blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

松山は大好きな街。

でも…
さすがに移動続きの3連ちゃんはちょっと堪えて、
みんなちょっとグロッキー気味。

午後一で南海放送のAM番組にゲスト出演。
ボケた頭で、かなり冴えないトークに自己嫌悪…。
DJ林さん、スタッフの皆さん、すみません。

あわててホール入り。
SCを終えて、ちょっと今日からアンコールの曲目を
変えてみようかな…と。
なにか…その虫の知らせというか…何だろうねえ?
で、軽〜くリハ。
松山のお客様、ノリも愛情もばっちり!
素晴らしい。

即興にも積極的にテーマを頂きまして、
本当にありがとうございました。
しかもそのお題は、何と「坊ちゃん」。

夏目漱石の「坊ちゃん」は、下女の清に
「坊ちゃん」と呼ばれた自分自身の私小説だ。
東京生まれの漱石は、赴任先の
松山の中学で教鞭を取っていた。
ということは、彼から直接教えを受けた生徒さんの
子孫が沢山いるということではないか?
凄い!

僕のイタリアの学校の先輩のお父様が、
ドビュッシーからレッスンを受けたという
話を聞いて、鳥肌が立ったのを思い出す。

また、漱石は無類の食通で、最後に彼の命を
奪ったのも、その過ぎたる食に対する欲望だったらしい。

彼の大好物だった、饅頭茶漬けを思い出しながら
坊ちゃんを演奏した。
饅頭茶漬けは、酒饅頭を熱いご飯の上に乗せて、
それに緑茶をかけて食すというもの。
一見ゾッとしないが、よーく考えると
かなりイケそうな感じもする…。

ともかく、
50歳の若さで、食望で逝ってしまった漱石に
あのソナタを捧ぐ…。

打ち上げは、親友フィリップのアミティエで。
相変わらず、ここは僕の好きなもので一杯だ。
フィリップは最近陶芸に凝っていて、
奇妙な作品のオンパレードが棚を飾る。
何故かこれが心引くものばかりだ。
7,8個買って、東京に送ってもらった。

そのフィリップが今日も僕らのために
腕を揮ってくれた。

1、前菜のスモークサーモン



2、アルザスのフォアグラをオニオンを詰めたスープに浸して

3、エスカルゴのパイ包み
(この段階で全員満腹!ところが…)

4、鱸とキッシュ

5、豚三種の部位の煮込みと手打ちパスタ
(満腹を通り越し、絶望感或いは絶頂感へ…へへへ)

6、フィリップのおばあちゃんレシピのデザートオムレツりんご入り
(合計3日分のカロリー補給!!!!!!)

明日は6時半起きなのに…4時までカルヴァドスを
あおりまくる馬鹿な俺たち!


デューク岡野ちゃん、EBC金子さん、毛利さん、
松田部長、てっちゃん、ありがとうございました。
松乃屋の高田さん、美味しいお酒を
ありがとうございました。

やっぱり松山は最高だ!

2006-12-11 23:59 この記事だけ表示   |  コメント 13

高知はご機嫌な倉庫改造版ライブハウスBAY5 SQUARE!
めちゃくちゃ、やりやすかったです!

箱(劇場)というものは人が作るもの。
箱には人の想いが篭るし、残るもの。
そこに愛情を持つ人がたった一人いるだけで、
その箱は美しく生きる。

ところで、今日の即興テーマは
「やめて高知」(やめて!コーチ)
何故かと言われても…成り行きでこういうことに
なってしまった…んです。

で、とりあえずアタックNO1のテーマ曲(うろ覚え)で
導入。混沌に次ぐ混沌で、もんどりうって何故か
伝説のチャンピオンやヴィーナス誕生のオンパレード。

今日の僕は、何故かハイだった。
まぁ、こういう日もあるさ。
ゴリゴリにやり倒して、客席にまで下りて…。
ちょっと何時もとは違ったライブになりました…とさ。

高知は人をハイにする?
盛り上がってくれたお客様、
本当にありがとうございました。
またお逢いしましょう!

さあ、このまま松山まで移動。
明日はいよいよ四国ラストの松山Vivit Hallです。
やるぜー!

2006-12-10 23:45 この記事だけ表示   |  コメント 10

皆さんコメントありがとう。
ホント、勉強になります。

オレの乗ったあの高松行きの電車は、
新幹線ではなかったのか?
そういえば、ギリギリで飛び乗ったのに、
2席しかない個室のような感じの所に居座って
車掌さんに何も言われなかったもんなぁ。

そんなこんなで高松に到着。
FM高松で生番組に出演。

高松に来たらやはりうどんでございます。
早速ホテルの近くで一発目。
とても美味しゅうございました。

部屋で、原稿の仕上げ。
その後近所のスポーツクラブにて1時間ほど汗を流す。
毎日ライブをやり続けているとどうしても
ベロー(蛇腹)を扱う左手だけが酷使されて、
体の均衡が取れなくなっていく。
あまり筋力を使わない右手、右半身を
少々多めにエクササイズ。

部屋に戻っても、更なる原稿の宿題に加えて
18,19日「DOCOMO中国クリスマスコンサート」の
オーガナイズと、12日の川井郁子さんとのライブの
準備など、宿題だらけ!!!
あぁぁ…

そしていよいよ四国上陸第一発目、
香川の高松オリーブホール。
最高のお客様!本当にありがとうございました。

因みに本日の即興演奏のテーマは勿論…「うどん」
うどんが煉られ、伸ばされ、丁寧に切られて、
茹でられ、人がそれをすすり、のど越しを味わう瞬間の
快感を、波のように形を変えながら繰り返し再現される
テーマによって表現。



あまりののど越しの良さに、
思わず「う〜ど〜ん〜!」を絶唱。
うどん賛歌は突如ブルージーうどんに…。

最後は、突然降りてきた、ホルストの「惑星」に
「う〜ど〜ん〜」の一節を挿入。
何と、罰当たりな!
しかし、讃岐うどんの大いなる世界感と、
「惑星」の壮大さは見事にハマリ、
15分間にもわたった「うどん賛歌」は
無事に幕を閉じたのであった…。

 

 

因みに金のリード賞のトロフィーは、
「う〜ど〜ん〜」と絶唱するこの今年の受賞者を、
一体どういう目で見ていたんだろうか…

うどん王国高松のみなさん、また逢いましょう。
本当にありがとう。

さあ、これから高知に移動!
明日は高知で暴れます…。

2006-12-09 23:36 この記事だけ表示   |  コメント 10