blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
武満徹先生を慕って〜2〜[mail coba '02年 3月]
後悔しない為に…
アコーディオンを片手に、
僕は成田行きの飛行機に飛び乗った!
複雑な思いが交錯して、僕の気は…重かった。
理解して貰えたとはいえ、やっぱりライブに穴を
開けてしまうことには大きな後ろめたさが伴ったし、
別れ際のビョークの寂しそうな顔を
思い出すと、僕の胸は痛んだ。

悶々とした12時間のフライトで、更に事態は悪化した。
トイレに立とうとした瞬間、
腰に針で刺したような痛みが走った。
それまで過酷に繰り返された、激しいライブと
移動の連続で僕の腰への負担は限界点を超え始めていた。
重さ13キロの楽器を抱えてステージで
ビョークと一緒に暴れて、すぐさま飛行機や車で
何時間も同じ姿勢のまま移動させられる日々の連続で
腰に悪影響が来ない筈がない。
この飛行機の機内で僕の腰は悲鳴を上げ始め、
僕はそれまで体験したことの無い程に強力な腰痛を
こらえるのに必死だった。
色々な意味で忘れがたいフライトになった…。

12時間後……
げっそりと憔悴しきった有様で、僕とアコーディオンは、
成田にトボトボと降り立った。
腰の痛みはマックスに達して、
楽器も死ぬ程重く感じられた。
まるで地球の全重力が、
僕の八ヶ岳行きを邪魔しているかのようだった。

そんな時に限って悪魔が囁く。
『後悔しない事がそんなに意味のあることなのかい?
 ビョークはきっと怒ってるぜ…。
  帰っても、もうお前はクビかも…。
 そうだ!だいたい武満氏は入院中だろう。
お前が無理して参加しても果たして肝心な御本人が
会場に来られるかどうか…。だとしたら、
お前は一体何の為にわざわざ帰国したんだ?』

八ヶ岳までの車の中、妄想と腰痛で僕は吐き気を催し…
幾度となく車を止めて…嘔吐した。
もうまる2日間まったく寝ていなかった。
…とにかく最悪だった。
武満先生のお加減が宜しく無いことはいろいろな所から
聞いてはいたし、
はたして先生が音楽祭にお顔出し出来るのか否かは、
誰にも解らなかった…。
とても不安だった。
  
  
……が、
先生は病院からまんまと抜け出し…会場に現われた。
抗癌治療との格闘の後遺症を洒落た帽子で隠し、
ぱんぱんにむくんだお顔で、
でもごくにこやかに、ゆっくりと、静かに、
高原ロッジの渡り廊下を……歩いて来られた…。

「いようっ、元気?」

男、武満徹を慕う精一杯の思いだけを胸に
遠征先からから八ヶ岳に飛んできたアコーディオン弾きに、
彼は優しい笑顔と、さり気ないひとことを下さった。
相変わらずの飄々としたお姿ではあったが、
御自身もまた大変な思いをされて
病院を抜け出していらしたのであろうことは
容易に想像できた。
  
僕は腰の痛みも忘れて…言った。
「ああ、先生…あの……」
僕の言葉は言葉にならず、
果たして先生に届いたのかどうかも
わからなかった…。

が、
この武満先生の一言で、僕の苦労は完全に報われた。
自分を襲っていた悪夢が粉々に砕け散って行くのを感じた。
僕の選択は間違っていなかった。

僕はこっそり自分に呟いた。
「これで良かったんだ。
 アストルの時と同じ間違いをせずにすんだ…。」

人に共感することで、人は驚く程のパワーを発揮する。
腰に貼った温湿布の強い匂いで、
共演者達には散々嫌われたけれど…
僕は、それこそ振るい立って演奏した。

そして、八ヶ岳高原音楽祭95はいよいよ最終日を迎えた。
実は、今回の音楽祭は僕にとって特別な意味を持っていた。
この日の為に、僕は密かに或ることを準備していた。
2002-03-19 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。