blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

これをご覧くださっている皆様へ。

いつも沢山のリアクションありがとう!
僕の言葉を真摯に受け止めて下さって、
御自身の意見をコメントしてくださる皆様の言葉は、
僕の宝物です。
貴方の勇気に感謝します。

僕たちは、残念ながら一人では生きていけない。
社会生活という構造の中に組み込まれて、その大きな
渦に揉まれながら、アップアップ人生という川を
泳いでいかなくてはいけない。
辛いですね。
そこには多くの戦いが待ち受けています。
その戦いを避けてしまうのは容易いけれど、
それではお互いのためにならない。

自分の周りの環境を変えるためには、
自分自身が愛を持って周囲と戦わなければ…。

でも、この戦いは前向きな戦いでなくてはならない。

前向きな戦いからは文化と友情が生まれます。
後ろ向きな戦いからは傷ついた人々と怨念が生まれます。

皆様の言葉で、僕の心がどれだけ勇気付けられることか…
本当にありがとう。
頑張るゾー!!!

さて今朝は6時起き!
眠い目をこすりながらタクシーで
東海テレビのスタジオに到着。
朝の生番組「ぴーかんテレビ」にゲストで出演して
生で一曲演奏。
とてもいい条件で演奏させてくださった
スタッフと出演者の皆様に感謝!

終了するやいなや、タクシーに飛び乗って名古屋駅へ。
この運転手さん、飛ばす飛ばす!
キィッという音と共にスタート。
いあ、気持ち良いほどスイスイ抜きマクる。
その運転の巧いことといったらもう…
大変勉強になりました。

新幹線に飛び乗り、東京へ。
そのままNHK懐かしの414STへ。
4,5年前にパーソナリティーをやっていた
イタリア語会話に、今回はゲストとして出演。
その頃はジローラモやダリオがいたけれど、
今はキャストもスタッフも大きく変わっていてビックリ!

モニカとマッテオが2人でやっている
バール・デレ・クワットロ・キアッケレ
(カタカナで書くとなんかメチャ変やな…)
というコーナーで、おしゃべり。
ほんの数分のコーナーなのに、やたら話が弾んで
40分くらいは話していたかな?



モニカはトレヴィーゾの出身。
僕の母校から、わずか数キロの素敵な街。
あの発泡性ワイン、プロセッコの産地といったら
ああっ!て感じの人もいるのでは?
プロセッコといえば、ずいぶん品質が向上した
ものですね。
僕が留学していた時代には、今のように美味しい
プロセッコは無かったから…。
番組の放送は12月25日クリスマスの深夜教育テレビで。
詳しくはビクターのHPにて。

 さあ、明日は洗足学園の本番だ。
たまりまくりの宿題を早くかたづけなくちゃ!


 

2006-11-22 23:59 この記事だけ表示   |  コメント 9

今日も目の回るような一日。
朝一でFM福岡入りで、生と収録を4,5本立て続けに…。
ラジオは面白い。想像力を喚起するし、させるし、
僕もまたラジオのレギュラーをやりたいな。
自分で企画して…。パリからの生放送みたいなやつ。

博多空港11時過ぎ発で名古屋セントレアに到着。
そのままタクシーで中日新聞社へ。




中日新聞と中日スポーツの合同取材を受ける。
お二人の記者の方々には、7月の豊橋イベントでも
凄くお世話になっていて、超熱い記事をお書きくださった
ことに、まずは感謝を。
新聞社の人々は、何と言うかやはり記者魂みたいなものを
お持ちの方々が多くて、物事に対する興味の持ち方に
迫力を感じることがよくあります。
昔mail cobaでも確か福岡の新聞記者の方のことを
書いたことがあったけれど、時々そういった
気骨のある人に出会うと、嬉しくなったりします。
正直、ライター、インタビュアーの質は、
恐ろしいほどまでに落ち込んでいるのが、日本の
紙メディア業界の現状だと感じます。
原稿を校正させていただいて、ここまで
ヤバい文章しか書く力を持たずに、
よくモノ書きになろうと思ったものだと感じることが
しばしばあります。
音楽フリークなのはいいけれど、原稿依頼を受けるなら、
もう少し国語を勉強してから来いよ!って感じの輩が
やたら多い…などとこうやって書いてしまうと、
また取材の依頼が減ってしまうかもね…。
でも…
そうやってはっきりと自分の意見を述べる気骨を持った
アーティストが、あまりに減ってしまったことも
事実なんだ。
メディアにひれ伏す日本のアーティスト達…
ああ嘆かわしい!
或いは、ばかばかしい!
そんなことだから、この国には面白みのある音楽が
あまりに少ないんだと思う。
インディシーンの方が断然面白かったりしても、
まるでメジャー予備軍みたいに、声が掛かると
すぐにホイホイとメジャーの仲間入り。
ええ加減にせぇよって感じのアーティストが多すぎる。
ちょっとはインディの美学を持てよ!
そうじゃないごく少数のおもろい奴らも、
勿論存在しますけど…。

さて、その後FM愛知、ぴあ、などを終えて
ZIPのマルコの番組へ。
また、ご機嫌に良い奴なんだ、彼は。
やる気と繊細さを持ち合わせた、
ちょっと見栄っ張りな(良い意味でね)
素敵な友人です。

最後は、中京TVの夜番組「D4」の収録で、
なんと、前にmail cobaでも書いて、
多くの皆様からお返事メイルを頂いた
例の名東本通り沿いにある、僕の思い出の
喫茶店「亀」へ。
詳しくは番組とmail cobaでどうぞ。
ホント、値段といいい味といい、あの時のまま!
懐かしかった。



締めは知り合いのフレンチで。
深夜まで美酒と素晴らしいお料理に感動!
名古屋の皆様お世話になりました。

2006-11-21 23:12 この記事だけ表示   |  コメント 10

今日は朝一で福岡に飛んで、空港につくやいなや、
いきなりカメラが回っていて…
「ナイトシャッフル」という情報番組で、
福岡の人気番組なんだそうです。
ゲストをおもてなしするコーナーというのがあり、
そのまま市内の何件かのお店に。
話題の肉まん屋さん、話題のイタリアンなどを経て終了。
で、慌しくKBC入りしてラジオの生放送のゲスト。
パーソナリティの沢田さんたちお二人に加えて、
月曜ゲストパーソナリティのおすぎさんも居られて、
おお盛り上がり。



さてその後が大変!
博多日航ホテルにて、BSiの「田崎亭」という番組の
公開収録。
この番組は、田崎真也さんがゲストとのトークを交えて、
食事とお酒でスペシャルなおもてなしをするというもの。
それぞれに違ったお酒に、スペシャルな3品を
あわせてくださり、大感動!
特に〆の3品目は強力でした。
一見土鍋で蒸炊きにした、ご飯の登場かと思いきや…!
開けて吃驚タマテバコ!!!!!
なるほど王道には王道か…という見事な
フィッティングファンタジーに拍手です。
さすがは田崎さん。
オリジナルの貴重なワインオープナーまで
頂戴してしまいました。感謝!!


詳しく書きたいのは山々なれど、番組の放送前に
書いてしまうと、つまらないでしょ。製作されている
皆様や、田崎さんにも失礼ですし…。
で、それならということで、1品づつにその味の
インスピレーションを音にして演奏のプレゼント。
まあ、お料理のソースに、もうひとつのソースを
掛けて差し上げるような感じですか。
ちょっと相当面白い番組でした。
オンエアは12月9日。
詳しいスケジュールは、ビクターのHPで。

でも、世の中に意味のないことはたくさんあるけれど、
意味のあることもたくさんあるのです。
例えば、きょうおもてなし頂いた2つの番組にしても、
そこに価値を感じなければ、
(あるいは興味を見出せなければ)
おもてなしにも何にもならないわけで、
相手を喜ばせることの難しさというのは、
並大抵のことではありません。

田崎亭での即興演奏にしても、
多分その食材の「何」に「どういう」意味を込めて
その曲が生まれてくるのかは、
誰にも解らない事だと思います。
というより、どう感じて下さってもそれが正しいのです。
テレビ番組の性格上、無理やり演奏の内容を
ちょっと冗談めかして解説したりしてはいますが、
正直かなり愚かなことをしている自分に
ちょっと自己嫌悪…。
エドュケーションやセンスを超えて、
音楽は、解るものでも理解するものでもないし。
感じるか感じないかは、受け手の問題で、
それを選ぶ権利も受け手の皆様にあるわけで…。
解説しちゃうなんて愚の骨頂。
ちょっと本当に自己嫌悪…なボクでした。

何はともあれ、博多でお世話になった皆様、田崎さん、
素晴らしいおもてなし心より楽しませていただきました。
感謝です。(本気)

 

 

2006-11-20 23:56 この記事だけ表示   |  コメント 15