blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
私は都内で小さな割烹を営むものです。

専門学校を卒業して上京し、
18歳の時から浅草の料亭で
修行をはじめ、その後、築地、赤坂と
修行を続け、最後に勤めたお店の
親方の許しを得て、今の店を出すことに
なりました。
丁度4年ほど前のことになります。

日々お客様に喜んでいただくことが
私の喜びです。
魚は、築地のお店の時に
仲良くさせていただいておりました
魚屋さんからいただいております。
山菜やきのこ類、旬の野菜は、
やはり前のお店で修行中に
懇意にさせて頂いた方から
いただいております。

私が一人で店をやろうと思いましたのは、
私自身の性分もありまして、
何事も人任せにできない性質と申しましょうか、
修行中から、色々と周囲の先輩後輩の
皆さんの仕事ぶりを拝見するにつけ、
独立した暁には自分ひとりだけで
全部を切り盛りできるお店を
やりたいという気持ちが募ってまいりました。

そのためには6名様までがギリギリの限度です。
それ以上に人数が増えてしまうと、
必ず見落としが出てきてしまって、
御満足いただけないお客様が生まれます。

自分に嘘をつかない仕事をする為にも
それ以上のお客様はお断りさせていただいております。

開店のために銀行からお金をお借りしました。
お陰さまでうちの両親はまだ達者で
田舎暮らしをしておりますので、
親父がその保証人になってくれました。

10年の返済計画を立て、毎月30万円ほどづつ
返済しております。
最初の1年は、まるでお客様の来られない
日が何日も続いたりいたしまして、
不安にもなりましたが、
少しずつお知り合いがまたその
お知り合いを御紹介くださって、
何とか今日まで店を守ることが
できております。

料理に合わせたお飲み物も
休みの日を使って、全国あちこちの
酒蔵に出向いていろいろと試しながら
最近は初期の頃とは少々違った品も
お出しできるようにもなりました。


料理の技や知識では決してお客様の心を
捕まえることができないことは
重々心得ているつもりです。

ですが、それを持とうとしない
不勉強な料理人が世の中に如何に多いか
を思う時、やはり知識と技を精一杯
磨くことの大切さを
感じずにはいられないのも事実です。

私のお出しする料理に
大変感動してくださるお客様もおられれば、
少々難しいお顔をされるお客様もおられます。

様々なお客様のお陰さまで、
私は自分の技を磨くことが出来ますし、
それぞれのお得意様の好みを知ることも
出来るのです。

御来店くださるお客様全員の舌を喜ばせる
店を営むことは今の私には到底無理だと思いますが、
私の味を理解し、感じて下さる方に
お喜びいただける店にしていかれたらと
思います。

私のまだまだ未熟な料理ではありますが、
それを喜んでくださる方々のために
私は包丁に魂を込めたいと思います。
2007-06-22 20:35 この記事だけ表示   |  コメント 19
東京のとある下町に、
カウンター6席ばかりの
小さな割烹がある。

店の造りは合理的で、
カウンターの白木も気持ちよく、
さっと見渡せる厨房は清潔で、
実に清々しく気持ちの良い店だ。

しかも、たった一人で店を切り盛りする
ここの若旦那は恐ろしく勉強家で、
魚の旬などは勿論、野菜、肉類から
西洋料理の知識に至るまで、
およそ和の職人とは思えない程の
凄い知識の持ち主だ。

以前、アスパラソヴァージュと
山に自生するアスパラの原種の違い
に関して数時間議論して
結局結論が出ず、
僕はそんなことをすっかり忘れて
数ヵ月後にまたその店を訪れてみると、
彼はそのことを
しっかり調べており、
まるで研究発表でも
するがごとくに熱く語るのだった。

その負けず嫌いな執念と
食に対する探究心に
驚いたものだ。


酒も自身が選んだ数種類のみしか
置かず、しかもそのどれもが
普通一般には聞かない
マニアックなものばかりだ。

仕事の仕方もきびきびとして、
しかし、ごく丁寧だ。

会計も、実に明朗。
所謂お席料のようなものは一切無く、
きっぱりとしている。


…と、ここまで聞くと、一体どんなに
好い店なのだろうと感じるはずだ。、


しかし、この店にはひとつだけ
問題がある。

というより、致命傷だ。



例えば、ある白身のお造りを頼む。

こだわって仕入れをし、
それを食べごろになるぎりぎりまで
寝かし、アミノ酸が最高に引き出された
状態で包丁を入れているはずのその魚…

ちっとも美味しくない。
旨みも乏しければ、食感もよろしくない。

あるいは包丁の入れすぎか?
しかし、それだけではなさそうだ。

そして酒。
「その魚にはこれが最も合うので…」
というその店主お勧めの酒は、
どれを飲んでも
からっきし美味くない。

何度かトライして何とか長所を
探り当てようとするが、無理。
美味しくないものは美味しくない。
しかも彼が主張するのとは裏腹に、
それらの酒は、魚には全く合わない。

いったいどういう舌をもって臨んだら、
あれを美味しいと感じることが出来るのか。
少なくとも僕には理解できない。

たった2,3回で食を判断することを
許さないのが自説の僕だから、
その後何回か通ってみたが
やはり印象は全く変わらない。
最近流石にちょっとご無沙汰だが

無事に今も営業し、
繁盛していることを
心から祈る。



世界アコーディオンコンクールの
審査員をやっていた頃、
自作の、恐ろしく難解で、
超絶技巧を駆使した作品を
自由曲として演奏した
旧ユーゴスラビアの出場者がいた。


物凄いテクニックで、
汗をいっぱいに掻きながら
演奏するのだが、演奏も曲も
まったく魅力が無い。
好くない。

申し訳ないけれど、
どういう人生体験をすると
こういう感性を持つに至るのかをすら
検証してみたくなる程に
それは僕にとって魅力のない
音楽とパフォーマンスだった。

僕は両方のケースで万が一にも
実名が割れてしまうような書き方は
していないつもりだし、
ましてや、批判をするつもりも
資格もない。

そういうお店や音楽に感じる人々も
少なからずいる筈。
人間は多様だからこそ面白いし、
意味がある。
2007-06-19 18:52 この記事だけ表示   |  コメント 31
ちょっと気晴らしに(なんちゃって)
上野の西洋美術館へ。
パルマ展、見事です。

時代背景からして、聖書を題材にしたもの、
いわゆる宗教画が大半を占める。
同時にそれ以前のギリシャ神話などに
題材を得た作品にも目を奪われる。

実は、7月のイタリア文化会館での
コンサートで投影し、音をつける
作品の選択を、実物を見ながら
その作品の目の前で決定したいと思って、
雨の上野まで出向いた。

人が信じるもの、
信じようとしたもの、
信じさせられたもの、
信じることで見出されたインスピレーション、
与えられたもの…
与えられたように見えるもの。


守護聖人たちを描いた作品も
数多く展示されている。

本当に印象的な作品群に時を忘れる。

守護聖人…
奇跡。
権力闘争。

多すぎるキーワードに
音の扉を開く鍵は?
2007-06-16 04:21 この記事だけ表示   |  コメント 20