blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ロンドンの北にある
フィッシュマーケットスタジオで
レコーディングセッション。

lphotoreco3.jpg

先日インプロギグに付き合ってくれた
チェリストのベン率いる
バスキアストリングスの5人に加えて、
今イギリスで最も売れているドラマー
の一人セバスチャン。
彼はポーラベアを始め、14個もの
バンドでプレイしているそうだ。
そんなにやって、よくも集中力とファンタジーが
ついてくるものだと感心する。

lphotoreco15.jpg

さあ、いよいよ
ヒースローまでの機内でアレンジした
「紙」が「音」に変わる瞬間だ。

…とはいえ、なかなかそう簡単には
思い通りの音にはなってくれないから、
辛抱強く何度もミュージシャンに
説明を繰り返す必要がある。
諦めてしまった方の負けだから。

しかしただ単に何度もやれば
良いわけでもない。
少しでも良いテイクを引き出すために
温度感とタイミングを知らなくてはいけない。
神経を集中させて微妙なせめぎあいが続く。

lphotoreco19.jpg

「自分のアルバムだ…とことんやらなければ」
という呪文のような言葉が頭の中で鳴り続ける。

海外のミュージシャンとのセッションでは、
2時間もすると絵に描いたように
「お腹が空いた」とか「疲れた」とか
「飽きた」という文句がタラタラ始まる。

エンジニアがちょっとドジだったりすると、
その不満が一気に噴出することもしばしばだ。
どうやらミュージシャンという生き物は
そうやって演奏と同じくらいの不満を
撒き散らしながら生きているらしい。
まあ、僕が良い例だ。


そうこうするうちに
曲がその全貌を見せ始める。
かなりコンセプチュアルな2曲だ。
うん、うまくいっている。

皆もどんどん理解してくれている。
良いミュージシャンは、
一度分かりはじめると急激に演奏が光りだす。

そして、時間切れぎりぎりで
素晴らしいテイクが生まれる…

「うん、これだ!これをもらうよ。」


魔都市で

紙は音となり、そして音は
さらに次の次元へと向う。

lphoto1.jpg
2008-06-29 15:19 この記事だけ表示   |  コメント 5
ロンドン滞在5日目。

lphoto18.jpg

毎日が飛ぶように過ぎ去る。
それにしてもこの街は…
恐ろしく矛盾だらけだ。

いや、東京やニューヨーク、
パリや北京が良いとか悪いとか、
ましてや人間が在るべくして在る場所は…
というような話ではない。

ただ…こういう状態のことを
人間的ダイナミズム溢れた…などと
評して本当に正しいのだろうか?

価値感に恐ろしく振り幅のありすぎる
人間たちが街を共有するときに
生じる矛盾は深刻極まりない。

繁華街、地下鉄、路地裏、郊外、
道路、レストラン、メディア…
その歪みは街のありとあらゆる
場面に溢れ、こぼれ出る。

アメリカが抱える矛盾は、
まだフロンティアスピリッツの
名のもとに中和しているようにも見える。
もしくは、アメリカ国民総ビギナー的な
安易なヨーロッパ風解釈の中でも…。

しかし、植民地化した側とされた側とが
こんな小さな島に同居する無理は、歴然だろう。
民族的支配を受けた者の子孫が抱く
怨念にも似た感覚は、我々には到底
理解できないけれど、文化、経済の
ありとあらゆる場面においてリベンジを
果たそうとするDNAを否定できない筈だとは思う。

現にこの街がかくも荒れてしまっている由縁の
一旦が、理不尽な歴史を舐めた者の怨念と、
それを甘受せずに、あくまで正当性、優等性を
主張する愚か者たち、しいてはそれを
傍観しながらも虎視眈々と自己証明を
図ろうとする者たちの三つ巴にあると感ずるのは
僕だけか?

ロイヤルファミリーと聞いて
思わず失笑してしまう自分は
…もうロンドンの毒牙に犯されたようだ。

イゴとコンプレックスの坩堝!
ロンドンは魔都となった。

P.S. もちろん愛もあるけどね…。

lphoto22.jpg
2008-06-28 09:39 この記事だけ表示   |  コメント 8
昨夜のギグはダルストンにあるoto cafeにて。
このあたりはアーティストも多数住む
結構トレンドな地域なのだそうだ。
メインストリートから一本入った
とても落ち着く場所だった。

lphoto2.jpg

メンバーは僕を含め4人。

lphoto7.jpg

チェロのベンは今話題の
バスキアストリングスのリーダー。
昨年のマーキュリーアワードにも
ノミネイトされてイギリスで人気急上昇中。

フルート、サックスのフィンも
BBCのベストジャズプレイヤー賞に輝く新進気鋭。

それに4月に東京でも一緒にやった
コンピュータのYEE-King。
彼はワープレコードから
自身のアルバムもリリースしている。

ツワモノたちの完全インプロヴィゼーションの
演奏を聴こうと会場は新しいもの好きの
お客様でムセかえるよう。

バキバキな40分間の1曲目と意味深な30分間の2曲目。
ショートブレイクを挟んでの後半もバリバリやり倒す。
いやあ楽しかった。

ここのところ曲書きでメッチャ煮詰まっていた
フラストをここぞとばかり
一気に発散させていただきました。

lphoto14.jpg

うーん、楽しかった!
お客様、関係各位の皆様に心より感謝です。
みんな、またやろうね。
2008-06-26 04:16 この記事だけ表示   |  コメント 6