blog coba

公演情報
≫お申込みはこちら

■coba

出演:coba(acc)/天野清継(gt)/バカボン鈴木(bs)/天倉正敬(drs)

2017/3/18(土)
宮崎 WEATHER KING (宮崎県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/19(日)
鹿児島CAPARVOホール (鹿児島県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/20(月・祝)
熊本B.9 V1 (熊本県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/24(金)
大分DRUM Be-0 (大分県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/3/25(土)
電気ビル みらいホール (福岡県)
[一般発売]
2016/11/19(土)10:00〜

2017/6/23(金)
cube garden (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/6/24(土)
小樽 GOLD STONE (北海道)
[一般発売]
2016/10/30(日)10:00〜

2017/7/1(土)
まつもと市民芸術館 小ホール (長野県)
[一般発売]
2017/2/25(土)10:00〜

2017/8/22(火)
秋田県児童会館こども劇場 (秋田県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/23(水)
北上市文化交流センター さくらホール 大ホール (岩手県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/25(金)
七ヶ浜国際村 (宮城県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/27(日)
とうほう・みんなの文化センター 小ホール (福島県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

■音楽劇 大悪名 The Badboys Last Stand!

2017/5/6(土)
THEATRE 1010 (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/20(土)
栃木市栃木文化会館 大ホール (栃木県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/24(水)
海老名市文化会館 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/27(土)
八王子市芸術文化会館 いちょうホール 大ホール (東京都)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/5/31(水)
千葉市若葉文化ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/2/4(土)10:00〜

2017/6/7(水)〜18(日)
東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
[一般発売]
2017/3/4(土)10:00〜

演出/マキノノゾミ
音楽/coba
振付/南流石
「悪名/原作:今東光 脚色:依田義賢」より
出演:沢田研二/南野陽子/いしのようこ/土居裕子/那海
茂山宗彦/野田晋市/若杉宏二/田中隆三/冨岡弘/有馬自由/すわ親治/蟷螂襲/片岡正二郎/森下じんせい/木下政治/細見大輔
東風万智子/松永玲子/小椋あずき/山口智恵/宴堂裕子/千田訓子/小飯塚貴世江/土田早苗(特別出演)/山崎イサオ/加納幸和
演奏:coba/柴山和彦/久保祐子/古川淑惠/熊谷太輔

■東儀秀樹×古澤巌×coba

2017/8/5(土)
身曾岐神社能楽殿 (山梨県)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/8/6(日)
森のホール21 大ホール (千葉県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/3(日)
栃木県総合文化センターメインホール (栃木県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/9/10(日)
NHK大阪ホール (大阪府)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/13(水)
愛知県芸術劇場大ホール (愛知県)
[一般発売]
2017/5/27(土)10:00〜

2017/9/16(土)
相模女子大学グリーンホール 大ホール (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜

2017/9/23(土・祝)
Bunkamura オーチャードホール (東京都)
[一般発売]
2017/4/22(土)10:00〜

2017/10/15(日)
ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール (群馬県)
[一般発売]
2017/6/4(日)10:00〜

2017/10/28(土)
よこすか芸術劇場 (神奈川県)
[一般発売]
2017/4/7(金)10:00〜


≫お申込みはこちら

CD/DVD情報
New!
mondo_coba_jacket.jpg「MONDO coba」
【CD album】
2012.1.25
2枚組全20曲
AVCD-38402〜3
ココロ燃える音がある!
20年目のcoba、解禁。

「旅する少年 stay gold」
【CD album】
2010.11.10
BOSC-0002
このアルバムを持って
旅に出よう!

「僕のエレキュート」
【CD album】
2008.11.12
BOSC-0001
エレガントでキュート
アコーディオンが可愛くしみる!

「groovy accordion night tour 2006 in Europe」
【DVD】
2007.3.07
VIBL-376
ヨーロッパを踊らせたcoba真骨頂のライヴ映像作品

「Boy」
【CD】
2006.10.25
VICL-62162
この男は一体どこまでやるのか!
まだ誰も聴いたことのない未来の音がここにある。

「super mania coba」
【best album】
now on sale
TOCT-26063-4
cobaはいつも新しすぎる!
デビュー15周年のスーパーベスト

もっと見る≪
試聴する
iTunesで試聴できます。
※iTunes storeにリンク

コメントについて
●他者への中傷、アーティストやブログの内容に無関係な宣伝など、当ブログにふさわしくないと管理者が判断した場合、誠に勝手ながらコメントを削除する場合がございます。

●コメントを投稿することによって万一問題が発生した場合、当ブログ並びに所属事務所は一切の責任を負いかねます。ご了承ください。
菊姫の呪縛〜その2〜[mail coba '02年 1月-3月]

前回からの続きです。
はたして、奇跡的に菊理媛はその店に一本だけあった。
この旅で必ず巡り会う予感はあったが、
僕はよほど幸運だったようだ。
店の様子など、
出会いの瞬間を感動的に描くこともできるが、
まあまたいつかの機会としよう。

さて、僕の車は野々市に向かっていた。
昨年、例のY御夫妻に久しぶりにお会いし、
勇気を振り絞って、
もう20年も前に遡る、例の寿司屋の話をしてみた。
なんと御夫妻はそのことを憶えておられなかった。
まあ、その時だけでも10軒以上の店に案内された訳だし、
彼らにとってそのようなことは日常茶飯事であったろう…。

それでも僕は諦めきれずに、その店の場所や内外装の特徴を
記憶する限り、細かくお伝えした。
すると、御主人が仰った。
「cobaさん、その感じからすると、
それはK寿司に違いない。
あそこの御主人は良い仕事をする。
僕もあの当時、K寿司を時々
プライベートや接待で使っていた。少々値も張るが…うん。
あそこに違いない…。」

今回の旅は、誰にも知らせていない。勿論Y御夫妻にもだ。
これは自分を探す旅だ…。(なんてな。)

昨日、K寿司に予約の電話を入れると、
若い見習いさんが出て、
「うちは初めてですか?」と聞くので
「ええ、20年程前に…確か一度…」と、曖昧に答えた…。

車は野々市のその地域に入り、
僕の胸は期待と不安で高鳴った。
もうすぐあの店に到着だ。
はたして20年前に僕を呪縛したあの二貫との決着を
今晩つけることができるのだろうか?

僕が向かっているそのK寿司は、あの……
あの…入り口付近に大きな石をあしらった、
檜造りの格子戸に
藍染めののれんが初々しく揺れる……
…あの…店なのか…
女将は、若主人は、相変わらず元気にしているのだろうか…

機械のナビゲーションのお陰で、さほどの苦労も無く
僕はその……店に到着することができた。

優しく、抜け目の無さそうな女将さんが
僕を店に招き入れてくださると、
「えい!どうも、いらっしゃい!」
と、寿司屋の板さんにしては珍しく、
鼻の下にちょび髭を生やした
御主人が威勢良く迎えて下さった。
素敵に清潔で、清々しい空気が気持ち良く流れる
カウンターに、
僕は腰掛けた。

それは…明らかに…全く別の店だった…。
が、店が醸し出すものは、そこが確かに旨いものを出す場所
であることを語っていた。

「20年程前においで下さったとか…」
ぼそっと御主人がおっしゃった。
「え?…ええ…。20年前の…11月15日…でした…。」
「そうですか。それはそれは。」
はたして20年前の11月15日に、このK寿司がここに
あったかどうかなど、僕にはどうでもいいことだった。
その御主人の仕事は大変独創的で、しかも良い仕事であり、
ネタといい、飯といい、酒といい、つまみといい、
申し分なかった。
金沢ならではのネタに最高のプロセスを施し、
最良の状態に更に独創的なアイディアをちりばめた、
宝石のような見事な寿司だった。
英文科を卒業され、フランス語も少々話されるという
変わり種の寿司職人であられる御主人は、恐ろしい地獄耳で、
しかも客とのかけひきにもかなり長けていらして、
会話も楽しく、僕は時を忘れた…。
彼のにぎる寒鰤も、また物凄く旨かった…。
 
 
僕の今回の旅はここで終わりだ。
僕は最高の魚と最高の酒を土産に、東京へ戻る。
結局、あの店に出会うことは出来なかったが、
時間をかけて探そうと思う。
あの寿司屋は、20年前の僕の思い出と共に生きている。
酔いにまかせて色紙にサインを書いてしまった
苦い思い出と共に…。

素敵な店にサイン色紙は禁物だ。
そういうものを見ると、そこの店の主人のセンスを
疑ってしまう。
しかも、そこに名を連ねている芸能人(ヒャー!!!)や
タレント(ヒャー!!!)の味覚を想像すると尚更だ。
(ああ、それにしても何と嫌な言葉達だろう!!!
例えばタレントとは、元々「才能」を意味する
ヘブライ語「タラント」に端を発し、
更にその語源は重さや貨幣の単位である
ギリシャ語の「タラントン」に帰するものだ。
才能の無い者達に使用すべきものではない筈なのに。)

さて、僕のこういう文章を読んで、
描かれている店を本当に探そうとする
輩がおられるようである。
以前、京都の鰻屋の話を書いたが、
わざわざお調べ下さり、御丁寧なメイルを何通か頂戴した。
中には「あの店はもう無くなりました。」
などという御丁寧なものもあった。
大変にありがたくもあり、
同時にある意味少々幻滅感も伴う。
(僕の為にわざわざリサーチをかけて下さった方々には
本当に大変申し訳ないのだが……)
ある意味、皆が正解で、間違いだと言える。

これらの世界観はあくまで僕の頭の中で展開されている
ものであって、当然大きくデフォルメされていると
お考え願いたい。
つまり、僕が事実のみを記述しているとは限らない……
ということ。
或いは、実はその京都の鰻屋は
単なる僕の想像力の産物かも知れないわけ。
この鰻屋が、実は今回書いた菊姫好きの御主人が
営む京都の料亭と同一店だったとしたらどうだ。
実はこの先斗町か祇園あたりに設定された店は、
僕の行きつけの料亭が
モデルになっているとしたら……。
決して意地悪では無く、私小説とはそういうものだ。
音楽という魔法で皆様を煙に巻くことが大得意な僕が、
文章という形で全く同様の作業を行わないとでも
お思いであろうか…。
何故って、僕の唯一の武器は想像力なのだから…。
それで人々を魔法にかけるのが僕の愉しみでもあるし。
まあそういう大きなリスクを冒してでも、
それでもという方は、
野々市のサイト検索なり、地元の方に尋ねるなり、
どうぞ御自由に。

それでもmail cobaは続くのだった……。
2002-02-05 10:00 この記事だけ表示   |  コメント 0

コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。