blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

大分駅で、随分と世話になった鍋奉行に別れを告げる。
やまぐっちゃん、椎原ちゃんも
ありがとう。
次は木次で逢おう!

久々の電車の旅。
小倉で乗り換えて、岡山から新幹線で高松まで。
再び原稿に追いまくられる。



実はライブ後、大分の夜は大変だった。
大分朝日放送T氏のお知り合いが、
別府でとんでもない温泉を持っておられる。
実は大分を訪れる密かな楽しみにも
なっているこの場所。

もともとプールだったのを改造して源泉を引き、
ごく一部の人のみに解放しておられる。
完全な掛け流し露天風呂。
しかも立ったままで入浴する。

山腹にあって、温泉に浸かりながら
見下ろす別府市街は最高だ。
夢の場所…だ。

  
見上げると…冥王星が泣いているのが見えた…
まあ、気を落とすなよ。
星に変わりはないじゃないか。

   

ここ、ちょっと前までは脱衣場に電気もなく、
真っ暗な中で、風呂上りに懐中電灯の明かりのみで、
他のスタッフのパンツを履いちゃったりして…。

夜中にしかお邪魔したことが無いので見たことはないが、
ここのお湯は青色をしているそうで、御主人いわく、
けい砂の成分が硫黄との化学変化で
その独特の色を生み出すのだそう。
とにかくあまり、他人には教えたくない場所のひとつだ。

T氏にかなり無理を言い、もうおやすみになっていた
御主人を起こしてしまい、大変な迷惑をお掛けした
にも関わらず、なんと御主人が行きつけの寿司屋を
予約して下さり、ちゃっかり皆で行くことに。

関さばドーンと満喫!

穴子ドーンと満喫!

今回御主人と初めてゆっくりとお話したけれど、
たいした人だ。

揺るがぬポリシーの持ち主。
僕の大好きなタイプの人物だ。
やはり人は人を呼ぶんだなあ。
T氏の周りには面白そうな人が多そうだ。
本当にお世話になりました。
感謝。

さて、新幹線もぼちぼち高松に近づいてきた。
あああ、早く原稿上げなくちゃぁぁぁ。

明日からは、いよいよ高松、そして高知、松山
怒涛の3連ちゃん!やるぜ!

2006-12-08 23:02 この記事だけ表示   |  コメント 13

九州ツアーの最終地、大分。
早めに会場入りして、幾つかの取材をこなす。
ここは、ちょっとベルギーのブリュッセルでやった、
アルシドックに似ている。



あそこのジャズクラブで初めてやった時、目の前で
ルータバキン氏や、ベルギーのカリスマボーカリスト
アルノー氏が聴いているのを見て、ビビッたボクだった。

ここのクラブは、
日本人で言うならば、ナベサダさん、山下洋輔さん、
渡辺香津美さんなど、多くの名ジャズマン達が
パフォームしてきたクラブ。
親分の大津氏は、ミュージシャンシップを十二分に
心得たベリーナイスガイ。
絶妙な仕切り系のガナリマイクコメントが気持ちいい。
「ここは、オレんち。おめぇらの勝手にはさせねえゼ。」
って感じでカッコよく聞こえてくる。

午後3時サウンドチェック。

今回PCをライブで使ってしまっているので、それ以降
PCのセッティングを変えるわけにいかず、
締め切りぎりぎりの原稿を、サウンドチェック後の
開場タイム直前までステージで書き続ける
ちょっと仕事人のボク。

まあ子供の頃から宿題はいつもギリギリ瀬戸際で妙案!
みたいなところがあったしな。しょうがない…。

開場ギリギリでやっと完成。
読み返すまもなく即送信。ふーっ。ひとつは終了っと。

ライブ。
こういう場所はやたら盛り上がって、好い。
それから良い演奏とダメなときに対する
反応が面白いようにはっきり出る。

ライブ半ば、まさにインプロヴィゼーションを
やり始めようとしたその時、
人ごみをすり抜けて、一番前の席に
座った女性のお客様が…。

きっと仕事か何かよんどころのない事情で
遅れたのだろう。さぞバツの悪い思いをしながらの
入場だったに違いない。

で、即座に今日の即興演奏のテーマは
「彼女の勇気」に決定。

遅刻というのは、どんな理由があろうとも許されないと
よく言われるけれど、僕はそうは思わない。
誰にも必ず経験がある筈。

あの焦燥感…妄想に次ぐ妄想との戦い。
にが〜い唾液を飲み込む、あの感じ。
その段階で、もうその人の罪は充分償われている。

まぁね、そりゃ遅刻はいけないと思う。
自分が遅刻の常習犯だから言うわけではないけれど、
でもね、遅刻したくてする奴はいないのもこれ事実。
だって問題が起きるに決まっているし、バツは悪いし、
特に早朝集合の場合、ちゃんと起きて時間通りに来た人に
申し訳ない。

高校二年の秋、修学旅行から戻った翌日、僕は寝坊して、
ハッと気がつくともう9時だった。
(その頃僕はもう一人で下宿生活をしていたから、
起こしてくれる人もいなかった。)
焦って学校に行くと、当然もう2時間目の途中。
校内はシーンとしている。
  
ソロソロと廊下を歩いている時の気持ちといったら…
で、教室の前に到着。
後ろからそーっと入ろうかなとも思ったけれど、
まあ怒られるのはどうせ同じだから、前のドアから
行っちゃえ…っと思う。
  
ガラガラっと戸を開けると全員の視線…と笑い声。
ところが!何とクラスメイトは半分も来ていない。
半数以上が旅行疲れで欠席!(全くなんて学校だ!)

すると先生が、いきなり「小林君!!!」
縮み上がる僕…。
「そうか。僕の授業を聞く為に、わざわざ
途中からでも来てくれたのか!
ありがとう。まあ座りなさい。」

あまりのことに呆気に取られてすごすごと席に着くボク…。
あれは倫理社会の先生だった。
マークスペンサーの研究をしておられて、
「マークスペンサー論」という本も出しておられた。
その本を授業中に販売し、購入すると自筆でサインを
して下さるという、高校教師としては
おおよそ風変わりな先生だった。

授業内容は、毎回恐ろしく世間離れしていて退屈だったが、
いい先生だった。
ああいう教師が減った…と思う。

そんなことを書いていたら、黒澤監督の「まあだだよ」を
思い出した。ははは。

さて、そんなわけで彼女の勇気をどう表現するか?
とりあえずはリヒャルトシュトラウス翁のお力を
お借りすることに…。
「ツァラトゥストラはかく語りき」の導入部で始める。
キューブリック監督の「200?年宇宙の旅」で
有名になったあの曲だ。
で、混沌を経て、「ぼーっくらはみんな、いーきているー」
という有名なあの曲のテーマに突入。そしてまた混沌。
その中から再び甦る「ぼ〜くらはみ〜ん〜な〜」のフレーズ。
彼女がいなかったらあんな発想は生まれなかったと思う。

このブログを見てくれているかどうか分からないけれど、
とりあえず30年の時を越えて、あの先生が僕にくれた
宝物を、君にも送ろう。

『僕の演奏を聞く為に、わざわざ
途中からでも来てくれたのか!
ありがとう。まあ座れよ。』

ライブは会場の凝縮感もあって、超熱い盛り上がり!
みんな、ありがとう。
楽しかった。
ボランティアとハウススタッフのみんな、
ありがとう。また逢おう。

サル山から一匹連れて帰ります。ごめん。
 

2006-12-07 09:41 この記事だけ表示   |  コメント 11

陶器とは不思議なものだ。
どうしてこんなにも人の心を引き付けるのだろう…

秀吉の朝鮮出兵によってもたらされた恩恵で、
1616年に佐賀県の有田で始まった陶磁器は、
1659年にオランダ東インド会社により、
明朝の政治争いで下火になってしまった景徳鎮に変わって、
長崎出島より、ヨーロッパに向けて猛烈に
輸出されることになる。

その後、景徳鎮も持ち直し、再び輸出競争に
参戦するのだが、この段階で、そもそも大陸の陶工
によってもたらされた技術と様式は、
有田独特の様式美として、すでに変容を遂げ、
大きく開花していた。

つまり景徳鎮の陶工たちは、有田の、
「古伊万里」「柿右衛門」などの様式を、
逆にコピーする羽目になる。
興味深くも皮肉な話だ…。

ヨーロッパ最古のマイセン窯が出来るのが
それから50年も後の1710年だから、
それまでは陶磁器は東洋の独占商品だったわけ。
やるねぇ、有田さん!

 

というわけで、今日は長崎から大分への移動!
当然、有田を素通りするわけには参りませぬ!!!
メンバーと運転手の鍋奉行を拝み倒し、
ちょっとだけ寄り道しちゃいました(だって)。
いやぁ、今年既に2度目ですが、
何度来ても興奮しちゃいますよ!

とりあえず時間も無いので、まずはどうしても見たかった
今右衛門古陶磁美術館へ。
ちょうど開館10周年の特別企画「色鍋島の魅力展」が、
あと4日で終わっちゃうのを知っていたから、
実は九州ツアーの間、ずーっと密かにチャンスを
伺っていたという訳なのさ!

今右衛門さんは、鍋島焼を代表する作家のお一人。
現在14代目です。
カッキー(失礼…柿右衛門さん)も14代目なので、
とても奇遇な感じですね。

鍋島焼の特徴は、柿右衛門や古伊万里と違って、
全く海外とディールしなかったこと。
鍋島藩の強力な庇護の下、16軒の窯があった
赤江町の入り口には、関所が作られて、
その技術の流出を防いだそうな。
100%藩の御用達に使われていたというから、
まあエリート中のエリートっていう感じですか。

ヴェネチアの王様が、昔ムラーノ島にガラス職人たちを
幽閉したのと全く同じ話。
人の欲望は恐ろしい!

もうひとつ、僕が今回密かに、たとえ15分でもいいから
有田に寄りたかった理由は、前回来た時に2個購入した、
ちょっとモダンな超淡ーい青磁の器を
ひとつ割っちゃって、どうしても同じものを
買いたかったんだな、これが。

で、その店に行って見ると、「本日定休日」の看板!
何故〜!?
ウィンドウ越しに、その器が見えているのにぃぃぃ…
泣きべそを掻きながら有田を去る…超さみしいボク…

なんでぇぇぇぇぇぇぇぇぇ
大分のホテルで、宿題をやりながらヤケ酒さね。

 

2006-12-06 23:38 この記事だけ表示   |  コメント 16