blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ホテルヨーロッパ[mail coba '03年 3月]
超多忙なキャンペーンが終了した。
長野、新潟、仙台、名古屋、
金沢、京都、大阪、神戸、福岡、長崎…
各地の素敵な人々に出会うこととなった。

それにしてもインターネットの威力は凄くて、
如何に多くの人々がmail cobaを
丁寧にお読み下さっているかを
実感させられたのも今回の旅の成果の一つだった。

と同時に常々僕が言っている「文化は地方に在り」を
あらためて実感した旅でもあった。
本当に日本の文化は多彩だ。

キャンペーン期間というのはまた、
アルバムの手ごたえをひしひしと感じる時期でもある。
発売からのここ一月あまりで僕のニューアルバム
「運命のレシピ」に対して
おおよそさまざまな御感想を頂戴した。
本当に素敵にありがたいことだ。
僕の私小説を自分へのメッセージとして
受け取って下さって
本当にありがとう。

さて、長崎のキャンペーン終わりで
僕はまた姿をくらますことにした。
先日テレビ番組で出会った、
あるシェフにお逢いするためだった。
そのシェフとは、長崎市から約1時間半、
あのハウステンボス内にある
ホテルヨーロッパの総料理長、上柿元シェフだ。

昨年の確か11月、NHKの新・男の食彩という番組の
スペシャル版で、生放送があった。
企画色豊かな番組で、イタリアン、フレンチ、中華、和食の
4人のシェフ達が、自分達の生まれ故郷の食材を使用して、
テーマに沿った料理を番組放送時間内に
作り上げるというものだった。

どの料理人の方々も、
半端でなく才と経験にあふれた超一級品で、
それぞれ日本の代表選手達だった。
そんな凄腕のシェフの方々の真剣な仕事を目の当たりにし、
ゲストとしてお招き戴いた我々は
その有り難さに感激し通しだった。

中でも上柿元シェフの仕事は、
僕の感性にぴったりとハマった。
食材の声を聴き、どこまでも貪欲に人を喜ばせようとする
その徹底した仕事ぶりには、「あっ!この人は…」という
いわゆる似た者同志の匂いとでもいうのだろうか、
人生の旅路で時おり出会う、
ちょっとした運命の出合いを予感させられた。

よく、この人の作るものが不味い筈がない、
と感じさせるシェフに出会うことがあるが、
それのごく強い感覚とでもいうのだろうか…。
とにかく僕はこの日彼の作品を見て、時間ができたら必ず
この人の料理を食べに行こうと固く決心した………。

ハウステンボスに到着した僕を、
シェフのあたたかい笑顔が出迎えてくれた。
(彼は何と、このホテルヨーロッパの総支配人であることを、
僕はまだ不覚にもこの時知らずにいた。)

ここのホテルに泊めていただくのは2度目だが、
(前回は確かラジオの生放送の仕事で、
GONTITIや南佳孝さんと一緒だった。)
ホントに良く行き届いていて、気持ちが良い。
スタッフお一人お一人を見ていても、
やはり人が人を呼ぶのだろうと感ずる。

そしてシェフ自らのアイデアと
こだわりで作り上げた素晴らしい料理の数々が
次々と僕の目の前に展開していった。

鯛のタルタルとセロリラブのピュレには、
なんとハウステンボスの象徴である、
見事なチューリップがあしらわれていた。
地元の大根にゆっくりとていねいに
スープを染み込ませていった大根のコンフィとフォアグラ。
そして、独特の手法でチーズを焼き、
地元で捕れた魚介類の煮込みにすっぽりと帽子のように
かぶせた、なんとも豪快でユーモラスなフリカッセ。
その後に出てきた
桜鯛と帆立貝のスフレのあまりの美味しさに
僕は思わず唸ってしまった。
メインのラストは地元長崎牛の背ロース肉のグリエ。
赤ワインソースの酸味と程良い甘味が、
脂の乗った背ロースの旨味を引き立て、
しかもなんともスムーズに口でとろけさせる
魔法にかけている。

更に驚いたのは、肉に丸ごと添えてあったじゃがいも。
一見「アメリカンステーキハウスじゃあるまいし…」
と思わせておいて、
実は中身にはごく丁寧な仕事が為されている。
しかも、中を掘り進むとなんと、
こっそりトリュフが隠されていた。

これこそ上柿元シェフの仕事だ!
この人は、子供の頃から
人をおどかしたりすることが大好きだった筈だ!
僕が良く、友人の背後からこっそりと忍び寄り、
「わっ」っと脅かしたり
したのと同じようなことを、
この人も学校でやっていたに違いない。

でもそれは決して本当にそいつを脅かして、
怖がらせる為じゃない。
「なんだよう!びっくりしたなぁ。」などと言いつつも、
ちょっと嬉しそうな顔で笑ってくれたりする、
その笑顔が見たくて
ついついやっちゃうのだ。
好きな奴、であればある程……なのだ。
なんというか、おでこへのキスみたいなやつ……だ。

僕はこのポテトに、ことさら驚いてみせることにした。
「シェフ!ただのポテトかと思ったら、
 へぇぇ、凄い仕掛けですねぇ!
 いやぁ、驚いたなぁ、ははは。」
「……」
シェフはちょっとだけ嬉しそうに、
悪戯っ子の笑顔で笑った。
彼の気持ちが僕には良く解ったものだ………。

それから数日後、僕は仕事で大阪のホテルにいた。
翌朝10時にはここを出発し、
テレビの収録に向かわなくてはいけないのに、
宿題のアレンジがなかなかはかどらず、
ついいつものように朝方になってしまい、
コーヒーを飲みながらボーイさんが部屋のドア下から
入れてくれた、朝刊の一面を何気なく眺めた僕の目に、
ショッキングな文字が
飛び込んできた。

『ハウステンボス倒産!』

僕はシェフのことが心配でたまらなくなった。
今すぐにでも駆けつけてさしあげたい心境だ。
勿論どうすることもできないのは解っているけれど…。

その日は、シェフに励ましのお電話を差し上げようかと
何度も思っては、やはり大変な時にお邪魔になっては…と、
我慢をした。
しかし、シェフの胸の裡を想像すると、
何ともやりきれないものが込み上げてきて
しょうがなかった…。
 
それから一週間後、シェフからお手紙を頂戴した。
そこには、マスコミの報道で世間を
お騒がせして申し訳ない旨と、
これからもホテルヨーロッパは
「明るく、元気に、前向きに」
営業を続けて行かれるという御決意が記されていた。

何度も僕が言う通り、
今は、ニセモノが限り無くホンモノに近づく時代だ。
その結果、人々にはホンモノとニセモノの区別が
かなり困難になる。

わからないくらいの僅差なのであれば、
ニセモノだって良いじゃない。
と、貴方はお考えだろうか?

勿論ニセモノにだって存在理由はあり、
それを必要とする人々だって
たくさんいることは百も承知だ。
ある人々にとっては、
それはもはやホンモノなのかもしれない。

だが、ホンモノはあくまでもホンモノで、
ニセモノはニセモノだ。
そこには天と地ほどの、埋めようのない隔たりがある。

ある僕の友人が言った。
「cobaちゃん、ほんの一ミリの違いを解ることが、
 今の世の中
 本当に大切だな。」

文化とはそういうものだと思う。
ある意味、
ニセモノで満足してしまう人々が大勢を占める今日、
ホンモノをホンモノと解る人が
それを支えないでどうするんだ!

君の「夢」をくれぐれも大切に。

料理も、音楽も、生き方も…そうだと思う。
僕の運命のレシピは、僕が感じ、僕が…つくる。

シェフ、また飲みましょう。


2003-03-06 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 14

コメント



>ホンモノをホンモノと解る人が
それを支えないでどうするんだ!



hai ragione <3
arthur
(2010-06-02 05:18)
アメリカには"KANI"という商品名のカニカマも存在しており、
スシバーなどでは
蟹を意味するcrabに対して、
kaniと言えばカニカマのことを指すという
誤った用法が定着している地域もある。
・・・らしいですが、今はどうなんでしょうか。

ja.wikipedia.org/wiki/カニカマ
arthur
(2010-07-03 04:02)
ある人々にとっては、
それはもはやホンモノなのかもしれない。

http://plaza.rakuten.co.jp/usagiban/diary/201004130000/

arthur
(2010-07-03 04:12)

「えっ、アリバイと言はれるか?
殺人事件はまだ起きていないのに」

「さやう。だから今のうちから
アリバイを作っておくのです。
 事件が起きてしまってからでは、遅いのだ」

寺山修司 『絵本・千一夜物語』


kaniの、蟹へのオマージュ...として...かな



arthur
(2010-07-03 05:53)

私たちはどんな場合でも、
劇を半分しか作ることができない。

あとの半分は観客が作るのだ。

寺山修司 『迷路と死海』


>わからないくらいの僅差なのであれば、
ニセモノだって良いじゃない。
と、


アメリカには、
昔食べた蟹の味が忘れられない人が多くて、
でも、もう食べられないから...
kani に大喜び、でしょう...か

arthur
(2010-07-03 06:17)

ビニールレザーはビニールのくせに、
革にみせかけた新建材である。
その心根がいやしい。

山本夏彦

arthur
(2010-07-03 06:52)
>ホンモノはあくまでもホンモノで、


最近では、司馬遼太郎氏と山本夏彦翁が、
私の知る範囲では「死ぬまで元気」という、
現代人の理想を全うした人だった。

私が親しく知るのは山本夏彦翁の方である。
・・・
arthur
(2010-07-04 06:22)
・・・
むろん、全き対等の飲み友達だったのではない。
ときどき、われわれなど足元にも及ばぬ教養が
チラと見えたし、何よりも彼は当代一の文章家だった。

まことに「文は人なり」で、翁の人となりも
その文章と同じく、一見では当たりが柔らかだった。

だが柔らかではあったが、
隠せどあらわるる圭角があった。

つまらぬ言説は鎧袖一触。

文にも人にも、しっかりとメリハリのきいた、
骨のある、規矩の正しさがあった。

arthur
(2010-07-04 06:24)
夏彦翁の没後、同じような文にも人にも会わない。

毎月の諸雑誌を繰りながら、私は
メートル原器を失った測量技師になった心地がする。
恃む尺度を失ったと感じる。

徳岡孝夫

arthur
(2010-07-04 06:25)


Acta est fabula.

アクタ・エスト・ファーブラ


「芝居は終わりだ。」


アウグストゥスの臨終のせりふとして伝えられます。


http://www.youtube.com/watch?v=nairX3PZsl4&feature=related








一流だろうが二流だろうがサラ金は、サラ金で、
銀行がこれに貸すならその一味であることを
白状するようなものである。

山本夏彦

arthur
(2010-07-26 21:52)
「アメリカンステーキハウスじゃあるまいし…」


2009年世界フィギュアスケート選手権は
アメリカ合衆国・ロサンゼルスで行われた。

http://fssim.sakura.ne.jp/200809/200809GPUSA.html





ついついやっちゃうのだ。




arthur
(2010-07-29 09:42)
と思わせておいて、
実は中身にはごく丁寧な仕事が為されている。
しかも、中を掘り進むとなんと、.....



思いがけない隠し扉や、隠し階段や、隠し部屋が
http://blog.tatsuru.com/2008/01/23_1249.php


http://plaza.rakuten.co.jp/mizumizu4329/diary/?ctgy=38
arthur
(2010-08-08 07:42)


浦上の信徒は一瞬にして9000人が2000人になりました。
http://www1.odn.ne.jp/uracathe/hibakuzou.htm

NAGASAKI×PEACE
http://www.nhk.or.jp/nagasaki/peace/

『鐘』
http://www.carillon.co.jp/nagasaki.htm

arthur
(2010-08-09 07:10)






戦争が日本各地に残した傷跡を
私用カメラでも撮影したJ・オダネル。
彼は密かに写真を持ち帰り、悲惨な光景の記憶とともに
屋根裏部屋のトランクの中にしまい込んだ。

43年後、トランクを開けさせたのは彼の平和への願いだった。

1990年からアメリカで、ついで1992年から日本各地で
彼の写真展は開催され、話題を集める。
しかし、この夏(1995年)に予定されていた
ワシントンのスミソニアン博物館での原爆写真展は、
すでに報道されたように在郷軍人の圧力でキャンセルされた。

ここにおさめられた57点の写真は、
スミソニアンではついに展示されなかった真実の記録である。



「写真には、次のような文章が添えられている。」
http://blog.goo.ne.jp/taku6100/e/ad1852a88b2bf542c9a7f90e9be57c52


arthur
(2010-08-12 08:05)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。