blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
夢遥かエスパニア1[mail coba '02年 5月-9月]
何だかイタリアから戻って来たという自覚も無いまま
毎日がビュンビュン飛んで行く。
まるでビデオのコマ送りを見ているような気持ちだ。

忙しいとは心が亡ぶと書くけれど、
心の前に体が滅んじゃうよ。
先日NHKのプロデューサーから
「倒れる前に休みを取りなさいよ」
とのメッセージを頂戴して、
ちょっと涙目になった僕だった。

が、一方で「ヘッ、何言ってんだい!」という自分もいる。
この愚かな性格は一生変わらないのか……
全く困ったものだ。

しかし、そんなお勧めもあって、
僕は急遽休みを取ることにした。
というか…休みじゃ無いんだけど…。

ともかく、今日はスペインにいる。
この国は今とても面白い。
少々無理をしてでも来ておく価値がある。

エルブジ(el Bulli)というレストランの名前を
御存じの方もさすがに増えて来たようだ。
今をときめくフェラン・アドリア氏が
グランシェフをつとめるミシェラン三つ星のレストランだ。

まあそんなことよりも、
僕が彼の料理に興味を抱いたのには理由がある。
僕が小学生の頃からあこがれ続けた
サルヴァドール・ダリの愛した街
カダケスから僅か数キロ程の断崖絶壁で、
味覚の既成概念を疑って果敢に挑み続ける
アーティストとしての方向性とでも言うか…。

実はかなり以前からここの料理を試食したい旨を
鉄人シェフのY氏に話していた。
フェラン氏は1年のうちの半分しか
レストランをオープンしないし、
今年分の予約は勿論全て一杯。
後は付近に滞在し、気長に当日キャンセル分を待つか、
強力なコネを持つかしかないわけだ。

そんなわけで、数カ月前からあれこれやり繰りして、
結構無理に日程を空け、Y氏にも随分無理をお願いして
今回の旅となった。
持つべきものは友達とは良く言ったもので、
本当に有り難いことだ。
しかも驚いたことに、僅か数日間しか日程を空けられない
僕の為に、Y氏は奇跡的な行程を組んでくれた。

しかし、それは何とも無謀な行程だった…。

現在スペインには、エルブジを含め、
4軒の三つ星レストランが存在する。
バスク地方はサンセバスチャン近郊のアルザック。
バルセロナから数十キロ離れたカンファベス。
カタロニアのエルブジ。
そして、ごく最近記念すべき4軒目の三つ星の
仲間入りをしたベラサテギだ。

なんとこの鉄人Y氏はこれら4軒全てを
数日間で食べ尽くそうと目論んだわけだ。
なんともクレイジーな、
しかも奇跡的な魅力に満ちた陰謀だった。

しかし、これらの店は全て空港のある都市から遥かに離れた
小さな街の一画にあり、それを全て飛行機とタクシーで
回りきるのは到底無理だ。
僕らは、全ての行程を車で走破することにした。

そんな訳で、僕らの旅は始まった。

この旅の構成メンバーがまた妙だ。
前述の鉄人シェフY氏。
音楽家の僕。
ラーメンのスープの味や、麺の感じで店を当ててしまう
といった類いのテレビ番組で、何回も優勝をしている、
ラーメンジャーナリストのI氏、
通称ラーメン王。
(その番組で彼は、なんと驚いたことに、店主の前掛けの
匂いを嗅いだだけで、店名を当ててしまったらしい。)

こんな妙ちくりんな三人組が、バルセロナに集合した。

目指すは1軒目の三つ星カンファベス!
スペインを代表するシェフ、サンタマリア氏の店だ。
バルセロナから約70〜80キロの街サンセローニで
高速を降りる。
生まれて始めての三つ星レストランに、
心も弾むぜセニョリータ♪

「あのー、やっぱり三つ星だけにネクタイと上着着用ッス
 かぁ?」
ラーメン王が呟く。
「ええ!?僕ネクタイなんて持ってないよぉぉぉ」
と、音楽家。
「おっ!ほら、色っぽいおねぇさん達だことぉ!
 良いねぇぇスペインはぁ」
と鉄人。
各々言っていることが、てんでバラバラだ。 
まあ思えば、なんと必然性の無い三人組だ。 
『旨いものが喰いたい!!!』というたった一つの目的で
一気にスペインまで来て、一台の車に乗り合わせてしまう。
人間とは、なんと奇妙なものだ…。

サンセローニは、
敢えて例えるならば浜松市のような感じかな。
(何でやねん?)
のんびりとして、風光明美なところだ。
こんな所に、世界で僅か数10軒しかない
三つ星レストランの一つが本当に存在するのか?
我々は取り敢えず車を道端に停めて、
着替えをすることにした。

僕は本当にここ10年、背広というものを着たことがない。
それでも、昨年日本アカデミー賞の音楽賞の表彰式の
折には、やっぱり上着くらいは無いとまずいだろう
と思って、あわててヨウジ ヤマモトさんのお店で
黒いスーツを買った。シワ加工がしてあり、
旅に持ち運ぶにもクシャっと丸めてバッグに
押し込めるので、便利。今回もこれを持って来た。
(と言うか、これしかないんだよ!!)

穏やかな土壁の建物の前で、妙な日本人の三人組が
キャッキャ言いながら着替えている姿は、地元の人々には
さぞ奇妙に映ったことだろう。
案の定、近くを歩いていた買い物帰りのおばちゃんが、
僕らに目を奪われて思わずよろめいた。
彼女の買い物籠から青いりんごがこぼれて、
坂を転げ落ちて行った…。

「ゴメンネ! セニョーラ」
僕らはおばちゃんにウィンクした。


2002-05-20 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 3

コメント



十分に終わりのことを考えよ。
まず最初に終わりを考慮せよ。

レオナルド・ダ・ヴィンチ






奇想曲は、イタリア語でcapriccio(「気まぐれ」)、
フランス語でcaprice(カプリス)。




心も弾むぜセニョリータ♪

http://www.youtube.com/watch?v=egLIxVco53w
arthur
(2010-06-21 01:57)





















技術的に高いことをさせることは可能である。
豊かな感情表現のしかたを教えることも可能である。
けれども、
http://blog.tatsuru.com/2007/12/07_1358.php







http://www.youtube.com/watch?v=fgB5dwZmnj4

arthur
(2011-01-05 11:40)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。