blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
人と人との
素敵な出会いから
素敵なお恵みを頂戴する。

IMG_0515.JPG

四国からの見事な鱸。
達人は2週間熟成させながら
その味を刻々と
変化させていくという。

IMG_0521.JPG

人の心意気と、
魂のこもった人生に
感謝。


今日はパルテノン多摩で、
ちょっと面白い企画の
ライブだ。

30人のクラリネット達人のために
昨年作曲した「英雄の嘆き」も
3部で演奏される予定。

2部で僕のステージにもクラリネットの
スペシャルゲストが登場する。
お楽しみに。
2007-07-21 07:19 この記事だけ表示   |  コメント 12
イタリア文化会館のアニェッリホールで
パルマ展に協賛したコンサートを
開催させていただいた。

今回上野西洋美術館への展示のために
日本に運ばれた数百点の中から
あらかじめ約10点あまりを厳選して、
ホールバックのホリゾントいっぱいに
投影しながら、曲と共にそれを鑑賞して
いただく企画だ。

KICX0476.JPG

パルミジャニーノ、コレッジョ、スケドーニなどの
ルネサンスの名画と、400年を隔てた僕の音楽との
コラボレーション。

KICX0463.JPG

あえて全部僕のオリジナル曲と、
インプロヴィゼーションで
行なった。

ある音と共にビジュアルを見る時、
そこに描かれたもの以上のものが
見えてくることがある。

若しくはその絵画から想像し得なかった、
ある重大な事実が暴露されたりする。

映画やテレビなど映像音楽を数多く
手がけてきた自分にとって、大変に
興味深い試みだった。

美術作品の解釈は、鑑賞する個人に
委ねられたものであり、学者や評論家、
ましてや風評などに揺らぐものではない。

その意味でこのライブは、
音楽家がビジュアルの監督も
努めることになる。

ある意味僕のような人間にとっては
とてもやり甲斐のあるライブだった。

KICX0496.JPG

パルマを統治していたファルネーゼ家の
人々に大きな興味を持った僕は、
パルマルネッサンスのひとつの特徴
ともいえる、人間の表情や感情の表現。

即ち、ひとつの運命に遭遇する
被写体たちの表す微妙な表情…

恐らく人として見せたであろう
恐怖や不安感、皮肉さや怒り。

画家達が施したある意味の嘘や脚色の結果、
その肖像画からはあまり見えてこない、
美しさの向こう側にある
もう少し生々しいものを見せたかった。

或いは、その人物のその後辿るであろう
運命の香りを、うっすらと感じさせたかった。

ご存知の通り、絵画には嘘がある。
それが故に価値がある。

音楽が加わることで、それがさらに
もうひとつ深みを増すことが出来るなら、
この試みは、少しの価値を持つものだと
思う。

今後も続けて行きたい試みのひとつ
と感じる。

お力添えいただいた、お客様、
イタリア文化会館様、そして
読売新聞の馬立さん、大野さんはじめ
スタッフ関係者の皆様に,
そして共演者のパネ君に
心から感謝を申し上げます。

KICX0526.JPG
2007-07-19 09:13 この記事だけ表示   |  コメント 18
ピアニストの舘野泉さんとおめにかかる。
大変柔和で、人を引きつける魅力的な
目をお持ちだ。

昨年から舘野さんに左手のための
ピアノ曲を書かせていただくお話が
進んでおり、その打ち合わせのために
彼がフィンランドに旅立つ前に
お互いのスケジュールを無理に調整して
お目にかかることができた。

どんな曲を書こう!
期限は来春。
また楽しい悩みがひとつ。

左手のためのピアノ曲が世界に
かくも沢山存在することを知る。
驚いた。

素晴らしい先輩との出逢いに感謝。


2007-06-28 23:59 この記事だけ表示   |  コメント 17