blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
金沢に行く。

先日御逝去されたY氏に
お目に掛かりに、お宅まで伺う。

金沢駅に到着するやいなや、
奥様が素晴らしいプレゼントを
用意して下さっていた。


僕が彼に舌の手ほどきを受けた
思い出の場所のひとつ、
野々市の寿司屋を
予約しておいて下さり、

ご主人の温かいお心遣い、
今年の素晴らしく強い菊理媛で

Y氏を偲びながら献杯をさせていただく。

その後ご自宅にお邪魔し、
お参りさせていただいた。
素晴らしい人だった…


僕はどうしても彼のお骨が御自宅に
あるうちにお目にかかりに行きたくて、

新潟での東京交響楽団定演の後
金沢に来るべく、
ちょっと無理して
翌日をオフッておいたのだ。


折角なので、何人かとお目に掛かり
そして再び東京へと向かう。

読売新聞「ヨリモ」の取材を受ける。
実に個性的な記者、大野氏は、
相変わらずの個性的な語り口で
インタビューを続ける。
何とも素敵に面白い人物なのだ。

夜は、31日のライブのこと、
考え続ける。

うーんどうしたものか…


まあ、
風のように過ぎていったここ
数日間だった。
2007-05-23 09:32 この記事だけ表示   |  コメント 12

勝沼の丸藤ワイナリーで、ライブ。

ワイン樽の並ぶ蔵の中をその日だけかたずけて、
毎年開催されているこの通称蔵コン。

今回が記念すべき20回目ということで、
光栄にもお招きいただいた。

初めて出演したのがちょうど12年前。
第8回の時だから、その時とは
彼らの造るワインの
クオリティや規模も数段変わっていて、
改めて感激する。

1987年のデザートワイン、シャリオドール
(金の馬車という意味だそうだ。)
をコンサート20周年記念として、お客様全員に
贈呈して下さった。

しかもラベルは、今回のコンサートの
タイトル入り。
そうと知っていたら
「天災は忘れた頃にやってくる」
などというきわどいタイトルなど
つけなかったのに…

すみません…

日本のワインも
確実に変わりつつあるのだという事を、
感じて、丸藤酒造の皆様に心から
感謝と敬意を表した一日となりました。
先代の大村社長、そして現大村社長御夫妻、
お嬢様と御子息達…


明治に始まった勝沼ワインの歴史は
今、静かに熟成を続けている。


演奏曲目?

勿論、「20年目のシャリオドール」

丸藤の赤ワインの総称ルバイアートと、
お母さん譲りの見事な馬のモツ煮の愛称の
素晴らしさを謳いあげた
「ルバイアートとモツ煮」

更に、プティヴェルドーを35%も使った
かなり個性的なセパージュの
「ドメーヌ・ルバイアート」
ブーケも味もとても個性的だ。
(因みに残りはカベルネとメルローがほぼ同等)


などなど、ステージで
テイスティングをしながら
その味を直感で表現してみる。

楽しかった。

 

 

2007-04-16 22:26 この記事だけ表示   |  コメント 22

大磯のレストランvento marinoで、
fm横浜の「星降る夜のリストランテ」
という番組の収録。

 

 パーソナリティの深澤里奈さんとのトークで
2週分に渡って録音をした。


vento marinoは、大磯駅前にある、明治時代に
建築された富豪のお屋敷を改造して
レストランにした、素敵なイタリア料理店だ。

赤と黒の内装がシックで好い。

話は、イタリアから音楽から料理、
ワインまで広がって、楽しかった。

しかも、実際にお料理を味見しながらの
贅沢なコーナーもあって♪〜

 

窓の外の八重桜が何とも見事。


大磯は面白そうなお店が沢山並ぶ街。
ゆっくり来て見たいな。

 

 

2007-04-14 23:57 この記事だけ表示   |  コメント 8