公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/1/15(日)
新潟市音楽文化会館 (新潟県)
[一般発売]
2016/11/5(土)10:00〜

2017/1/21(土)
日本橋三井ホール (東京都)
[一般発売]
2016/10/8(土)10:00〜

2017/2/8(水)
BIGCAT (大阪府)
[一般発売]
2016/10/8(土)10:00〜

2017/2/10(金)
広島クラブクアトロ (広島県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/2/17(金)
高知市文化プラザ かるぽーと 小ホール (高知県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/2/18(土)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/2/19(日)
W studio RED (愛媛県)
[一般発売]
2016/10/15(土)10:00〜

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[先着先行]
2016/11/7(月)12:00〜〜
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜
演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
シャンソン界の巨星、石井好子さんのお別れ会が
帝国ホテルで開かれた。
僕がイタリア留学から帰り、
まだほとんど仕事がなかった時代に、
石井さんと出逢い、リサイタルで伴奏をさせていただいた。
それがご縁で、パリ祭をはじめ
多くのシャンソン歌手の方々のコンサートのお手伝いを
させていただくきっかけとなった。

僕は石井さんの歌うシャンソンが本当に好きだった。
姿勢良く、堂々とステージ中央で歌う姿は
女神のようだった。
彼女の伴奏をするときは、いつも少年のように
心が震えた。

6月の青山円形劇場の「音波少年」のとき、
開演前に流していたのも石井さんの最新アルバムだった。

僕らの仲間、読売新聞社の大野記者や
歌手の渡辺真知子さんたちも巨星が逝ったショックと
その重みに打ちひしがれていた。

白い花を祭壇に捧げて、
ご冥福をお祈りし、
若い自分を引き上げてくださったことに
心からお礼をした。

まぶたを閉じると
今もはっきり「モン デュー」
ああ我が神よ!と唄う彼女の姿が
浮かんでくる。

石井好子さんよ、永遠に。



2010-09-01 04:03 この記事だけ表示   |  コメント 1
筑紫哲也さんが亡くなった。
残念だ。

最初にニュース23でお世話になり、
その後芝居やライブなどでも
ちょくちょくお目にかかった。

氏が長年学長を勤められた
大分の自由の森大学の講座にも
お招きいただき、2日間ご一緒させていただいた。

渡辺えりさんとの芝居「風回廊」も
ちゃんと見に来てくださった。

どんなにお忙しくとも
気を吐いているアーティスト達の
ライブや演劇、エキジビジョンなどには
必ず顔を出す人だった。

九州男児らしい男気と
生真面目さと気楽さが同居した
日本人には珍しい
紳士であられた。

大分の自由の森大学の時
無理やりせがんで
日田にある骨董品屋さんに
連れて行っていただき、
ちょっととても手の出ない価格の
代物ばかりでまごついてしまった僕に
ご自身が購入された
5枚のまめ皿のうちの
1枚を下さった。
江戸後期の色物で、
恐らく貴族用の代物だ。

お礼に僕の持っている
染付けのまめ皿をお送りしたが、
これが筑紫さんの
形見になってしまった。
僕の宝物だ。

日本の未来を憂い続け、
しかし人を信じ、愛を信じ続けた
ジェントルマンを
僕らは忘れない。

もっと長生きしてほしかった。
残念でしかたがない。

合掌
2008-11-09 05:36 この記事だけ表示   |  コメント 5
また悲報が届いた。

KICX0107 henkou.JPG

僕のイタリア留学のきっかけを
作ってくださった、
元アコーディオンジャーナルの編集長
金子万久氏がお亡くなりになった。

16歳の時に初めて谷口楽器で氏にお逢いして、
様々な国のアコーディオンの情報を頂戴した。

「そうだ!イタリアはどうですか?
 まだ誰も留学したことがないし、お持ちの
 楽器もイタリア製なんだから。」

イタリア人の演奏家
ペッピーノ・プリンチッペ氏の
レコードを聴きながら、
氏は熱く僕に語ったものだ…

僕の運命を決めたもう一人の恩人だ。

飄々としたお人柄で、最後の夜まで
お弟子さんたちと酒宴を催し、
安らかに長い眠りにつかれたそうだ。

お酒が大好きだった彼らしい。

日本のアコーディオン史を語る
貴重な星が、また一つ…消えた。

僕がアコーディオンのイメージや価値観を
変えようと決心した15歳の時…

大きな心を持った
彼の強い後押しがあった。

僕が海外のコンクールで勝つたびに、
彼はジャーナルの表紙でそれを
大きく扱ってくれた。

感謝してもし切れない方だった。
心から御冥福をお祈りします。

KICX0099 henkou.JPG

たった今、パリの友人ラシッドから、
「息子が生まれたよ!」
という、写真が5枚も添付された
メイルが届いた。

それでも

世界中で
命は、脈々と
受け継がれて行く。

KICX0069 henkou.JPG

僕も自分に与えられた使命を
まっとうしよう。

天国からの彼の大きな後押しを
もらいながら…

ロンドンの夜は今日も寒い。

KICX0121 henkou.JPG
2007-07-14 10:31 この記事だけ表示   |  コメント 14