blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

大阪。6時起き。
タクシーでNHK大阪へ。
「ぐるっと関西プラス」に生出演して生演奏。

この番組、相変わらずスタッフワークが素晴らしい!
活気にあふれていて、何せ明るい雰囲気がいつも
漂っているんです。
      
誰とすれ違っても、必ず笑顔でご挨拶。
いわゆるテレビ屋さんのスノッブな
いやらしさみたいな物が一切感じられない。
良いものを作ろうという職人精神に満ち満ちている。
    
プロデューサーの細谷さんがまた出来過ぎくらいに
出来たお人!いや、お世辞ではなく、”人は人を呼ぶ”
ことを実践されている事を毎回実感します。
アンタは偉い!
超前向きに協力下さった、PAと音声スタッフの皆様、
絶妙な司会の小米朝さん、水野さん、今城さん、
本当にありがとうございました。
     

終了後、山根シェフとちょっと相談があって
ポンテヴェッキオ本店へ。
ついでに今日の早起きのご褒美に、
シェフのお任せコースお願いしま〜す!
…ということに。
相変わらずお見事ですねぇ。
いくつか御紹介しましょう。



寒ブリを使用した前菜。香草と芽葱のフリット添え。
口に含むと寒ブリのジューがふぁーっと広がり、
カリッ、サクッ、のフリットの食感が楽しい。

季節の栗、鶉、そしてポルチーニのキターラ。
山根さんのフェットゥチーネやキターラの美味しさは、
日本一なんじゃないかなぁ。美味しさの秘密はね…
ここでは秘密。
どうしてもお知りになりたい方は、
直接お聞きあそばせ。



一流ソムリエでもある植田支配人お勧めの、
デザートワイン2種。
オーストリアのトロッケンベーレンアウスレーゼ
(通称TBA)と、かなり珍しいマコンのシャルドネ
100%のもの。数年に一度しかできないそうで、
勿論市販品ではありません。

ご馳走様でした。
幸せ独り占め!
たまにはこういう事もないと、やってられまへん…。
山根シェフ、また28日の大阪BIG CATで
お目に掛かりましょう!


 

2006-11-25 23:24 この記事だけ表示   |  コメント 2

朝から原稿攻め!
午後は銀座山野楽器さんのホールで、レコ発イベント。
沢山の皆様においで頂き、嬉しいー!
ミョーなトークと演奏で、あっという間の1時間。

銀座はなんと言っても魔法の街。
一本一本の通り、お店に意味を感じる。
僕もお客様も一緒になって銀座の魔法にかかって、
溶けちゃいました…とさ。

そういえば、僕の運命を変えたのも銀座のビアホール。
高校2年生の夏休みにやった初アルバイトが、
松竹制作のミュージカル「若きハイデルベルヒ」。
中村勘三郎さん、大竹しのぶさん主演で、8月に
銀座の日生劇場で一ヶ月の公演。
僕はアコーディオンを弾ける学生の役。
高2の僕は、まだ右も左も分からなくて、
ドキドキしっぱなしだった。

銀座の街の全てが大人っぽくスノッブで、
キラキラ輝いて見えた。
有楽町のガード下で、年上の役者さんに(そりゃそうだ!
最年少だもん)教えてもらった初ホッピーの
それはそれは美味しかった事!

打ち上げは泰明小学校裏のビアホール。
たまたま音楽監督の山本直純先生と
向かい合わせの席になってしまって、
かなりビビったボク。
そこで、思い切って告白!
「あの、僕、アコーディオンを真剣に学びたいん
ですけど、日本の音大にはアコーディオン科がなくて…
あの、それで、日本の音大の作曲科に入って、それで
休学して留学したいと思っているんですけど…」

直純先生は、ジョッキのビールをグイッと飲むと、
突然大声で、「馬鹿もん!日本の作曲科なんかに
入っても、何一つ勉強になんかならんぞ!それより
高校などやめて、今すぐアコーディオンを勉強しに
ヨーロッパに行きなさい。やるなら今だ!」
と怒鳴ったのです。
あまりの迫力とショックで、固まっているボクに、
「本当に君がやりたいのはアコなんだろ。作曲なんて
後からいくらでもついて来るもんだよ」

あの先生のお言葉がなかったら、その後の僕の人生は
恐らく大きく変わっていたことでしょう。

その直純先生も、もう居られません。
天国の先生に乾杯。
僕の人生を変えてくれた銀座に乾杯。

山野楽器のスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

「さ〜て、銀座の街に飲みに行こうかなぁ」
なんて思っていると、チョー厳すぃぃぃマネージャーの声!
「はい、さっさと準備して!これから大阪ですよ。
新幹線あと25分で出ちゃいます!」

何?これから大阪かよぉ!!!?
というわけで、哀れな僕は折角の銀座の余韻を
楽しむ間もなく、新幹線に揺られるのでした…。

2006-11-24 23:46 この記事だけ表示   |  コメント 8

今日は洗足学園で、ウィンドオーケストラとのコンサート。
ウィンドオケのみんな、本当にありがとう。
君たちは素晴らしい。
スッゲーカッコイイ演奏でした。
次は仕事で逢おうぜ!
本当に素敵な出逢いだった。
ありがとう。



リハで、そり返り…



そして、本番でも…



そり返っちゃうオレなのさ!

本番終了後、先生方との打ち上げもほんの10分で
失礼して、日経新聞の取材へ直行。
日経の小林記者は、ミラノに数年滞在しておられた
経験の持ち主で、取材対象への尊敬心と興味の
塊のような人。凄い表現欲の持ち主です。
だって、今日でもう3回目の取材だよ!
計10時間以上も話し続けているわけで、
こうなってくると、もはや仕事というレベルではなく、
人と人とのお付き合いという領域でしょう。
5回にわたって連載していただける記事に
ちょっと期待大!です。
詳しくは、ビクターHPまで。
    

取材の後、久々に僕が最も愛するイタリア料理店、
乃木坂のリングア オチアイの春木支配人と、
柿沼シェフとのミーティング。
(あのぅ…まあ、僕の店なんだけどね…)
    

手前味噌で大変恐縮なのですが、
うちの店はこの1年で、格段に良くなったと思う。
柿沼シェフのインテリジェンスと抜群のセンスと
バランス感覚、若き春木支配人の情熱とガッツ、
それを支える素敵なスタッフたちの力が集結して、
料理とサービスのグレードは、今までになく
良い状態になって来ていると思う。
(店には殆ど顔を出すことが出来ないけれど、
強い確信を持っています。)
   

思えば本当に大変な生みの苦しみを味わった
このお店。
料理業界の非情さをとことん味わい、苦渋を舐めた、
開店当時の4年前…。
   

まさかそんなことが実際に起こりうるのか…という
最悪の事件が、初代シェフによって
実際に引き起こされ、やった本人からは
何の報告も無いまま、翌日朝一番の電話で、
彼が大変な無礼をはたらいてしまった、
お客様の顧問弁護士から、
通告されたときの驚きと、絶望感。
   

当然のことながら、その張本人であるシェフを
解雇せざるを得ない事態に追い込まれたあの時。
それまでのプロモーションと情熱が全て水の泡となり、
僕を頼ってきたそのシェフを信じ、
良かれと思って、全て彼の思い通りに
作ってあげたお店も、その主を失って、
まるで糸の切れた凧のように空をさまようのみ…。
   

音楽の業界ではまず味わうことの無いであろう
非礼と無礼が、世の中に存在するのだという事実を
目の当たりにした時でした。
   

非常識さを
横目で見つめながら、
沈黙を守り続けたことで、僕は忍耐という二文字の
重さと、重大さを学んだ。
それからの僕にとって、今日までの歩みは、
本当に学びの連続でした。
   

でも、信じて頑張れば、
必ず理解して下さる人々が現れる。
それを証明する旅路でもありました。
    

ですから、今のリングア オチアイの御常連になって
下さっている皆様には、大きな感謝と友情を感じます。
「cobaちゃん!絶対にくじけちゃだめだ!
こんなことがまかり通る前例を作って、今cobaちゃんが
やめてしまったら、イタリア料理業界を志す若者たちに
絶対に良い影響を与えない。辛いだろうけどもうちょっと
だけ…頑張れ!」と僕を励まし続けてくださって、
御自身のお名前を貸してくださったベットラの落合シェフ、
御心配をお掛けして、何度も何度もお電話をくださる
井上シェフ、山田シェフ…。
心から感謝します。


この事で失ったものはあまりに大きいけれど、
それにも増して、僕はそれ以上に大きいものを
学ぶことが出来た。
ありがたい…と、本気で思う。
   

…今だから語れる、真実の話です。
一度柿沼君のお料理を体験しに行って見て下さい。
    
感動しますよぉ!!!!!!

2006-11-23 23:51 この記事だけ表示   |  コメント 11