blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
ツールの魔法1[mail coba '02年 4月]
そもそもアートをどう定義付けるかは
固体の生命活動を定義付けることと同格の作業だ。

感性とは、営みの中で受ける刺激が
個々のDNAに取り込まれた記憶によってデフォルメされ、
固体を通して再生される現象に他ならない。

先日、ある対談セミナーで「指は霊感の源なり」
というストラビンスキーの名言を引用した。
この言葉の意味合いはかなり深遠だ。

「指と音符の間に何があるか?」という
一見哲学的だが、実は少々赤面してしまう程に
子供っぽいストレートさに満ちたこのお題に照れたのは
僕だけではあるまい…。

そんな訳でこのセミナーで語るのには
少々勇気が必要な僕だったが…
ある参加者による「そこにあるのは未来?」
という御意見に、ちょっと相当照れながらもハッとした。

人の未来…
なんと気が重くなる言葉だろう。

21世紀の前半に最も必要なことは
人間そのものが「アンマテュア」から「マテュア」へと
移行することであるということは、前世紀からの僕が
其処此処で語っていることだ。

人が自ら創り出した技術、すなわち道具(ツール)と
不健康な関係にある時、悲劇が起こる。

クリエイションには必ず目的がある。
椅子は座る為にクリエイトされたツールであり、
プロレスでレスラーを殴る為の物ではない。
金属バットは飛距離を追求するツールであり、
親を殺すための道具ではない。
武器は自然環境の中で自活するためのツールであり、
仲間割れで活用されるべきものでも、ましてや中学生が
弱い自分を武装したり相手を威嚇する為のツールではない。

人間は神に帰属するものとして
神御自身によって創造されたと聖書は定義する。
従って人間が神から離れる時、それは罪として定義される。
そもそも罪という語の語源は「的外れ」という
意味合いだという。
つまり人間というツールが
神のクリエイションの目的から外れ、
「的外れ」となる時「罪」が生ずるという訳だ。

宗教の話では無い。
目的にそぐわない形でツールが利用された時に
起こる悲劇の話だ。

ではこの「的外れ」は何故起こるのか?
それこそ人間のアンマテュアさ(未熟さ)に他ならない。

思えば何時の世も人類は自らのクリエイティビティと
マテュリティのアンバランスさに翻弄され続けてきた。
いや!それどころかマテュリティがクリエイティビティに
勝ったためしがない。
人間は人間になった瞬間から現在までずっと、
その想像力を自らの身勝手さの為に使って来たと言っても
過言では無いのではないか?

人間の未熟さが故に起きた悲劇は数知れないが、
ツール或いはテクノロジーが進歩、進化すればする程
悲劇の度合いは劇的に増大することはいうまでもない。

ストラビンスキーのこの言葉を
単に詩的で饒舌な人間賛歌と捕らえることもできるが、
人間が指というツールに対して持つ根源的な矛盾、
すなわちヒューマニティとテクノロジーとの関係の
考察だとしたら……

神が人間に贈与された指という最高の可能性(ツール)を
一体どのように用いるか……

ヴェネツィアに眠るこの大作曲家は黙して語らない。
2002-04-23 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 1

コメント






















まず初めに胸いっぱいに空気を吸い込み、
「アイヤー、ヨッ」
と叫んでほしい。





古典というものは、なべて人の名前が多くて閉口する。
舌がもつれて覚えきれない。
「まいったなあ」
...
アブラハム、イサク、ヤコブ、ヨセフ・・・・・・。

この四人よりも前に、
有名なアダムとエバ(イブ)の物語がある。
ノアの箱舟も浮かんでいる。
四人のすぐあとにモーセが登場する。
やがてダビデとソロモンが威風堂々とやってくる。
これで旧約聖書の主要な部分がおおよそ明らかになる。
だから、とりあえず、「アイヤー、ヨッ」
...
さて、アブラハムはハランに住んでいた。
ハランから波瀾万丈の生涯が始まった。
http://booklog.jp/asin/4101255199








http://www.kitashirakawa.jp/taro/eigo54.html
arthur
(2010-11-17 07:41)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。