blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

さて、再びブリュッセルミディ駅からユーロスターで
ロンドンウォータールーに到着。
相変わらずロンドンの入国はうるさくて、
ウォークパーミット(短期就業許可証)について
10分以上に渡ってあれこれ意地悪な質問攻め。
いやあ、毎度のことながら…めげる。

会場のSPITZはイーストエンドにある、
オールドスピタルフィールドマーケットという
古い巨大な市場の一角をモダンに改造した
いかにも現代のロンドン風ライブハウスで、
一階がギャラリーとレストラン、バーになっていて、
2階がキャパ約250のライブ会場。

今回はロンドンにあるネットワークを
フルに使って、ブッキングからプロモまで全部仕切った、
完全な僕の手打ち公演なので、とても心配。
前回11年前に地元のプロモーターに頼んで
500のキャパでお客さん30人という悲惨な状況を
経験しているだけに、(まあでもそのお陰で
ビョークにも逢えたんだけど…)

前売り情報も全く知らされないまま会場入りして、
真っ先に前売りの状況を質問すると、
何と!SPITZが持っている前売り予約の100枚は
全部完売で、しかも毎日20件を超えるお問い合わせで、
スタッフはかなりてんてこ舞いしているとのこと!
信じられましぇ〜ん!!!
これもひとえに友情を持って僕のライブを
一生懸命支えてくれた
素敵な仲間たちのお陰です!
本当にありがとう。
そして、とても大きく露出してくださった
雑誌、ジャーニーさん、UKジャックさん、
本当にありがとうございました。
みんなもロンドンに行ったらジャーニーと
UKジャックを読もう!
ロンドンの最新情報が載ってるよ!!!

フライヤーにOPEN7:00p.m.となっていたので、
6:00頃からもう行列ができ初めて、7:00には
2階のエントランスから地下のトイレまで
長蛇の列。ホント、ウソみたい!

ところが、ここでちょっとした問題発生!
予めSPITZのスタッフの方々との打ち合わせで、
通常ロンドンのライブハウスでの
OPEN7:00の意味は、早めにオープンをして
ドリンクなどを売りながら、
大体8:30か9:00くらいから
オープニングアクトが始まり、メインアクトは
早くても9:30〜10:00からというのが常識とのことで、
そのように告知を打ったわけだけれど、
6:00頃から待っていた人たちは、7:00ちょっきり
からcobaのライブが始まると思っていたらしく、
クレームが続出!

出演者用のトイレはないから、トイレに行くには
どうしてもその行列しまくりの階段を通るしかなく、
並んでいる人々から口々に、
”coba!もっと早く演奏してよ!”と言われ続け、
”はい、交渉してみます”とお答えするものの、
オープニングをやってくれるバンド
「Miso-Soup」の皆の都合もあるし…
後で聞いた話では、結局ホールに全員入りきれずに、
お引取り願った方々も多数居られたそうで…
嬉しい悲鳴…とはいえ、ホント、ごめんなさい。

そんなこんなで、ちょっと困りながらも
いよいよオープニングのMiso-Soupが登場!
彼らは全員ロンドン在住の日本人による
ユニットで、ポップとアブストラクトな要素を
両方持った、とてもクールなインストバンドです。
12月に日本でライブもありますから、
是非ロンドンの風を感じたい人は行ってみて!
http://www.miso-soup.co.uk/
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=13014

そして、とうとう僕らの出番が!
凄い拍手と口笛で迎えてくれるオーディエンス。
嫌がおうにもやる気になっちゃうぜ。
ヨーロッパツアーの締めくくりのライブだけに、
演奏もかなり白熱!
ゴリゴリにパワーで押しまくる!
でもこっちのパワーに圧倒されることなく、
絶叫で答えてくれる超満員のオーディエンス達!

ホント、すごい盛り上がり!
ライブが終わっても、アンコールの嵐で
ステージから降りることを許してもらえない感じ。
何て熱い奴らなんだ!!!って、僕らもチョー感動。
もう何曲アンコールをやったのか憶えていない程です。

本当に忘れがたいライブになりました。
スタッフのsakieちゃん、yuhiクンはじめMISOの
素敵なメンバーのみんな、本当にありがとう。
また、すぐに逢おう!

2006-10-25 21:32 この記事だけ表示   |  コメント 11

そんなわけで、タリスの中で爆睡し、
あっという間にブリュッセルミディ駅に到着。
会場のL'Archiducというジャズクラブとは、
もう10年来のお付き合い。
何かパリでの出来事が全て修羅場だっただけに、
ベルギーに来てちょっとホッとした感じも…
そんなわけで…
まずは、ベルギービールと鴨のコンフィで乾杯!
ウィィっと…

ライブもいたくファミリーな雰囲気で、
とてもくつろいだ空間でした。
でもこのクラブ、実はブリュッセルでも老舗。
2階席もかなり奥まであって、お客様は130名
も入っていたんだって。そのわりにはホント!
アットホームなライブでした。

終了後はお決まりのムール貝ザンス!!!!
ごめんね、僕らだけ…
さあ、明日はいよいよロンドン!
本気だすぞぉぉぉ!!!

2006-10-23 23:56 この記事だけ表示   |  コメント 6

10月19日、20日、21日と3連チャンのパリライブ!
怒濤のような3日間でした。
19日は僕の友人の企画で殆どプライベートなコンサート。
たまたま、そこで知り合ったモデル兼
ボディーパフォーマーのYannickと意気投合し、
ホーミーをやるというので、
「じゃあ、セッションしない?」と、突然のパプニング。
「とりあえず君から始めて。」
というと彼はおもむろに神妙な顔つきになり、
ものすごい低音で唸りだしました。
「こりゃいい!」
って感じで10分程の壮大なインプロセッションが炸裂。
その声があまりに素晴らしいので、
翌々日のTRIPTYQUEにも
急遽ゲスト参加してもらうことにしました。

ライブで一頻り汗をかいた後、みんなで食事。
このミニライブをオーガナイズしてくれた僕の友人、
ミシェルのお父様がわざわざ
”cobaのために”
と仰って、山で摘んで来てくださった旬のセップ茸の
あまりの美味しさに、みな失神寸前!
このお店のシェフ、オリビエが作る
ブダン(血のソーセージ)や、牛頬の煮込みは、
とてもクラシックな庶民派フレンチ。
美味しかった!!

翌20日はOPUS! CAFEというライブハウスの
ブラジリアンナイトにゲスト出演。
サウンドチェックがかなり短くて、大丈夫かな?と
思っていたら、案の定‥‥
本番のPAはハウスもモニターもボロボロ!
モニターのあまりのひどさに、ステージから
モニタースピーカーを蹴り落として、
客席に跳び下りて、その中に入っての大乱闘!
PAの奴はビビッていつの間にか逃げ出す始末。
でも、パリのお客さんたちはなぜか大喜びで、馬鹿ウケ!
4曲をやり終え、拍手が鳴り止まず、
アンコールの嵐の中、翌日のインフォメのみをして、
とっとと会場を出る。
冗談じゃないよ!ド素人のPAオペレーターで
アンコールなんかできるわけない!

そして、いよいよ翌日、本番のTRIPTYQUE。

エンジニアは僕の盟友フィリップ。
メンバーは勿論ずっと一緒に旅をしている
ギター天野清継、パーカッション仙道さおり。
ゲストには、以前からの友人で
素晴らしいアラビックシンガーのアミナと、
一昨日出会ったYannick。
不安材料は一切なし!

会場の表には、昨日のOPUS! CAFEでの噂も手伝ってか、
200人以上のパリジャンたちが
行列を作って、開場を待っていてくれている。

昨日のうっぷんを晴らすべく、
これでもか!って感じでバキバキにやりまくり!!
超満員のお客様たちも、
とっても楽しんでくれました。

ところがライブ後のキャブアレンジが
全く為されていなかったり、(土曜のこの時間に、
パリのクラブの殆どがひしめき合うこの場所で、
タクシーを呼んだり捕まえたりするることは、ほぼ神業!)
とにかくヤバヤバのプロモーターで、
「とりあえず朝まで飲むか!」ということになり、
ほぼそのまま翌日の公演地、ベルギーブリュッセル行きの
タリスに乗り込んだような感じ。
朝方、やっとキャブを捕まえて、
荷物を取りに寄ったバスティーユのホテルのフロントマン、
ラシッドが、「いやあ、昨夜のライブ凄かったよ!
オレあんな凄い音楽聴いたの初めてだ!
もしこれがオレのホテルだったら、
全部無料にしてあげるんだけど、悪いな。」と涙目で
Billを出してきたので、
「その言葉だけで、僕らは大満足さ!」
と、近い再会を約束して北駅へ。
さあブリュッセル、そしてロンドンが俺たちを待っている!

2006-10-21 21:13 この記事だけ表示   |  コメント 4