blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ツールの魔法2[mail coba '02年 4月]
ツールを用いるやり方にはふた通りある。
本来の目的通り認識するやり方と、
何らかの理由でそこを逸脱するやり方。
後者は個人の成熟度合いと大いに関係性を持つ。
ナノテクノロジーが力学を変えるように、本来別の発見から
人類に思わぬ福音を誘引することは珍しくない。
そしてそのまた逆も然りだ。

90年代にロンドンのテクノの連中は
日本人の作った機材を使って
様々な新しい音楽を発明した。
サンプラーと呼ばれる機材が登場してから久しいが、
これの使い方を成熟させたのは彼らだ。
日本人のアーティストが、サンプラーという機械を
音をサンプルし再生する機材として認識し、喜んでいた頃、

彼らの一部は、これをタイムマシンとして認識した。
それまで単一であった音像の時制を、
劇的にぶっ壊し、ぐちゃぐちゃにしてくれた。
彼らの音楽では
50年代のニューヨークのジャズクラブのアトモスフェアと
80年頃のバリ島のパーカッションパフォーマンスと
90年代のスタジオの音像が、平気で一曲に同居した。

最初僕はそのめちゃくちゃさにクラクラしたものだが、
そのうち当たり前になっていった。
彼らの発見から、音像という概念は
時制や位置やサイズや空気感ではなく、
精神性なのだということを僕は発見した。

同じような理由から、僕は一時期ベースラインというものを
とても邪魔に感じた時期があった。
つまり、それまで音楽の偉大な道しるべであったそれに
誘引される類いの音楽を、やたら古臭く感じ始めたのだ。
(ある意味それは今でも続いている。)
でもその時代を通して、僕はベースラインと、
より親密になることができた。

以前ゴールディというドラムンベースのアーティストと
ヨーロッパとアメリカを3ヶ月ほど一緒に旅した。
彼はステージパフォーマンスでキーボードを使用するが、
それをピアノ鍵盤として認識してはいない。
まさしく本来のキーボードとしての認識だ。
つまり彼にとっての鍵盤は単なるスイッチであり、
黒鍵と白鍵がクロマチックに並んでいる必然性はない。

これは僕を愕然とさせた。
三歳から鍵盤を鍵盤として理解している僕からは、
この発想は永遠に生まれてこない。
これはジョー・ザビヌルが
左右逆のキーボードを演奏したり、
キース・エマーソンがピアノを裏側から弾いたりするのとは
根本的に違うのだ。

ゴールディにとってドの鍵盤はドである必要がない。
すなわちドの鍵盤を押して、
鶏が啼いても、ミの音が出ても良い。
更に言うならばコーヒーが沸いても、
爆弾が爆発しても良いわけだ…。

ゴールディのキーボードのドの鍵盤に託された人類の未来…
ある意味ベートーベンの、運命が戸を叩く4つの音よりも
遥かに説得力を感じるではないか。

サンプリングマシンを、時代を自由に散歩し、
それらを自在に再構築する道具と定義付け、
認識すれば、アートにまたひとつ大きな
メタモルフォーゼが出現するかもしれない。
2002-04-24 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 2

コメント




























感性は地上のものである。

理性は観照するとき感性の外に立つ。


レオナルド・ダ・ヴィンチ


http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2010/09/post-77e2.html
arthur
(2010-10-01 07:52)



>・・・ではなく、
精神性なのだということを僕は発見した。




Great!

arthur
(2010-12-05 13:48)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。