blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
高知文化プラザカルポートでのコンサート無事終了。
高知のお客さまの熱いこと!
すごい熱気と盛り上がり方だった。
フライドプライドと日野皓正さん、タップのカズ、
パーカッションの八尋くんともにすごい盛り上がり。
楽しかった。
高知の元気なお客様に感謝。

IMG_8292.JPG

IMG_7991.JPG

終了後、わざわざ愛媛の内子から来てくださった
松乃屋のご主人と女将と共に
ひろめ市場で、カツオのタタキざんまい。
行ってみてハッとする。
ここは以前FMの公開番組で訪れて、
ライブ前に生演奏もして、さらに帰りがけに
骨董品屋で染付けの江戸末蕎麦猪口を購入した場所。
染付けの猪口は、コーヒーを飲むには最高なのだ!

絶品カツオタタキとドロメ(生シラス)
鱧と四万十のアオサノリ。
相当美味かった。

明日は香川に移動して、またまた弾ける。


2011-06-02 02:16 この記事だけ表示   |  コメント 7
南相馬の町はひっそりとしているが、
コンビニやスーパー、飲食店など少しづつ
開店している所もある。
でも、外を歩く人の姿は
ほとんど見当たらない。

4年前に子供たちの夢を乗せて輝いていた
「ゆめはっと」は、冷たい雨に濡れていた。
この会館は現在
自衛隊の方々の支援基地になっている。

見ると、お世話になった会館スタッフ数人が
わざわざ外で待っていてくれる。

事務所に案内され、
事務局長の渡部さんに
ベローズラヴァーズ連続チャリティの
義援金の中から『南相馬のために』
と書いた50万円の封筒を支援金として
お渡しする。


彼の話を聞きながら、
何ともいたたまれなくなる。

「この町は地震、津波、原発事故、
それに風評被害の四重苦なのです。
物資もなかなか入って来ず、
人も近寄りたがらない。
避難所のお年寄りの中には、家があっても
もう戻りたくない。ここにいれば食事も出るし、
人もいるから、もうこのままでいい。
と、動きたがらない人も少なくありません。
それは…もう地獄です。」

ドクターの話していた通りだった。
僕は頬を伝う涙を拭くことすら
忘れた。

悲しかった。


世の中に
こんなことがあっていいのか。

人は楽しみを持たなければ
生きていかれるものではない。

夢や希望のない人生なんて
人生ではない。

ただ
死ぬことを待つ生活なんて
絶対にあってはならない。
それなのに…



ゆめはっとのスタッフの皆さんの車に先導してもらい、
最初に原町第二中学校の避難所へ。

校舎の脇に小さな小屋が作られ、
薪を燃やす煙が立っている。
ボランティアの方々が入浴サービスを
行なっているようだ。

誰も近寄りたがらないこの場所で
ボランティアを買って出る
彼らの勇気に
頭が下がる。

が、
校舎内に入って
愕然とする。

各教室に寝泊りしている人々には、
まったく生気がない。

震災で家も何もかも奪われて、
原発事故で身動きすらとれず、
生きる希望をなくしてしまっている人々が
そこにいた。

僕は
この人たちに
自分の音楽が一体何の意味を持つのか
分からなくなった。
頭がひどく混乱した。


ともかく
お食事の前に
小さなライブをさせていただくことにして、
準備を始める。

ゆめはっとのスタッフの面々もかいがいしく
マイクやアンプをセッティングしてくれている。

そういえば、4年前のコンサートの時、
いつも通り
僕はPAにそれは厳しく注文をつけ、
完璧な音作りをするために、念入りなサウンドチェックを
何時間もかけてやったものだ。
そんなことが脳裏を駆け巡る。

あの時に
今日のこの日を想像することは
全く出来なかった。

育ててもらおうと持ってきた
プチマーガレットも、バジルの苗も、
不安そうに
震えているかのように見えた。

インフォメーションのアナウンスが響く。

少しづつゆっくりと
人々が集まる。

最初に
おしどりが芸を始める。
その間にも、
おひとり、またおひとりとゆっくり階段を降りて
見物に来る人々。
そのお一人おひとりに
「こんにちは。
おしどりという吉本の夫婦漫才が始めています。
ホントに面白いんです。
是非見てください」
と声をかける。

少しづつ笑い声が漏れ始める。
頑張れ!ふたりとも。
せっかくここに来ることに
したんじゃないか。
たくさん笑いの種を蒔いてくれ。

彼らの魔法で
少しづつ人々に感情が戻っていく。
まるで強く縛られた腕に
血液が循環していくように。


僕も
4年前にジュニアオーケストラと共演した
アグアモネグロスなど演奏し、
そして、小学校の修学旅行で訪れた
会津民謡の会津磐梯山を即興でやった。

すると、
ずっと伏し目がちだった前列のおばあさんが
小さな声で歌いだした。

嬉しかった。

最後に『上を向いて歩こう〜みんな一緒編』を
おしどりと共に合唱した。
一緒に唄ってくれる人、俯いたままの人、
色々だった。

僕の混乱した頭は、
本当にここの避難所の皆さまが
これで喜んでくださったのかどうか
よく分からないままだった…
そして、
ミニライブは終了。

ベローズラヴァーズ連続チャリティで
皆さんに書いていただいたメッセージを
壁に掲示してもらう。

持参した花の鉢を飾る。

帰っていく人々に挨拶をする。

握手をすると、
言葉が生まれる。

「さようなら」

「ありがとう…」

「2ヶ月ぶりに唄ったわ」

短い言葉の中に
凝縮された
『気持ち』が浮かび上がる。

イナズマが走ったように
はっと気づく。


この人たちに
生気が無いんじゃ
ない。


あふれる気持ちを
痛いほどに押し殺して
いるのだ。

どうしようもない現実の前に
ただひっそりと
ひっそりと
息を殺して
我慢しているのだ。

この旅が終われば
僕らには帰る家があり、
家族や友がいる。

でも
ここの人々は…


彼らを
そのままにしておいては
いけない。

同じ日本人の友として

断じて
いけないのだ。


本当は皆さんと
もっとゆっくりとお話をしたかったが、
これからお食事の時間だったし、
次の避難所に向かう時間が来てしまったので、
後ろ髪を引かれる思いで中学校を後に。

僕は心の中で
「また、必ずお目に掛かりに戻ってきます」
と強く誓う。


次に伺った石神小学校の避難所では、
体育館にダンボールの敷居を作って
皆さん一緒に生活している。

入り口で靴を脱ぎ、
上履きを用意してこなかったスタッフが
スリッパを探すが、見当たらない。

ふと見ると
入り口の黒板に、
『必要なもの』として
スリッパ(来客用)、チリトリ、自転車の空気入れ、
食器洗いの洗剤…と書かれている。

やはり、
ここ南相馬の避難所の環境は、
今朝までの避難所とは、格段に違って
悪い。

さまざまな掲示物の中に、食事メニューがあった。
おにぎり、ヨーグルト、バナナ…

数日前からようやく温かい食事が
提供されるようになったという話を聞く。

他の場所では多数やってくる
有名シェフたちの炊き出しも、
ここ南相馬までは届かない。


ミニライブの準備を始める。

「俺、トラックの運転やってるんですけどぉ」と、
後ろから声を掛けられる。

「cobaさんの音楽好きでぇ、
CDいっぱい持ってたんだけど、
みぃんな流されました」


「くっ!」
自分の中で…
また何かが押し潰される。

ホントにもう…
何ということだ。
やりきれない
オレ。


ミニライブで
彼のためにと、
ソロでは一度も弾いたことのない
saraなど…
演奏する。


ライブ後、
この避難所では一軒一軒お訪ねし、
ゆっくりとお話させていただくことができた。

話を聞くたび
いろいろなことが見えてきて、
その度、胸が潰される思い。

先週まで別な県に避難していたが、
いじめられ、ここに戻ってきたという人。

家族ごとに分かれたダンボールの敷居の中、
一人分の毛布を囲っている所も多い。
身内が全員津波で流されて、
ひとりだけ残されたという人たちだ。

さっきのトラック運転手の男性もその一人だった。
会社もトラックも流されたけれど、
これから唯一残された伯母さまと
二人で頑張るのだそうだ。

子供たちが全員他県に避難してしまっているので、
大人しかいないはずのこの避難所。
その中で唯一、
幼い女の子とおじいさまの
ふたりだけの家族がいた。
その女の子はとても人なつっこく、
おしどりとも友達になってくれた。
おじいさまも話し好きで、
いろいろと話して聞かせてくれた。

お話を伺ったものの…悲しすぎて、
とてもここには
書けない。






僕らのこの小さな旅は、
ひとまず
ここで終わりだ。


でも
この話を最後まで読んで下さったあなたは、
知った者としての責任を渡されたひとりだ。

同じ人間として生まれ、
同じ時代を共有する
まだ見ぬ仲間たちが、
こんな思いを味わっている。


僕たちは、
この現実から目をそむけてはイケナイ。
この現実に無関心ではイケナイ。

無理をせずに
自分に出来ることを
少しだけやろう。

それを
細く、長く続けよう。
積極的にサポートする勇気を持とう。


今夜も
僕らと同じ月を
東北の友人たちは
見上げている。




おやすみなさい。
いい夢を。
また、
すぐ逢おう。






2011-05-17 04:08 この記事だけ表示   |  コメント 13
11日午後3時すぎ、山元町を出発。
宮城県から福島県に入る。
空模様はちょっと怪しい。
ポツポツと雨も降り出した。

実は
おしどりのケンちゃん、マコちゃんとは、今回
南相馬に行くことについて
少々意見の相違があった。

そもそも僕がチャリティで皆さまから預かった
義援金を直接現地に手渡ししたいと決めたのは、
大きな組織を通して送る義援金の実際に届く先や、
タームがなかなか見えてこないこと。
しかし実際に被災して苦しんでいる方々にとって、
今すぐにでもお金や物資が必要なはず。
実際に避難所生活を強いられている方々、
ついこの間までは僕らと同じく、
普通の生活をしていた方々にお会いしてお話を伺いたい。
その上で支援金としてすぐに生かしてもらえる形で
渡したいという理由。

南相馬の会館、『ゆめはっと』は、今から4年前に
地元の子供たちが作るジュニアオーケストラと
一緒にコンサートを開催させていただいた場所。
南相馬で医療ボランティアを行なった知り合いの
ドクターの話を聞き、他の地域とのあまりの違い、
格差が生じているという現実を知った。

その先生いわく、
原発の30キロ圏内に位置するこの町は、
放射能汚染の風評被害が大きく、ボランティアの人々も
なかなか行こうとせず、物資を運ぶ車も行きたがらない。
避難所の人々には何の罪もないのに、
そこは不自由なまま、ただ時間だけが過ぎていく場所。
ご老人と話をすると、自分たちはもう老い先短いのだから、
この土地で死ぬのを待っているのだとおっしゃる。


僕はこの話を聞き、もういてもたってもいられなくなった。
今行かなければ、僕は一生後悔することになる。
実際に自分が行って、
この町に入っても大丈夫だと皆に言いたい。

この旅の一番の目的は、
南相馬に行くこと。
そして皆さんと会い、話をし、
音楽と笑いとお金を届けたい。
正直、それに尽きた。


おしどりの二人は実に勉強熱心で、
東電の記者会見に通いつめ、
実際にメディアにあまり流されない
放射能の詳細な情報も持っていた。

一番最初にマコちゃんに電話した時、
東北の被災地に行くことにはすぐに賛同してくれたが、
南相馬にだけは、どうしても行けないということだった。
もちろん彼ら夫婦はまだまだ若く、これから子供だって
産まなくてはならないから、無理強いするつもりは
全くなかった。

そんなわけで、
昨日の夜まで最終日は
別々に行動することにしていた。
僕は南相馬へ向かい、
彼らは新幹線で郡山へと
向かう予定だった。

しかし…
七ヶ浜公民館の避難所でのライブが終わり、
宿に向かう車の中でマコちゃんがぽつりと言った。

「私たち南相馬へ行きます。連れて行ってください」

「え?おい、そんなこと言っていいのかい?」と僕。

「だって私たち、もうチームじゃないですか」

ケンちゃんも
「明日僕らだけ別な場所に行くなんて考えられません」

なんというやつらだ。
嬉しかった。

「泣かせやがって…ばかやろう」

それ以上言葉が続かなかった。



そんなわけで、
僕らは一緒に
南相馬へ向かうことになった。


相馬市に入ると、バイパスは突然渋滞し始め、
ついには全く動かなくなった。
ふと見ると、右に自衛隊のヘリコプターが2機。
スタッフが調べると、ネット情報で
『天皇皇后両陛下、相馬市ご訪問』とある。
いきなりの渋滞はこれの影響か。
少々複雑な心境になるが、まもなく渋滞も解消。
両陛下のご訪問で、多くの人々が力と希望を
得ることだろう。

更に南下を続け、いよいよ相馬を抜け、
われわれの車は南相馬に入る。
道を走る車の量も今までに比べて
グッと減った気がする。

やはり
南相馬は死んだ町なのか…
先ほどからの嫌な雨も
相変わらず降りつづく。
2011-05-16 12:35 この記事だけ表示   |  コメント 1