blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

今朝8時までで、ようやくアンダーワールドでの
作業が終了。
お疲れ様。

12時にアポがあって、リングアへ。

とうとうやったぜ!
念願の、
リングアの白子のフリット&白子パスタを食す。
徹夜明けの僕の目には、
スタッフの皆、生き生きとして見える。

 

ロンドンで世話になったバンドMISO SOUPの
面々と共に、短い時間だったけれど、楽しかった。
目的意識の旺盛な奴らは、本当に清々しい。
お互い頑張ろうな。
また一緒にやろう!
彼らのファーストアルバム、凄く好い。
  

宴もタケナワの中、泣く泣く僕だけ抜けて
東京駅へ。
東北新幹線で仙台へ向かう。
新幹線の中でやる筈の宿題、
ひとつも出来ず、マネージャーに
激しく揺すり起こされたら、
僕の乗った新幹線は
もう仙台駅のホームに停車寸前だった。
慌てて荷物を鷲掴みにして
ホームにころげ出る。

明日のNHK「あなたが主役」の公開録画の
サウンドチェックと、MCの打ち合わせ。
多賀城市民会館にて。

仙台フィルの旧友とも再会。
明日のゲストは、つのだ☆ひろさん。

 


去年仙台ジャズフェスの時に、たまたま見つけた
凄い店で、束の間の祝杯。
この店、ご主人が、何とうちの父と同郷の
長野市松代の御出身。
こんな場所で、何と奇遇な!
年齢は違っても、なんと言うか近いDNAを
持ったもの同士、話は盛り上がる。

奥様がまた素敵な人で、
客に適度に厳しいのが
また好い。
こういう関所がないと、
万事クオリティが保たれないものだ。

白子とアンキモに恵まれた一日となった。
御主人の仕事の良さが分かる一枚を、
見せてあげるね!

ついでにもう一枚。

こうなると、やはりこの季節ひれ酒で、乾杯。

   
ハタハタ、キク(鱈の白子)の蒸し焼、同じくポン酢、
などなどなどなど…締めは何と鮟鱇鍋で。
何という贅沢!
御主人、女将さんのお心粋に…感謝。

しかし、宿題は残る…

2007-01-13 23:59 この記事だけ表示   |  コメント 8

山に住む、食の師匠宅へ。
この師匠、お逢いする度、大きくなっている。
世界の何処を探しても見つからない、
ここだけの恵みの数々。


能生の鮭の粕煮


足助産エリンギの昆布締めにすだち、そして山葵の葉。


足助町の鮎


安塚と地元のおばさま達による、見事な豆を
ペコリーノで。

この後は解説すればするほど
嫉妬を買うだけのような気がしてきたので割愛。


これだけは要解説!手前の野生の猪。
猪の概念を変えられた。この猟師さん、
血抜きの天才なのだそうだ。
横に並んだ、ブランドみゆき豚がカスむ。


先日多治見にて購入した例の大江憲一氏の
薬味皿を数枚手土産に持参したところ、
この皿の為に見事な一品をすっと出す鮮やかさ
と、心意気。


マルケ州でしか味わうことのできない手打ちの
フェットゥチーネ。これも勿論御本人の手打ち。
空気抜きが絶妙。マルケ人が打ったと言っても、
恐らく地元の人間も気が付かない。


名オリーブオイル、イブロンと山北町の藻塩で、
手打ち蕎麦。

ただひとつ悲しいことが。
どぶろく造りの名人が、ちょっと問題があって、
今年は仕込めない様子。
人生の楽しみの4分の一を失った感覚に陥る。

代わりに持参した、菊姫無濾過と赤ワインで
師匠と密談。
今年の計を計る…

2007-01-07 23:58 この記事だけ表示   |  コメント 20

愛知芸術文化センターに入り、サウンドチェックと
ランスルーリハーサル。

   

昨日のリハを踏まえて、
それぞれの曲のアレンジ、演奏の
いいところ、悪いところが
露出してくる。

そういうことは、皆それぞれ感じるものだ。
それぞれが、各々反省…そして本番に向けて
各自作戦を練る。

今回の仕事は、
ちょっとしたつまらない事情で、
僕は事務所を通さずに、
個人として全てのマネージメント作業を行った。
(とはいえ、僕の事務所フェブレが、
影で大きくサポートしてくれていたことは
言うまでも無い。)

正直な話、
そういう経験をしてみて良かったと思う。
人というものが、本当に立体的に見えてくる。
こういう稀有な機会を作ってくれた人々に
逆に感謝したい。

    

人とは何と面白く、興味深く、愚かで、哀れで、
単純で…しかし、愛らしい生き物なのだろう。

     

僕は武満先生と、
その周囲の愛すべき友人たちの為に
至らないながらも、
一生懸命アレンジをし、
演奏した。

彼が僕に残して下さったものは、
あまりに大きい。

     

    

友情出演して下さった
谷川俊太郎さんの詩の朗読に、
深く感銘を受けた。
何と無邪気で大きな男だ!
俊太郎さんは…。

    

江戸川橋にある先生のお墓に、
以前は、よく夜中に忍び込んで、
そこで、先生と酒を飲んだこともあった。
(先生、ごめんなさい。こんな悪い後輩で。)

最近は、セキュリティが滅茶苦茶厳しくなって、
先日、また夜中に墓の塀を乗り越えようとしたら、
何か遠くでアラームのようなモノが
鳴り出した気がしたので、
慌てて逃げ帰った。
お寺さん、申し訳ない。
決して悪気は無いんです…。

次の命日の前までには、
必ず、昼間伺います…。

        

スタッフ、共演者、お客様、
そして僕らを結びつけて下さった先生に、
心から感謝。

 

 


 

2007-01-05 23:58 この記事だけ表示   |  コメント 15