blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
武満徹先生を慕って〜3〜[mail coba '02年 3月]
八ヶ岳高原音楽祭95は
「秋の二重奏」というタイトルで開催され、
カナダからのエイトケン氏とグッドマン女史のフルートと
ハープデュオや、木村かおりさんと高橋アキさんのピアノ
デュオが企画されていた。
僕はピアニストのフェビアン・レザ・パネ君と
デュオコンサートを行った。
腰の痛みに耐えながら、僕はそれでも無心に、
……時間と音の流れを追っていった。

武満先生は、もうお酒こそお飲みにならなかったけれど、
相変わらず飄々とたたずんでおられ、抗癌剤の影響で
少々振らつく足下を健気にかばいながら、それらの演奏を
心からお楽しみになり、出来の宜しく無いものに対しては、
またいつも通りハッキリと明確な批評を下された。

彼は世界を代表する作曲家であったと同時に、
超一流の評論家でもあった。
最近新潮社から、先生の全執筆作品を全5巻程にまとめた
著作集が発売されている。
先生の文章はまるで明解、明確。
恐ろしく切れ味の良い日本刀のように、一点の曇りも無い。
読んでみると、恐い程に同調してしまう自分がそこに居る。
先日、初めてこの本を手に取りぱらぱらと捲っていたら、
僕が常日頃から他人に述べたり、
このmail cobaに叙述したりしているさまざまな発言に
酷似したことがそこここに書き記されており、
鳥肌が立つ思いをした。
まるで預言書でも読んでいるかのごとき強烈な
体験であった。
決して奢り高ぶりでは無く、
「僕はこの人にかなり近いタイプの人間」だと思う。
………あくまで『人間のタイプ』としての話しだ。
誤解無きように…。

そして…八ヶ岳高原音楽祭95はいよいよ最終日を迎えた。
実は、今回の音楽祭は僕にとって特別な意味を持っていた。
この日の為に、僕は密かに或ることを準備していた。

八ヶ岳高原音楽祭の最終日のフィナーレには、
毎回ナイトキャップと題された
自由なコンサートが催される。
音楽祭の出演者が何をやっても許されるコンサートだ。
僕には今回のナイトキャップで、
どうしても武満先生に聴いてほしい曲があった。

1985年からの数年間、僕は「攻撃的クラシック音楽」
などという、少々いきがった音楽追求をしていた。
これはクラシック音楽教育をベースに持つ演奏家の為の、
インプロヴィゼーションを追求する類いのものだった。
この、たまたま生まれたムーヴメントの為に、
僕は友人を募って幾つかのフォーメーションを作り、
それぞれの編成用にオリジナル曲を相当数書いた。
で、それを東京のライブハウスや海外でのコンサート、
音楽祭等で発表していった。
が、一曲最低20分はかかってしまうかなり難解な曲調の為、
国内でのウケはあまり芳しくなく、
ライブにも人は集まらなかった。
そんな訳で、必然的に僕はリアクションの良い海外での
演奏の機会を増やしていった…。
イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、ポルトガル…
先進的なクラシック音楽ファンの多いこれらの国での
コンサートで、僕の曲は可成りウケまくり、
新聞や音楽誌でも高い評価記事が掲載されたりした。
しかし僕は、はたして彼らがどこまで僕の曲の価値を
理解してくれているのかを、いつも疑心暗鬼で見つめていた。
何故なら彼らの曲に対する感想や論評の殆どには、
僕が目指すところは汲み取られていなかったから。
(まあ、贅沢な悩みではあるが…。)
唯一心が通い合ったと感じたのは、20年来の友人、
パリのアコーディオン弾きリシャール・ガリアーノが、
フランスでの僕の演奏を聴いて、
「コバのやろうとしていることは俺には痛い程解るよ。
実に興味深い曲ばかりだった。フォームは違うけど、
正に俺自身が追求している世界だから。」
と言ってくれた時ぐらいだったろうか…。
それから数年後…
僕のメジャーデビュー第一作目「シチリアの月の下で」の
レコーディング最中に、たまたま来日していたリシャールが
スタジオに遊びに来てくれて、
「コバ、俺は君が前にやっていた、ああいう音楽の方が
断然好きだよ。」
とボソっと言ってのけたことをみても、
彼が自分の中の真実しか語らない男であることは
容易に察することができる。
本人のデビューアルバムのレコーディングでこう言った
苦言を吐ける男が、コンサートの感想に於いて
リップサービスをする筈が無い。
ありがとうリシャール。

そういう訳でその後90年代に入り、僕はもっと遥かに
ポップな路線内容でメジャーデビューを果たし、
その後の活動は公の知るところとなる。
が、あの当時の活動はある意味僕の原点であり、
それまでソロを主体として活動を続けてきた僕が、
初めて自分のユニットを持ち、その為にオリジナル曲を
書き始めた、いわば記念すべき瞬間であった。
coba、バンド解禁の瞬間!とでも言おうか…。

武満先生に僕がそういう時代に書いた曲を、
どうしても聴いてほしかった。

僕はこのナイトキャップでそれらの作品を演奏すべく、
自分のバッグの奥に当時の楽譜の幾つかを
密かに忍ばせていた…。
2002-03-20 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 3

コメント





http://www.wanogakkou.com/hito/0010/0010_nihon_wabi9.html




「自然が許してくれる過ちよ!」
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0786.html

arthur
(2010-11-13 17:18)















「さあ、みなさん、窓をあけましょう」







(2011-03-18 08:14)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。