blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

映画「フランシスコの2人の息子」の
オープニングトークショーを行う。

この映画は、ブラジルで大ブレイクした
某兄弟デュオの実話だそうだ。

自分の息子たちが音楽家として
成功してくれることを夢見た
フランシスコは、家畜を売り、
そのお金で街の古道具屋にあった
アコーディオンを買って、
息子に与える。


どこかで聞いたような話だ…。
(うちの父は家畜こそ持っていなかったが)


ストレートな映画だ。

 

ひとつの夢は語り継がれ、より大きな夢となり、
やがて一人歩きし始める。
そうなるともう誰にも止められない。

膨らみ続けた夢は、いつの間にか
それとはちょっと違った形の
現実を生み出す。

夢は人や物を吸引する力を持っている。

欲望を夢と呼ぶべきか…
或いは愛と…


でも皮肉なことに、目の前に出現した筈の現実は、
実は現実ではなかったりもする…。

2007-03-18 04:46 この記事だけ表示   |  コメント 13

片岡鶴太郎さんの三越個展レセプションに
出席させていただく。

NHKの番組のご縁で、先日の僕の祝賀パーティーにも
御出席いただき、素晴らしいお人柄にふれ、
今回もお招きいただき、
初めて生で作品を拝見した。


水彩から、染め、陶器にいたるまで
実に多彩で、どれも鶴太郎さんのお人柄が
色濃く投影されていた。


お時間の無い中、毎年新作を作り続けて
もう今年で12年目になるそうだ。

全国各地に「片岡鶴太郎美術館」があることを知り、
陶器好きの僕としては、伊万里や山中温泉などは、
ライブの際などにあれこれ言い訳をして、
時々魯山人の作品などなど拝見しに
度々足を伸ばしている一帯なので、
次回はきっと美術館を
拝見させていただこうと思う。

 


その後事務所スタッフと落合シェフの所に
先日のお礼に伺う。

久々のベットラは、相変わらず人で満杯だ。

シェフがずっと厨房の外に居られるので、
一体何事か!と思い、お尋ねすると
名古屋店のオープニングのために、
そのスタッフに敢えて全部やらせているんだそうだ。
しかし、中と外を両方見渡し、
気の付かない若いスタッフには、
ビシッと厳しい。
見ていて実に小気味良い。
…というと大変失礼だが、
僕も多分同じようにするだろうと思う。
それは、結局彼らのためだ。

あの方も生涯現役を貫くであろう
達人なのだ…と大きな勇気をいただく。

人は人を呼ぶ。

2007-03-10 23:51 この記事だけ表示   |  コメント 13

大駱駝艦の村松君演出による
「どぶ」を見に行く。
三茶のシアタートラムにて。

地獄に落ちるのか、はたまたこの世に生れ落ちるのか。
「堕ちる」、或いは「誕生」を連想させる
オープニングから引き込まれた。

舞踏というと、とかくダークなイメージが
付いてまわるものだが、
彼らの舞踏には、いつも風刺とユーモアがある。

人の内的要因を表現するかの如く登場する
板切れにしがみつく様は、あたかも煩悩の虜となった
我々自身を見せられているようで、
痛かった。

食の師匠の仰る、「自宅の冷蔵庫はいつも空っぽに」
というお言葉が頭をよぎる。


舞踏にはちょっとうるさい
友人のスブリームが、隣の席でえらく感激している。
何でも彼女は去年一年ブディズムを徹底的に
学んだそうで、その思想が
この舞台に表れているという。

とにかく多くを感じ取ったようだ。

僕は個人的にどうしても
あれを更に作為的でない
音楽でやってみたらどうなるのだろう、
自分ならこれに一体何を寄り添わせるのだろう…
などと考えながら見てしまう。
音楽家の性。

 


その後滑り込みでリングアへ。
パリと東京のことで、スブリームと
ちょっと色々と深刻な話になってしまい、
先日のパーティーで、店をお休みにしてまで
わざわざ駆けつけてくれた、
愛すべき6人のスタッフ達に礼を言うのを
すっかり忘れてしまった。

みんな、ごめん。
実際パーティーでの彼らの活躍ぶりは
凄まじかったそうだ。
厨房チームは、イタリア留学の経験を生かして、
そちら関係の受付をばっちり固めてくれたり、
お客様のサポート、誘導、ご説明などなど、
大変助かった。

諸々感じることの多い一日。
僕も色々と刺激を受けて、
創作作業に没頭。
朝の9時までは憶えているが、あとはもう…

ソファでハッと気づくと、もうお昼だ。
やばい!

 

 

2007-03-09 16:19 この記事だけ表示   |  コメント 12