ
などなど、総勢30名は乗っていたので、
ドサクサに紛れてそっと
フェイドインするつもりだった
のだけれど…

が、上手から僕が登場すると
お客さんが相当
ざわめいてしまった。

そりゃそうだよ
ごめんー!!!

それでも僕がソロを取る筈だったパートの
16小節前にはテレムカルテット横の定位置に
スタンバって…結果的に演奏には

何とか

奇跡的に

間に合った。

ハアハアゼエゼエと
肩で息をしながら
しかし
笑顔で演奏する僕は、
ロシアの観客に
さぞ奇妙に映ったことだろう。

それにしても
アレキサンダーが外で
待っていてくれてなかったら
絶対間に合わなかった。
もう彼は僕にとって完全に
運転手以上の存在になった。

何とか無事にその曲が終わると、
テレムのリーダーが小声で

「コバ、どうしたんだい?」
「うん、ごめん。ちょっと釣りに行ってた…」

その会話を打ち消すように
オールラストのリベルタンゴが始まり、
僕は「ガオー」

演奏した。

P1000920.JPG



割れんばかりの凄い拍手に見送られて
ステージから楽屋ロビーに戻る。

多くの関係者から
握手やサインを求められた。

アレキサンダーと奥さんも来た。
「アレキサンダー、ありがとう!
君は俺の救い主だ」と言って
僕は彼を抱きしめた。
相変わらずうつむき気味で
地味に喜びを表現している彼。

何やら
奥の方から賑やかな声がすると思ったら、
僕とギオラの楽屋の中で
審査員の皆が盛り上がっている。

ハーバード教授ヴラディミールの
「ガハハハ」という豪快な笑い声に続き、
テレムカルテットの面々もロシア語で
「ハラショー!」と叫んでいる。

見ると…
ギオラが僕の買ってきたキャビアの瓶を
手に持っている。

P1000912.JPG


2010-04-28 19:28 この記事だけ表示   |  コメント 18