blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

というわけで福岡イムズホールのライブ本番日!
このホールには、幾度となくお世話になってます。

今日も満員のお客様。本当にありがとうございました。



このところちょっとPCの誤作動が続いていて、
充分チェックしたものの、やっぱりラストのgood luck!で
一瞬の音切れが…。
データを入れ替えないとだめかな?

毎回各地で恒例化している、即興曲、
大阪から結構方向性を決定して
演奏に具体的にそれを盛り込むニュアンスになる傾向に。
今回も、事前のトークで、何故か「お通夜」という
お題になってしまい、それで突っ走ろうとした瞬間、
お客様の「パーッと行こう!」の一言で、
「では、パーッとしたお通夜で。」ということに。

抽象的なものを具現化するやり方には
おおよそ数多くの方法がある。
例えば、先日にも述べた、「白トリュフ香」を
音に変換するやり方で、一番解り易いのは、
香りの持つ特質の複数の要素の中から、
最も特徴的なものをひとつ抽出して、まずはその
特徴を最も有効に表現できるフリクエンシーエリアを
直感的に掴むこと。
例えば白トリュフのムアーっとしたニュアンスに
3000hzは合う筈がない。当然150から200hzの帯域で、
しかもアタックを感じさせない音色をチョイス
することになる。
それをアコーディオン1台でやる場合は、
例えば16 feetのレジスターをチョイスして、
多少ベンドというちょっと高度なテクニックを
使うことによって、ベーシックな世界観は獲得できる。
この段階で、8割のオーディアンスは、
ある程度ピーンと来て納得する。

で、あとそれをどこまで雄弁に表現できるかは、
アーティストの持つ才能と、天性の感とひらめき、
エドゥケーションのレベル等によって、
100倍も1000倍もの開きが出てきてしまうもの。

僕は個人的に、この即興演奏というものを
やりだしてから、自分のまわりで起きる
さまざまなこと…例えば自然現象や、人間関係、
人とのカンバセーション、ファッション、建築物…
その他恐ろしく沢山の物事に興味を持ち出したし、
それを無意識のうちに分析し、
その特徴を捕まえるという作業を知らず知らず
やっているようだ。

そんなわけで、車や飛行機で移動中にも、全く
退屈しない。
特に、ちょっと名の知れた3ツ星レストランに
行ったりするともう楽しくてしようがない。
ソムリエ、ギャルソンたちとの会話で、
その店のオーナーの姿がうっすらと見え始め、
食事を全て終え、お会計になった段階で、
その姿は丸裸になったように見えてくるものだ。

これはレストランに限ったことではない。
ホテルに泊まっても、洋服屋に行っても、
スポーツジムに行っても、同じようなことが
起きる。
そんなこんなで、
人がますます好きになる今日この頃…。

そんなわけで「パーッとしたお通夜」は、
僕のアコーディオンで、実に具象的に解りやすく
表現され、お客様にとても喜んでいただき、
熱烈な拍手喝采を頂戴したのでした。
大感謝!


博多の皆さん、熱い声援を心から
ありがとう!
スタッフの皆さん、御協力に感謝!
とてもやりやすかった。

打ち上げは、久々のモツ鍋で。
とても美味しかったです!
ありがたい!!!!!

 
モツ鍋を自信満々に仕切るケーウエストの鍋奉行
Mr Sasaguri (この男、酒が入ると実に頼もしい)

さあ、明日は宮崎。
いったいどんなお題が飛び出してくるやら…
それは、まだ誰も知らないのさ。

2006-12-02 18:13 この記事だけ表示   |  コメント 13

博多の朝は早い…。
午前7時半の大名は、もう通学、通勤の人でいっぱい。
みんな行き先があって歩いているんだよな。
でも何で皆一様にipodでイヤフォンなんだろう?
しかも、ジェネレーションを超えて。
中学生から、背広のお父さんまで
何で同じことをやってるの?
しかも、歩きながら、自転車に乗りながら、バイクでも…
危ないぜ!

朝は本来、目的意識の塊だろ!
どうして音楽をそうやって通勤、通学用アイテム化という
枠に閉じ込めたがるのか…全く僕には理解できない。
音楽はアイテムではない。
心の叫びだよ。

イヤフォンをした瞬間に、コミュニケーションは遮断
されるわけで、「私は音楽を聴いているんです!」
というインフォメーション(自己主張)で
失うものの大きさは、計り知れないと、僕は思う。

僕もipodの愛好者ではあるけれど、イヤフォンをしながら
職場に向かうつもりはない。
そんな時にしか音楽を聴けないほど皆忙しいのかい?

朝のテーマ?リラックスアイテム?癒しアイテム?
押さえておきたいチャートアイテム?
音楽はどんどんそうやって勝手にアイテム化され、
テンポアップしてその本質と実態を失ってゆく。
それにひれ伏すアーティストたち。
それを推進しようとコミットするするメディア達。

いつの間にこんなにつまらない産業に成り下がったんだい?
ダウンロードしづらい25分の楽曲が何故生まれてこない?

これは、自分自身への問いかけでもある!
何故そこまで音楽産業にコミットするのだ?
お金か?それとも乗り遅れることへの畏怖心?
冗談じゃない!
僕は絶対にいやだ。
音楽を聴いて立ち尽くす!

音楽の力は、生きる力。
人生を色濃く染める力。

そんな音楽を僕は創りたい。
そんな音楽家に僕はなりたい。

決してipodが嫌いなわけじゃない。
でも、同じ時間に同じ場所で、一様にイヤフォンを
つけて歩いている、およそ多ゼネレーションの人々を見て、
ゾッとするのは僕だけか!?

2006-12-01 23:58 この記事だけ表示   |  コメント 16

今朝6時までトラックダウン作業。
疲労こんぱいの体にズシンと堪えちゃうんだな、これが!
トラックダウンの途中で「あ、やっぱアコ足そうっと!」
みたいな事がしょっちゅうだし。
まあ、そんなものさ、物づくりなんて…ふっ。

もろもろミーティング&ヤボ用などで都内を駆けずり回り、
夕方の便で博多空港へ。
祇園の鉄なべのお母さんに手厚い御もてなしを頂く。
この方、義の人。
でも、実は宝塚の大ファンでもある!
(この辺がチョーかわいいの)
何も注文していないのにいきなりこんなに
並べてくださいました…一挙に!!!
お母さん、ありがとう!



さて、明日は博多、久々のイムズホール。
とっても楽しみです。
ラテン系どうし、バキバキに盛り上がりましっょぅぅぅ!!

2006-11-30 23:59 この記事だけ表示   |  コメント 9