blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
夢遥かエスパニア 番外編[mail coba '02年 5月-9月]
前から憧れていたダリの家に行った。
色々な事が見えた。
何と言うのだろう…アコースティックな家だった。
全てが作為的なのだが、また全てが自然からの産物だ。

家の中のあちこちに鏡が使用されている。
例えばベッドから日の出の瞬間を眺める為の鏡。

僕はこれを見た瞬間ニヤリとした。
ダリという人は概念を根底から変換してしまう名人だ。
実在するものをそれと認識しないところが彼の霊感の源だ。
この鏡を使って彼は、スペインで最初に生まれる太陽を
切り取り、自らの寝室に取り込んだ。

ダリは、鏡に物を写そうとしていない。
彼にとって鏡とはそれ自体
ある空間に別空間を挿入させる為のツールなのだ。
つまり鏡に映ったものは、既に被写体ではなく、
鏡の中で生まれ、存在する別な世界なのだ。
解るかな?
さすが僕の敬愛するダリ。

例えば彼にとっては窓も同様だ。
カダケスの美しい海岸を臨む窓枠を
白い花でおおって、まるで絵画の額縁のように
仕立てている。
この窓からの景色が、自分の最高傑作品であるとでも
言いたげに…。
…いやいや、正に彼はそう語っているのだ。

窓はそこから外を眺める物ではなく、
彼が選んだカダケスの海岸という、
正に自然の描く芸術作品を切り取り、
自らの住む空間に取り入れる(飾る)為の額縁なのだ。
その額縁から見える風景は、もはや景色ではなく、
彼が作為的に描いた絵画に他ならない。
うーん。さすが僕の敬愛するダリ。

彼はタイヤが大好きだったそうだ。
彼のプールではミシェランのタイヤ人形が手招きし、
実際にタイヤのオブジェが並んでいた。
レンガも良く見ると、タイヤの跡の形に並べてある。

彼がタイヤに見い出した美とは…
コンティニュイティー(継続性)か、
エタニティー(永遠性)か、
或いは繰りかえしある瞬間が訪れる、輪廻転生か?
…さすがダリ。

カサダリは、彼の描く作品と同じように、
実に良く出来ていた。
そして、彼の才能や霊感も、
全てが自然からの抽出物だった。

僕は、この家のことを何故か自分のことのように
ちょっと誇らし気に感じた…。
2002-09-08 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 11

コメント

































夢の中は治外法権である。

寺山修司 『猫の航海日誌』

arthur
(2010-06-23 08:19)





























「白雪姫」のおかあさんが、鏡を見ながら

「この世で一番きれいな人は誰ですか」

と訊ねるような美しいものへのあこがれが、

どのように幸福を汚していくかは、

七人の小人でなくとも知っている。


寺山修司  『幸福論』











…さすがダリ。


arthur
(2010-06-29 08:51)


























偉人には三種ある。

生まれたときから偉大な人、

努力して偉大になった人、

偉大な人間になることを強いられた人。


シェークスピア 『断片』






http://www.youtube.com/watch?v=lrYl9r1autY

arthur
(2010-07-26 22:13)






















私には私の「こびとさん」がいる。
http://blog.tatsuru.com/2009/10/03_1726.php












ちょっと誇らし気に感じた…。


arthur
(2010-08-26 03:29)











ネコが、鏡に映った自分の姿をはじめて見たとき、
そのネコはしばらく鏡の中の「もう一人の」ネコを
注意深く観察する。

ちょっと手を出して触ろうとする。
鏡の中のネコも手を出す。
ついにネコは鏡のうしろへまわってみる。
そして、そこにはだれもいないことに気づく。
それ以後、このネコは決して
鏡の中のネコの姿に惑わされることはない。
ネコはネコなりに、鏡というものに「目覚めた」のだ。

イヌもちょっとしたきっかけで、いろいろなことに目覚める。
けれど、人を見ると前足でじゃれつくのを、
いくらしかられてもやめないイヌもいる。
そういうイヌは、なぜかちっとも目覚めないのだ。

そういえば人間も、なかなか目覚めないことが多いなあ。


日高敏隆 「目覚める」(『ネコはどうしてわがままか』より)












うーん。さすが僕の敬愛する...



http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0484.html






arthur
(2011-01-07 22:23)











話をするたびに惹かれていった。ある時、日高さんが
科学は芸術のようでなくてはならないと言った時も仰天したが、
この人がそう言うならそうなのだと納得したものだ。

日高さんには翻訳をする原作者に対しても
一定のクールなスタンスがあり、同時に
芸術表現も含めた全ての物事に対するまなざしの元に
自分自身のどこか頑固な哲学とユーモアが共存する。
...
多様性を認めなければ日高世界には入れない。
...
どの民族にもどの虫にも確固たる自分たちの文化があるのだ。
...


山下洋輔 





http://blogs.dion.ne.jp/kanaliyahouse/archives/6524836.html


(2011-01-09 11:26)


































人はついに自ら見て、自ら考える存在ではないのか、
ないのであると、自問自答して、
私は信じまいと欲して、
信じざるを得なくて、
あきらめかけているのである。

山本夏彦  「パターン」より


arthur
(2011-01-24 12:27)































話のもっていきかたはプツプツと切れて、
あっちへ飛びこっちへ飛ぶが、
着地点で絶妙につながる。

このしたたかさは、
山本夏彦の正体が詩人であることの証明で、
並の書き手は到底真似できるものではない。

文体は模倣できても発想は真似できない。


嵐山光三郎






arthur
(2011-02-08 13:22)

「幻の」と言われてきたゆえんは
http://www.yukinoue.com/diary/2003-10.html
2003.10.9「年を歴た鰐の話」

arthur
(2011-02-10 14:02)



























祖国というのは「言葉」だとシオランは言っている。

私は理解を得る手がかりがなくて、
ほとんど途方にくれている。


山本夏彦 「世の行末をつくづくと」









arthur
(2011-02-21 05:32)
















本は、距離をおいて読まねばなりません。
早く読むことは自慢にはならない。
それは、あまりにも著者の意のままになることか、
あるいはあまりにも自己流に読むことか、どちらかです。
どちらもいけない。

本を読むことは、本と、またその著者と対話をすることです。
本は、問うたり、答えたりしながら読まねばなりません。
要するに読書は、精神上の力くらべであります。
本の背後にある著者の思想や生きかたと、
この両者のたたかいなのです。
そのことは、
自分を否定するような本についてばかりでなく、
自分を肯定してくれるような本についても言えます。

福田恆存


http://booklog.jp/asin/4480034161









arthur
(2011-04-27 10:32)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。