blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

パリCDGに到着。
そのまま友人のミシェル宅へ。
彼とはもう10年来の友人だ。
前回のパリライブでも大変世話になった恩人だ。

   

彼はホームページデザインを生業にしてはいるが、
実は素晴らしい芸術家で、アイデアマンだ。
いつも奇想天外なことを言っては、僕らを驚かせる。
そして、何といっても愛の塊のような奴だ。

    

明日から自分の個展のために
ベルリンへ旅立ってしまうというので、
今夜しかチャンスがない。

そんなわけで、深夜の晩餐会となる。

    

アルバム、ライブ共に、
僕の盟友となってくれているフィリップと、
「la strada」のプロモーションビデオを作ってくれた
ヴィンチ君。
男4人が集まった。

新年の幸運と、互いの健康を念じて乾杯。

      

ミシェルは、とにかく料理上手。
お父上の手摘みの凄いセップを料理してくれた。
ありがたい!

 

さあ、明日からは例の大作(クドイ!)の編集作業。
いい加減にこの大作のネタ明かしをさせて頂くと、
昨年のヨーロッパツアーとその後の凱旋ツアーを、
DVD化する予定。
サウンドのトラックダウンは日本で、映像はパリで、
それぞれ作業をしてきたわけ。
明日からは、それをドッキングさせて、更に
映像を緻密に組み上げる作業。

頑張るぞ!

2007-01-17 21:55 この記事だけ表示   |  コメント 17

朝までアンダーワールドで、例の大作のチェック。
まあ往生際が悪いといえばその通り。
しかし、音のクオリティに終着点はない。

 

朝一で成田へ。
車の中で、マネージャー達からパリにいる間の
宿題を、山ほどもらう羽目になった。
トホホホホ…

でも今回は、楽器が無いので、とても楽ちん!
全てパリの家に置いてある楽器で対応できる。

 

ご存知の通り、ここ最近荷物の多い空の旅は
かなり厄介になってしまった。
特に前回のヨーロッパツアー、
ロンドンからの帰りは最悪だった。
僕は殆どのフライト、楽器と一緒に旅をするから、
毎回が戦いの連続。

今までに何度機内への持込みを拒否されて、
楽器を壊されたことか!
自分の楽器が大きなダメージを受けて
ベルトの上を回って来るのを見たときの、
あの悲しさと絶望感は、
味わったものしか解らないと思う。

多分海外での飛行回数は、
2,3百回では到底きかないだろうから、
僕は今までに、おおよそ数え切れないほどの
大変な思いをしてきた。

しかも飛行機会社の弁償額には、ちゃんと
上限が設定されていて、それ以上は絶対に出さない。
勿論お金に変えられるものではないことだが、
一回ダメージを受けたものは、大概にして
二度と元通りにはならない。

  

数年前にある飛行機会社とそのことでモメて、
あまりの不誠実な対応に、文章で抗議したところ、
「では、次回から楽器の為にもう一席、余分にチケットを
御購入下さい」との信じられない返事が返ってきた。

そんなに余裕のある海外コンサートツアーなど、
百回に一回もない。
そんなことを言われたら、大きな楽器を演奏する
若いミュージシャン達は、永遠に海外でコンサートなど
出来ないことになるではないか!!!

しかしこれはどうやら航空法とやらで
決まっていることらしい。

その時も、彼らはそれを盾に、
頑なに破損した楽器の修理代の、
ほんの一部しか払おうとしなかった。

芸術は旅をして成熟するものだ。
海を越える唯一の手段である
航空会社こそが、もっともっとそれを自覚し、
アーティストを助ける手段を
講ずるべきではないのだろうか。

アリタリア787便の機上から、
声を大にして叫びたい。

 

…と言っているうちにあっという間に、
ミラノに到着。
つい2週間前にここに来たばかりなような…

パリ行きへのトランジットの間にアップします!

写真集〜787便のトイレの鏡に写るオレ〜より…

2007-01-16 03:38 この記事だけ表示   |  コメント 28

宮城県多賀城市で、NHK
「あなたが主役」の公録本番。

仙台のホテルを11時に出発。
多賀城市内にある、多賀城跡と、
松尾芭蕉が涙したと言われる、多賀城壷の碑に行く。

 

松尾芭蕉とはどんな人物だったのか。
これの一体何に涙したのか。

平安の頃、朝廷からの命を受け、
蝦夷と呼ばれた異民族成敗の拠点として
築かれたこの城に、
いつの世も変わらぬ
人の支配欲の儚さ、
愚かさを憂いてか、
あるいは、討伐された人々の嘆き苦しみを
一気に受け止めたのか…


何という感受性だろう。
勿論、朝、新幹線に乗って、2時間弱で到着してしまう
時代ではないから、我々の想像を遥かに超えた
苦労の末にたどり着いた多賀城跡ではあったのだろうが。

松尾芭蕉という人に逢ってみたくなった。

 

   

12時半から板踏み。
2時からランスルー。
微調整の後、4時半客入れ、5時開演。
今日の演奏は、久々の「水に映える都」
パーカッションのペッカーさん、ギター伊丹さん
とのトリオ。


仙台駅に向かう帰りのタクシーの運転手さんに
無理を言い、やまやで、地元の濁り酒3本
(明日、パリの友人たちに届ける土産用)
を購入する。


ついでに購入したシャンパーニュ2本を、
ジャンボタクシーの中で抜き、いきなり酒盛り開始。
アンリ・ジローのセカンドに氷を入れて、
プラスティックコップで飲むという、
至極無礼な行為に及ぶ…。

仙台駅に到着するも、列車待ちの間、
ホームでヴーヴのポンサルダンを抜き、
同じ状況で飲みまくる。

 

楽天の野村監督も同じ列車待ちを
されておられたようで、周囲の迷惑も
顧みず、つまらないギャグで盛り上がり続ける
無礼なラテン系ミュージシャン3人を、
じろっと睨みつけておられた。
監督、喧しくて申し訳ございませんでした。


あまりに能天気!ダメダメ…な俺たち 

さあ、パッキング。
昨日ようやく完成させた大作の音源を持って、
明日からはパリで、いきなり仕事開始。
行ってきます。

2007-01-14 23:58 この記事だけ表示   |  コメント 11